• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

欧米のコンサルティング事情について

  • 質問No.6596734
  • 閲覧数211
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 61% (13/21)

欧米は経営コンサルティングについては、市場規模も日本と比べて桁違いに大きいですよね。

ある本によると、アメリカでの経営コンサルティング市場は6~10兆円で、日本は1800~3000億円だとか。

そこで、気になったのですが、アメリカなどの欧米諸国では、日本で言うところの、個人事業者、小規模事業者などの売上規模が非常に小さい(一千万円程度)事業への経営コンサルティングについても、行われているのでしょうか?

いろいろ調べてみたのですが、わかりませんでした。

スモールビジネス向けのコンサルティングがあることはわかったのですが、創業支援が主のようですし。

やはり、どの国でも、売上規模が小さすぎると、顧問的な経営コンサルティングは行われていないのが現状なのでしょうか?

本当は、街の専門店のような小さなお店にこそ経営コンサルティングは必要なのではないかと思ったのですが。

どたなか、欧米の実際の状況をご存じの方、お教えいただけませんか?
よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 45% (225/491)

欧米全般については分かりませんが、 ドイツに関しての場合でお答えします。当方、ドイツ在住、主に法律関係のコンサルトをしております。

商工会議所や保証銀行、貯蓄銀行などが かなり細かいところまでコンサルティングを行なっています。これは起業に際しての資本金融資を受ける場合などに、これらの融資が焦げ付かないように起業プロジェクト構築時、事業拡大時などでのサポートを行なっていく必要があると考えているからです。各銀行、商工会議所は、業界団体や専門の近い教授などの顧問を迎えながら、これらのプロジェクトを精査し、不可能と思われるものに関しては融資を断るなど、かなり厳密な運用を行なっております。そのため、中小企業に関しては、いわゆる経営コンサルタントは別途必要ないことになります。また、日本の中小企業と異なり、ドイツでは非常にコアな業態を維持する中小企業(特許二つ三つのみの経営も多い)が多く、無理な事業拡大はしないことが多いです。また、企業の倒産、組み換えも多く、経営危機の企業を何が何でも維持しようとするよりは、倒産させてしまって、新しい起業を考えるケースの方が多いように感じます。

また、コンサルト市場の規模が大きく違うことに関しては、日本市場が、こうしたコンサルタントの役割を軽視して、安く買いたたこうとする傾向が強いことが理由として挙げられると思います。また、自分たちが何を知りたいのか明確な内容が分かっていないことも挙げられるでしょう。ドイツ側の顧客からのスペック切りと日本側の顧客からのスペック切りにはあまりに大きな違いが見られます。

非常に部分的な回答ですが、ご参考までに。
お礼コメント
Tes

お礼率 61% (13/21)

ご回答ありがとうございます。

現地でご活躍されている方のお話が聞けて大変うれしく思います。
まさか、そういった方からご回答いただけるとは思ってみませんでした。

ご回答から、コンサルタントは融資がからむ際に必要とされることが、
伺えますが、融資を受けない場合はどうでしょうか。

たとえば、スモールビジネス、家業などにはコンサルタントは必要ない
という印象を受けますが、そのあたりはいかがでしょうか。

やはり、規模があまりに小さすぎると、コンサルタントに支払うお金がないため、
利用できない、していない、というのが実情なのでしょうか。

せっかく、ご回答くださったのに、また新たな疑問がわいてきました。

tknakaさん、本当にありがとうございました。

また、お暇なときにでもご回答いただければ幸いです。
投稿日時:2011/03/30 14:05
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ