• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

非人道的な質問ですが。

今回の東日本大地震の大津波では、津波警報が出た後、退避時に歩けないお年寄り等を身を捨てて庇ったため、多くの消防団員や警察官がお亡くなりになりました。 そこで思ったのですが如何に社会に貢献した事がある年寄りでも、津波非難で尊い命を亡くされた消防団員や警察官を思えば、足手まといの老人は助けるべきでなかったのではないかという事です。老人ホームや病院で寝たきりの高齢者の為、如何に多くの犠牲が要ったのでしょうか。その犠牲が有意義なものなら未だしも、生きていても仕方ない高齢者の為より、若くて逞しくて将来の日本には必要だった消防団員や警官を死なさなかった方が、もっと社会の為になったのではないでしょうか。 これからの東北地方での復興は大変険しいものがあります。 東日本大地震や大津波災害の現実を目にして、社会に役立たない高齢者は切り捨てるべきだと思ったりしたのですが、如何でしょうか。

noname#131069
noname#131069

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数19
  • 閲覧数758
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.12

人道的な回答になってしまって申し訳ありませんが、老人ホームや介護施設などの建築物を建てる時には、建築許可申請を出し、役所の許可をもらわないと建築できません。 役所は、その地域の歴史を良く知っており、明治時代も昭和にも大津波が来た場所、今度大津波が来たら助からないところに老人施設を建築することを許可しました。この建築許可を出した役人は質問者さんと同じ考えだったと想像されます。 しかし、私としては、足腰の不自由な老人こそ、高台の上の施設に入所してもらい、クルマで送り迎えするようにしておけば良かったとお見ます。ご老人本人もまだ若い施設の職員や消防団員にとっても。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

暇な老人の時間つぶしにお付き合い頂き、皆様どうも有難う御座いました。東北の高齢者を西日本で引き取って養っていただければ大助かりなのですが、宜しくお願いします。

質問者からの補足

仰る通りです。ご意見良く判ります。九州の大雨で土砂が押し寄せる谷間に老人ホームを建てたおかしな自治体もありました。皆さん老人は足手まといで本気に守ろうと言う事は少ないようですね。

その他の回答 (18)

  • 回答No.19
noname#134018
noname#134018

それでは、新しい町づくりでは、老人を、海の端に住まわせて、若い人は、高台に住まわせろ、ということでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そうではありません。若者は高台に住むのは良いですが。高齢者は坂道は歩けませんので高台には住めないってことだけですがね。

  • 回答No.18

ANo.8なのだけど..... てっきり10歳以下の書き込みかと思っていました。 あと質問者の年齢を踏まえて一言言いたい。 災害で亡くなった方や、その家族に対して冒涜じゃないかなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

だから非人道的な質問だとお断りしてあるのですよ。

  • 回答No.17

>社会に役立たない高齢者は切り捨てるべきだと思ったりしたのですが、如何でしょうか。 社会に役立たないと生きてはいけないのですか 貴方よりも人生経験豊富な高齢者に対して見下した発言 何様のつもりでいるのかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私より立派な人は幾らでもおられる事は知ってます。 でも貴方よりはマシだと思いますよ。

  • 回答No.16
noname#152554
noname#152554

#11ですけど・・・。 >『生きていても仕方ない高齢者』 >『社会に役立たない高齢者』 >の判断は、誰が下すのか?。 >また、「高齢者」の年齢制限や年齢境界は、誰が決めるのか?。 ↑ この「補足質問」には、回答戴けないようですね?。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

見ればわかることです。判断は当の本人が一番知ってるんじゃないでしょうか。

  • 回答No.15

>私は75歳で健康でもこの世から消える心算です。 質問者様は75歳なのですね。 質問者様の考えは間違っていると思いますし、全く賛同できません。 しかし、言われる立場によって違いが出てきます。 仮にあなたの息子さんとお孫さんがいて、息子さんがお孫さんと貴方の手をつかんで助けようとしている。しかし、2人は助けられないとします。このとき、息子さんが貴方をつかんでいる手を離しお孫さんだけ助けたとしたら、息子さんはずっと悩むでしょう。手と手をつかんでいてあなたから手を離し孫を頼むと笑って言えば息子さんも少しは気が楽でしょう。 まだまだ余震は続いていますので、次の機会には身を投げ出して若い命を救ってください。 さらに、原発事故は今も続いています。現場では高い放射線量の為一人一人の作業時間が短く困難を極めています。放射線を浴びてもその場で苦痛を感じるわけでありませんので死ぬことをいとわなければ長時間作業できます。ぜひとも福島第一での長時間作業に志願して頂けないでしょうか。75歳でもまだまだ健康とのことですので作業内容を教えてもらえば作業できると思います。死んで来いとは言えませんが、子供がいて子供の未来のために志願するご老人がおられれば止めたりはしません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

未来の為には何も出来ない老人は不要です。貴方も年寄ればわかりますよ。

  • 回答No.14

あなたの意見は結果論です 自分も助かり相手も助けたいと思って 行動したのに 結果、自分が死んでしまった その事を他人がとやかく言えないのでは? 助けたお年寄りが財産を持っていて 助けられたお礼に何億もの義援金を 出すかもしれないし それによって 助かる若い命もあるかもしれない だから死んだ人を悪く言うのは 止めましょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

悪くは言ってませんよ。年寄りが生きていて若くて将来性のある消防団員や警官の命が惜しいのでは、と言っているのです。 質問を良く読んでお答えを下さいね。

  • 回答No.13
  • ww8
  • ベストアンサー率30% (65/215)

いや。。。あんなに酷い津波が来るとは思ってなかったのでしょう。 だから年寄りを助けに走った。 今までの津波警報は警報が出ても津波が来なかった。それが永遠と続いてきたので、大地震があってもまさか本当に津波が来るとは考えてなかった。 そして津波が迫ってくるのを見たら、つまり実際に水が襲ってくるのが見えたら、そばに年寄りがいれば必死に助けようとしますわね。 それが人情。 そして、、、本当に自分が死ぬとは思ってないですよ、皆。。。平和ボケしてるから。 初めから結果が分かっていたら、助けに行く人もマバラ。 今助けに走ったら確実に死ぬと分かったら、助ける人も殆ど出てきません。 みなが予測能力が未熟だった。 ただそれだけ。平和ボケしてた。 そして人情が強かった。義理堅かった。みんなが仲間だと思っていた。 消防団員や警官は仕事だし義務だし、上手く行けば表彰モノだ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

彼等の仕事が義務だったと言えばそれまでの事です。でも復興に必要なのは彼らで老人は復興には不要ですよ。

  • 回答No.11
noname#152554
noname#152554

>社会に役立たない高齢者は切り捨てるべきだと思ったりしたのですが、如何でしょうか。 ↑ これが「質問の骨子」ですよね?。 ★最初に回答しておきますが、自分は「反対」です。 質問には「災害時に限定する」とは一言も書かれてませんよね?。 となると、 『生きていても仕方ない高齢者』 『社会に役立たない高齢者』 の判断は、誰が下すのか?。 また、「高齢者」の年齢制限や年齢境界は、誰が決めるのか?。 正規の医師が、「もう脳死状態、植物状態で心臓が動いているダケです」と診断されれば、きっと高齢者で無くても生命維持装置のスイッチがポンポン切られて行く時代になるでしょう。 質問者様は、「節電出来ていい」と考えらえるのでしょうね、きっと・・・。 「無職の高齢者は、社会の役に立たない」と、お上が決めれば、きっと「高齢者の年齢境界」は下がって行くでしょう。 いや、働いていない、或は「働かない社会の役立たず」は、50代でも40代でも「切捨て」の眼に合うでしょうネ、きっと・・・。 現代に「姥捨て山」が蘇るみたいで、誠に殺伐とした社会が見えて来るような気がします。 まあ、確かに大災害が起これば、若くて元気の良い人間が生き残るでしょう。 しかし、弱い「切捨てられる人間」は、高齢者に限らず見捨てられ、野垂れ死にして行くコトでしょう。 誠に「弱肉強食」の、野生動物の世界みたいで結構なコトです。 人間も動物ですからネ。 でも、私は、そんな社会は拒絶します。 「切り捨てられる側」に入って、さっさと死を選ぶでしょうネ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

高齢者や老人が増えて日本は財政難で破綻し滅亡するのが目の前に迫っていますよ。それでも良いのですか。

  • 回答No.10

あなたのお考えも分かると言えば分かりますが、役に立つ・立たない、の基準は何か、と言うのも簡単ではないですね。 社会の役に立っている=仕事などをしている、と言うことか。 病弱で、人の助けがないと今は生きていられなくても、現代日本の基礎となる高度経済成長で大活躍した人だったかもしれない。 でもそれは過去の栄光で、今は違う、もう役に立たない、と言うのなら、無職の高齢者でも、例えば家族に今も尊敬され愛されて、その人の子どもや孫達にとってかけがいえのないおじいちゃん・おばあちゃんだったり。 若くて仕事をしていても、最低限の働きしかせず、仕事人として誰からも尊敬されていない人だったらどうかとか。 無職の若者で家族とも精神的疎遠、友人もいない場合はどうなんだろう、とか。 高齢者=役立たず、は、果たして本当に完全に、言い切れるのか、と。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

下らない論戦に参加頂き有難う御座います。如何に昔社会に貢献した人でも足手まといは足手纏いなどでは無いでしょうか。

  • 回答No.9
noname#216735
noname#216735

将来あなたが年老いて、何かの災害で放置された時にしか答えは出ないような気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私はある学校の教師でしたが老人に違いなく社会に役立っているとは思っていません。あと10年で元気でもこの世から無くなってしまおうと考えています。勿論災害では自分より若者を逃がしますよ。

関連するQ&A

  • 東日本大地震で津波の映像が映っている動画

    YouTubeで東日本大地震(3.11)の津波の映像が映っている動画を教えてください。 よろしく、お願いいたします。

  • 季節の変わり目での天気予測と地震予知。

    このところ天気予測の外れが目立ます。 予測と言えば地震予知で疑問があります。 先日の東日本大地震は宮城県沖地震かと思いましたのに別の地震だそうです。 何十年も前から来る来るといっている東海地震、南海地震、東南会地震、関東地震は何時来るのでしょうか。 そう言えば阪神・淡路大地震や今回の東日本大地震は予知無しに突然起きました。 地震学者は本当に大地震を予知出来ると考えているのでしょうか。 過去のデータから大地震は周期があって、それで「何時起きてもおかしくない」と言った地震発生予測ができると思いますが、自然はそのように簡単ではありません。でもそれはあくまで予測であって予知ではありません。 今回の大津波災害な等良い例です。 学者の意見で、人々の大地震対策が出来るのは地震予測のお陰です。 地震予測は可能ですが地震予知は出来ません。予知に多額の予算が組まれていることが問題です。 日本の地震予知学会は成果が有るのでしょうかお教え願います。

  • 地震被害対策の見直しについて。

    神奈川県や、高知県で大地震の津波対策での想定の見直しが発表されています。でも東日本大地震の大津波は1000年に一度の規模のものです、あのような津波は後1000年は来ません。そのような津波に対し対策は必要なのでしょうか。東海地震も東南海地震界も来る々と言われ始めてから結構年月が過ぎていますが一向に来ません。1000年周期の大津波に対策はやるに越したことは有りませんが、不景気と財政難の有り柄、必要な物なのでしょうか。

  • 東日本大地震大津波で。

    昨夜のNHKの東日本大地震津波の報道番組で山田町の避難している避難所が津波に襲われ、避難したにも関わらず大勢が無くなった事を言っていました。 何故過去に此処まで津波が来たと言う記録があるのに津波が到来する所を避難所にしたのでしょうか。今回の被害は過去の教訓を生かさずの被ったものが多いようです。 過去の教訓を忘れず被災するのは今後どうすれば良いのでしょうか。 住居の高台移転も反対者が多くて進まない現状ですが、過去の災害の教訓を生かしていくにはどうすれば良いかお教え願います。

  • 消防団活動には納得がいきません。

    私の住んでいるところは田舎で、各地区には消防団が居ます。 その消防団のやっている事は「消防団」とは言えないんです。 その内容は、 ・年に1回、「消防団活動への寄付をお願いします」と言って家に来るのですが、払わないと帰ってもらえない。半強制で、断ると村八分にもなりかねない雰囲気。(1件2000円) ・その寄付金は、口先では消防車の購入資金などの消防活動費と言ってますが、実際は旅行費用や宴会代。しかも、この旅行費用も数年に一度は市の消防から一部負担があるらしく、その年の旅行は豪勢。 ・消防団員の退団の際は市の消防から退職金と称しお礼が出るみたい。(これについては納得ですが、それなら地域住民からの寄付金は要らないのでは?) ・その寄付を集めに行く団員に「今日はどちらへ?」と訪ねると「消防の集金にね」と。“集金”ってあきれて物が言えませんでした。 ・消防車やポンプ、団員の制服などの備品はすべて市の消防から配布されるようで、地区の消防分団からは一切負担しなくていい。 ・また、火事の現場でも、消防団員は高齢者が多く、かえって邪魔になっている場合が多いみたい。 ・地区に団員は○○人と決まっているようで、新規入団者が無いと退団出来ないようで、年配の方から私が中学生の頃「将来は私の代わりに消防団に入ってくれないか?」と予約。 などなど、まだまだ書きたいことはありますが、ここで質問を。 Q1.このような事は他の地区もやっているのでしょうか? Q2.こんな非常識な消防団は市の消防へ言えば改善されるのでしょうか?

  • 東京(千葉寄り)と千葉県で地震の時心配な地域は?

    東京(千葉寄り)と千葉県で地震の時心配な地域は? 東日本大震災の時も、一部の地域で液状化など起きたようです。 海が近いと津波の恐れも? 高齢者が幸せに暮らせる地域などおすすめがあれば教えてください。

  • 予報、予知、予測、予想、予告について

    先日来、予報、予測の事で彼方此方の質問サイトを賑わしています。 予報、予知、予測、予想、予告という言葉は東日本大地震津波とか東電福島第一原子力発電所事故等で昨今良く使われています。 辞書的には予報は「前もって行う知らせ」、予知とは「起こる前に知る事」、予測とは「見込み、前もって推測すること」、予想とは「前もってこうなるだろうと思う事」、予告とは「事を起こす前に前もって知らせる事」となっています。 例えば夫々の言葉は具体的には、予報は天気予報、予知は地震予知、予測は生理日予測とか渋滞 天気予報は間違っても謝りもしません。地震予知は当たった例がありません。競馬予想や波浪予報は当たらなければ仕事になりません。爆弾予告は当たらぬほうが幸いです。 科学、統計的な根拠に基づくもの、全く空想であやふやなもの。 今回の東日本大地震の津波でも当初の予報は6mだったのに、実際は15mにもなった地域がありました。来る来ると言っている宮城県沖地震や東海地震は今だ起きません。 それでは此処で御教え頂きたいのですが以上の言葉を使って出された言葉の責任はあるのでしょうか。 東電福島第一原子力発電所事故の責任も有耶無耶の内の様です。 沖縄米軍基地移転で『最低でも県外』と予告した元首相は無責任にも今だ国家議員のままです。 6mの津波予報で15mのものが来るとは考えなかった多くの人が犠牲になりました。この気象庁の責任はどうなのでしょうか。お教え願います。

  • 東北の津波震災遺構保存について。

    宮城県はじめ岩手県、福島県で東日本大地震による津波被害の遺構を残すべきか壊すべきかで揉めているようです。 先日は石巻の大川小学校を残すかどうかの議論が有ました。 でも疑問はそういった大きな建物を震災遺構として残すには管理費や維持費で莫大な費用が必要なことです。 聞く所によると震災遺構を残そうと言っている人達は其の遺構に直接関わりのない部外者が多いそうです。 市町村が財政難の折、また震災復興半ばで復興費にお金が必要な折、大川小学校の様な大きな建物を残すことはないと思うのですが、そうではないのでしょうか。

  • 遺産相続について。親戚がうるさいです。遺産目当て?

    この度の東日本大地震津波により、家と会社と家族を全て失いました。 実の弟と二人だけとなりましたが、私の家族の安否を心配していた親族(祖父母の兄妹、その娘夫婦達)が急に口を出してきます。 兄弟二人で勝手に家族を捜索しに行くなとか、勝手に行動するなとか。 葬儀はどうだとか。 こちらは30過ぎの十分大人です。 なのに上から目線で物を言い、無知だと思っている。はっきり言って迷惑です。 かなり頭にきます。 これってハッキリ言って、遺産目当てだと思うんです。 ですので、先手を打ちたいのですが、何か得策はありませんでしょうか?? 皆様、何卒お力をお貸し下さい。 宜しくお願い致します。

  • 社会人で働いているサラリーマンに質問です。

    社会人で働いているサラリーマンに質問です。 電力会社に就職するか鉄道会社に就職するか? あなたならどちらを選びますか? 社会人経験歴何年とその理由を教えてください。 ちなみに電力会社は東日本大地震福島第一原発事故で-10%ダウンの年収になっています。 東京電力の所為でどこの電力会社も共同責任を取らされて、しかも福島第一原発事故の解体費用が数兆円で国民の税金で直している以上は社員に良い給料が払えない気がします。 一方の鉄道会社はデパート百貨店が重荷ですよね。あとバブル時代の野球の球団を無意味に持ってたり金の使い方が古くさいので将来的にはどうなんだろうと思います。