• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

比較についての質問

比較の用法でつづりの長い語にはmoreをつけますが 例)This flower more beautiful than that one. という文に比較級を強めるmuchやa littleをつけて This flower much more beautiful than that one. This flower a little more beautiful than that one. と言う文は存在しますか? あまり見たことがないです

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数4
  • 閲覧数66
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは、 This 『is』 flower much more beautiful than that one. This flower 『is』 a little more beautiful than that one 等のように動詞を入れたら存在します。 と言っても信じてもらえるか分からないので、 ロングマン英英辞書の例文です Some people are much more fortunate than others. http://www.ldoceonline.com/dictionary/much_2 こちらは、マクミラン英英辞典の例文 I reckon I have a little more patience than you. http://www.macmillandictionary.com/dictionary/british/little ご参考までに、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます すいませんつい焦って書いて動詞と飛ばしてしまいました

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#149133
noname#149133

比較級の前に置く副詞は、単純にその比較の度合いがどのくらいかを表してます。 A is more beautiful than B. = AはBより美しい。(美しさの差は不明) A is much more beautiful than B. = AはBよりもずっと美しい。(美しさの差が大きい) A is a bit more beautiful than B. = AはBよりも少しだけ美しい。(美しさの差は少しだけ) そのように考えると、受験生が苦手なno more than, no less thanも理解できるはずです。 A is no more beautiful than B. = AはBと同じレベルで、美しくない(二人とも美しくない) A is no less beautigul than B. = AはBと同じレベルで、美しくなくない(二人とも美しい) この2文は言わば強引ですが、下記の文はどうでしょう。 (1)I have no more than 1,000 yen in my pocket. (2)I have no less than 1,000 in my pocket. (1)私は1000円しか持っていない。(1000円と差はゼロの所持金で、多くない) (2)私は1000円も持っている。(1000円と差はゼロの所持金で、少なくない) いかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

こんなこと訂正しなくても、タイポだと直ぐにわかると思いますが、一応訂正します。 ×:This 『is』 flower much more beautiful than that one. ○:This flower 『is』 much more beautiful than that one. ご参考までに、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

とりあえず "is" が抜けてしまっていることを指摘させていただきます。 This flower IS more beautiful than that one. です。 xxxxxx is much more beautiful than yyyyyyy. はよく使います。 http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1C1RNNN_enJP373&q=%22is+much+more+beautiful+than%22&aq=f&aqi=&aql=&oq= xxxxxx is a little more beautiful than yyyyyy. という用法も使います。 http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1C1RNNN_enJP373&q=%22is+a+little+more+beautiful+than%22&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&aqi=&aql=&oq=

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 動詞が間違えて飛ばしてしまいました 以後気を付けます

関連するQ&A

  • 大至急!比較級

    比較級のとき、mamy much はmore になりますよね? この本はあの本よりずっとおもしろい。 というとき、 This book is much more interesting than that one. とmuch more が並ぶのはあってますか? 他に、比較級の範囲で皆が知らないようなルールがあれば教えてください! m(__)m

  • 比較

    参考書を見ていると no 比較級 than という構文と (ex)The video camera is no bigger than my hand. no more ... than ~という構文があります。 (ex)The video camera is no more big than my hand. これらの二つの文の区別は形容詞がbigで比較級がer型であるから 区別ができますが、例えばbeautifulだった場合 二つの文はともに This flower is no more beautiful than that one. のように区別ができないのではないかと思ったのですが、 文脈で判断すればいいのでしょうか?

  • 比較級 書き換え

    「This watch is as cheap as that one」を「no 比較級 than」を使った文に書き換えるとしたら、 That watch is no less cheaper than this oneでよろしいですか? 多分違うと思うので、訂正お願いします。 よろしくお願いします。

  • 比較級の強めた英文

    「~よりはるかに・・・」      ↓↓↓ 「much+比較級」ですね。 例):彼は私よりずっとおもしろい。 He is much more interesting than me . にはならないのですか? 短い形容詞などの He is much taller than me . はあっているそうです。 長い形容詞を使う比較級の強めた文の英文が分かりません・・・ つまり、much+more interestingとはならないのか?

  • 比較級について

    学校では比較級の否定というと This bridge is less long than that one. と習ったのですが、 参考書では This bridge is not long than that one. と書いてあるのですがなにが違うのでしょうか?

  • 比較級で分からないところがあります

    今、中学生レベルの英文法を勉強しております。参考書を読んでも理解できなかったところがありましたので教えていただけないでしょうか? (1)参考書にThe train runs faster than my car.(その電車は私の車より早く走る)と書いてありました。The trainの後にrunsと書いてありましたが、The trainは、her dogやyour motherのように3人称単数だからrunの語尾にsがつくのですか? (2)参考書にMy father works much longer hours than my mother.(私の父は母よりももっとずっと長い時間働きます)と書いてありました。そしてmuchは、比較を強めたい時・強調したい時に比較級の前に置くと書いてありました。 上記のように比較級の前にmuch を置く場合…… 例えば、She is much more beautiful than Mary.(彼女は、メリーよりもずっと美しい)の場合は、このようにmuchを置いても大丈夫でしょうか? (3)参考書にThis book is better than that one. (この本はあの本よりもいい) と書いてありました。どうしてthat bookではなく、that oneなのですか?

  • 「程度の比較」と「性質の比較」について

    比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があるといいますが、 「性質の比較」といわれているものについて疑問点がいくつか出てきました。 (1)He is more clever than (he is) wise. (2)He is no more young than I am. 以上の2文について。 学校文法では、 (1)のような形の比較文を「同一事物の異なる性質の比較」と呼び、 (2)のような形の比較文を「クジラの公式」などと呼んでいます。 一般的に言われている「性質の比較」というのは、 (1)のような形だけを指しているのでしょうか? つまり、比較構文の主節と比較節が同一の主語をとる場合だけ「性質の比較」に成り得り、 それ以外の構文は「程度の比較」という考え方なのでしょうか? そのように考えると「性質の比較」と呼べるものはごく限られた構文だけとなってしまいます。 私は「クジラの公式」と呼ばれるものも一種の「性質の比較」だと今まで思っていました。 例えば、 [He is no more young than I am.]という文の場合、 [He is (very much) young]という文と [I am (very much) young]という文の「程度」の度合いを比べて、 2つ文の「程度」が同様に正しくない、といっているわけで、 この考え方は[He is more clever than (he is) fair.]の場合の考え方と酷似していると思ったからです。 moreの基本的な意味合いとしては、 (1)*manyの比較級 (2)*muchの比較級 (3)*比較級の一部 この3つの用法があるわけですが、 上記の(1)・(2)の文のどちらのmoreも、 (2)*muchの比較級、と考えるのが妥当だと思います。 「クジラの公式」に関連していそうな文として、 このような文をみつけました。 ・John is more clever than Mary is pretty. (現代英文法講義p.565) このような文がno<比較級>による変化を受けたものが、 「クジラの公式」と呼ばれるものの実態なのだと思います。 (例;A whale is no more a fish than a horse is a bird.) しかし、 前述のような定義に則るものが「性質の比較」だとすると、 比較構文の主節と比較節の主語が一致していない以上、 「性質の比較」とはいえないことになります。 また、 この文は主節の[John is clever.]と比較節の[ Mary is pretty.]が、 比較基準がはっきりしない、 いわば「ねじれ」のような関係にあり、 この文を「程度の比較」とよんでよいのかも微妙です。 (あえてこれも「程度の比較」とするならば、 主節 [John is clever.]と比較節 [ Mary is pretty.]の 「正しさの程度」を比較しているということになりますが。) ・John is more clever than Mary is pretty. ・He is no more young than I am. これらのような比較構文は、「程度の比較」と「性質の比較」の、 いわば中間に属しているものと思ってよいのでしょうか? それとも、主節と比較節の「正しさの程度」を比較する、 「程度の比較」の延長にあるものと考えたほうがよいのでしょうか?

  • 比較級について

    ※誤字があったので再度掲載させていただきます。 学校では比較級の否定というと This bridge is not longer than that one. と習ったのですが参考書では This bridge is less long than that one. と書いてあるのですがなにが違うのでしょうか?

  • どうしてbetterになるのかな?

    I like this film very much. 〇 I like this film very well. × much, manyの比較級はmore, well, good の比較級はbetterと習ってきて、今、また不思議に思うことがあります。 I like this film more than that one. (正しくはbetterとわかっていますが・・・) 中学の頃、こう書いて×もらいました。 考え方はまっとうと思うのですが、先生から説明はありませんでした。 なぜ、いきなりbetterを使うのですか? 英語は理屈ではないですよね。それはわかっていますので、もしも何か知っている方がいたら教えてください。 よろしくおねがいします。

  • 比較級の強調

    ・・・a little larger than・・・ 辞書で調べたところ、上のように、a littleで比較級を強調できるようですが、 ・・・little larger than・・・ このように、littleだけで比較級を修飾する表現はあるのでしょうか?