• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

自分のアイディアで特許をとるには?

特許についてほとんど知識がないのですが、ふと「こんな製品があればすごく便利なんじゃないか!?」というアイディアが2つ程浮かんだのですが、どのようにして特許をとれば良いのでしょうか? 現実にあればきっと人様の役に立つ物だと思うので、是非特許を取り、企業等に売り込んでみたいなーと思うのですが・・・。 どちらのアイディアも製品として作られて初めて活かせるものなのですが、そういった物で特許をとる場合には、現物を自分で用意しないといけないと人から聞いたことがあるような記憶があるのですが、これは本当でしょうか? 作るにしてもどのようにすれば良いのか今のところわからないので、もし私のアイディアを文書にするだけでも特許がとれればそれが一番嬉しいのですが・・・。 どなたか特許取得にお詳しい方、是非アドバイスをお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数4592
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • uyama33
  • ベストアンサー率30% (137/450)

 日本国内での、 特許申請を自分ですることは可能です。 ISDN の回線にして、特許庁のホームページを見て 必要書類をダウンロードして、  ワードで作った書類の一部を、 HTML ファイルにしてインターネットで 送る。また、文書の形は、 特許の申請の本を2冊くらい読めば 書けます。  私は自分で上記のようにして 申請した後で弁理士さんに頼みました。 見てもらったら、 これでは特許が取れない とのことでした。  改めて提出し直したのですが、 弁理士さんの書いた申請の文章は私の書いたものとは 全く別の観点から書かれていました。 特許の認定がおりるための文章の書き方 があるようです。  手数料がかかっても 本気で特許を狙うなら 専門家の助けを借りる必要があると思います。  また、私の場合は、 外国への出願については 専門家の手を借りなければ 不可能でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 初心者です。発明・アイディアはたくさんあるのです…

    初心者です。発明・アイディアはたくさんあるのですが・・・ はじめまして。 タイトル通りアイディアはたくさんあるのですが、それを特許に結びつける術を知りません。 (一応、製品化していないか調べましたところ、製品化されていませんでした。) 自分で申請すると断られる事が多いと聞きましたし、弁理士に頼むのは気が引けます。 仮にアイディアを関連企業に頼んで製品化してもらったとしても、アイディアを盗まれるのではないか?と思い、未だ踏み込めずにいます。 又、企業に製品化を頼む電話をするのは 特許をとってからか?とる前か? 以前に同じような例でアイディアをぬすまれることはあったのか? いろんな質問をして申し訳ありませんが、このようなお仕事に携わってみえるかたがいらっしゃいましたら、お話などお聞かせ頂けたら嬉しく思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 商品のアイディアの売り方とは?

    新商品のアイディアを思いついた時、企業にアイディアを売り込むにはどうすればいいんですか? また、それにはどれくらいの手間・資金がかかりますか? 例えば車に付ける「赤ちゃんが乗っています」ステッカーってありますよね。 あれは革命的な発明、という物ではないけどそれなりには売れています。 こういう「有ったらいいけど無くてもいい」程度の商品アイディアを一般人から買い取ってくれるような企業・会社というのはありますか? また、もし個人でそのアイディアを商品化し特許も取得したとして、その上で企業がアイディアを使いたいとなったらアイディア料は何割くらい払われるのが一般的ですか?

  • 特許

    特許 申請してから特許取得まで総額でいくらかかりますか?(タダかと思っていました……w) 特許庁HPをみても、難しくて分かりませんでした。やはり数十万円掛かったりしますか? また、生活雑貨のアイディア商品を企業に売り込む場合、会社にどう売り込めばいいのですか? 突然電話をかけて『商品を提案したいのですが』と言うのはマナー違反ですか? 経験のある方、宜しくお願いします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

他の人は特許手続きについて回答していますが、御質問の趣旨は自分のアイディアが特許足りうるかを確認したいと言う事ですよね。 特許には、新規性及びそのアイディアの具体的な実現方法が必要です。 >作るにしてもどのようにすれば良いのか今のところわからないので、もし私のアイディアを文書にするだけでも特許がとれればそれが一番嬉しいのですが・・・。 この部分が気になります。もし、このようなものがあれば良いと言う願望のレベルだけで、具体的なその実現方法が無い場合は出願の条件は充たせません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

 この手の質問は過去にそれこそ何度もされています。このカテゴリーはそれほど質問数も多くないですので、過去ログをじっくりご覧下さい。  まあ、基本的にはNo.3のbamiさんが仰ってるように特許事務所に行くのが一番確実です。と言うより、それ以外の方法は全くお勧めできません。その理由についても過去ログにありますので、じっくりお調べ下さい。  ちなみに、No.1のslippineggさんが紹介されているサイトを見てきましたが、あんなものは基礎中の基礎、ほんの上っ面に過ぎず、実際に出願する際の参考にはなりません。  特許出願するには法律的知識がかなり必要です。しかもそれだけではなく豊富な実務経験も相当必要となります。素人さんが簡単に自力でできるものではないということを、是非心に留めておいて下さい。  でないと、10万円以上もの大金をムダに捨てることになる可能性が極めて高いですよ。  No.2のkounotori3さんが紹介されている1つ目のサイトの弁理士さんはちょっと胡散臭いのでご注意下さい。これについては下記質問のANo.7でお話が出ていました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503  2つ目のサイトは、実際稼動している特許事務所のものです。標準的なものでしょうが、出願審査請求費用は来年4月から2倍にはね上がりますのでご注意を。  No.4のptaさんが仰ってる特許庁の電子図書館には、出願公開される前のものは載っていません。特許は出願してから1年半経たないと公開されないんです。過去に類似アイデアが全く見当たらなかったとしても、類似発明がまだ出願されていないと言うことはできませんので、ご注意を。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • pta
  • ベストアンサー率26% (44/164)

過去に類似アイデアがあるか 参考URLの特許庁電子図書館で調べましょう 結構あるものです。

参考URL:
http://www2.ipdl.jpo.go.jp/BE0/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • bami
  • ベストアンサー率32% (61/187)

 電話帳かネットで、良さそうな特許事務所を探しましょう。電話でアポを取ってから実際に事務所へ貴方自身が赴いて詳しい話を聞かれると良いと思います。 (この時の対応もよく見ておきましょう。良心的な事務所なら、いちげんのお客様にも丁寧に対応してくれる筈です)  具体的なアイデアがある場合は、スケッチ程度でも構わないので図面と、できればあなた自身の言葉で発明の特徴を箇条書きにして持参すれば話が早く進みます。  料金は事務所によってまちまちですが、最終的に特許査定されるまでには結構な金額が掛かりますから、最初に確認された方が安心です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 特許を取るには費用が掛かります、参考URLをご覧下さい

参考URL:
http://www2s.biglobe.ne.jp/~alhad/hom-pt-f.htm,http://www.harada-pat.gr.jp/hiyogaisan.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

下記URL・・たいへんわかりやすかったです。

参考URL:
http://www.meti.go.jp/intro/kids/tokkyo/tokkyo05.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特許のライセンス

    ある企業が新製品に関する特許を取得した場合、 他社に対してその発明の使用を禁止する場合 (Amazonの1click特許が最近では有名?)と、 ロイヤリティを取り許可する場合があると思います。 (ライセンスの場合は企業間ではクロスライセンス が多いとは思います) 例えば、家庭用電気製品ではどのメーカーも似た特徴 をもった製品を出していますが、あれらは最初に特許 を取得した1社からライセンスされたものなのでしょ うか。 また、特許を持っているメーカは他社にライセンス しないという選択もあると思いますがそうしない理由 は何でしょうか。

  • 特許権の遡及について

    特許申請中の技術に近いやりかたで製品を作っていました。(一応、触れないつもりではいるんですが) このたび、特許を取得したらしいのです(IPDLでも確認できないのですが、そうらしいのです)。 文書で、警告は無かったんですが、過去にさかのぼって損害賠償されることもあるのでしょうか。

  • アイディアを商品化したい

    「アイディアを商品化したい」について質問します。 一個人(素人)がアイディアを商品化するための手順を教えて下さい。 (1)考えている物はシンプルだが、個人で作るには完成度が落ちる。 (2)この時点でメーカー、企業に相談できるのか。 (3)その際、アイディアはどのように担保されるのか。 (4)メーカーと個人との仲介業者等に相談したほうがいいのか。(その際の上記(3)はどうなるのか) (5)特許を取得したい場合、どういった支援業者、団体があるのか。 以上ですが、よろしくお願いします。

  • 出願中の特許について

    先月、特許を出願しました。自分で全書類を書き上げ、最終チェックとして、弁理さんに見ていただいて(形式だけでなく内容も、特許の請求範囲を重点的に)、その後、自分で手直しして出しました。最近、特許に関するいろいろな情報を得るうちに、自分の書いた明細書がちゃんとかけているのかとても不安です。出願から1年半は手直しやアイディアの追加などが出来ると聞きましたが本当でしょうか?今、自分が考えているのは、特許の請求範囲等を秘密にして、試作品だけで企業に売り込みをかけようと思ってます。そこで興味を示してくれた企業に、しっかりとした明細書に手直ししていただく弁理士費用と審査請求費用を持っていただければと思ってます。こんなこと可能でしょうか?いろいろなアドバイスが頂ければ助かります。よろしくお願いします。

  • 素人のアイディアを聞いて投資して下さる企業などありますか?

    皆さんにお尋ねします。 トイレ用品に関して新しい製品のアイディアを持っています。 これを聞いて貰い、投資して貰えるような場所、サイト等ありましたら教えて欲しいのですが・・・ 特許に関しても検索をしましたが類似品がありましたがまだ取得になっていません。 みなさんのご協力お願いします。

  • 特許?実用新案?

    質問させてください。 市販のものAと市販のものBを組み合わせただけの物を作りました。俗に言うアイディア商品です。この2つを組み合せた形状にし、この形状で1つの物としてこれを出願したいんですが特許?実用新案?どちらで出願するべきなのでしょうか? 用途の限定などで狭めてやっと実用新案程度の進歩性と思われますが、様々な本を読むと企業に売り込みに行き商品化を考えている人は実用新案で出さないほうがよい。と書いてあり、特許で出願しようか迷っています。 この程度のアイディアでも売れれば特許になりうるのか?審査請求で拒絶された後の審査官面談を利用して、と本に書いてありましたがなにか参考になることを教えてほしく書き込みました。よろしくお願いします。

  • 主婦の知恵で誕生した特許商品があると思いますが、ああいうのはどうやって

    主婦の知恵で誕生した特許商品があると思いますが、ああいうのはどうやって商品化されていくのですか?自分でお金を出して商品を作って、特許も自分で取得して、それを販売ルートに乗せていくというようなことが素人に出るような気がしないのですが。台所製品(今回は鍋)で多分売りだされたらたくさん売れると思うようなアイディアを持っている親友がいます。それを特許をとって商品化、販売までいかせる方法を教えてください。そのようなことが書かれているサイトでも構いません。

  • 特許侵害・訴訟について

    開発の仕事をしているのですが、法律関係に疎いので質問させてください。。 企業1がAという化学物質を新しく開発し製造方法と物質の特許を取得して製造販売しているとします。 しかし、その特許に記載の方法では確かにAはできますが、事実上B(新規物質)が副生し、 AとBの混合物(A : B = 1 : 1 もしくは Bの割合が多い)となってしまうことがわかりました。 また、発明目的である製品の性能はAよりもBの効果が強いとします。 この事実に他社である企業2が気づき、Bだけを選択的に製造することができる手法を開発し、 新たにBについての特許を取得したとします。(発明の目的、用途は両社とも同じ) このとき、先に登録されたAについての特許にはBに関する記載が全くなかった場合、 企業2は企業1に対してAの特許取り消しや製造の差し止め訴訟をすることができるのでしょうか できれば関係法令や判例なども教えていただければ非常に助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 特許出願して損することのことの方が多いのでは

    特許出願には、権利化まで100万円ほど掛かると言われています。 また、権利化しても、侵害の事実を裁判で実証しなければ、損害賠償を勝ち取れません。 さらに、どこで誰が侵害しているかを発見することが、個人はもとより、大企業さえも大変困難です(世の中の特許関連製品をバラス必要がある)。 さらに、日本での特許権は外国では通用されないため、外国でも特許権を取得する必要があります。 こんな制度は、大企業以外は活用できない制度だと思います。個人出願なんて、無意味だと思われます。 皆さんのご意見をお聞かせください。

  • 新製品 特許にした方が良いのか しないほうが良いのか

    現在新製品を開発中です。 これまでも自社製品を販売してきましたが、今までは特許について詳しくなく、又特に新規性が高い製品でもなかったので、特許について何もしてきませんでした。 今回はまだあまり世の中には無い様な製品なので、特許が取得できるかどうかはともかく、他社から真似をされても困るし、他者が特許化してしまっても困るので、防衛的な意味で特許の申請は行なった方が良いのかなと思っています。 又、製品をOEMで供給する場合に「第3者の特許を侵害していない事」と言う契約書にハンコを押す事が多くなっており、今は、実は調べてもいませんが、ハンコを押しているのが現状です。特許の申請して、もし 特許が取れれば、自分たちの権利として認定されるので、偽り無くハンコが押せるのではないかと思っています。  ただ、申請のデメリットとして、特許の申請をして、内容が公開されると、実は他社の特許を侵害していた、と言う事を、わざわざ証明してしまうような事になっても困ると思っています。 いくら当社で全くオリジナルで開発したと言っても、同じ様な技術は多分以前からあり、技術者であれば、同じ様な内容は考え付くものだと思います。 気になって、特許の本を買ってきて、IPDLと言うHPで特許検索する事が出来るようになったのですが、文献は余りにも膨大だし、今の開発中の製品と、他社の特許のどこにどれだけ、抵触するのか、解ったものではありませんし、調べて回避しながら、と言うのは現実的に無理です。 こういった場合、特許事務所に相談すると、他社の特許に抵触しているかどうか、ある程度判明するものなのでしょうか。 又費用はいくらくらいなのでしょうか。