• ベストアンサー
  • 困ってます

主格主語、形式主語、無生物主語??

少し頭がパニックになってるので教えて下さいませm(_ _)m TV games are popular with both children and adults. Role-playing games where the player can become completely involved are the popularkind of game. They can be good way to relax,have fun and forge about your problems. この文章はロールプレイングゲームを客観的に説明した無生物主語の文章だとおもうんですが、 They can be の ゛They゛ ゛これら゛は、代名詞Itの複数形とゆうことは分かるんですが、コレは主格主語なので形式主語としてItを使ったら文法上バツになりますか? That Those などの指定代名詞では、置き換えることは出来ませんよね?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数513
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

Itは単数扱いなので複数を受けることはできません。 ちなみにTheyは代名詞です。They=Role-playing games を指す代名詞です。 代名詞は前に述べた事柄を指すのに対して形式主語は後ろに形式主語に対する真主語があります。なので形式主語としてItを使ったら文法上バツになります That Those などの指定代名詞では、具体的な内容を指す代名詞なので一般的な内容Role-playing games をさすことはできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 Itってなんか漠然とした複数の物を指すときにも使える物かと思ってました(^。^;)根本的に勘違いしてたようです。 なるほど、形式主語の後には本当の主語がくるのですね! 勉強になりました!

関連するQ&A

  • 《無生物主語+can》英文製品資料中、製品の特徴や用途を明記する場合。

    《無生物主語+can》英文製品資料中、製品の特徴や用途を明記する場合。 こんにちは。下記の質問をさせていただいた者です。 (この場を借りてご回答の皆様に改めてお礼申し上げます。) http://okwave.jp/qa/q5836419.html 皆様の回答を拝見しているうちに新たな疑問が浮かびましたので 質問させていただきます。連続での質問、失礼致します。 仕事で製品の英文PR資料を作ることがあるのですが、製品の特徴や用途を明記するのに 下記例文のような表現《無生物主語+can》《無生物主語+can be》などを多用しています。 何となく違和感あるのですがご助言いただけますでしょうか。 (1)This waste cloth can remove tough stains on your products. (このウエスは製品の頑固な汚れを落とすことができます) ⇒この表現だと「ウエスが一人でに動いて勝手に頑固な汚れを落とす」ような感じでしょうか?  頑固な汚れを落とすのはあくまでも作業を行う「人」であるので、この場合《無生物主語+can》は  おかしいでしょうか?("enables you to remove"などの方が適切?) (2)This product can be used for cleaning ~. (この製品は~を清掃することができます) ⇒製品資料やカタログでは《主語You》から始まる文章は不適切(?)と聞いたことがあり  上のような表現《製品+can be 受身》をつい多用してしまいます。  受動態にせずYou can clean~ では、実際不適切なのでしょうか? 手元にある他社の英文カタログなどを参考にしているのですがこういった表現が繰り返し 使われています。参考にしている癖に疑うのもなんですが、本当に正しいのかどうか気になります。 よろしくお願いいたします。

  • “無生物主語 + can help + O + [to] +原型” の“can”は何故あるの?

    次々と質問しちゃってすみません。 Book can become our best friends. They can help you to know interesting people whom you may never meet personally. They can help you to travel to distant places and to understand distant times. (書物は我々の最良の友になりうる。書物のおかげで、個人的におそらく会うこともない興味深い人々を知ることができるのだ。書物のおかげで遠いところまで旅行したり、昔のことを理解することができるのだ) この文に2カ所ある “They can help you to know”の“can”の用法がわかりません。 というのは、主語が無生物主語のときは、 “S + help + O + [to] + 原型”「SのおかげでOは~できる」 と訳すから、あえて“can”は要らないと思うんです。 canの存在意味を教えてください。

  • 主語を統一しなくてもいいの?

    "You're not permitted to ener a mosque without removing your footwear,be they shoes, sandals, or slippers " という文なのですが、 be they shoes, sandals, or slippers と言う箇所は、仮定法現在の倒置、あるいは譲歩構文で(文法用語は間違っているかもしれません。) whether they are shoes, sandals, or slippers という文にパラフレーズできることは分かるのですが、 これだと従属節の主語がtheyで主節の主語がyouになっています。 youかtheyのどちらかに統一しなくてもよいのでしょうか?

  • 主語は?

    But can it be ... when we can see So vividly a memory And yes you say so lost a day To fade away And leave a red sun So gold 上記の中で、lostの主語、leaveの主語は何でしょうか? soの品詞と具体的な意味はなんでしょうか? lost周辺で、省略されている語句があるとすれば、それらを復元して、完全な文に書き直すとどうなるかな。というのも、かってな解釈を避け、ネイテイブで、かつ教養ある人、が味わっている、そのセンスのとおりに、味わってみたい、という趣旨です。

  • 英語で複数形の主語に単数代名詞itを使う場合は?

    以下の英文: Information technologies, known as IT, are advancing so rapidly that ordinary people have no idea what it will be like five years from now. で、 前半は複数形主語としての現在進行形の文になっていますが、後ろの間接疑問文の主語にtheyではなく、itが使われています。 これは正しいのか、間違いなのか、それとも普段使う英語では細かく気にするべきでないのか、良くわかりません。ご教授ください。

  • 同格のall の使い方

    よく質問にあがっていますし、沢山の回答も見てきました。その上でよけいにこんがらかって、すっかりわからなくなりました。教えてください。 **「[主語]は皆~」のように「主語と同格でallを置く」場合、all には決まった置き場があります。それは  ・S all 一般動詞 ~. We all enjoyed the game.(私たちは皆その試合を楽しんだ)  ・S be動詞 all ~. We are all very well.(私たちは皆とても元気です)  ・S 助動詞 all 動詞 ~. We can all support you.(私たちは皆あなたを助けることができます)という位置です。be動詞、助動詞がkeyです。 ***** のような解説があったり、 *** you all are helping my country. について 参考書では,このような同格のallの位置は,be動詞がある文では,be動詞のうしろのはずなのですが,be 動詞は比較的弱く発音されるからです。 You're all helping のように短縮形になるのも、弱いからです。 それが are に強調がおかれると、短縮形にもできず、you all are helping となります。 *** *** all が代名詞の同格を表すときには代名詞の直後に置くので、They all are very kind to me.「かれらはみんな私にとても親切です。」のようになる。 *** とあったり **** You've all been working closely with me for years now,皆さんは私と蜜に連絡を取って仕事をしてきました。 ⇒このような all, each はともに主語 you と同格になっている不定代名詞です。 この場合(主語と同格)の位置は一般動詞の前,be 動詞,助動詞の後と決まっています。 助動詞の場合,助動詞+ all/each +原形となります。 **** あったり、と we, you もtheyも代名詞ですよね、allが代名詞の直後にきたり、be動詞や助動詞によって離されたり・・・・何が何だかわからなくなりました。教えてください。

  • It may be thatのItはthat以下を指す形式主語ですか?

    It is often possible to make known what one wants to and what he is thinking about by means of gesture, without the use of words, and it may be that men talked by signs before they used spoken language. ↑に含まれるこの分は形式主語ですか? 自分は、It may be that men talked by signs before they used spoken language. =That men talked by signs before they used spoken language may be.(that以下があり得る)という形式主語として解釈しましたが、人によっては漠然状況のitや、この文章より前の何かを示唆するitという人もいました。

  • 主語の見分け方について

    以下の文章で、 Parents are often upset when their children praise the homes of their friends and regard it as a slur on their own cooking , and often are foolish enough to let the adlescents see that they are annoyed, and が二つ出てきており、私は以下のような名詞と動詞の関係だと思いました。 (1)Parent are upset (2)their children praise (3)their children regard (4)Parent often are foolish しかし、(3)のregardはParentが主語でした。 だけど、どうしてそうなるのかわかりません。 (4)は「,」が入っているのでParentが主語だと勝手に判断したのですが、(3)はtheir childrenでも文が成り立ちそうな気がします。 やはり、文脈で分けないといけないのですか?

  • 主格 所有格 目的格

    空欄に正しい代名詞を記入しなさい。 Tere were three interviews, and one of ( 1 ) asked me a lot of tough question. At the end of the interview, they told me they would get back to ( 2 ) by this Friday. I really hope ( 3 ) get the job. It doesn't pay lot ( 4 ) hours are perfect for me. 答え(1)them (2)me (3)I (4)its なぜこのような答えになるのか解説してください。 特に目的格がわかりません。

  • 主語+ing

    関係代名詞を使わず動名詞で主語を形容している文章を初めて見つけました。とても便利そうなのですが、いまいちルールが分かりません。教えて頂けますか? Some students coming to the library act as if they are in a coffee shop. 私の場合 Some students who are in the library (who are coming to the library) Visiting the instructors from those cooking schools around the world will lead a variety of seminars and workshop. 私の場合 The instructors who are invited 解説では”世界中の調理学校からの客員講師による様々なセミナーや講習会も予定しています”だそうです。 よろしくお願いします。