• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

配当金の確定申告について(平成22年分)

上場株式の配当金を年間15万円くらいもらっています。 この配当金について、確定申告する方が良いか、しない方がよいか判断がつけられずに困っています。 私の所得税率は計算すると所得税5%、住民税は約10%です。 確定申告で、申告総合課税を選択した場合、配当控除と給与所得の源泉徴収税額に配当の源泉徴収税額を加えて計算しても良いのでしょうか?(その場合は配当の5%得する?) それとも、配当分の源泉徴収税額は配当控除があるので、源泉徴収税額の欄には給料から天引きされた源泉徴収税額のみで計算するのでしょうか?(その場合は配当の5%損する?) もうひとつ、申告分離課税の売却損の損益通算について(全然理解できません) 申告分離課税にすると、配当金に対する所得税額は20%になってしまうのでしょうか? その場合は確定申告不要分の配当金は申告しないで、源泉徴収の10%のみで済ませた方が良い事になるので、配当を申告する意味(メリット)が分からないです。 また、繰り越した損益の考え方について 翌年以降売買でプラスが出たときに繰り越し分の税額を支払わなくて済むと理解してよいのでしょうか? 配当金と通算した場合には配当金の源泉徴収税額が戻ってくると理解してよろしいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数966
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

総合課税の場合の株式の配当所得の申告不要選択のおおよその分岐点 課税総所得が330万円以下の場合 合計税率(所得税・住民税) 20% 配当控除合計額(所得税・住民税)12.8% 税負担率  7、2% 有利不利の目安 申告したほうが有利 課税総所得が195万円以下の場合ですと、 税負担率が2,2%~7,2%になるので、 有利不利の目安は「申告したほうが有利」。 課税総所得が330万円以下なら「配当所得の申告をしたほうが有利」です。 計数は日本税理士会連合会のHPから借用してます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素人でも分かりやすく回答していただきありがとうございました。 私の場合、課税総所得が195万円以下なので、申告する事にします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7827)

>確定申告で、申告総合課税を選択した場合、配当控除と給与所得の源泉徴収税額に配当の源泉徴収税額を加えて計算しても良いのでしょうか?(その場合は配当の5%得する?) そのとおりです。 なお、配当控除も受けられます。 なので、所得税率が5%もしくは10%なら、確定申告したほうが得です。 20%なら申告しないほうがとくです。 >申告分離課税の売却損の損益通算について(全然理解できません) 申告分離課税にすると、配当金に対する所得税額は20%になってしまうのでしょうか? いいえ。 上場株式なら税率10%です。 >翌年以降売買でプラスが出たときに繰り越し分の税額を支払わなくて済むと理解してよいのでしょうか? そのとおりです。 >配当金と通算した場合には配当金の源泉徴収税額が戻ってくると理解してよろしいのでしょうか? そのとおりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 今回は所得税率が5%なので、総合課税で還付される配当金14万円の5%と申告分離にした場合の損益分7万円の10%と丁度同じくらいの額になってしまうので、大して差が無さそうなので、来年面倒にならない総合課税にします。

  • 回答No.2

>確定申告で、申告総合課税を選択した場合… 「申告総合課税」って何ですか。 >配当控除と… 配当控除 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1250.htm は、「総合課税」 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm の場合のみに適用され、「申告分離課税」 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1331.htm を選択した場合にはありません。 >その場合は配当の5%得する… 総合課税なら、他の所得を含めた合計所得金額から決まる「税率」 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm が適用され、配当から源泉徴収の所得税 7%、住民税 3% 分は引き算します。 >配当分の源泉徴収税額は配当控除があるので… 確定申告書に書く源泉徴収税額と配当控除とは別物です。 ごちゃ混ぜにしてはいけません。 >申告分離課税にすると、配当金に対する所得税額は20%になってしまうのでしょうか… 上場株等の配当であれば、所得税 7%、住民税 3%。 >翌年以降売買でプラスが出たときに繰り越し分の税額を支払わなくて… はい。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1474.htm >配当金と通算した場合には配当金の源泉徴収税額が戻ってくると… はい。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明ありがとうございました。 taxアンサーは読んでみたのですが、自分が理解した内容で正しいのか自信が持てなくて(更に税務署の方はどっちが得かという質問には答えられないようで)、困って質問しました。 今回、確定申告を初めてやってみたのですが、いろいろ勉強になりました。

  • 回答No.1

しろうとです。私も投資してますが、以下の本を参照してます。他に回答してくれる人がいなかったら本読んで自分で計算、判断してみてください。 株・FX・投資信託 一番トクする確定申告 平成23年3月15日申告分 (SEIBIDO MOOK) [ムック]

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 幸い他の方からアドバイスいただく事が出来ました。 来年までは時間があるので、自分でも勉強して自力で出来るよう努力します。

関連するQ&A

  • 配当金・譲渡損の確定申告について

    配当金・譲渡損の確定申告について、次の2件は考え方があってるでしょうか。 (1) 同一の特定口座内において、配当・譲渡損益が次の条件で、他に所得がない  場合で、配当のみを、申告分離または総合課税で確定申告し、譲渡損を申告不  要とした場合。  特定口座内では証券会社において損益通算され、税額は一旦さしひきゼロなわ  けですが、配当金を申告すると、基礎控除(38万円)以下となるため、源泉徴  収相当額が還付されると思うのですが、考え方は合ってるでしょうか。 ・配当金 30万円 ←申告する ・譲渡損益 30万円の損失 ←申告しない (2) 上記のバリエーションで、下記の条件で申告する場合: ・配当金 68万円 ←申告する ・譲渡損益 30万円の損失 ←申告する  a 配当を申告分離分離とした場合  税額はゼロ(分離課税内で相殺後、基礎控除が適用され38万円への源泉徴収分   が 還付される)  b 配当を総合課税とした場合   ・税額はゼロ。   ・譲渡損との損益通算はできず、68万円-38万円(基礎控除)=30万円が課税所得   ・他に所得がんばければ税率5%だけど、配当控除が6.8万円だからゼロになる。    ただし還付はない。

  • 配当金の申告分離課税について

    配当金の申告分離課税について質問です。 確定申告するにあたって、下記の口座((1)~(3))のように「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の複数口座がある場合、配当金の損益通算の選択肢としては、A~Dのどれになるのでしょうか? A:(1)(2)(3)全て B:(2)のみ C:(2)と(3) D:確定申告不要 (1)A証券(特定口座 源泉徴収あり) 特定口座内で14万円の利益、配当金あり (2)B証券(特定口座 源泉徴収なし) 特定口座内で2万円の損失、配当金あり (3)C証券(特定口座 源泉徴収なし) 特定口座内で10万円の利益、配当金なし

  • 配当金の申告について

    特定口座(源泉徴収有り)の配当金は総合課税で申告できますか? 株式の譲渡(繰越損失含む)はありません。 配当金から所得税が徴収されています。 所得が低く税率5%なので、総合課税で申告すればオトクだと考えました。 勘違いしていますか?? ネットでいろいろ調べてみましたが、 「源泉徴収が済んでいるから申告不要」や 「株式の譲渡損失と損益通算できる」 などばかりで、いまひとつピンときません。 よろしくお願いします!!

  • 配当所得の確定申告

    現在、上場株式等の配当金は、受取時に税率10%で源泉徴収されていますが、配当所得を含めた課税総所得金額が330万円以下になる場合、配当控除があるので確定申告をした方が、源泉徴収された分が還付されるので得になります。そこで、多数の上場株式等の配当金を受け取っている場合(総額は330万円を超える)、課税総所得金額が330万円以下になる用に確定申告をして、超える分の他の会社からの配当金は確定申告せずに、受取時の10%の源泉所得税だけにするのって、ありなんでしょうか?? よろしくお願いします。

  • 中国株の配当金について(確定申告)

    確定申告の際、中国株式の配当金は、配当控除できないらしいですが、 源泉徴収税は、支払っているので申告用紙のマル37番源泉徴収額に いれてもよいものでしょうか。

  • 配当金と株式譲渡損の損益通算について

    過去の株式配当金の源泉徴収について質問です。 昨年の株式取引で損益通算するとマイナスでした。 今年受取った配当金を損益通算して、源泉徴収された税金を還付してもらおうと思っています。 配当金の損益通算は過去5年まで遡って通算できると聞いたことがあります。 ということは今年の確定申告時に平成21年分からの配当所得と源泉税を申告書や付表に記載すれば過去5年分の源泉徴収税額が還付されるのでしょうか? OKだとすれば、申告書付表や申告書の所得の内訳にはどのように記載すれば良いのでしょうか? 過去の分であることが分かるように「配当金平成21年分」のような記載をすればよいのでしょうか? それとも年度を分けずに過去5年分を合算しちゃってもよいのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 譲渡損益と配当金の損益通算と確定申告

    昨年、株で損をしたので、譲渡損失と配当金の損益通算をしようと思いますが、 確定申告の時、譲渡損失と配当金の損益通算をすると、 来年以降も譲渡損失と配当金の損益通算しないといけなくなりますか? また、申告する時は、取引した証券会社(すべて源泉徴収ありの特定口座)や配当金すべてを申告しなければいけませんか?一部の証券会社の分だけを申告するというのはできませんか?

  • 確定申告/配当金の扱いについて教えて下さい

    今日所得税の確定申告書関係の書類が税務署から届きました。その中で株式配当金の書き方で疑問が出てきましたので教えて下さい。 1.第二表「所得の内訳(源泉徴収税額)」  ここに記入する源泉徴収税額は素直に配当金の10%でよいのでしょうか、ないしは所得税相当の7%が正しいのでしょうか。 2.第二表「住民税に関する事項」  他の所得税関係の説明と比べると段違いに不親切でよく分かりません。ここをうっかり未記入のままだと住民税で損するのでしょ。 ・配当割額控除額   源泉徴収税額10%の内、3%相当を記入するのでしょうか ・株式譲渡所得割額控除額   これも同じく3%相当を記入するのでしょうか  

  • 配当金の確定申告

    最近、ある株式会社から始めての配当金が郵便振替支払通知書で送られて来たのですが疑問に思ったことがあるので質問します。 自分で配当金、郵便振替支払通知書のことを少しは調べたのですがまず郵便振替支払通知書を現金に変える前にコピーを取っておいて課税所得が330万以下の場合は確定申告して源泉徴収を行えばお金が返って来るんですよね。 それでコピーして現金に変えようと思っているのですが、今度からの配当金を会社から配当金振込指定書を送ってもらって銀行振り込みに変えてもらおうと思うのですがその時は確定申告はどうすればいいのですか? また配当金振込指定書はお願いすればもらえますよね?? 回答お願いします。

  • 株の譲渡損失と配当金の損益通算

    専業主婦で投資以外の収入はありません。 夫(会社員)が配偶者控除を受けています。社会保険です。 確定申告で、株の譲渡損失と配当金の損益通算をしようと思い(申告分離課税)、申告書作成中です。 ※いずれも特定口座、源泉徴収ありです。 譲渡損益 A証券 +100万 B証券 -180万 配当金 株の配当金 30万 投信の配当金 65万 これをすべて損益通算すると+15万となるので、配偶者控除の38万以下となり、申告すれば源泉徴収された税金の還付が受けれると思っているのですが、盲点や落とし穴がないか不安になり投稿しました。 他のサイトで、「株の損失約100万に対し、配当収入が約50万あったため確定申告し幾らかの還付があったが、配当収入があるために住民税が課税され、結局還付金以上の支払いになった」という記事を見ました(この方への回答に「申告分離課税にすれば、損はしません。」ということが書かれていました) 譲渡損を繰り越したものではなく、その年のみの損失と利益でも、配当金は損益通算される前に収入と見なされるのでしょうか? また、「分離であっても、申告された配当所得は、株譲渡損失との損益通算後に+が残れば課税に影響は出ます。」ということが書かれてある所もありました。 所得税は還付されると思いますが、配偶者控除や住民税などへの影響が気になります。 申告したほうがいいのか、しないほうがいいのか、それとも譲渡損失と配当金の組み合わせを考えたほうがいいのか、アドバイスお願いします。