• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英文法的に解釈できません(その2)。

昨日も同じトピックで投稿しました。その後2点新たに疑問点が出てきました。今回が最後と思われます。「ttp://www.onthemedia.org/topics/music/4」の「All Up In The Mix」というトピックです。 1:I think the difference between them is the kind of piracy that the record industry is really afraid of is where people are taking entire albums. 2:But record labels are still stuck in a very traditional mode of they want people to walk into a store to buy a CD, and that's the way that they can sort of count their chips. 1:I thinkがSVで、that節がthat省略で続き、the difference~piracyがthat節の中のS'V'C'です。that~afraid ofは、piracyに対する関係代名詞による修飾だと思っています。しかし、その後またisが出てきます。ここで文節がどこで切れるのかわからなくなります。 2:まずin~modeを一塊で考えて良いのでしょうか?stick inというイディオムの受動態ではなさそうです。でも、modeの後にofが出てくるのもわけがわかりません。「ofの後ろにthatが省略されていて、they~CDを名詞節としてまとめているのだろうか」とも考えましたが、「そんなthatの使い方あったかなぁ」とも思います。 さらに、count their chipsの訳は「点棒を数える」で良いのでしょうか?文章的にどういう意味なのかいまいちわからなくなります。何か別の訳になるイディオムでしょうか。 質問は計3点になります。 どこで文節が切れるのか、品詞は何なのか、アドバイスを頂ければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数35
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

1 普通には,the difference ... is the kind ... で SVC と感じるでしょう。 でも,こうすると,後が破たんします。 the difference ... is (that) the kind of piracy that the record industry is really afraid of is where people are taking entire albums. のように,the kind of piracy ... は the difference の補語になるのでなく, 後ろの is where ... の主語と考えるしかありません。 そして,the difference ... is の補語になるのは (that) SV という that 節全体。 「両者の違いは,レコード業界が本当に恐れている海賊行為の種類はどこで人々がアルバム全体を入手するかである,ということである」 この日本語で感じる通りには無理のある英文だと思います。 正しい英文だとすれば,こう理解するしかありません。 2 も大体わかっていますので,後ほどあらためて。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

音声を注意して聞いてみると、確かにthe difference~isで一旦調子が切れていました。どうやらこちらの解釈が正しいようです。 辞書にも「補語となる節を導くthat(略式ではしばしば省略される)」が載っていました。 ありがとうございました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

2 be stuck は「渋滞で車が動かなくなる」という時によく用いる表現です。 be stuck in a traffic jam で「交通渋滞で動けなくなる」 基本的にはこのパターンで,a very traditional mode of ... が続いていますので, 「古い方法にとらわれてにっちもさっちもいかなくなっている」 という感じでしょう。 >「ofの後ろにthatが省略されていて、they~CDを名詞節としてまとめているのだろうか」とも考えました 確かにそういう感覚ではありますが,それなら mode that SV といきなり that がくるはずで,of は使いません。 ここは a mode of 名詞で「~の(という)方法」です。 本来,ここに they want people to walk into a store to buy a CD という文はこないのですが, of "they want people to walk into a store to buy a CD" あるいは of they-want-people-to-walk-into-a-store-to-buy-a-CD のような感覚です。 すなわち, 「人に店までやってきて CD を買ってもらいたい」モード という感じで,文がそのまま mode と同格になっている感覚です。 mode that として,文的な that 節を同格とするのでなく, 一種の標語のような名詞的な,もの的な意味合いで同格としている。 that's the way that they can sort of count their chips ここは,「それが~する方法・具合だ」 sort of は前にもあった,動詞を修飾する「ちょっと」 count their chips はまず,chips という複数形で「ぜに」という感じの 「お金」のくだけた表現です。 文字通り「お金を数える」で「皮算用する」ということでしょう。 でも,レコード会社はまだ,古臭い「人に店までやってきて CD を買ってもらいたい」モード に陥ってにっちもさっちもいかなくなっている。 そんな風にして札束を数えてやがるんだ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

be stuckは助かりました。 音声の調子からも、やはりこちらの解釈しかないようです。前置詞の後に名詞節のthatを(しかも省略して)置くのは、限られた条件のみだと辞書にありましたので、話し言葉故の間違いなのだと解釈しました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3502/7239)

> I think the difference between them is the kind of piracy that the record industry is really afraid of is where people are taking entire albums. I think はいいとして、問題はその後ろですね。 書かれた文章の中の文ではなく、口で話されたものを文字に写したものなので、分りにくいです。 まず、the difference between them is the kind of piracy と述べています。 直訳すると、「それらの間の違いは海賊行為の種類だ」 となるでしょうか。 次に、that the record industry is really afraid of is where people are taking entire albums と続きます。 読みにくいかもしれませんが、改めて同じ文を書いてみます。 → [ That the record industry is really afraid of ] is [ where people are taking entire albums] [ ] が2つあります。前の方が主語で、後の方が is という動詞に対する補語として読んでみて下さい。 これを直訳すると、「レコード業界が本当に恐れていることは、人々がすべてのアルバムをどこで入手しているかということだ」 となります。 訳をつなげると、  「それらの間の違いは、その海賊行為がどういう種類のものかということで、レコード業界が本当に心配しているのは、人々が全アルバムをどこで入手しているのかということだと思う」 > But record labels are still stuck in a very traditional mode of they want people to walk into a store to buy a CD, and that's the way that they can sort of count their chips. mode of の辺りはどうなってんだ、と思ってしまいますよね。 私は、その mode of の後ろに that を置いて読んでみたらどうかなと思いました (後ろの方には最初から that が入ってますね)。すると、  → record labels are still stuck in a very traditional mode of [ (that) they want people to walk into a store to buy a CD] おおよそは、「レコードのレーベルは今も、人々は CD を買いに店に入るものだ、というような非常に伝統的な在り方にこだわっている」 という意味だと思います。 count their chips は、文字通りに訳せば 「金を数える」 ですから、レコード (CD) の売り上げのことを意味しているのではないでしょうか。 まとめてみると、  「だけどレコード会社は、お客は店に足を運んでCDを買ってもらいたいという古臭い考えから、まだ抜け出すことができないでいる。そんな考えで、儲けの計算をしてるんだ」 といった感じの文だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

1つ目に関しては、that以下を主語節として捕らえるなら、節である以上、完全な文が来なくてはならないと思います。ですが、afraid ofという風に、不完全な文が来ています。 それと音声の調子から文節を推測した結果、回答No.2様を採用させて頂きました。ありがとうございました。 2つ目は、音声の調子からも、やはりこちらの解釈しかないようです。前置詞の後に名詞節のthatを(しかも省略して)置くのは、限られた条件のみだと辞書にありましたので、話し言葉故の間違いなのだと解釈しました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 英文法的に解釈できません。

    皆様よろしくお願い致します。以下の話し言葉を書き起こした文章を文法的に解析できません。「ttp://www.onthemedia.org/topics/music/4」の「All Up In The Mix」というトピックです。 (中略)And gradually this created a relationship between the mixtape DJ and record labels where, if the labels gave the right song to the right DJ who had a big following, this was the way that they could get out certain songs they wanted to sort of test to a market and get some advance buzz on. 最後の方の「they wanted to sort of test to a market」辺りがわかりません。このsortは動詞ではないと思うのです。「a sort of~」にはなってないですが、「マーケットへの一種のテスト」だと思っています。とすると、「they(DJ) wanted」で切れ、get out to sort of testという繋がりでしょうか。「they wanted to (get outを略)」とすると、get outの後ろに目的語が2つあり(certain songsとsort of test)、変になってしまいます。どこで切れるのか、品詞は何なのか、アドバイスを頂ければ幸いです。

  • 英文法解釈 仮定法について

    初めて質問しますのでいたらないところがあるかと思いますが、よろしくお願いします。 私は学生なのですが、英語の授業で先日行われた米大統領選挙でのオバマ氏の勝利演説の一部を読みました。以下は先生曰く英紙The Guardianからの抜粋で、大統領の言葉を文字におこしたものだそうです。 I know that political campaigns can sometimes seem small, even silly. And that provides plenty of fodder for the cynics who tell us that politics is nothing more than a contest of egos or the domain of special interests. →But if you ever get the chance to talk to folks who turned out at our rallies and crowded along a rope line in a high school gym or - or saw folks working late at a campaign office in some tiny county far away from home, you'll discover something else. (or - orとなっているのは話した言葉をそのまま文字におこしたからです) さて、ここで私が疑問に思っているのは→以下のButからの文で、二つ質問があります。 先生はor saw folksのsawは仮定法過去でorがつないでいるもう一方の動詞get the chanceのgetは仮定法現在と解説しました。しかし私は仮定法過去はともかく仮定法現在の部分については納得できませんでした。それは現代英語では仮定法現在はsuggest/demand/necessary/essentialなどの後にくるthat節中に限られif節中では直説法が用いられると認識しているからです(主語がyouなので形からはどちらか判断できませんが)。またorの前後で仮定法現在と過去をつなぐというのはどうも違和感があります。そこから私は考えた結果getの前のeverに注目しました。辞書で調べてみると「肯定文のif節中で、いずれ・いつか・とにかく」という意味があり、例文ではIf you are ever in Kyoto, come and see us.(京都へもしおいでのときはぜひお立ち寄りください。)とありました。そこから、形こそ現在形でもeven getとすることで意味的に仮定法過去を表わしているのではないかと思いました。そうするとorが仮定法過去をつないでいるとしてスッキリします。 この考えをどう思われますか。 そもそも仮定法現在と過去という区別は大して重要ではなくorがつないでいるのはどちらも同じ仮定法なのだからそんなに気にする必要はないのでしょうか。 もう一つの質問は主節のyou'll discoverの部分です。仮定法において主節と従節で、過去と過去、過去完了と過去完了、過去完了と過去はみてきましたが、従節で過去形を使って主節で現在形というのは見たことがありません。この点についてもご意見を伺いたいです。先ほどの質問と重なりますが、もし主節のwillが正しく、また従節の一つ目の動詞getも正しければ今度は従節の二つ目の動詞sawに整合性のある説明ができません。 ぜひご意見をお聞かせください。

  • 文法解釈

    添付ファイル文章: However little known the feelings or views of such a man may be on his first entering a neighbourhood, this truth is so well fixed in the minds of the surrounding families, that he is considered as the rightful property of some one or other of their daughters. に関する質問です。 this truth is so well fixed in the minds of the surrounding families, that he is considered as the rightful property of some one or other of their daughtersの部分はまだ理解しやすいですが、little known the feelings or views of such a man may be on his first entering a neighbourhoodの部分の文法が全く理解できないです。 「この真実は周囲の家族達の頭にとても良く定着しているので、彼は、彼らの娘達のだれかの正当な資産だとみなされている。」 解説宜しくお願いします

  • 英文法について教えてください。

    英文法について教えてください。 (1)Shikoku is the smallest of the four main islands of Japan. (2)Shikoku is the smallest one of four main islands in Japan. ●smallestの後に名詞か代名詞は必要でしょうか。 ●four main islands の前に『the』は必要でしょうか。 ●『in Japan』『of Japan』どちらが正解でしょうか。 宜しくお願いします。  

  • 次の英訳の間違いを指摘し、文法的に説明して下さい。

    次の英訳の間違いを指摘し、文法的に説明して下さい。 よろしくお願いいたします。 <日本語> 最近、人前で自由に話せる若者が増えていますが、日本人は以前として英語を話すのが苦手です。 これは日本人は英語を話す時に間違うことを恐れるからです。 <英訳> (1) Recently the number of young people who can express their feeling free in public is increasing, although Japanese are not still good at speaking English. This is why Japanese people is afraid that they make mistake when speaking English. (2) Today there is more and more young people can talk to as they like in public, so Japanese people still have trouble speaking. It is because Japanese are fear to mistake on speaking English. (3) These days many young people can speak fluently in front of others, and the Japanese are still poor speakers in English. The reason of this is that the Japanese are afraid of committing error while they say English.

  • 英文法の質問

    以下の英文の is what i think is のあたりの文法どうなってるのかわかりませんので教えて下さい Beyond that, however, is what I think is the realization that while we’re achieving dramatic, almost miraculous success in defeating Covid-19, once the pandemic subsides we’re likely to be in an environment of sustained low interest rates as a result of weak investment demand.  よろしくお願いいたします。

  • いろいろ英文法

    I hope the rain holds on until the parade is over. のholds onが間違っているらしいのですが、どうしてですか。willが必要なのですか。 onがいらないのですか。 Look at that group of boys over there, what are they doing? のover thereのところが間違っているらしいのですが、どうしてでしょうか。 How I wish I had studied harder for my mid-term exams? のmy mid-term exams?は、?がいらないということでしょうか。 In the depth of the ocean lie adventure and wonder for most divers. のlieが違うらしいのですが、これまたどうしてでしょうか。

  • 文法解釈

    以下の文章に関する質問です。 “How does your ruling reason manage itself? For in that is the key to everything. Whatever else remains, be it in the power of your choice or not, is but a corpse and smoke.” be it in the power of your choice or notの文法解釈に自信がないです。 これは、”if …or not “ の「〜であろうと、〜なかろうと」の形が使われている、if の省略による倒置、仮定的意味合いから仮定法現在のbe が使われている、という理解で正しいのか自信が持てないです。 解釈チェック宜しくお願いします。

  • 解釈と和訳の質問です

    a vocabulary which is in the nature of things restricted この部分のwhich以下はどういうことを言っているのでしょうか。 [ ]内を、できるだけ翻訳色の抜けた日本語にしていただけないでしょうか。 The difference in point of language between the early romancers and Murasaki is astonishing. They are almost childish in comparison with her sophistication. She moves without faltering through long, intricate sentences, and is the mistress not the slave of a most complex grammatical apparatus. She extracts the fullest value from a vocabulary which is in the nature of things restricted, and [the Chinese words that she uses are not pedantic intruders but seem to be at home in their surroundings.]

  • 英語の訳し方と、文法解釈をお願いします。

    お世話になります。質問は全部で4つです。以下にたずねたい英文と、私が行った和訳を書きます。 わかりやすく説明していただけると助かります。 1.infants' visual acuity is close to that of adult. 「幼児の視力は大人のように閉じる。」 質問:close to that of adultの部分が上手く訳せません。 thatが前置詞で挟まれていて、訳し方がわからず適当に訳しました。 どういった文法構造で、どのように解釈すればよかったのでしょうか。 2.newborn infants can also detect the difference between very similar sounds, such as two tones that are only one note apart on the musical scale. 「新生児の赤ん坊はまた、非常に似通った音の違いを見つける事が出来る。例えば音階上の離れた唯一の1つの音符という2つの音色で。」 質問:such as two tones that are only one noteが上手く訳せません。 このthatは主格の関係代名詞のthatと判断し、先行詞はtwo tonesだと考えましたが、 訳すと「唯一の1つの音符という2つの音色」という、わけのわからない事になってしまいます。 どういった文法規則で、どのように解釈すればいいですか? 3.the baby opens its mouth with the corners turnd down and sticks out its tongue in what appears to be an expression of disgust. 「赤ん坊は歯で拒んだ状態で自分の舌を出し、そして嫌悪の気持ちを示すために、舌を突き出す。」 質問:前置詞+whatの訳し方がわかりません。どういう訳し方をすればいいですか? 一応、それなりの訳になりましたが、in what~のくだりは、ニュアンスで訳しました。