• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

権力と民衆

  • 質問No.6580805
  • 閲覧数31
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
歴史上の観点からアドバイスいただきたいです(西洋史や日本史など)

〇自分が権力者だとして、敵に回すと怖いのは民衆でしょうか、仲間の権力者でしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 27% (3007/11115)

民主革命で殺された国家指導者(独裁者など)は今ぱっと思いつく限りでもルイ16世とルーマニアのチャウシェスク大統領くらいな気がします(もちろんもっといるはずですが)。
一方、謀殺も含めて暗殺された国家指導者をあげれば枚挙に暇がありません。有名どころじゃカエサルもローマ内での権力闘争で暗殺されましたよね。

そんなわけで、権力者にとって恐ろしいのはこれは間違いなく身内の権力者ですね。スターリン、金日成、フセイン、カダフィなど現代の独裁者たちを見ても身内の粛清のほうがすごいですよね。
お礼コメント
noname#128708
身内の権力者を敵に回すのが、恐ろしいのですね。具体例を挙げてくださってありがとうございました。

大変参考になりました。
アドバイスありがとうございました!!
投稿日時:2011/03/10 11:11

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (393/1368)

マキュアベリも言っています。側近をいじめてはならない、と。何故なら、側近による暗殺を防ぐことは至難の業だからだと。だから、マキュアベリは、王たるもの側近の奥さんには手を出すなと言っておりました。
お礼コメント
noname#128708
犯人は顔見知りの最も身近な人だった、とは、まさにこの事ですね。

大変参考になりました。アドバイスありがとうございました!!
投稿日時:2011/03/10 11:15
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ