• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

測定値の変化  急いでます!!

3つわからないことがあります。 物理の実験で発振器で正弦波5Vpp、3Hz、300Hz、300kHzに設定し、テスターでDCV、ACVの2つのモードで測定をしました。 5Vppで測定したのに測定結果は5Vppにおよびませんでした。 なぜだか分りません。 同じ設定でオシロスコープの周期が設定した周期の3分の1になるのは、なぜですか? 実効値と平均値の関係があるのですか? コンセントの電圧をオシロスコープで測定したのですが、それぞれリードを差し込む場所によって値が変わるのはなぜですか?? 回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数450
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

正弦波5Vppは、最大値から最小値の電圧の値です。 テスターは、通常、実効値を測定しますので、ピークトゥピークVppは、測定しません。 さらに、DCVは直流なので、交流は計れません。壊してしまうかも! >同じ設定でオシロスコープの周期が設定した周期の3分の1になるのは、なぜですか? 意味が分かりません。もう少し詳しくお願いします。 >コンセントの電圧をオシロスコープで測定したのですが、 コンセントの穴をよく見てください。(壁にあるもの。テーブルタップは除く。) 左のほうがちょっと長いですよね? 長いほうは、ニュートラル(接地側)といって、ゼロボルトです。 触っても感電しません。 右の短いほうは、ライン(非接地側)で100V(実効値)がきています。 なので、場所によって、電圧が変わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

良く考えて解決しました。 ありがとうございました。

質問者からの補足

すみません。 正弦波5Vpp、それぞれ3Hz、300Hz、300kHzに設定し、オシロスコープで測定したところ設定したそれぞれの周波数(3Hz、300Hz、300kHz)の3分の1が測定結果の周期になりました。

関連するQ&A

  • オシロスコープの測定値と実効電圧?

    オシロスコープで正弦波の最大電圧を求めたのですが、実行値に変換する際に√2で測定電圧を割らなければならないのはなぜなんでしょうか? 同様に矩形波の測定値を実効値に変換するときにはなぜそのままの測定値の値で実効値となるのでしょうか? すごく困っています。教えてください。

  • デシベルの単位で表す減衰率の定義式は?

    実習の課題が分からず、手をつけられなくて困っています。 大学生なのですが、物理は高校で習ったことがなく、基礎知識がないために、大変苦戦しております。 以下の測定結果から、デシベルの単位で表す減衰率の定義式はどのように求めればいいのでしょうか。回答よろしくお願いいたします。 <測定結果1> オシロスコープを発振器につなげて、発振器の減衰率を-50、-40、-30、-20、-10、0dBと変えながら出力電圧を読み取ったところ(条件:正弦波、周波数50Hz) -50dB 0.1V -40dB 0.315V -30dB 1.0V -20dB 3.1V -10dB 10V 0dB 31.5V <測定結果2> オシロスコープを発振器につなげて、発振器の周波数を、15、50、150、500、1.5k、5kHzと変えながら順にそれぞれの周期を読み取ったところ(条件:正弦波、-50dB) 15Hz 66msec 50Hz 19.6msec 150Hz 6.7msec 500Hz 2msec 1.5kHz 0.67msec 5.0kHz 0.2msec

  • 方形波の電圧を測定した時の可動鉄片型電圧計の指示値

    可動鉄片型電圧計は交流電圧の実効値を測定し、正弦波の実効値に換算した値が指示されるそうですが、これによると実効値Ve(=最大値Vm)の方形波は、正弦波の実効値に換算してVe/√2の値が指示されるのでしょうか。正弦波の実効値に換算する方法がいまいち分かりません。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

#3の添付をわすれてました。 このようなダイヤルの値(Time/DIV)と観測波形の1周期の長さを教えていただければ、計算で確認できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざありがとうございました。

  • 回答No.3

>正弦波5Vpp、それぞれ3Hz、300Hz、300kHzに設定し、オシロスコープで測定したところ設定したそれぞれの周波数(3Hz、300Hz、300kHz)の3分の1が測定結果の周期になりました。 う~む。。 よく分からないですが、こういうことかなぁ。 それぞれの周期を計算すると、周期T=1/周波数f という公式があるので、 3Hz → 1/3 =0.333・・・[秒] → 約0.33[s] という周期 300Hz → 1/300=0.00333・・・[秒] → 約3.33[ms] 300kHz → 1/300k=0.00000333・・・[秒] → 約3.33[μm] となります。 そして、オシロスコープの掃引時間(添付図のようなダイヤル)を、どれにしたのか分からないけど、それがちょうど3分の1に見えたということかな? 時間掃引Time/DIVを計算にいれましたか? 式は、 周期=波形の1周期の目盛り×Time/DIV です。 ※ちなみに、テスターでのACVの値は、5Vppの場合、これは、さっきも言ったように波形の上から下までです。最大値は、この半分なので、2.5Vとなります。(波形の上半分) そして、テスターでは、実効値を指示しますので、2.5Vの1/√2倍です。 したがって、テスターでは、およそ、1.767Vを示したはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくありがとうございます。 無事解決しました。

  • 回答No.2
  • xpopo
  • ベストアンサー率77% (295/379)

最初の質問にだけお答えします。 >5Vppで測定したのに測定結果は5Vppにおよびませんでした。 >なぜだか分りません。 (1)テスターのDCVは直流専用の測定モードですから、交流の電圧は計れません。測っても変な値になって  しまいます。 (2) テスターのAC電圧測定(ACV)は実効値で測定しますからpp値に対して1/√2になります。  即ち、pp値の0.707倍の値で測定されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解決しました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 交流波形の測定

    家庭にあるコンセントに、テスターを当てて、 交流レンジで測定すると、100vと表示されますが、 この測定値は実効値だと言われています。 この実効値は、テスターの内部で実効値に 変換されているのですか? もし、そうだとしたら、オシロスコープで測定した 場合は、正弦波になるのでしょうか?  又オシロスコープでの測定では、コンセントの ホット側は、正弦波を表し、アース側は一本の直線になるのでしょうか?  何故、この質問をするかというと 家庭のコンセントにある100vというのは 1秒間に50回方向を変えているということの意味が 知りたいからです。  つまりホット側は、+100vから-100v迄変化していて アース側は0vのままだから、50ヘルツのうちの 1ヘルツ(1サイクル)は、半サイクルが、ホット側から アース側へ電流が流れ(このとき、最大値は100v-0v=100v)、続く半サイクルではアース側からホット側へ電流が流れる(このとき、最大値は、 0v-(-100v=100v)) という様に理解しているのですが これで正しいのでしょうか?

  • オシロスコープの実験について

    オシロスコープおよび低周波発振器を用いて波形を観測する実験を行いました。観測した波形はパルス波や正弦波などです。 この実験では設定周波数と測定周波数にわずかながら差が生じてしまいました。理由としては何が考えられるでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 電圧と音圧レベルについて

    発振器から発せられる正弦波をヘッドフォンを通して聞いた場合、その発振器の出力電圧(V)から音圧レベル(dB)を計算することはできますか? もし可能なのであれば、例えば測定した電圧が0.0225Vだった場合、音圧レベルは何dBになるのでしょうか? 関係あるかわかりませんが、その正弦波の周波数は500Hzです。 できれば計算過程も添えてくださるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 位相差測定について

    低周波信号発振器からの正弦波をオシロスコープのCH1に入力し、微分・積分波発生装置にも入力する。さらに、微分・積分波発生装置からの出力をCH2に入力する。という実験を行いました。 位相差測定において、 積分:Φ=(tan^(-1))*ωCR 微分:Φ=(tan^(-1))*(1/(ωCR)) を用いましたが、これは何を表しているのでしょうか?

  • オシロスコープ 位相差測定

    オシロスコープを用いた実験で正弦波の位相差測定とリサージュ図形による正弦波の位相差測定の結果は同じになるのでしょうか? もし、結果が同じにならない場合はその理由を教えて頂けないでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

  • PWM回路について

    PWM制御回路を作っているのですが、三角波発振器と正弦波発振器をコンパレータに入れた際に、きれいにPWM波形が出力されませ。正弦波発振器を発振しない状態でも方形波が出てしまっていて、その波形は三角波の発振器の周波数を変えるのと同時に追従して動きます。正弦波の周波数を変えるのと同時にPWMの波形が動くようにしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?ちなみに、正弦波発信器は周波数が100~1kくらいまで変化させることができ、三角波発振器は1、5~5kくらいまで変化します。

  • ひずみ率を測る回路とは・・・

     非正弦波交流の一般式には直流分、基本波、高調波が足されたもので、ひずみ率とは高調波の実効値と基本波の実効値の比を言いますが、このひずみ率を測定する回路を考えています。  参考書やネットで検索しても見当たりません。どのような回路で測定ができるのでしょうか?やはりフーリエ級数の式も用いるのでしょうか?  質問ばかりですいませんが、よろしくお願いします。

  • オシロスコープの測定について

    オシロスコープについて教えてください。 オシロスコープでcr回路の測定を行いました。chopperモードでch1、ch2を使いました。 角周波数ωと周波数fを計算で求め、この周波数の正弦波をVCRに与えた時にVRとVCの 高さがある程度一致する理由はなぜなのでしょうか?またこの時の波形は正弦波であっているでしょうか? わからないことだらけですみません…

  • オペアンプ(微分器、積分器)の周波数特性の測定について

    オペアンプと抵抗、コンデンサを1個ずつ用いた微分回路、積分回路を組んでみたのですが、周波数特性の測定において、入力電圧(正弦波)の振幅を1[V]一定にして周波数を変化させたときの出力電圧を測定しよう思ったのですが、周波数を変化させると入力電圧の振幅も1[V]から少しずつ変化していき、1[V]に合わせ直す必要がありました。この、周波数が変化したとき入力電圧の振幅も変化する原因がよく分かりません。ちなみに抵抗値は積分器のとき10[kΩ]、微分器のとき100[kΩ]、コンデンサは両者とも1[pF]を用いました。また、入力の正弦波は発振器から取り出し、入力電圧、出力電圧の振幅はオシロスコープの波形から読み取りました。 もし分かる方や、こうじゃないかという意見をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 50Ω 20dBATTについて

    今、以前作った1kHz 0.3Vrms正弦波発振器(ウィーンブリッジ発信回路)を使って自作した50Ω20dBATTの効果を確認しています。 概略図としては以下のようになっています。 [正弦波発振器]==(BNCケーブル(3D-2V))==[50Ω20dBATT]==(BNCケーブル(3D-2V))==LCDオシロスコープキット 動作させた結果波形は以下のようになってしまいました。 何が原因なのでしょうか? ちなみにDCで流した場合は20DB減衰することは確認しています。