• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

行政に対して不服があります。

役所に対して、ある補助金の仮申請をしました。 本申請の準備中に、役所の担当者から電話が来て、 実は予算が底をついたので、補助金は出ませんと言われました。 私はクレーマーでは無いので、普通であれば諦めるところでしたが、 今回に限っては当初から現在に至るまでの役所の対応の仕方に 納得がいかないため、訴えようと思います。 この場合、行政不服審査法の対象になりますでしょうか? 他、アドバイスその他ありましたら是非ご教授ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数336
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

正直、補助金が「地方自治体」の所管であれば、当該自治体の「資金」が底を着いた時点で中止をしても、上級官庁が指導が出来るかと言えば「NO」としかいえません。 例えば、補助金が「不許可」とされていた場合は、「不服申し立て」もできますが、財源の問題では、財政回復するまではどうすることもできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 何もしないで諦めるしか無さそうですね。 文句一つ言えないとは住人は弱い立場ですね。

関連するQ&A

  • 行政不服審査法

      「応接上の不祥事で手続き上問題ない。」とする市の課長の言葉通り、強引な行政が展開されていると認識しています。  行政不服審査法が有ることを簡易裁判所で聴きました。  市の総務課からは窓口について「協議中で決まったら知らせる。」と放置されて居ます。  県庁総合窓口に同じく「審査請求書を受け付ける窓口」を電話で訊くと、「窓口を知らせてほしい。」と確認したが、市の担当者と連絡したようで、 市とよく話し合うようにと再度メールをいただき、取り合ってもらえないと認識しました。  (市の行為を説明すると法務局の相談担当者は、「適当でない。有ってはならないこと。」と判断はするが、「法務局は命令等する機関ではない。」と市の行為が順当で無いことを示唆します。) 行政不服審査法というのは現に存在するのでしょうか。  市と県がその審査請求の窓口を曖昧にすると不安になります。  また申請の窓口が県庁に無いとすると、更に上級行政庁というのはどこなのでしょうか。  部分でも結構です、アドバイスをお願いします。

  • 行政処分に対する異議申立ての効果について

    とある行政処分の不作為(申請側がそうみなす場合)について異議申立てを出来ると、行政不服審査法には条文がありますが、これにはどれぐらい行政を動かす影響があるのでしょうか?

  • このような場合も不正受給となるのでしょうか?

    補助金の交付についてトラブルに巻き込まれています。もし問題あるようなら、最終的には弁護士さんに確認しようと思っていますが、その前に予備知識として教えてください。 ケース1 事実を書いていますが、内容が専門的なため、申請を通す条件を満たしていないことが理解できず、役所の担当者が間違えて補助金が交付されて受け取ってしまった場合。 ケース2 上記のように役所のチェックが不十分であることを知っていて、補助金をねらって、申請して補助金を受け取ってしまった場合。ただし書いてある内容に偽りはなく、単に担当者の知識不足がチェック漏れの場合。 ケース3 ケース2の際に口答で条件が満たしていることを確認されたが、それについては明言を避け、曖昧にぼかして書類だけを提出してきた場合。 上記のような場合、どのあたりから不正受給となるのでしょうか?それとも事実しか書いていないので、不正とは成らないのでしょうか? 自分としては3はかなり危ないと思いますが、本当はどのレベルで不正となるのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

これは、「訴訟」をしても、補助金が決定していませんので違法ではありませんから勝訴は難しいでしょう。 申請しても「確実」ではありませんから、今回の場合のように「廃止」になれば申請前の場合は「何もできない」としかいえません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 行政不服審査法の対象にはならないと言うことで理解して宜しいでしょうか。 他のやり方はありませんか? 最終的には勝訴が目的でなくても構いません。 業務の仕方を改善して頂くよう上級庁から指導していただくだけでも結構です。

関連するQ&A

  • 行政不服審査法の「申請に基づいてした処分」について

    行政不服審査法の「申請に基づいてした処分」について 行政不服審査法43条2項には、 ・申請に基づいてした処分が手続の違法若しくは不当を理由として裁決で取り消され、 ・又は申請を却下し若しくは棄却した処分が裁決で取り消されたときは、 と2つのケースが書かれています。 二つ目の又は以下は分かります。 つまり申請者の申請が拒否された場合に、(申請者が不服申立をした結果)裁決でその却下、棄却処分を消され、めでたく申請が通るだろうことを指すと思います。 しかし、前段の「申請に基づいてした処分」という意味が分かりません。 「申請に基づいてした処分」の解釈は、申請者の申請に対して違法や不当とは言いながら、許可申請が通ったと解してもよいのでしょうか? そうすると、そもそも、申請が通ったのに、申請者は、なぜ不服申立をして裁決を仰いだかが分かりません。 この「申請に基づいてした処分」の解釈について、と、実際にはどのようなことを想定しているかを教えていただけないでしょうか。

  • 行政不服審査法がいう上級庁とは

    行政不服審査法がいう上級庁とは何処でしょうか。 市町村へ農道維持の為の補修資材の支給を申請しましたが、不当に却下。 条例に基づく申請行為なのでこの不作為に対して県に不服審査を申請しましたが、 60日近く待たせたあげく帰って来た答えが「うちは上級庁ではない」でした。 法がいう上級庁とは何処なのでしょうか。

  • 太陽光発電設置したが、補助金がおりなかった

    去年に太陽光発電をすることにしました。担当者からは国からの補助金がおりるのと、市からの補助金おりるとの説明がありました。 もともとつける気持ちはなかったので、お金も出すのも嫌だったので、補助金がおりる過程で の金額を頭金にあてました。その金額は支払いました。 何ヶ月かたっても市の補助金がおりず、担当者に電話したところ「調べてみます」との返答でした。 結局うちの市では太陽光発電だけでは補助金がおりないことがわかりました。 担当者もしらなかったようです。 でも、自分のミスですし、補助金がおりるようにサッシをつけるなどしましょうと言われました。その サッシはその会社負担です。 でも、その時期にきても連絡がないので会社に連絡したところ、担当者はやめてしまっていて、この話は会社は知りませんでした。もう担当者の所在はわからないそうです。 こういう場合、最初の説明うけたとおりの補助金は向こうのミスとしていただけないものなのでしょうか?あてにしていたので、すごく腹が立ちます。

  • 指定の行政窓口が機能していない場合

    先日税金の関係で行政の窓口を訪ねました。 帳簿関係が不透明で対処法等について問い合わせに行ったのですが、窓口の担当者がいわゆるややこしいやつで、ハナからこちらの勘違いだと決めてかかり調べようともせず、詳しい状況を説明すると逆上する始末で会話になりません。 田舎の役所なので税金関係の担当者は他にいないのですが、ご存じの通り行政関係の問い合わせや申請は基本的に居住地か本籍地の役所ですることになっています。 こういう場合はどのように対応したらいいのでしょうか? 近隣地域の窓口、あるいは上部組織のようなものに問い合わせて対応いただくなど可能なのでしょうか?

  • 市長の口頭指示に反した行政行為(補助金交付決定)への不服申立

     ○○市が従前の補助要綱に加えて、新たに今年度「取扱い要領」というものを制定し、昨年来計画していた事業の補助金交付申請に選外交付書が送られてきました。  そもそも新基準があまりにも唐突なものだったので、事前に市長へ直談判しており、特例的な扱いをするよう目の前で管理職へ指示してくれたのですが、結局、要綱不適合という理由で不交付決定にされてしまいました。 市長の指示と相違する交付決定行為について行政不服審査法その他の法の取扱いはどうなっているのでしょうか ? 法律論で教えてください。 (詳細は「行政」カテゴリを参照。) http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=887725

  • 補助金と交付金のちがい

    役所からの補助金等を申請する仕事をしています。 補助金と交付金って違うものですか。 違いは何ですか。

  • 正当なる行政執行と、正当性を欠いた行政執行

    私は、許認可権を持つ行政(知事)に対して許可を求めて、申請書を作成し、これを行政当局に提出いたしました。 しかし、意に反して、窓口は、申請書を受け付けず。担当者は「もって帰ってくれ」。 申請者(私)は「受け付けてくれ」の押し問答です。結局あくる日に郵送で返却されてきました。 このような行政執行(申請された書類を受理しない行為をここで、私は行政執行と呼んでいますが)は 正当なる行政執行と言えるのでしようか。正当性を欠いた行政執行なのでしようか。 行政書士さん、議員さん、許認可手続きに詳しい方にお尋ねします 補足説明を用意しております。 >どのような申請書なのですか >あなたは今回初めてその行政当局に申請されたのですか >当局に許可を求めるには、許可条件がありますね、その条件をあなたは満足させなかったから、 申請書は受理されなかったのではありませんか

  • 行政手続法について教えて下さい(7条8条)

    行政手続法第7条(申請に対する審査、応答)第8条(理由の提示)にあたるかどうかを知りたいです。 詳しい方、教えて頂けますでしょうか。 役所へ11月分の申込書を持参しましたが、申込期限が2日過ぎていました。 通常であれば12月申込になってしまうのですが、なんとか11月申込にしてもらえないか お願いしたところ、担当者が不在だったため、申込書をチェックしてもらい 内容に不備はなかったので一旦納めてもらいました。 後日担当者から連絡を頂けるそうです。 このまま受理されれば問題ないのですが、不許可だった場合は その旨と理由を書面でもらう事は可能でしょうか? つまり「11月申込として不許可」といった書面が欲しいのですが 電話だけではなく、書面を請求できるでしょうか?

  • 太陽光発電補助金申請前にする認定?

    この間太陽光発電の工事業者が国の補助金をうけるには・・・・を補助金申請の前にしなければならなくて、それが、1ケ月くらいかかるから契約を早くしてください。そして、契約者の住民票と印鑑証明書を準備してください。といいました。 補助金申請するまえにしなければならない・・・・ってどんなことでしょうか?教えてください。

  • 行政書士の開業準備中にできること

    私は一昨年行政書士の資格を取得して 現在開業を考えています。 登録の申請はまだしていないのですが、 この期間にできることって何かあるのでしょうか? 「行政書士」を名乗って(人に会うなどの)営業をするわけにもいかず、 行政書士会の講習のようなものにも参加できるわけではないので、 何も実のある開業準備が思いつかなくて困っています。 登録の申請をして、 審査をされて、 実際に登録がされてからしか 準備はできないものなのでしょうか? 経験者の方でおわかりになる方がいたら おこたえをお願いします。