• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

不謹慎な質問ですが・・・

今回の大震災(地震・津波・火災・原発事故)による保険金はどうなるのですか? ◇自然災害なので、特殊な保険や特約を除き免責事項になり⇒生命保険や車両保険の適用外 ◇補償額は減額される場合もあるが、保険は適用・支払いされる。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数111
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

火災保険や車両保険は対象外。 生命保険や地震保険は対象。 ただし、保険共通の例外規定として 「あまりにも規模が大きく、支払い不可能と判断した場合は減額される」 という決まりがあります。 今回は「支払い可能」とのことで、全額支給されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答を賜りまして、誠にありがとうございます。 >火災保険や車両保険は対象外。 生命保険や地震保険は対象。 ただし、保険共通の例外規定として 「あまりにも規模が大きく、支払い不可能と判断した場合は減額される」 という決まりがあります。 今回は「支払い可能」とのことで、全額支給されます。     ↓ 良かったです。 被災の惨禍・現実は変わらないでしょうが、せめて再生への契機に助けに成ればと思います。 オレオレや悪徳業者や詐欺集団も、少しでも良心や支援の心があるなら、活動を自重自粛してくれよ!

関連するQ&A

  • 地震や津波のときの車両保険について教えて下さい。

    自然災害は免責だと思っていたのですが、台風による破損にも車両保険は使えると聞きました。車両保険の適応についていまいちわかりません。詳しくご説明お願いいたします。 津波による被害者の方々は、天災担保特約を付けていた方のみ全額もらうことができて、残りの方々は自動車保険は何のやくにも立たなかったということになるのでしょうか? 地震のどさくさで車がなくなってしまった(実際はつぶれてしまってわからなくなってしまった)方に紛失で全額補償ということはありえますか? 天災による被害のときの修理代?????よろしくお願いいたします。

  • 原発事故の保険

    原子力発電所の近くに住む人が、原発被害に対する保険をかけることはできるのでしょうか? また、既存の災害保険では、保険金が支給されるのでしょうか? 福島の場合は、津波の後で原発事故になりましたが、天災という解釈がなされているのでしょうか?

  • 法律、あるいは、条文について

    問い合わせさせていただきます。 8月3日の毎日ニュース(Web版)に「原発輸出を強力に推進し続ける背景には、原子力安全条約の存在がある。条約は原発事故の責任を「原発を規制する国(立地国)が負う」と規定」と出ていました。 (1)海外輸出についてこのような条文があるように国内向けにも原発メーカーの免責をうたった法律あるいわ条文などがあるのでしょうか? (2)さらに、東日本大震災のような予想を超える自然災害のときには電力会社は原発事故のような事態が発生しても免責されるという法律、条文などがあるのでしょうか? 以上2点について教えていただきたくよろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

各保険会社は、今回の震災には免責を適用しない旨の告知が行われています。 例えば日本生命 http://www.nissay.co.jp/shinsaioshirase/index.html 第一生命 http://www.dai-ichi-life.co.jp/information/earthquake.html 業界団体で免責適用せずの方針が出ています。 損保(車両保険)に関しては、未確認。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答を賜りまして、誠にありがとうございます。 免責事項が適用されないのは、自然災害(ある種、人災の即面も、規模の拡大と長期間被災に至った点では大きいが)でも、規模が大きく社会的な関心や影響の大きさからでしょうか・・・ この点は、当該の被災者の方々には、せめてもの救いですが、受取人も居られないケースや手続きの難しい高齢者とかに簡便に迅速に適用されるような、助力・配慮が望まれる。 何としても、詐欺とかの暗躍は取締りをされ、復旧復興に被災者に早く届きますように、心より祈念申し上げます。

関連するQ&A

  •  東電社員の給与は?

     東日本大震災は、地震ばかりでなく、津波による未曾有の大災害が続き、福島原発の放射能の問題に至っては、未だ始まったばかりかも知れません。  地震、津波は自然災害ですが、放射能はきっかけが自然災害であっても、人災です。  ですから、避難生活者ばかりでなく、農業業従事者たちへの補償を考えると、近い将来厖大な赤字になることが見込まれます。  こういったとき、東電社内では社員の給与の削減などを実施することはあるのでしょうか?  それとも、財政赤字にも関わらず高い水準の給与を続けている公務員と同じ様に、どんなに赤字になっても、震災前と同じ給与が続くのでしょうか。続いても良いのでしょうか。  皆様のお考えを教えてください。

  • 福島原発事故は、東京電力に法的責任があるのですか?

    政府の枝野さんは、東京電力への批判を強める国民感情などから免責条項の適用はない、と言っておりますが、東京電力はこの判断に必ず従わなければならないのでしょうか? 東京電力が不服とし裁判所に訴え、その結果として免責が適用される場合もあるのでしょうか? もともと、巨大な自然災害などの場合に電力会社を免責する原子力損害賠償法(原賠法)の例外規定があるのに、事故がおきてから、免責しないなんて政府は決定できるのでしょうか? また、『原賠法制定当時の国会議事録を精査した結果「人間の想像を超えるような非常に大きな天災地変が起こった場合にだけ、初めて免責を認める」(一九六一年五月の参院商工委員会)といった答弁も見つかり、関東大震災もこうした災害に当たらないとの見解が示されていたことも適用を見送る材料となった』そうですが、関東大震災はマグニチュード7.9で東日本大震災はマグニチュード9.0で関東大震災より大きく、非常に大きい震災とも言えるのではないでしょうか? お解りになる方、是非教えて下さい。

  • 地震特約付き自動車の車両保険ってある?

    自家用車の車両保険に入りたいと思います。 地震や津波で全損したときは、通常保険金は下りませんが 地震?特約を着けると保証される車両保険があると 聞きました。どなたかそのような保険をご存じないでしょうか?

  • 車両保険の免責0特約について

    車両保険の免責0特約について 自動車保険の更新で内容を見直しているのですが、免責0特約のメリットについて余り無いように思ったので質問します。 車両保険は、一般条件で免責5-10にして車対車免責0特約を付けようかどうか迷っています。 初めは、免責5-10は全ての事故において5万を払って修理するのかと思ったら、車対車の事故では大なり小なり過失割合が生じ、その割合で相手の対物が免責金額に充てられると知りました。そうすると、免責0特約に入らなくても修理の際に免責5万を払わなくても済む事、もしくは減額される事になると思います。 そうなると免責0特約のメリットは、相手が無保険車とか示談に応じないとか特別な場合に限られると思います。 皆さんは免責0特約についてどう思いますか?

  • 天災、自然災害。被災者たちの再起。

    今回の熊本地震を含めて、近年多発する自然災害は、規模や復旧期間を含めて年々大きなものとなっている印象があります。 東日本大震災は、想定をはるかに超えた津波による被害は想像を絶し、原発事故による放射能汚染は住民から全てを奪い去ってしまいました。 こうした状況を報道で知るたびに思うことは、格差の問題です。 多くの人たちを困難に追い込む自然災害という避けられない事態に際して、その後の問題として、個人として初めから再起可能な層と再起不能に陥る層とに完全に分離されてしまうのではないだろうかという問題です。 自由主義の中で、能力とは全く別の問題として発生する自然災害に対する対応能力に、異常なほどの差が生じる可能性がある現在の格差をどのようにお考えでしょうか? 今も揺れ続ける被災者の心の中にも、既に再起の分離が進んでいる筈ですが。

  • 今回の大震災で保険会社は大丈夫?

    今回の大震災は阪神大震災を上回る大きな被害をもたらしました。 それで、保険会社は自然災害保険、生命保険など 支払いが莫大になると思いますが、経営に打撃は与えないでしょうか? それとも、また何かしら理由をつけて 支払いを拒否して逃げ切るんでしょうか?

  • この地震で得た教訓、学んだことは何ですか?

    戦後最悪の自然災害と呼ばれ、数十万人の方が罹災、亡くなった方や行方不明の方も大勢います。 そんな矢先に起こった原発事故、これも今まで日本が経験したことのないレベルの事故です。 さて、どちらも終息に向かうにはまだまだ時間がかかると思いますが、とりあえず今の時点で皆さんが、「この地震で得たこと、学んだこと、知ったこと」は何ですか? 大きいことでも小さいことでも、思ったことを教えてください。 私はひとつあげるとすれば、被災地への物資インフラがあまりにも脆弱だなということです。 地震大国なのに、いざという時には何も機能しないような印象を受けました。 「想定外」の津波被害、「想定外」の原発事故・・・ 災害はたいてい想定外なのに、その言葉で不手際が許されるような感じです。

  • 建物に対しての自然災害保険について

    先日住宅ローンを組みました。 その際に火災保険(35年間)に入りました。 ただこの保険は、建物のみでかつ火災のみが対象となっています。 また、保険担当者から家財に対しての保険を紹介してもらいましたが、 こちらは火災、自然災害共にカバーできているものでした。(未契約) この組み合わせでいいかな?と思っていたのですが、 建物に対しての自然災害がカバーできていないため悩んでいます。 担当者に問い合わせましたが、 「保険商品が異なるので別途で入る必要があるが、火災保険とセットになっていて、既に入っている火災保険分を差し引くと100万程度しか対象にならない」と回答がありました。 Webで調べては見たものの火災保険とのセットが多いような気が。 できれば 「建物の自然災害(地震等)に対して全対象」の単体 もしくは「火災保険の不足分」+「自然災害に対して建物全対象」 があればいいのですが、 このような保険商品はないでしょうか? 愚痴:火災保険は差額で計算してもいいけど、その保険は自然災害は対象になってないんだから、自然災害分は全額対象でいいじゃん!!!

  • 自動車保険に詳しい方お願いします

    東京日動海上火災の車両保険ですが、2種類あります、どのような違いと値段はどちらが高いのでしょうか。 (1)種類      車対車+A (2)免責金額   1回目事故 ¥5万 2回目以降事故 ¥10万 (3)車両保険金額  ¥25万 (4)特約        車対車 免ゼロ特約 (1)種類      車対車+A (2)免責金額   1回目事故 ¥0 2回目以降事故 ¥10万 (3)車両保険金額  ¥25万 (4)特約        なし

  • 特約火災保険と落雷に関する質問

    このたび不運にも落雷でテレビアンテナ(屋根に備え付けのもの)とエアコンとテレビが壊れてしまいました。そこで質問なのですが特約火災保険では自然災害も含まれておりその中で落雷による損害も含まれますよね?しかし、この特約火災保険は建物につける保険ともあります。では家財道具(今回の私のケースではテレビとエアコン)はもちろん適用されないと思うのですがアンテナに対する被害はどうなのでしょうか?普通、引越しする場合屋根のアンテナを持って行く人は少ないと思うのですがそうするとアンテナはその建物に付随する設備と言うことになりますよね?そうすると当然この特約火災保険の適用内だと思うのですがどうなのでしょう? 主人はそんな虫のいい話がはないと断言するのですが実際どうなのでしょう?エアコンの方は普段使っていないので不自由はないのですがテレビアンテナの方は早急に修理したく、また保険で修理できるならそれに越したことはないと思い質問させていただきました。保険会社に電話しようにも週明けにならないと聞くことができず、また子供たちは好きなアニメが見れず残念そうにしています。私もなんとかしてあげたいのですがどうしてよいのか途方にくれている所存です。 保険に詳しい方、もしくは同じような被害にあわれた方のご意見、アドバイスをお待ちしております。