• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

半減期の式の解釈について

Wikipediaによると半減期の式は、-(dN/dt)=λN となります。 ここでNはその時点で残存する原子数、λは固有の定数で、これを私なりに解釈すると ある微小時間dtで崩壊する原子数dNは、その時点で残存する原子数に比例するという理解になります。 ここで質問です。 この式で示す「その時点で残存する原子数N」というのは空間的にどの位の範囲で成り立つのでしょうか? 1.その原子が(球状に?)密着している場合 2.その原子が他の同位体と一定の割合で均等に混在している場合 3.その原子が単体で地球の体積中に均等に分散している場合 4..もっと広い範囲に単体で分散している場合 1は何となく成り立つ様に思えます。では、2、3や4の場合にも成り立つのでしょうか? 素人の素朴な疑問です、よろしければご回答お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数1
  • 閲覧数262
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#154783
noname#154783

-dN/dt = λN …(*) の式が成り立つための前提条件は ・Nは単一核種の原子の個数であり,複数の核種の原子の個数ではない. ・着目している核種が生成されるようなことが起こらない(例えば,ジェネレータのように,着目している核種の親核種が存在している系とかではないということ). ・Nは十分大きな数であること. ぐらいでしょうか.これらを満たしていれば,着目している核種の原子がどのような形で存在していても(空間的に近かろうが遠かろうが,均等だろうが不均等だろうが)成り立つはずです. なので, > 1.その原子が(球状に?)密着している場合 > 2.その原子が他の同位体と一定の割合で均等に混在している場合 > 3.その原子が単体で地球の体積中に均等に分散している場合 > 4..もっと広い範囲に単体で分散している場合 については, 1は,その原子が球状に密着しているとして,その球状の集団に,その核種の原子を供給できるような親核種が存在しない系であればOKでしょう. 2は,他の同位体と混在していても,その同位体に着目している核種の親核種が存在していなければ,Nとしてちゃんと着目している核種のみをカウントするのであればOKでしょう. 3は,「地球の体積中」という巨大な系であっても,着目している核種の親核種が存在したり,着目している核種が生成されるような核反応が起こらないのであればOKなのですが,実際には,その核種が地球上に存在しているのであれば,何らかの形でその核種が生成されているのでしょうから,NGである可能性が大きいと思います. 4は,3と同じです. なんでこういうことになるのかというと,(*)の式を変形すると, λ dt = -dN/N となります.-dNは,短い時間dtの間に壊変した原子数であり(Nが増加するときdN > 0という約束なので,今のように,壊変によってNが減少するなら -dN > 0),この短い時間においてNの変化は無視できるほど小さいので,-dN/Nは「全体の個数N個のうち壊変した個数 -dN 個の割合」を表します.それがλ dtで表されるということは「λは単位時間に壊変する確率」を表し,それが一定だということは,「単位時間に壊変する確率が一定」ということです.ところが原子数Nは時間とともに減少しますから,単位時間に壊変する確率が同じでも,壊変する個数は,総数Nの減少に伴って,減少します.以上のことは原子同士の相互作用とかによる結論ではなく,「1個1個の原子がいつ壊変するのかはわからないが,その原子がたくさんあったら,1秒間当たりにλの割合だけ壊変するんだろう」という程度のことをいっているだけであり,(*)はその程度の意味しか持たないんです(というとこの式を侮辱してるみたいですけど,この式は非常に重要な式ではあります). ですので,この回答の冒頭に述べた条件が満たされていれば,その原子の集団がどのような形で存在しようと(*)の式は使えるはずです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

> 以上のことは原子同士の相互作用とかによる結論ではなく,「1個1個の原子がいつ壊変するのかはわからないが,その原子がたくさんあったら,1秒間当たりにλの割合だけ壊変するんだろう」という程度のことをいっているだけであり,(*)はその程度の意味しか持たないんです 件の式にNが入っているので、崩壊の速度は周囲の同じ原子の影響によるのではないかと考え、その影響を及ぼす距離はどの程度なのだろうと疑問に思い質問したのですが、実際は周囲の同じ原子の影響は考慮しなくても良いということですね。 これで、すっきりしました。 詳細なご説明をありがとうございました。

関連するQ&A

  • たびたびすみません。 半減期

    安定状態にない粒子(例えば放射性原子核)の個数が1/2に 減少するまでの時間を半減期という。 崩壊定数λと半減期t(1/2)との関係を導け。 という問題です。 答え 時刻tに存在する同位体の個数をN(t)とする。 Δtを十分に小さくとれば、その間の崩壊数はN(t)とΔtの 両方に比例するから、比例定数をλとして、 N(t)-N(t+Δt)=λN(t)Δt  と書ける。 -{N(t+Δt)-N(t)}/Δt=λN(t) -{dN(t)}/dt=λN(t) {dN(t)}/dt=-λN(t) の後がよくわかりません。 大学の期末試験の問題です。 どなたかよろしくお願いします。

  • またまたお願いします…。半減期についてです。

    「ガイガー・カウンターの近くに置かれた、特別な放射性同位体の固まりがある。そのカウントは毎秒160であった。8時間後にはそのカウントは毎秒10になった。この物質の半減期はいくらか。」 という問題なのですが、高校範囲の半減期の求め方ならいいのですが、ガイガー・カウンターというものでの求め方が、調べてもどうしても分からなかったので、教えてください!!m(__)m

  • なんで半減期?

    放射性物質には半減期があると言います。 つまり、 粒子の数、N(t) = C exp (- k t) 。 ところで、このようになるためには、  dN/dt = - k N となっている必要があると思うのですが、だとすると、崩壊速度が右辺のように「粒子数かけるマイナスの定数倍」となる理由はなんでしょうか? 「まわりにたくさんあるほど、崩壊しやすい」ということですよね。臨界点を超えた核反応ならわかるのですが、自然の崩壊(何万年のスケールの遅い反応)でこのようなことが成り立つ理由はなんでしょう。

  • 濃度と時間の関係を表す自然対数の式と半減期の計算

    一定条件下、薬物Aは一次反応で分解し、その半減期は10時間であった。この反応に関して以下の設問に答えてください。ただし、In=0.693、In=2.30とする。 (1)薬物濃度[A]と時間tの関係を表す自然対数を用いた式を示してください。ただし、[A]、[A]0、k、tの記号を使ってください。 (2)Aの75%が分解し、Aの25%が残存する時間を求めてください。単位も示してください。 (3)Aの90%が分解し、Aの10%が残存する時間を求めてください。単位も示してください。 途中の計算の過程や解説もできるだけ詳しくお願いします 。

  • 放射性同位体について・・・

    「放射性同位体には壊変しやすいもととしにくいものがある。1と2を比べたら2の方が壊変しやすいものを多く含んでいるので半減期が短い」 この表現は正しいですか?1と2という二つの同位体があるとします。教えてください。

  • 放射化学の計算問題がとけないです

    2問あるのですが (1)塩化カリウム300gのなかの40^(質量数)Kの放射能はいくらか? 塩化ナトリウムの式量は75、40^Kの同位体存在比は0.012% 半減期は4.0×10^16秒、アボガドロ定数を6.02×10^23とする。 放射能=λNなので N=300/75×6.02×10^23=2.408×10^24 原子数までは出せたのですが同位体存在比の使い方がわかりません。 半減期はλ=0.693/TのTに代入で大丈夫でしょうか? どなたか教えてください。 もう一つは永続平衡の問題で (2)2.26mgの226^Ra(半減期1.60×10^3)と放射平衡にある222^Rn(半減期1.05×10^-2)のモル数に近い値は? (1)2.2×10^-3 (2)1.0×10^-5 (3)1.8×10^-8 (4)6.6×10^-11 (5)3.0×10^-13 これなんですが参考書に N2/N1=λ1/λ2=T2/T1とゆう式があったので 0.00226mg/226=0.00001 mol N1=0.00001×6.02×10^23=6.02×10^18 N2/N1=T2/T1なので X/6.02×10^18=1.05×10^-2/1.60×10^3 としてXをもとめてアボガドロ定数で割っても答えがへんてこになります。 考え方がまちがってるのでしょうか? どなたかアドバイスお願いします。

  • 年代測定法

    年代測定法のレポート問題で、いくつかわからないものがあるので教えていただきたいです。 -dN/dt=λN…(1) 1、(1)を時間t=0のときにN=N₀の条件で解きなさい。 2、放射性同位体の半減期をT₁/₂として、λとT₁/₂の関係を示しなさい。 単位時間当たりの生成率がpであれば、放射性同位問の個数変化は(2)式であらわされる。  -dN/dt=λN-p…(2) 3、(2)を時間t=0のときにN=0の条件で解きなさい。 4、時間tが無限大になった時のNの値を示しなさい。 5、ある試料の放射性炭素の現存量を測ると、N(t)=0.33と得られた。この資料が作られてからの年数tを算出しなさい。

  • 大前研一についての 質問です

    小泉元首相の原発0を勉強不足だと指摘している大前研一についての 質問です。 彼は原発爆発事故発生の2日後の3月13日のニコニコ動画で次のような 解説しています。 http://www.youtube.com/watch?v=U8VHmiM8-AQ 上のリンクの動画の30分あたりを聞いて見てください。 自分は鉄の同位体を40年前、実験中に飲み込んだことがある。 この鉄の同位体の半減期は約50年であるから今なお、中に体の半分 以上、残っていて今も被曝し続けている。 でも私は健康である。 住民の人の被曝は外部被曝だから洗えば大丈夫。 と言っています。 動画では言っていませんが、彼の著書「日本復興計画」では鉄59といっ ています。画像はその証拠です。 ですが彼の言う鉄の同位体の半減期は約44.5日で、50年の約400分 の1です。 また半減期50年の鉄同位体はないです。 嘘だと思ったらウキペディアで調べてみてください。 彼の体に鉄の同位体の原子が1つ以上残っている確率は1無量大数に1つ もありません。 これらの事実に基づいて次の3つの質問をさせて下さい。 1 本当に鉄の同位体を飲み込んだのかどうか私は強い疑念を抱いています。 本当であれば自身が出版した著書「日本復興計画」にあるように事故報告書 をアメリカ政府に提出しているはずです。 この報告書の有無を確かめる方法を知らないでしょうか? 2 小泉元首相批判記事によると調査チームを結成して「中立的」な報告書を 政府に提出したそうです。 経歴には高速増殖炉の炉心設計を行っていた??ことは記載されていても、 東電の改革監視委員に任命されたことがのっていません。 どのような経緯、待遇で、東電から任命されたのでしょうか? そして東電および政府からどのような特権を与えられたのでしょうか? 3 これが一番の疑問なのですが、私のような素人が聞いても継続被曝説は間違 いだと気付いたのに誰もこれを指摘していません。 鉄59の半減期を知らなくても鉄の代謝の観点から継続被曝はないというこ とが専門家ならわかるはずです。 「鉄59 半減期 大前研一」などと検索をしてもこの動画での解説を称賛 する記事は多くのページを見つけることができましたが、 間違いを指摘する ページが一つも見つけられません。 どうしてなのでしょうか? これが絆ってやつですか? この絆ってどこまで広がっているのですか。 生物学界や院生、学生たち、検索エンジンをはじめとするネット業界、その他 の業界にも浸食しているのでしょうか? 以上、3つのうち1つでもいいのでわかる方は回答してくれるとありがたく思 います。 なにとぞよろしくお願いします。

  • もし理論的に元素生成時のウランの同位体の比が計算で

    >もし理論的に元素生成時のウランの同位体の比が計算できるなら、 >その超新星爆発が何年前に起きたものかもわかる。 >例えばウラン235:ウラン238の生成時の割合が0.6:1 >(過去に遡ると、半減期の短いウラン235の割合は相対的に増加する) >だったとすると、太陽系の元素をつくった超新星爆発は約54億年前に起きたことになる。 引用元 http://www.s-yamaga.jp/kankyo/kankyo-genpatsu-2.htm 1 >理論的に元素生成時のウランの同位体の比が計算できるなら この文章の意味がぜんぜん分からないです。 2 また、ウラン同位体の生成時の割合から超新星爆発がいつ起きたか計算する過程も分からないです。 私は(45÷0.6)x7.4みたいな気がしてるのですが。どういった式になるのが正しいでしょうか。

  • X線源となる放射性同位体。

    化学系の大学生です。こんにちわ。 今回、X線吸収・蛍光による分析手法の中で放射性同位体をX線源に用いた場合について勉強したのですが、 (X線源・同位体の減衰過程・半減期・放射線の種類・エネルギー)の項目を示した表の中で、 1.電子捕獲(Electron Capture)過程によるX線発生で、ECとEC^b(ECに上付きでb)の違い 2.X線源で、3/1H(原子量3陽子数1のH)-Ti^a(チタンに上付きでa) 3.エネルギーの意味 がわかりません・・・同位体の本なども見てみたのですが(汗) 質問一杯ですみませんが、わかる方、教えて下さい!どうかお願いします!!(> <) 因みに表の例としては、 (3/1H-Ti^a・β^-(ベータマイナス過程)・12.3years・Continuum・3-10 keV) (55/26Fe(原子量55陽子数26のFe)・EC^b・2.7years・Mn-K X-rays・5.9keV) です。 よろしくお願いします・・・。