• ベストアンサー
  • 困ってます

ピロティ(元店舗付住宅)の耐震診断

平成7年新築の併用住宅(2階建)を中古で購入しました。 直前には飲食店がはいっていたようですが、仲介会社のリフォームで、1階にはトイレスペースの仕切り以外、細い鉄筋?が真ん中に一本あるのみです。すべて撤去したそうです。 (お店としての備品を、という意味かどうかは不明) 1階は購入時のまま何もせず、車庫として使っています。 35坪ほどの軽量鉄骨スレート、2階が住居スペースです。 室内を人が歩けば揺れ、風が吹けば揺れ、真裏の工場のボイラー?稼働で揺れ、 震度2や3の地震でも、体感的には1度くらいは上のような感じで、(とにかく揺れます) 少々精神的に疲れてきてしまいました。 まだローンが残っていますので、引っ越し、建て替えは現実的に不可能です。 そこで耐震診断をしていただいたうえで、どのような補強がいいのか専門家に相談できればと考えるようになりました。 木造の耐震診断はよく耳にしますが、軽量鉄骨専門の診断士さん?のような方がおられるのでしょうか? 中古購入のため、図面も構造計算書?も何もありません。大丈夫でしょうか。 多少、壁をはいだりしてもいいとは思っていますが。 ご経験者もしくはご専門の方がおられましたら、アドバイスをいただければと思います。

noname#149077
noname#149077

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数485
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

軽量鉄骨の耐震診断はそれを作ったメーカー(ビルダー)にお願いするのが一番です。 構造的に認定をとっている部分もあって一般の建築士では資料もないのでは正確には判断できません。 しかしながら、平成7年ですのでそう耐震性能が低い時期の建築でもないですね。 しいていえば、耐力壁のバランスの計算方法が具体化した法律の前の物件であるということぐらいです。 ですからそのようにある方向だけ壁がないようなものは揺れてしまうのではないかと思います。 あとは、構造材が健常でないという危険性もありますから見てもらったほうがいいですね。 構造上揺れやすい建物であるのはその形状なら仕方ないでしょうが、あとは揺れにくくする方法です。 初めの様な理由で耐震診断は正確性を欠きますが、揺れの対策に対して補強することは可能です。 ビルダーをあたることができなければ、建築士に相談して駐車場利用と並行して揺れ対策をとれるか、つまり必要な開口と取るべき耐力壁の施工方法を考えるのがよろしいと思います。 開口の補強や、壁の設置、ブレース増設、方法はいろいろありますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。 > 軽量鉄骨の耐震診断はそれを作ったメーカー(ビルダー)にお願いするのが一番です。 あいにくメーカーは分かりません。正確な診断は難しいのですね。 > 耐力壁のバランスの計算方法が具体化した法律の前の物件 これは初めて知りました。教えてくださってありがとうございます。 > 揺れの対策に対して補強することは可能です。 希望がもてるお話をありがとうございました。 建築士さんを探して、相談するのが一番なのですね。 さいきんは余震つづきで、家の中にいるのを恐ろしく感じることもあるのですが、 被災地のことを考えると、建材などに余裕が出るまで待つべきなのでしょうね・・・ とにかく解決の糸口がつかめて、少し安心できました。 建築士さん探しをしてみようと思います。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 動的耐震診断について

    延べ床面積40坪(現在)の木造2階建て、土を乗せた日本瓦葺、壁は竹組の土壁、田の間取りで、昭和43年に父が建て、2階部分を2回増築しました。増築に際して強度計算はやっていないと思います。最近特に地震が怖くて建て替えようかと思いましたが、あと長く住んでも20年と思うので、耐震をメインにしたリフォームをしようとしています。 私は建材メーカーに勤めている関係で2級建築士とDIYアドバイザーを取り少しは知識があると思っています。近かじか定年のため、可能なら大きい工事は業者に頼み、後は自分で床下にもぐり基礎と土台、土台と柱の緊結等いろいろな対策を自分でしたいと考えています。 その準備として県、市、耐震リフォーム団体等の耐震ホームページ、耐震の書籍、プレハブメーカーの耐震説明会等で少し勉強しましたが、団体により説明が異なっているように思います。今後数回に分けて質問したいと思います、どうかよろしくお願いします。 1. 2階部分に錘を置き震度2程度の振動を起こし家の抵抗力を調べる動的耐震診断は、実際的で効果のある診断と私は思います。しかしこの診断をPRしているのは動的耐震診断をする業者だけで、公的団体は一般診断(静的)は説明しているが動的耐震診断は一切紹介していない。どうしてでしょう、あまり効果がないのでしょうか? 2. 震度2で得られる耐震と実際の強震とは比例しないのでしょうか? 3. 私は耐震金具を建築家の指導のもと取り付けた後、この動的耐震診断をやり耐震の効果を検証するのが効果的と考えますが、お教え願います。

  • 耐震診断で困っています。

    現在、住んでいるマンションの耐震診断をするのに構造計算書がありません。構造計算書を作り直すと数百万かかると予想され、それに代わるものとして何か良い方法はありますでしょうか? 設計図書として、竣工図はあります。構造計算書がなくても設計図面から耐震性があるかどうか確認できるものなのでしょうか? ある1級建築士からは、「構造計算書がないのであればそれを作成してからでないと耐震評価を図面だけでは正確にはじきだせないですよ。」 とも言われています。 もし、耐震性を図面に書かれているものからの数値入力でも確認できるソフトがあってそれが、適正な評価をされるものであればそれで建築家にお願いしたいと思います。数百万円という費用はとてもだせないので、どなたかご教示願います。 素人なので構造計算書がなくても何とかなるのではないかと浅ましい考えですみません。

  • 中古住宅の耐震性について

    築20年の軽量鉄骨の住宅を購入するか検討中です。 耐震性が心配です。 リフォームで2階の部屋の壁がぶち抜かれていて、2部屋を1部屋にしています。 1階も外壁を一部無くして、リフォームで部屋を大きくしています。 また、リフォームではありませんが、2階のある部屋は部屋の角の部分がXY 方向とも窓で壁がありません。 住人が2回ほど入れ替わっているため、新築時の図面も残っていないそうです。 耐力壁が壊されているってことは考えられないでしょうか? 耐震診断も考えましたが、壁をめくる必要などがあるため、購入前の診断は難しいですよね。 仲介会社の人からは、1980年の法改正以降の家だから今の基準と大差がない基準で建てられた家だという説明と、耐震診断については建築確認申請時に構造計算書等を添付するから普通は再調査をすることは無いということを聞きました。 物件を見たところ、外壁や基礎にヒビなどはなかったです。 購入する前に何か耐震性について調べられることがあるでしょうか? そんなに心配せずに、購入しても良いでしょうか?

  • 耐震診断 床仕様

    木造住宅の耐震診断(一般診断法)で質問です。 ”配置による低減係数E”を求める際に、各部分の充足率と床仕様I~IIIの表から読み取りますが、1階の耐力を求めるときには2階部分の床仕様で求めるのでしょうか? 1階の床は主要構造部に含まれていなかったので、それが引っ掛かります。

  • 耐震診断

    耐震診断の方法について教えてください。 木造(軸組)構造計算では壁の量にその壁の種類の倍数を掛けてその強度を計算すると理解してますが、既存の木造住宅を耐震診断する際に壁の種類(筋交入りか)までは判らないと思うのですが?どのように診断されるのでしょうか? 天井裏からも全ての壁の種類を拾っていって計算・診断は不可能かと思うのですが? 又、RC造については、X線?超音波?電磁波?か何かで非破壊検査とありますが、鉄筋の数や太さは分かっても溶接の強度まで判るのでしょうか? 専門家の方、よろしくお願いします。

  • 耐震診断、耐震リフォームのタイミングって?

    中古住宅を買おうと思ってます。 候補の建物の築年数が古く、耐震の面で不安があるので、耐震診断や必要があれば耐震リフォームを考えていますが、購入の前に状態を調べることって可能なんでしょうか?また、その方法やどこまで調べることができるのかアドバイスお願いします。 ちなみに、物件は現在売り主さんがお住まいの状態です。 耐震助成の活用もしたいのですが、自治体の要項を見ると条件が物件を所有かつ居住となっているので、そうなると買ってからでないと調べられないのかなぁと思いまして・・・

  • 木造住宅耐震診断 太陽熱温水器の荷重

    一般診断法にて2階建木造住宅の耐震診断をする際に、建物の重さをどのランクで考えるか質問です。 1階部分の屋根に太陽熱温水器(2畳程度で満水時約300kg)が乗っています。 屋根は1・2階とも桟瓦葺き、外壁は小舞真壁に金属サイディングです。 この場合、 (1)必要耐力の算定では、2階部分の係数は、『2階建ての2階部分の重い建物』を用いて、1階部分の係数は『2階建ての1階部分の非常に重い建物』を使いますか? それとも1・2階とも『非常に重い建物』の係数にしますか? (2)4分割の算定のときには、該当する部分のみを『非常に重い建物』の係数にするのでしょうか? ここでは1階部分の角の屋根に太陽熱温水器が乗っているので、1階a部とd部がそれにあたります。 皆さんの意見を聞かせてください。 宜しくお願いします。

  • 木造の耐震診断 床面積あたりの必要耐力

    木造住宅の耐震診断(一般診断法)で精算法を使って床面積あたりの必要耐力を出します。 2階建ての重い建物で、2階部分を0.40*K2*Z、K2=1.19+0.11/Rf1、 1階部分を0.92*K1*Z、K1=0.40+0.60*Rf1で計算しました。 すると、Rf1<0.4になると1階の床面積あたりの必要耐力よりも、2階の床面積あたりの必要耐力の方が大きくなります。 これはどういうことなのでしょうか? 地震力は下階の方が影響が大きいと思うのですが、矛盾しているような気がします。

  • 木造住宅耐震診断について

    木造住宅の耐震診断を一般診断法でする場合。 教えていただきたいことが2点あります。 (1)必要耐力を出すための床面積について。 後付けのバルコニーがあるのですが、×0.4を1階床面積に含めるかどうか迷っています。 下記のようなものです。 http://tostem.lixil.co.jp/lineup/exterior/balcony/actstage/actstage.html (2)増築をしているのですが、既存基礎は無筋、増築基礎は有筋で既存とは鉄筋等で繋いでおらず、横にくっつけて打設しただけ。外壁はラスモルタルで一体化。105角柱芯で150空けて建てています。 診断をする際にはこれらを一体の建物として計算すればよいのでしょうか? 増築部分はしっかり筋かいも入っているので一体として考えると、耐力壁量は既存部分をずいぶん助けています。 よろしくお願いします。

  • 軽量鉄骨造2階建て住宅の寿命と耐震性とメンテナンス!

    ど素人です! このたび中古の軽量鉄骨2階建ての購入を検討しておりますが、その際選択の仕方の注意点について、書店などの参考書では木造住宅ばかりで分からなかったので、どなたかお教え願えればと思います。 一般に木造では35年が家の寿命と聞きますが、それでは (1)軽量鉄骨(プレハブ造)では一般に寿命はどれくらいなのでしょうか? (2)耐震診断を受けてから購入したいと思うのですが、それは可能でしょうか?またはどのような方法で診断を受けたらよいでしょうか?市町村の診断は木造のみの対応だそうです。民間にお願いするような場合、費用などご存知の方がいましたらお願いいたします。悪徳も多いようで気になりますが、できれば購入前に診断を受け、問題ないようでしたら購入という形にしたいのです。 (3)いわゆる欠陥住宅のチェックの仕方は、書店にあるハウツー本などの木造住宅と同じような見方でよいと考えてよいのでしょうか? (4)家のメンテナンスなども、木造と同じと考えてよいのでしょうか?軽量鉄骨ならではのメンテナンスなどもあるのでしょうか? (5)木造と比べた住み心地は、特に冬寒く夏暑いと聞きますが、そのほか特徴的なものがありましたらお願いいたします。 私の関心は、特に木造と比べた寿命と耐震性です。 私としては、新築を購入するお金がないので中古を購入したいと思っているのですが、木造ですとあまりにも先短いので、軽量鉄骨の寿命が長いのならと思っているのですが…真実どのようなものなのでしょうか? どなたか教えてください。お願いいたします。