• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

履歴事項全部証明書と登記簿謄本のちがい

  • 質問No.662129
  • 閲覧数205662
  • ありがとう数161
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 71% (72/101)

会社で、ある省庁に登録を行おうとしたことろ、「登記簿の謄本」を申請書類
に添付せよとありました。

この場合、履歴事項全部証明書では駄目なのでしょうか。この2つの違いは?

教えてください。よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
従前は会社の登記は紙でできた「登記簿」に記載して行うこととなっていました。

この「登記簿」の全部の写しのことを「登記簿謄本」といいます。
ちなみに一部の写しのことは「登記簿抄本」といいます。

現在、多くの登記所では紙の登記簿ではなく、コンピューター内のデータで記録することとなってきています。

そしてその登記事項の経緯全て(例外もあります)をプリントアウトしたものが「履歴事項全部証明書」です。
現在生きている事項のみをプリントアウトしたものは「現在事項全部証明書」です。

この2種類の証明書が、従来の登記簿謄本の代わりということになります。

ですので、ご質問の場合にも、「履歴事項全部証明書」を添付すればいいということになります。
ケースによっては「現在事項全部証明書」で足りる場合もありますが、履歴事項全部証明書で申請を行う方が安全ですね。
お礼コメント
stones

お礼率 71% (72/101)

なるほど、そういうことだったんですね。よくわかりました。
ありがとうございました。
投稿日時:2003/09/27 14:42

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3
平成元年の商業登記法の改正により、法務局によっては、コンピュータで登記簿を処理するようになり、その法務局では、従来の登記簿謄本に代えて登記事項証明書(「履歴事項全部証明書」・「現在事項全部証明書」など)を交付していますから、「現在事項全部証明書」「履歴事項全部証明書」と「商業登記簿謄本」は同じものです。

履歴事項全部証明書を発行している法務局では、登記簿謄本は発行していないのです。
お礼コメント
stones

お礼率 71% (72/101)

同じものなんですね。ありがとうございました。
投稿日時:2003/09/27 14:42
  • 回答No.2
#1です。

法務局からの説明がありましたので、紹介しておきます。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ