• 締切済み
  • すぐに回答を!

電気の実験です

直列RLC共振回路の実験を しました。 回路には 発振器、増幅器、コイル、抵抗、コンデンサが つながっていて… そこにオシロスコープを つないで波形を見る 実験で、 発振器から直接出た波形と 回路を通ってから 出た波形の 位相差を調べるのですが… 共振時は位相差が無いのに その前後では位相差が 出ます! その理由が何故か わかりません。 分かるかた教えて 頂きたいです(>_<)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数113
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

ぼそっ。 増幅器は 微分回路ではないかな? (=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)  要はトランスが一枚噛んでいるんでしょ? 共振回路の前に。 回路図を良く見てくださいね。どこに増幅器が入っているか? あるいは、共振の現象どういうものか理解できていないかのどちらかだけど、 理解できていると思うんだけどなぁ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一応理解はしているのですが… 確信があまりなくて(>_<) もう少し自分で 調べますかね(*^o^*)

関連するQ&A

  • 直列共振回路の実験において

    一般的にコイルの内部抵抗の方がコンデンサの内部抵抗よりも大きくなる理由を教えてください。 RLC直列共振回路の実験を行い、その際コイルとコンデンサの電圧をそれぞれ測定しました。 その結果、VL>VCとなりました。 直列なので、流れる電流は同じ。ということは2つの内部抵抗が影響しているのではないかということになりました。 コイルには自己誘導、コンデンサには漏れ電流が関係しているのではないかと思い、調べていますが、なかなか上記の証明に行きつきません。 アドバイス、参考になるサイト等を教えていただきたいです。 よろしくお願いします。 (先ほど同様の質問を投稿しましたが、わけあって削除していただきました。すみません。)

  • RLC直列共振回路について

    先日、RLC直列共振回路の実験を行ったのですが疑問があるので質問をしました RLC直列共振回路の実験で、グラフに縦軸が実効値VR、VC、VL・横軸に周波数として、書いたのですがなぜこのようなグラフになるかがよくわかりません。 (周波数は、20Hzごとに、450Hzまで実験しました。) 実験結果は 抵抗Rの実効値は、100Hzまで上昇し、その後減少 コイルLの実効値は、450Hzまで、上昇 コンデンサCの実効値は、初め6Vあたりでその後、減少 となりました。 質問は、 (1)抵抗の実効値は、なぜ共振周波数まで数値が上昇して、その後減少するのか (2)コイルの実効値の、数値が上昇する理由 (3)コンデンサは、初め高い数値で周波数を上げると減少していくのか です 抵抗がなぜこのように変化するのかが特に気になります。 コイルとコンデンサは、なんとなくですが理解できますが、抵抗だけはどうしてもわからないです。 教えてください。 また、このような現象について詳しくかいてあるサイト・本などがあれば教えてください よろしくお願いします。

  • 並列共振回路

     LCR共振回路で、LとCが並列、Rが直列の並列共振回路の共振周波数を求めた上で電流と電圧の位相差の理論値を求めるとπ/2になりましたが、オシロスコープの波形からは位相差はどう見ても0でした。  この違いはなぜ生じるのですか?電気回路の教科書を読んでもさっぱりお手上げです、教えてください。

  • 回答No.1
noname#137229

>>その理由が何故か わかりません。 おいおい・・ その理由が分かっているから、位相差を見るのでしょう? それが分からないのなら、もう一度教科書なりを見る事ですよ。 自分が何を行っているのか分からずに実験なんて・・・ そら恐ろしい話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 尖鋭度とは回路の何の良さですか?

    尖鋭度とは回路の何の良さですか? 共振回路の実験を行いました。それでQを求めたり、いろいろしましたが、 尖鋭度が回路の良さといわれている理由がわかりません。 Qが大きいほど共振曲線が鋭くなっていくことはわかりましたが、 鋭くなっていくとどんな良いことがあるんでしょうか? Qが大きいと、小さいときに比べどんなメリットがあるのですか? 「回路の良さ」についてもっと詳しい説明をお願いいたします。 実験ではRLC直列共振回路と、RL-C並列共振回路の実験を行いました。 このとき、Rの値が、直列では0オームと6オーム、並列では35オームと100オームで行いましたが、Qは抵抗の値が小さくなれば大きくなっていくものですよね?わざわざ直列と違って抵抗の大きなものを使用した理由があるなら、教えてください。 こんなデータがわからないと質問には答えられない、というようなことがあれば無視していただいてかまいません。どちらでもよいのでお答えいただければと思います。

  • なぜ、プローブを「10×」に設定するのか?

    あるオシロスコープを使っての実験で、疑問が沸いた点があったので、質問します。 実験の流れ ・発振器に対して直列に抵抗(100kΩ)つなぎ、正弦波を入力。 ・オシロスコープのCH1入力コネクタにつながれたプローブをその抵抗に接続。 ・次に、CH2にもプローブをつなぎ、CH1につながれたプローブと同じく、抵抗の両端につなぐ。 ・コンデンサ(300pF)を回路に直列に挿入し、CH2のプローブは抵抗とコンデンサの両方にかかる電圧を測定する。 ・CH2の出力電圧を8Vppにした場合のCH1の出力電圧とCH1の出力波形からのCH2の出力波形の位相の遅れ、の二つの値の周波数特性を測定する。 この実験において、プローブを「10×」に設定しろと言われたのですが、なぜプローブを「10×」に設定するのかが分かりません。 どうか、分かる人がいたら教えて下さい。

  • RLC共振回路の電源

    RLC共振回路について共振特性を調べる実験をしたのですが、この時直列共振回路には定電圧源、並列共振回路には定電流源を使用しました。これはなぜこのような電源を使用するのですか?様々な参考書に目を通しましたが、どれも確かに直列には電圧源、並列には電流源を使用していました。しかしなぜその電源を使うのかは書いてありませんでした。

  • RLC直列共振回路において

    RLC直列共振回路において 実験でfの増加にともなってVcが共振点まで上昇し以後、減少する理由を式を使って教えて下さい。

  • 電気回路の問題

    直列共振回路(RLC)で抵抗Rから取り出せ電力Plossの式がR/R^2+(ωL-1/ωC)^2の式に|E|^2/2を掛けてる式になるらしいのですが、なぜこのような形の式になるのか全くわかりません。順を追って説明していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

  • 共振周波数の計算値と実測値

    こんばんは。 私は4大に通う2年生です。 先日実験でRLC直列共振回路の実験を行いました。 そのときに実測した共振周波数と、計算で割り出した共振周波数が違っていたのですが、なぜ誤差が生まれるのでしょう。 ご教授お願いいたします。

  • 共振回路の役割

    電子回路について勉強し始めた初学者です。 コンデンサとコイルを直列or並列に繋ぐことにより、 共振回路が形成されるということを学びました。 この共振回路ですが、どのような用途で利用されるものなのでしょうか? 具体的な例を教えていただけないでしょうか?

  • ネオン管の点滅実験

    直流電源と抵抗、コンデンサを直列に接続しコンデンサと並列にネオン管を接続したときにコンデンサの両端の電圧をオシロスコープで観察する実験なんですが、このときオシロスコープの入力結合をACからDCに切り替えたとき、発振周期が長くなったり発振が停止することがあるのですがそれはどうしてかがいくら調べてもわかりません。だれか教えていただけないでしょうか?

  • 共振回路における電流の位相

    コンデンサーとコイルを並列にした共振回路で、コンデンサーとコイル に流れる電流が等しいときそれらの位相は逆だと本に書いてあります。 どうしてコンデンサーとコイルに流れる電流が等しいときそれらの位相が逆になるのか理由が分りません。 どなたか電気の初心者に分るように教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 尖鋭度の求め方

    尖鋭度の求め方を教えてほしいです。 当方現在院受験直前の状態です。 しかし尖鋭度がわからない(講義でやってないので)状況です。 以下の場合の尖鋭度Qの使い方を教えてください。 (ちなみに私の知っている情報は、 直列共振回路のとき→Q=1/W0CR 並列共振回路のとき→Q=W0CR ここでW0は共振周波数です。) 質問は次の4点です。 1、直列と並列が混ざっている回路の場合、直列共振なのか並列共振なのか? 2、回路に複数の抵抗がある場合はどうしたらいいのか? たとえばQ=1/W0CRというのはただのRLC並列回路のときに成り立つのだと思うのですが、RRLCなどの場合はどうしたらいいのか? 3、RLCのどれかが抜けている場合はどうなるのか? 4、R-(L、C) 「LCが並列にあり、それにRが直列につながっている」 場合はどうなるのか? 以上です。よろしくお願いします。