-PR-
締切済み

なぜ人間は死ぬことをわかっていながら,生まれてくるのでしょうか。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.66204
  • 閲覧数1633
  • ありがとう数17
  • 気になる数0
  • 回答数31
  • コメント数0

お礼率 10% (5/49)

「なぜ人間は死ぬことをわかっていながら,生まれてくるのでしょうか。」
」ことの答えられる方教えてください。死ぬことがわかっているならば,最初から生まれてこなくてもいいのではないですか。こんな無駄なこと不合理ではありませんか。別に人間がこの世に存在しなくてもいいではありませんか。生まれてこなければ,生きていることに苦労して,死ぬことをおそれるともないでしょう。
通報する
  • 回答数31
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全31件)

  • 回答No.19
レベル12

ベストアンサー率 29% (176/598)

科学的、哲学的に説明する事は私には出来ませんが、
人間も動物の一種である以上、種の保存の原則が成り立つと思います
人間は始めから人間であった訳ではなく、猿人、原人などを経て人間として確立したのだから、DNAに種の保存の法則が書き込まれているじゃないかと思います
死ぬことを恐れるのは、生への執着が多かれ少なかれあるので、生まれる感情だと思います
あなたの質問に則した回答になっていないかも知れませんが、私の考えを述べさせていただきました
  • 回答No.9
レベル8

ベストアンサー率 30% (12/39)

「なぜ人間は死ぬことをわかっていながら,生まれてくるのでしょうか。」
                ↑
こういう、考えても答えを出せない問題を考えるために生まれては死んでいくのか
も知れませんね。でも生まれないと考えられないから、やっぱり生まれるしかない
のですよ。

あと補足なんですが・・・
>別に人間がこの世に存在しなくてもいいではありませんか。

存在しなくてもいいんですけど、存在してもいいと思います。存在してるから私も
人生楽しいですし。いろんな生物がいますけど、存在理由なんかにはあまり重要性
は無くて、生きてから何をするか?っていう後付要素を人間が勝手に付けたしただ
けだと思います。存在意義を求めるっていうのは人間独特の考え方ですからね。
もしかしたら、「死を怖れる。」っていうのはすでに自分の存在意義をわかってい
ることで、それで生に執着するのかも知れませんよ?
  • 回答No.31
レベル6

ベストアンサー率 25% (2/8)

はじめまして。
実際、自分の意志でこの世に生まれてくるものは生物の中ではいないと思います。生まれたことにより 生きていることに苦労して,死ぬことをおそれるんじゃないんでしょうか?生まれなければ死なないし、それが選択できるのであればこの世にいる人は生まれることを選択したことになります。私は生と死は一対で1=1で考えてます。
お礼コメント
searchingboy

お礼率 10% (5/49)

なにが正しくて,が正しくないか、を判断するつもりはありません,みなさんが私の「質問」でご意見を伺いました。私の「質問」たくさんの方にお答えを頂き,ありがとうございます。ここでお答えを頂きました皆様方に感謝いたします。 さまざまなお答えで、いろんな解釈があることを教えていただきました。まだまだ回答がございますでしょうが、ここでおわらせていただきます。 
投稿日時 - 2001-04-21 15:57:43
  • 回答No.14
レベル8

ベストアンサー率 17% (8/47)

仮にここで納得のいく答えを得られたとして、いずれ貴方は死んでしまうのだから、無駄ではありませんか?なぜ質問するのですか?

僕の意見ですが、それは無駄ではないのです。「これだ!」という答えを得られた瞬間に「なに無駄なことしちゃったんだろ?」とは思わないはずです。その時得られる満足や感動は貴方にとって無駄ではないし、それを誰かに伝えれば、貴方がいなくなっても意味は残ります。もちろん永遠ではありませんが。

まず、「いずれ死んでしまう(壊れてしまう)ものは無駄であり不合理である」という前提自体がナンセンスです。「永遠なるもの」イデア以外価値を認めないという主義で現世を楽しめるというのはある意味すごいことですが…

仮に世界中の全ての形がなくなって、原子までばらばらになったとして、これで壊れたり死んだりといったものの変化がなくなるでしょうか?searchingboyさんの言う“不合理”ではない世界になるでしょうか?答えはNOです。物には質量があるため、引力によって偏りが発生し、いずれは恒星が出来てしまいます。つまり、物質はその自らの本質によって寿命のある形態をとり、秩序を生み出し、また壊れるのです。完全な真空(何もない空間)世界は考えません。量子力学的(説明しきれないのでご自分で調べてね)に無理でしょうから。

人間がいなければ動植物は自然のまま残るというような趣旨の補足をANo.2でしてますが、むしろ個体が常に変化することで総体としては安定を得ることが出来るのです。ここらへんはガイヤ理論でも参考にしてもらえば良いでしょう。

ちなみに、kensakuyaさんの言いたかったことは、こういう事では。
人間は生まれる前に自分が死ぬことを知ることは出来ないのだから、「最初から生まれてこなくてもいい」という選択肢はありえない。とすると、生まれた後で自分"も″死ぬという事を知った時、「意味ね-ナ、死のう」か「とにかく生きてみるか」しかありえない。
したがって「なぜ人間は死ぬことをわかっていながら,生まれてくるのでしょうか。」という設問は間違っていると。
ちなみに「なぜ生まれてきて死ぬのですか」は全く意味が違います。(気持ちは分かりますが)これに科学的に答えれば、以下のようになります。
環境の安定の為には種の多様化が絶対条件であり、進化(分化)の為には世代交代が必要で、このためには個体の寿命を制限する必要がある。その働きをするのがテロメアという細胞の分裂回数を管理する部分であり、この存在により生物は死を免れない。(士郎正宗を参考文献にしてもいいな)

結論をまとめましょう。
栄枯盛衰、盛者必衰は物質の持つ物理的な性質である。そのような物質によって構成される動植物にそれらの性質が付与されることは、個ではなく全体からみた時には極めて合理的であるし、科学的に証明できる。
以上です。
補足コメント
searchingboy

お礼率 10% (5/49)

「なぜ生まれてきて死ぬのですか」はあなたのいわれる通りです。「環境の安定の為には種の多様化が絶対条件であり、進化(分化)の為には世代交代が必要で、このためには個体の寿命を制限する必要がある。その働きをするのがテロメアという細胞の分裂回数を管理する部分であり、この存在により生物は死を免れない。」はわかります。
 「なぜ人間は死ぬことをわかっていながら,生まれてくるのでしょうか。」という設問は間違っていると。
「なぜ人間は死ぬことをわかっていながら,生まれてくるのでしょうか。」という設問の問いかけ方がおかしいかもしれません、「なぜ人間が死ぬのに,生まれてくるのでしょうか。」ということでもいいのです。 生まれる前 0 こ世にいるのが1 死ねば0
 0-1-0 とすると 0=0ですね。この1に不合理だと思っているのです。 
投稿日時 - 2001-04-21 07:30:31
  • 回答No.13
レベル11

ベストアンサー率 16% (68/404)

NO.2の回答者nobo3です。補足に対する回答です。

>私は例えをだしますと,人はは他の動植物を食べて死んでいくならば,
>最初から,存在しなければ,他の動植物を食べなくて,
>自然そのものがあるではないですか。
他の動物を食べたりすることが悪だという意味なんでしょうか?
それが自然を破壊していると・・・?
もしそういう意味で言っているのなら、ぜんぜん違うと思います。
人間が他の動物を食べたり、ウンコしたりするから蛆虫やバクテリアやパラサイトが生きていけるんだし、植物だって動物の死骸や排泄物を養分として育ったりします。人間(や他の動物)が、生き死んでいくのも自然のうちです。もっと言えば人間が地球環境を破壊するのもそうです。
別に僕は地球環境を破壊するのを肯定してるわけではありませんが・・・。
単細胞の生物が自分で排泄したアンモニアで融けてしまったりするのと基本的には同じ事ですよね。

>死があるならば,最初から,ないのと同じではないのですかと言う
>「不合理さ」を尋ねているのです。
生きて死ぬのと、最初からいないのとは全然違うとおもいますよ。
算数の足し算引き算をしてるわけじゃあないですから。

>私は生きていることに「ムダ」と思っていませんし,「死」を恐れてはいません。
質問内容に「無駄なこと・・・」「死ぬことをおそれること・・・」と書いてありましたけど、質問と補足が矛盾してませんか?
生きてることを「ムダ」と思ってないし、「死」を恐れてないのに、こうい質問をするって事は、議論をふっかけて、楽しみたかったって事ですね、きっと。

最後にぼくの考えですけど、生まれてきたので苦労もあるけど、楽しいこと、気持ちいいこともできるし、死ぬのはもしかしたら怖いかもしれないけど、いい人生だったなーと思って死ねるかもしれないねって感じです。  
補足コメント
searchingboy

お礼率 10% (5/49)

生まれる前 0 こ世にいるのが1 死ねば0
 0-1-0 とすると結局は 0=0ですね。この1に不合理だと思っているのです。
質問内容に「無駄なこと・・・」「死ぬことをおそれること・・・」と書いてありましたけど、質問と補足が矛盾してませんか? この1の内容に「無駄なこと・・・」があるとかないをいっているのではないのですが。おわかりいただきにくいでしょうか。 「生まれてきたので苦労もあるけど、楽しいこと、気持ちいいこともできるし、いい人生だったなーと思って死ねるかもしれないねって感じです」はもっともだと思います。 「生きて死ぬのと、最初からいないのとは全然違うとおもいますよ。
算数の足し算引き算をしてるわけじゃあないですから。」そうですよね。世の中には科学的に説明できないものがいっぱいありますよね。それを説明できないから,信じないという方もおられるでしょう。それにも私は疑問があるので,このような質問になりました。 
投稿日時 - 2001-04-21 07:46:16
  • 回答No.6
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/1)

あなたはもしかして、悲観的になることに浸ってはいませんか?私もそんなじきがあったけど、悲しい苦しいをたくさんいってても結局ちゃんとした答えなんてでないですよ。存在してるイミとかさ。冷静になってみると、そういうあいまいな世界を悩んでいるのではなく実は恋愛のことで悩んでいた、とか学校・会社のこんなことに悩んでいたとかが見えてきませんか?ほんとはそういったことが複雑に絡まりあっていてほんとの問題は何なのか解らなくなってるだけだったりもするんですよ。
 まず、自分はなんで「死ぬことをわかっていながらうまれてくるんだろ?」って、考えるようになったんだろう?そこからじゃないですか?あなたの本当の悩みは。
 そういう類のことは誰もが必ず一度は考えるもの。この答えで「ちゃんと答えになってない」と思うかもしれないけど、あなたのほんとの悩みが解決されたときにはきっとあなたなりの答えが出ていると思います。がんばってください。
補足コメント
searchingboy

お礼率 10% (5/49)

私はなにも悲観も悩みもありません。不合理さに答えて欲しいのです。
死ぬことも考えていませんし,この世は楽しいですよ。 
投稿日時 - 2001-04-20 23:08:03
  • 回答No.7
レベル9

ベストアンサー率 53% (31/58)

 えー、軽く夜空を見上げてみますとですね、「宇宙」が見えたりします。で、その宇宙全体で見ますと、「死んでる方があたりまえ」だったりします。その……「宇宙全体が生きている」という言い方もありうるかもしれませんが、ちょっとそれは置いておきまして。
 エントロピーの増大というやつでしょうか、「秩序から無秩序へ」という変化が宇宙全体ではより一般的であって、その逆の流れというのはごく限定的にしか見られないわけです。ガスや塵が集まって恒星系を作り出すというのも立派な「秩序の形成」でしょうが、その一方では寿命を迎えた恒星が時にド派手に爆発して飛び散ったりもしております。
 要するに「死んでる方があたりまえ」。

 そんな中で、「地球」とかいう惑星で「自己複製が可能な物質塊」が生まれ、それが徐々に「進化」して、知的生命体を自称する存在まで生み出されるというのは、かなり珍しい現象なのではないでしょうか。いや、「珍しい」なんて言葉では追いつかないかもしれません。ムリダとアリエナイが結婚して生まれたソンナバカナと双子の兄弟と言っていいくらい、めちゃめちゃ低い確率なのではないでしょうか。
 「生命」というのは、宇宙全体で言えば圧倒的に広く見られる「エントロピーの増大」に対する、きわめて儚い抵抗です。いずれその命を支える秩序は寿命を向かえて死にます。でもその前に何とか子孫を残そうとする。やっとのことで形を保っている秩序を、次の世代に継続させようとするわけです。すると、生命とは、エントロピー増大に対する抵抗そのものであると言ってもよいかもしれません。少し思い切った言い方をすれば、「死こそが自然の本来の力」であって、生命なんてのはその反動にすぎないのかも。
 そう考えますと、「死ぬことがわかっているのに生まれてくる」というのは、たしかに不合理なことと言えますね。
 でも生まれちゃったんだからしょうがないです。とりあえず、死ぬまで生きましょうよ。
補足コメント
searchingboy

お礼率 10% (5/49)

  私は悲観主義者でもないし,いまもこれからも自殺も考えていませんそのような考えはありません。,世の中楽しいですよ。 合理的な回答はないでしょうか。  
投稿日時 - 2001-04-20 23:13:12
  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 17% (23/131)

死ぬことがわかっていながら、生まれてくるのではなく、「生まれてきてから、死ぬことがわかる」のではないですか?
あなたは生まれたときにわかっていました?
補足コメント
searchingboy

お礼率 10% (5/49)

  他人や身内で死んでいくから、私は「死ぬのがわかっているのに」といっています。私一人この世しかいなければ,あなたのいわれること、「生まれてきてから、死ぬことがわかるのではないですか?」 もあるでしょうし,「死ぬことも知らないまま死んで行く」こともあるでしょう--どこかの穴にはまって意識がなくなり。死を知らずに死んでしまうのではないでしょうか。 自分以外の人の「死」で死を知ることはダメなのでしょうか 
投稿日時 - 2001-04-20 22:09:18
  • 回答No.30
レベル11

ベストアンサー率 16% (68/404)

またまたnobor3です。
ぼくは、あなたの「生まれる前 0 こ世にいるのが1 死ねば0 」という仮定自体にあまり根拠が無いと思います。
ちょっと仮定を変えてみれば「生まれる前=0、生まれる=5、死ぬ=-1」とすれば、0+5-1=4になるわけだし、もしかしたら「生まれる前=0、生まれる=5、死ぬ=1」で0+5+1=6かも知れないじゃないですか?
こういう計算って、ばかばかしいと思いませんか?
生死ってこんなふうに、単純に数値化できるような問題じゃないですよ。
  • 回答No.25

補足に 0と1 が出ていましたね。0→1→0 の 0は、無 なのでしょうか。私は0の世界があると信じています。つまり、私たちの肉体がない、魂だけが存在する別の次元の世界です。
結論から申し上げますと、魂は「経験したがっている」というのが私の回答です。肉体という制限が世界では、魂は何でもすることはできますが、肉体をともなった「経験をする」ことができませんから。
もちろん、この世界では、気持ちのいい、楽しい経験ばかりではありません。飢餓や病気、挫折、理不尽な死に方……でも私たちが肉体的には望まないようなことでも、魂のレベルで経験したがっていると思うのです。
だからといって、運命を、現状をそのまま受け入れるしかない、とは考えていません。私は特定の宗教には属していませんが、神(創造主)の存在は信じています。
私たちは、創造主の一部である魂と肉体とで一人の人間ですから、運命というか未来は自分の意思で創造できます。その過程が「経験する」ことではないでしょうか。(もっともどこの地域のどんな時代に、どんな環境で生まれてくるか、といった変更不可能な天命はあるでしょうが、それさえも 0から 1の世界に生まれ来るときに選択していると思います)
31件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ