• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

確定申告後 仕訳の間違いに気付きました。

  • 質問No.6592207
  • 閲覧数537
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 98% (541/551)

本日、確定申告に行ってきました。
帰宅後、改めて貸借対照表を確認したところ、仕訳(勘定科目)の間違いに気付きました。

本来は、
「福利厚生費 / 事業主借」にするところを「福利厚生費 / 現金」としてしまいました。
金額は変わりません。(10,000円弱くらいです)
資産額がその分変わります。
会社勤めのサラリーと個人事業主としての確定申告ですので、若干の還付金があり、勘定科目が間違っていても、還付金の金額は変わりません。

これは、正しい勘定科目で仕訳をして修正申告が必要なのでしょうか?
ご存知の方教えて下さい。宜しくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 47% (10403/21780)

青色申告で 65万の控除を取っているなら、正しい貸借対照表の作成が義務事項ですから、訂正する必要があります。
3/15 までなら修正申告ではなく、ただの訂正です。
お急ぎください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

青色申告でも 10万の控除や白色申告なら、無理に訂正しなくても良いです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
お礼コメント
arcadiapat

お礼率 98% (541/551)

早々にありがとうございました。
投稿日時:2011/03/14 15:58
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ