• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

この度の放射能漏洩について

現在問題になっているいわゆる放射能もれについて、疑問に思っていることがあり投稿させていただきました。  (1)爆発時、建屋が吹きとび、放射性物質が拡散されたことを考慮すれば、冷却のために何千トン、それ以上の水を放水すれば、同様に放射性物質が水とともにどこかに流れ出ることは予想できなかったのか。  (2)また、燃料に直接触れる冷却水に放射性物質が溶けこむならば、冷却水を注入すれば注入しただけ放射能物質に汚染された水が流れ出すことは予想できなかったのか。  多分予想はしていたのだと思われるが、それであれば、地震直後より汚染物質の漏洩量が増加することをいわゆる専門家の人達は予想するべきではなかったのか。  (3)また、食品に関しても、春菊やほうれん草など、特定品目が制限されるのもまったく理解しがたく、同様な栽培形態であれば汚染度合いも同様と考えられるのではないだろうか。そのうえ、摂取しても問題がないのであれば特定品目にたいして制限をかけるのは不公平では。 素人目にも、変だな、と思ったしだいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数46
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

(1)  原子炉格納容器の一部である圧力抑制室が損傷したと考えられている2号機を別にすれば、爆発が起きたのは、原子炉の炉芯を収めている原子炉圧力容器の外を覆っている、格納容器のその又外側であり、吹き飛んだのは建屋であって、原子炉圧力容器は無論の事、その外側の格納容器も無事だったのですから、放射性物質の大部分は、未だ原子炉内部に閉じ込められておりましたから、放水等によって放射性物質は流れ出ては来るとは考えられるが、その量は原子炉外に存在していた、少量のものに過ぎず、原子炉内の放射性物質が漏洩するという大きな被害を防ぐためならば、それと比べれば大きいとは言えない(今回の放射性物質の流出の様な)被害が起きる危険を冒しても、やむを得ないと判断されたのではないかと思います。 (2)  原子炉圧力容器や格納容器の圧力が低下しなかったため、容器や配管は無事で、注水しても放射性物質が漏れる事は無い、と判断されたのではないかと思います。 (3)  植物の種類によっては、吸収するミネラルの割合は異なるため、厳密には同等とは言えませんが、実際には同等と見なしても差し支えはないと思います。  しかし、何故かは解りませんが、実際に測定した際に、基準値を上回る放射能が検出された作物と、放射能が基準値を上回らなかった作物がある様です。 【参考URL】  東京新聞(TOKYO Web) > 茨城 > 3月21日の記事一覧 > 記事【茨城】野菜の放射性物質検査 ホウレンソウ以外の品目 暫定規制値下回る   http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20110321/CK2011032102000067.html  もしかすると、ほうれん草は、運悪く、希にしかない大粒の放射性物質の粒子が、付着していた1株(何十株の内の1株しかないため、同等の放射能を持つ株を、同じ人間が続けて食べる確率は低い)が、偶々、放射能検査のサンプルとして使用された、という事は、考えられないでしょうか!?(単なる憶測、いや空想です)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変わかりやすいご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「放射能」に汚染?

    昨日の原発事故のテレビを見ていて疑問に思ったのですが、「冷却水は放射能に汚染されていない」とか「放射能を浴びていない」とレポータが発言していますが、「放射能」というのは放射線を放射する能力とか性質を表す単語で、そのような性質や能力に他の物質が汚染されるとか浴びるという日本語はおかしいのではないかと思いました。 ただしくは「放射性物質に汚染されていない」と「放射性物質を浴びていない」乃至は「放射能を帯びていない」と言うのではないでしょうか? どなたかご教示ください。

  • 竹炭が放射能をなくすことができる?

    放射能汚染の対策として、竹炭を使って放射性物質を除去しようという試みられています。 竹炭を土壌に混ぜ込んだり、浄水に利用されているようです。 その効果はまだ正式には認められていないようですが、竹炭を使う前と後では有意に差があったと聞きました。 竹炭がたんに放射性物質を吸着しているのであれば、土壌や水から除去できたとしても、竹炭自体が放射性物質の濃縮したかたまりになると想像します。 しかし「竹炭はそれでも安全」「放射能を竹炭の内部にとじこめる」「放射能をなくす」という意見もききました。 竹炭が放射能をも封じ込める(放射能を減退させる)ことができるメカニズムをおしえてください。 (参照元もおしえてください。) 推測も歓迎です!

  • 放射性物質が冷却水中に取り込まれるメカニズムは?

    福島第一原発では高濃度の汚染水が大量に見つかったり海水が広範囲に汚染されたりしています。 それで、放射性物質の漏出のメカニズムつまり圧力容器内で核燃料(放射性物質)がどのようにして冷却水中に取り込まれるかを知りたいのですが、次の(a)~(c)のようなことを妄想しています。メルトダウンは2,800°Cで起き始めると聞いたのですが、 (a)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)の一部も機械的に水蒸気の中に取り込まれる。 (b)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)と化学的に反応して別の物質になり、その物質が水蒸気の中に溶け込む。 (c)核燃料が高温のため気化して水蒸気の中に取り込まれる。 上記のような妄想は多分全く的外れだと思うのですが、次の2つの場合について、どのようなメカニズムで核燃料(放射性物質)が冷却水の中に取り込まれるのかお教えいただけないでしょうか。 (1)核燃料(放射性物質)がメルトダウンしてないときつまり原子炉が正常な運転状態にあるとき。 (2)核燃料(放射性物質)がメルトダウンするとき又はメルトダウンした後。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
  • botamo7
  • ベストアンサー率26% (11/42)

http://p.tl/dKzX 確信が持てます。政府、御用学者等の発言など塵の如くです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。大変参考になり、また役に立つ情報だと思います。

  • 回答No.7

1.予想していた 2.予想していた 3.作っていないものは制限するだけ無駄

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 予想はしていてもそれを発言する人はいなかった(少なかった)のでしょうね。

  • 回答No.5
  • acer001
  • ベストアンサー率26% (38/144)

(1)建屋が吹きとぶ前から消防ポンプで原子炉に何時間も水を注入してましたが水位が 上昇しませんでしたあれだけの水が全て蒸発するのはずもなくすでに配管が壊れていたのは 明らかです東電はわかりませんの一点張りでしたが、予想していても悪いニュースは発表しない東電の体質です。 (2)燃料棒が溶けるより汚染された水が海に流れる方が危険性が少ないと判断したんでしょう。 (3)たしか県名の表示義務はあっても細かい地域名の表示義務は無かったと聞きました そのためにパッケージで詳細を判断出来ない物があるため特定品目による制限だと思います。 今回の件では私自身も疑問は山のようにありますが原発から約40キロ離れた福島県飯舘村では セシウム137が土壌1平方メートルあたりに換算して326万ベクレル検出されました。 チェルノブイリ原発では55万ベクレルで強制移住の対象です。 海水や大気は拡散され薄まりますが土壌にしみこんだ放射能は薄まりません。 半減期は30年と長く非常に危険ですが政府は何も対処せず、マスコミもまったく騒ぎません、 不思議です。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに、政府の対応は遅すぎると思います。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.4

「放射能漏れ」という言葉自体がいい加減なもので風評被害のもとです。 放射線と放射性物質の違いや、外部被曝と内部被曝の人体への影響の違い等をネットで検索してから再度質問をされることをお勧めします。 この質問ではここでは字数制限にひっかかって説明しきれません。 今ならいくらでも解説サイトがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.3

放射能が漏れてしまうことは承知の上 何もしないでいたら、更に莫大な放射能が漏れてしまうので、少し漏れることは覚悟しながら、莫大な漏れを防ごうとしています 少しも漏らさないで事態を収拾する方法はありません 今ぐらい漏れても非常に困りますが、今の何千倍も漏れるよりはマシでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私もそうだと考えました。 そのような情報が流れればいちいち放射性物質が検出されるたびに驚かなくてすむのに。 どのような対策を実行して、どのくらいリスクが発生するか想定していれば良いのでしょうね。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • kenchin
  • ベストアンサー率56% (398/700)

本人たちに聞けなかったので推測も交えますけど。 Q1について いえ、放水を決めた段階から予想できたはずです。 これは海外の一部でも言われていたと記憶しています。 国内では確実にそういう声はありました。 だから、報道はされないんですが、電源復旧が先じゃない か?(*)って声が出てます。(ました) *の説明ですが。 放水は何千トンまで行っていないでしょうが、もっと少なくても 深刻なんです。 というのも、原子燃料は格納容器などである程度封印できます けど、今回は建屋が破損したので、燃料プールの水や水蒸気が 構内に降り注ぐ。 蒸気が建屋からでるが早いか消えている絵がTVで流れていた でしょう? あれは、そこで凝縮が起こって構内に降り注いでいるんです。 それに加え、停電状態で原子炉周辺に水を掛けて、それが 建屋内に封じ込められない限り、運が良ければ一部の水は 側溝に貯まりますが、大部分は雨水処理系統などを伝わって そのまま海上に流れだしちゃうんです。 しかも、放水しちゃうと周辺の瓦礫類を洗い流したりする効果 もあるので。 Q2について。 冷却水プールと云う事なら、これはもう予想できたでしょう。 他にも懸念を表明していた人間は居たわけですから。 Q1とQ2纏めてなら。 海への流入も予想されていたろうし、流入すると深刻な事になり かねない(避難対象の住民様には申し訳ないですが、むしろ 海洋汚染の方が深刻)とも予想できたと思います。 Q3は良く理解できませんでした。(ごめんなさい) 「葉物野菜全部に出荷制限掛けるなら解るが、葉物の一部 だけに制限掛けるのはオカシイ」ということですか? そういう内容でしたらその通りだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。ひっきりなしにテレビでいわゆる専門家と言われる人たちが発言していますが、事が起きるたびに事後説明をするだけで、ポンプや圧力、冷却などの知識がある人にしたらなんだか変なことを話しているようで、それを疑問に思わないのかな、ということでこの質問をいたしました。

質問者からの補足

文章がへたくそで申し訳ありませんでした。

  • 回答No.1

こような件は中部大学、武田邦彦氏のブログにご質問されるとよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。ブログを拝見させていただきます。

関連するQ&A

  • 放射能汚染とは何ですか?

    放射線が当たると、放射能汚染を受けることになると思いますが、 汚染を受けると、その後どうなるのでしょうか? 放射線が当たると、当たった所から放射線が出るというようなことを聞いたことがあります。これは、放射線が当たったということではなく、放射性物質が付着したということなのですか? つまり、木の箱に入れた放射性物質からでも、放射線は、もれると思いますが、放射性物質は出ませんよね?そういう箱を持っていて、放射能汚染を受けた人は、放射線を出したりすることがあるのですか? そういう人の近くに行くと、放射能汚染を受けたりするのですか?

  • 放射能強迫

    はじめまして。 私はある日突然に、ふと放射能が気になりだして、日常生活のあらゆる物に放射能が付いている強迫に悩まされる様になりました。 病院には行っていませんが、行くのも放射能の強迫で辛いです。 日本は放射性物質の管理がしっかりしていると思うので、安全だ! と自分に言い聞かせてもだめだし、特に海外製品に敏感で・海外製品には放射性物質がこびり付いている様な錯覚さえ覚えます。放射性物質のお仕事されてる方、または経験の方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願いいたします。海外は放射性物質の管理は厳重なのでしょうか?

  • 避難勧告と放射能について

    チェルノブイリの事故では、原子炉圧力容器が爆発して、原子炉の放射性物質がそのまま大気中に放出されました。つまり、放射性物質が飛散して、減衰期まであちこちで放射線を出し続けるということですから、環境汚染も深刻です。 今回の福島原発では、半径20キロ以内に避難指示が出ていますが、一つの原子炉も原子炉圧力容器は破損していません(燃料棒の一部溶解があり、制御は出来なくなっていますが)。つまり、放射線は出ているが、放射性物質は漏れていないということになります。α線は遮蔽でき、β線は鉄で遮蔽でき、γ線はコンクリートで遮蔽できます。とすれば、いずれも放射線管理区域内で遮蔽できると思うのですが、どうして避難指示なんでしょうか。詳しい方、どうか教えてください。 もちろん、一時期、炉内に循環すべき放射能を持った冷却水が海中に漏れ、それが蒸発して雨となり、周辺の土地に降り注ぐ際に土壌や樹木などの環境に放射性物質が付着(汚染)したというのは分かるのですが・・・。 そもそも放射性物質が漏れているなら、何号機がどのような理由で漏れているのかも教えてください。 http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/press_f1/2011/htmldata/bi1491-j.pdf http://www.tepco.co.jp/nu/f2-np/press_f2/2011/pdfdata/j110509a-j.pdf

  • 核燃料はどのようにして冷却水中に取り込まれる?

    福島第一原発の核燃料がメルトダウンしていたと報じられています。以前には高濃度の汚染水が大量に見つかったり海水が広範囲に汚染されたりしています。この2つは関連があるのではないかと思います。 それで、放射性物質の漏出のメカニズムを知りたいのですが、次の(a)~(c)のようなことを妄想しています。メルトダウンは2,800°Cで起き始めると聞いたのですが、 (a)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)の一部も機械的に水蒸気の中に取り込まれる。 (b)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)と化学的に反応して別の物質になり、その物質が水蒸気の中に溶け込む。 (c)核燃料が高温のため気化して水蒸気の中に取り込まれる。 上記のような妄想は多分全く的外れだと思うのですが、次の2つの場合について、どのようにして核燃料(放射性物質)が冷却水の中に取り込まれるのかお教えいただけないでしょうか。 (1)核燃料(放射性物質)がメルトダウンしてないときつまり核燃料が正常な状態にあるときには、圧力容器内で、核燃料はどのようなメカニズムで冷却水中に取り込まれるのでしょうか。 (2)核燃料(放射性物質)がメルトダウンするときには又はメルトダウンした後では、圧力容器内で、核燃料はどのようなメカニズムで冷却水中に取り込まれるのでしょうか。

  • そもそも放射能物質って何??

    『日あたり推定300トンの地下水が放射性物質で汚染され、海に流出していると・・・・・』 このような記事を読んだのですが、そもそも放射性物質って何ですか? 病気になる物質っということであってますか? その放射能物質っというものに触ると病気になるのですか?それとも食べたり飲んだり吸い込んだりしたら病気になるのですか? その病気になったら、痛みや苦しみのような症状は出ますか? その病気になった、動物や人間から人間に感染しますか? その病気は治りますか? 大変恐縮で申し訳ないのですが、 私はとてもバカです。どうか、小学生低学年でも分かるような日本語で解説していただきたいです。 よろしくお願います。

  • ホーレンソーや牛乳の放射能汚染について

    間違いなく今回の福島原発が原因で放射性物質が畑に落ちたからだと思います。 つまり汚染された土壌を改良しない限り今後も野菜は汚染され続けるのではないでしょうか? それとも単に葉の上に放射性物質が付着したと言う事なのでしょうか? 又牛乳からも放射線が観測されたと言う事ですが、考えるに飼料に放射能が付着して牛に取り込まれたからだと思うのですが、そうなるとその牛からはこれから先ずっと汚染された牛乳が出続けるのではないかと思うのですがどうなんでしょうか? 菅氏は勿論枝野氏や保安委員の会見を聞いてもはっきりしないのです

  • 放射能の無力化

    原発事故、そしてその後のことがとても心配です。 2つ質問させてください。 1:放射能は無力化できないのですか。 放射性物質から出てくる放射線が危険で、その能力は長い時間続くということは分かります。 その放射能や放射線を無力化することは理論的に不可能なのでしょうか。 現時点の科学で無理なだけで、将来的には無力化できる可能性があるのでしょうか。 無力化というのは、放射線をさえぎるのではなく中和するというような意味でです。 2:石棺はメルトダウンしないの? チェルノブイリの石棺は放射性物質を綴じこめていますが、あの中でメルトダウンというか核反応は起こらないのですか。 日本では冷やし続けなければならないために汚染水がたくさん出ていますが、コンクリートで周囲をすべて固めることができるのであれば、放射線漏れはとりあえず解決するのですか。

  • 福島原発の放射能(線?物質?)の漏洩について

    今回の全ての被災者の皆様、そして原発での二次被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。 さて本題ですが、私はその筋の専門家ではないので、福島原発の事故問題について疑問が多々ありますので質問します。 第一:テレビで専門家が「放射性物質はそのままでは飛散しないので、花粉とか埃にくっついて飛散する」と言うようなことを言っていましたが、どう言う意味でしょうか? 第二:放射性物質が漏洩したので、20KM圏内は退避で、30KM圏内は屋内避難となっているようですが、放射線は鉛とか分厚いコンクリートで無い限り簡単に貫通すると思います。また屋内に入る時は着衣を脱いでほろき、また身体を良く洗う等々と言っていますが、無菌室のように屋内の気圧を高くして外気を入れないようにしたり、エアシャワー等の無い家屋(一般の家屋ではあるわけ無い)では、無意味なように思えます。政府や専門家の言う「屋内退避が安全」の根拠について。 第三:アメリカでは、今回のレベルの事故だと80KM圏内退避としているようですが、日本でそうならないのは、政府・事業者の原発安全神話ボケの為でしょうか?それとも生命よりお金(例えば事後の被災者の補償問題とかが心配)が大切だから? 第四:放射性物質が一旦飛散すると、そこいら中に舞い散るはず。とすると、例えば雨等と一緒に上水ダム等に舞い散ることや、地面に舞い散ることの方が人体にくっつくよりも可能性が大きい訳で、そうした場合、飲料水が汚染されたり、道路が乾いた後、風や自動車等によって再び大気中に舞う可能性も大きいと思います。結局その放射性物質が無害化するまで危険性は排除できないのでは? 第五:自衛隊も警察も消防も必死で原子炉の燃料棒を冷やす為に、海水の注入作業を行っていますが、あれだけ海水を注入しても燃料棒の入っているプールを満たすことが出来ないというのは、どこかで水が洩れているのでは? 第六:冷却するのに注入している海水は、大変な量が海にも流れ込んでいると思われますが、海洋汚染の心配jは無いのでしょうか?周辺には豊かな漁場があると聞き及んでおりますので、心配です。 他にも疑問があるのですが、長くなりますのでここまでにします。 とにかく二次三次の汚染による健康被害も心配です。 放射線は安全圏内と言っているテレビの解説者も、政府行政の要人も、東京電力のお偉いさん達も、そんなに安全なら何故現地に行って陣頭指揮をとるなり、自ら安全性を証明しないのでしょう?この点が実は一番の疑問ですが・・・。

  • 海に流出している放射性物質と冷却水の注水について

    ニュースを見る限り福島第一原発(1号機~4号機)では 現在冷却システムが作動せず冷却水が循環していないと思うのですが 注水している冷却水は海に棄てているのでしょうか? もしそうだとすると放水口で高濃度の放射性物質が計測される理由は 冷却水に放射性物質が溶け出しているのではと思ったのですが その事に言及しているニュースを見たことがありません。 それともまったくの見当違いでしょうか。

  • 原発の汚染水

    日本の原発は冷却水は循環するシステムだそうですが、だとすると放射性物質は外部に一切漏れない仕組みなんですよね? TV番組で15年程前に、原発付近の海域で放射線濃度を計測するとそれなりの数値が計測されるというのを見たのです。 実際は海に流していて、循環するシステムではないのでしょうか? だとすると、何十年も海へ放射性物質を流していたということになるのでしょうか? 汚染された魚介類をみんな摂取していることになり、大変なことなのではないでしょうか? それとも、汚染水は一切漏れ出していないのでしょうか?