• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

決算 見積計上について

  年度末に一部業務が終了し精算処理をしておりますが、未確定の費用がいくつかあります。 決算の数字確定日が決まっており、それまでに間に合わなくなりました。 見積計上をするように言われたのですが、以下(例)の通りで大丈夫でしょうか よろしくお願い致します。 [会計面] (当期)   通信費 10,000 / 未払金 10,000 (翌期)  ・過小計上だった場合   未払金 10,000 / 現 金 12,000   通信費  2,000 /  ・過大計上だった場合   未払金 10,000 / 現 金  8,000               / 雑収入  2,000 [税務面] (当期)  損金否認 別表四 加算 10,000 (翌期)  損金認容 別表四 減算 10,000      

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2233
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

・過大計上だった場合   未払金 10,000 / 現 金  8,000               / 雑収入  2,000 これは厳密には雑収入ではなくて前期損益修正益ですが、金額が小なので、通信費の貸方でよいと思います。 別表の加算ですが、必ずしも全額加算というわけではなく、たとえば申告までに請求書が届いて、その費用が前期に対応するものであることが明らかになれば、加算は不要になります。もちろん過大計上分は加算です。 貴社がこの費用を現金主義でしているのは発生主義でしているの何もよりますが、通常は発生主義が原則です。請求書到着日は後でもかまいません。 それと期末の負債は未払金というよりは未払費用のほうが適当かなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます また、お礼遅くなり申し訳ありませんでした 当社は発生主義を使っているので、全部否認しなくても、 請求書が着てから過大分等加算すればいいんですね なにかすっきりしました また、よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 決算確定後の別表処理について

      決算確定後 計上した金額が、過大、過小、未計上だった場合の別表の処理を教えてください ・それぞれの処理は大丈夫でしょうか? ・消費税の処理はどうしたらよいでしょうか? 費用で計上した金額(例) 修繕費1,000円/未払金1,000円 [過大だった場合] 請求金額800円 過大部分の金額200を「別表4(加算)」→(翌期)「別表4(減算)」 (翌期)未払金1,000/現金 800              /修繕費200 [過小だった場合] 請求金額1,500円 過小部分の金額500を「別表4(減算)」→(翌期)「別表4(加算)」 (翌期)未払金1,000/現金1,500      修繕費 500/ [未計上だった場合] 請求金額1,000円 未計上の金額1,000円を「別表4(減算)」→(翌期)「別表4(加算)」 (翌期)修繕費1,000/現金1,000      

  • 昨年に・・・

    昨年会社で、租税公課/未払金  の過大計上(翌期の経費)がありました。前期に別表4で加算留保し、5-1で未払金を当期増と翌期期首にしました。 今期は別表4で租税公課減算留保 5-1で未払金期首と当期減にしましたが、これでよいのでしょうか?頭がパニックになってしまいました。教えていただけないでしょうか?

  • 別表の記載について

    『別表4』の加算・減算欄の記入の用語について   認容 否認 などが出てきますが 税務調査により、修正申告した『計上漏れ雑収入』の当期決算申告時 の減算の場合、どのような語句で表現したらよいのでしょうか。 これまでは必要ではなかったので。 勉強不足です。お教えください。

  • 法人税別表四について

    法人税別表四について質問します。 前期に加算欄に記入した金額、たとえば未払金否認、福利厚生費否認といったものは今期はそのまま減算へ持ってきて未払金認容、福利厚生費認容でそっくりそのまま金額を持ってくればいいと聞いたのですが本当ですか。

  • 退職給付引当金の未払計上について

    退職給付会計について質問です。 3月決算で、年度末に退職者があり、退職金を支給したのが翌期の4月だった場合。 (3月) 退職給付引当金取崩 / 未払金 (4月) 未払金 / 現預金 という仕訳はおかしいですよね? 当社は中小企業で、簡便法にて退職給付会計を行っています。 退職給付費用は損金に計上できなくて、退職給付引当金取崩額が損金に算入できる というのは知っているのですが、損金に計上できるのは取崩した、つまり4月になると いうことなんでしょうか? ただ退職が確定した日は3月になるので、損金計上できるのは3月ということになる・・・ ということでこんがらがってしまいました。 どなたか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 未払に計上する科目について教えてください。

    未払に計上する科目について教えてください。 決算をする際に、未払金を計上するかと思うのですが、どのような場合に計上すればいいのか、 よくわかりません。 水道光熱費、通信費は、毎月支払がされていますので、現金主義のままでもいいのですか? それとも、このように毎月継続して支払が行われるものも、発生主義にするため、未払いを計上 しなければならないのでしょうか? 悩んでおりますので、このようなことにお詳しい方がおられましたら、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

  • 貸倒引当金否認

     当期に会計上、貸倒引当金を繰入れる設定をする。と同時に別表4で全額、貸倒引当金否認と記入。 翌期で貸倒引当金認容とすることは問題ないのでしょうか?(資本金1億円超の会社)ちなみに、別表11は提出しておりませんが。。 通常、貸倒引当金は実績率で会計上計算した金額を損金にするため、別表4ではなにもかかないと思うのですが。超過額出た場合は加算調整といった処理になるのでは??

  • 見積もりで立てた未払金の処理について

    月次決算の際に、請求書が未着だったので見積もりで費用・未払金を計上したとします。翌期に実際の請求書が来て見積り額と差異が発生した場合の仕訳はどうすべきでしょうか? 例: 第1期期末 借方:第1期分通信費 100 貸方:未払金 100 第2期期中に請求書到着(第1期分通信費=150) 借方:未払金 100 貸方:現金 150    通信費 50 例のように仕訳するのでしょうか?そうすると第2期の通信費が50だけ多くなってしまいますが。 どなたかお教え下さい。

  • 事業税の還付請求時の別表4の書き方について

    中間期に支払った事業税が確定額よりも多くて、期末に未収計上しました。 この場合、未収計上した金額は別表4の減算欄で仮払税金認定損として減算しますが、 なぜ減算するのでしょうか? 例えば中間期に100支払い、確定額が50だった場合、当期の事業税は50で、還付の50 を未収計上します。 別表4の一番上の「当期利益又は当期欠損の額」はPLの当期純利益であり、この時点で損金 算入されているのは中間期に支払った100ではなく、当期の事業税である50であり、また加算欄の 「損金に算入した納税充当金」も還付なので事業税部分は0になると思います。 なので、未収計上分の50を減算する理由がよくわかりません。 おそらく何か基本的なところでつまづいているのだと思います。 お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

  • リコール費用の特別損失の計上について

    売上高20億の製造メーカーです。 8月が決算月です。 製品のリコールが発生しました。 リコール費用は1千万です。(正確に見積もりできます)。 ●債務は確定しています。 但し、実際の費用が発生するのは9月以降です。 そこで質問なのですが、債務は確定しているので、このリコール費用1千万を当期の「特別損失」として計上する考えです。 これは税法上では損金として認められるでしょうか? 同じように、売上高に対して売上原価が確定していない場合、翌期にその原価が発生する場合は 「見積もり原価」として当期の売上原価に計上できます。 (収益と費用の考えから、収益に対して、発生する費用が明確である場合は、それを当期の売上原価として計上するものです。) リコールは収益と費用の関係ではありませんが、債務が確定しているならば、それにかかる費用が正確に見積もりできるのであれば、当期の費用として計上すべき(できる)と考えるのですが。 この考え方が間違えと言う指摘を頂けると助かります。 私は正しいと思うのですが。 おまけ) もし、このリコールの期間が翌期・翌翌期と数年にまたがってもその期にかかった費用を原価からはずせば良いと思うのですがいかがでしょうか? ●リコールの費用は (1)当期に支払った額は当期の損金となる (2)未払いで計上した額は当期の損金となる (3)引当金として計上 (税法上は損金とはならない) 上記の3つの方法しかないのでしょうか? ●リコール費用の翌期にかかる費用が損金とならない「明確」な理由があれば   教えて頂けるとありがたいです。 よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう