• 締切済み
  • 暇なときにでも

タイヤを交換可能な車

初歩的な質問かもしれませんが、よろしくお願いします。 現在、英語を再勉強しているのですが、 関係代名詞、副詞、受動体、無生物主語、形式主語いろいろやって、 中学生?レベルの英語がわからなくなってしまいました。 「その車のタイヤを交換することが可能です」は、 It is possible to replace tires of the car. Replacing tires of the car is possible. であってますか? The car can replacing tires. Ther car is possible to replace tires. これは、交換するのは人間なので、ダメですよね? でも、上記の文を関係代名詞にすると、簡単で The car which can replacing tires (is not made by us.) The car which is possible to replace tires (is not made by us.) だと思うのですが、これが It is possible to replacing tires of the car. Replacing tires of the car is possible. の場合だと、どうしてもわかりません。 どのようにすればよいのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数45
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

「タイヤを交換可能な車」 この奇抜?なタイトルを見ておもわずのぞいてしまいました。 こういう一生のうち使うことも無い文例ではなく、 辞書や教科書にのってるようなやつ、または自分で使いたい会話から選んで、 文をいじったほうが無駄が無いのでは。 回答になってなくてスミマセン。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 すみません。文例は悪いかもしれません。 しかし会社が製造業なので、よく商品に焦点をあてた表現 をよくするのです。

関連するQ&A

  • 関係代名詞 その時制について

    関係代名詞を用いて、 「これは日本製の車ですか」を英訳します。 Is this the car which is made in Japan ? このときの、 which is made in について、 which was made in とした場合と、 その正誤、理由、違いなどについて、どなたか説明 いただけませんか? よろしくお願いします。

  • 和訳を手伝ってください。

    An area of research which has received a lot of attention in many areas of education is the issue of learning styles. この文のreceivedはなんと訳すのでしょうか? receivedは動詞ですか? それと、whichは関係代名詞ですか? もしそうであれば、関係代名詞+動詞でwhichは主語ですか? 関係代名詞のなに用法とかあったきがするのですが、これはなに用法になるのでしょうか? 教えてください。

  • 英語:関係代名詞

    I got into the car which was parked in front of my house. I got into the car, which was parked in front of my house. この2つの文の違いを教えて下さい。 関係代名詞(which)の前に点があるのとないのとで、どう変わるのですか?

  • 並び替え問題なのですが

    並び替え問題なのですが Language is _ _ _ _ _ and passed on. (1)culture is shared (2)the chief means (3)which (4)through (5)one of という選択肢です。 解答は one of the chief means through which culture is shared((5)(2)(4)(3)(1)) となるようです。 このthrough whichは前置詞+関係代名詞だと思いますが、この前置詞throughは前置詞+関係代名詞でなければ、どの単語の後ろに置かれるのでしょうか? (2文に分けるとどうなるのかということです) よろしくお願いしますm(__)m

  • 関係代名詞

    Of all the countries in which to graduate with a science PhD, Japan is arguably one of the worst. http://www.nature.com/news/2011/110420/full/472276a.html 第三パラグラフ第一文 上記の文のin whichの部分は関係代名詞だと思うのですが、構造が分かりません。主語、動詞が省略ということでしょうか? in which people are to graduate with a science phd で良いのでしょうか? 又、訳はどうなりますか? よろしくお願いします。

  • 関係代名詞について

    The compensation you're offering is rather low. ご教示頂いている補償額はかなり低いです。 という英文がありますが、 「The compensation」と「you're offering」の間に隠れている関係代名詞は 「of which」でしょうか?それとも「which」ですか? compensationの例文を確認すると You offered of compensation.あなたは補償を申し出た。 のように前置詞ofを使っており、compensationはそもそも前置詞ofを使う 英文なのかなと思い、隠れている関係代名詞は「of which」ではないかと 考えております。

  • 物・動物について説明する時の関係代名詞について

    いつもありがとうございます。 「物・動物」について説明する時は関係代名詞はthatまたはwhichを使うって書いてあって、このページの問題は全部「主格の関係代名詞」です。 thatでもwhichでもどっちでもいいみたいに書いてあるのですが、 でもどれでもwhichにしたりthatにしたりしちゃって本当にいいのかな?と思って気になっています。 問題の中でも a picture that makes us happy a book that teaches us many things a bus that goes to the station はthatになっていました。 a letter which made us sad a computer which is expensive a dog which swims well はwhichiになっていました。 This is a car ( )runs fast. That is an animal( )lives in the water. We took a train ( )went to Osaka. I go to a school( )has many students.の答えはthat,which両方書いてありました。 This is a movie that made us happy.はthatになっていて This is a car which runs very fast.はwhichになっていました。 thatとwhichでたぶん両方ともいいんじゃないかと思ったときは どっちをつかうか、基準とか目安が合ったら迷わなくて気持ちがいいです。 いい方法ってありますか。 よかったら教えてください。

  • この英語表現は可能でしょうか

    次の英語表現は可能でしょうか。 "名詞(主語), when which is ... " "名詞(主語), even if which is ... " つまりこのような場合に関係代名詞 which が主語を受けられるかという問題なのですが。 いかがでしょう、お分かりの方、ご教示ください。

  • 英語(関係代名詞)について教えてください。

    そのしっぽが短い猫は、私のペットです。 を関係代名詞を使って英訳する場合、 (1) The cat the tail of which is short is my pet. (2) The cat whose tail is short is my pet. のどちらも正しいでしょうか。 また、どちらも正しい場合、どちらのほうがより自然に使われるでしょうか。 (1)の関係代名詞の使い方に慣れません。 何かいい考え方はありますでしょうか。 質問が多く申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 英文法の関係代名詞の非制限用法についての質問です。

    英文法の関係代名詞の非制限用法についての質問です。 I got into the car which was parked in front of my house. I got into the car , which was parked in front of my house. 上の2文の意味の違いを教えてください。よろしくおねがいします。

専門家に質問してみよう