• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

二等分線定理の余弦定理による証明

 三角形ABCにおいて、角Aの二等分線を引き、BCとの交点をDとします。AB=a、AC=b、BD=c、CD=dとすると、a:b=c:dとなります。俗に二等分線定理と呼ばれるものですが、これを余弦定理によって証明する方法を教えていただけますでしょうか。  証明法は数ほどありますが、余弦定理を使ったやり方がわかりません。 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数823
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>安易な手の一つは、まず余弦定理から正弦定理を導き、それを使うことでしょう。 △ABD にて、AD = e 、二等分角 = φ、二等線 AD の辺 BC に対する角θ1 、とする。 余弦定理により、  (2ce)*cosθ1 = (-a^2 + c^2 + e^2)    ↓  (2ce)^2*sin^2(θ1) = (2ce)^2 - (-a^2 + c^2 + e^2)^2  = (a+c+e)(-a+c+e)(a-c+e)(a+c-e) 最右項は正で、その平方根を S としよう。つまり、  (2ce)*sinθ1 = S  a/sinθ1 = 2ace/S 同様に、  c/sinφ = 2ace/S だから、  a/sinθ1 = c/sinφ  …(1) △ABD においても同様にして、  b/sinθ2 = d/sinφ  …(2) (1), (2) にて sinθ1 = sinθ2 が成立つから、  ad = bc  …(3) (3) が証明すべきことでした。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 二等分線

    三角形 ABC において,BC=4,AC=6,∠B=60°とします. ここで,∠Aの二等分線とBCの交点をD,∠Cの二等分線とABの交点をE, ADとCEの交点をFとしたとき, (1)∠AFCを求めよ. (2)AE+CDを求めよ. という問題があったのですが, (1)は120°とわかりました. (2)のほうは余弦定理等を使うと6と求まったのですが, 中学の範囲で解くにはどのようにしたらよいのでしょうか. AB:AC=BD:DC などを使うとは思うのですが… ヒントをお願いします.

  • 角の二等分線の定理(内角)の証明について・・・

    角の二等分線の定理(内角)の証明についての質問です。 <問題> ⊿ABCにおいて、∠BACの二等分線と線分BCとの交点をDとするとき、AB:AC=BD:DCが成り立つことを証明しなさい。 という問題で、証明が11種類あるらしいのですが、まったくわかりません・・・ わかるかたがいたら教えてください。

  • 高校数学 三角比 

    「三角形ABCにおいてAB=3、AC=4、角A=120°、角Aの二等分線とBCの交点をDとするとき、ADの長さを求めよ。」って問題があったんですけど、解答に「余弦定理は使えないから面積を使って解け」とありました。確かに余弦定理と二等分線による対辺の比の関係を使うと計算が複雑になって答えにたどり着けませんでした。ですが、なぜ余弦定理が使えないのかわかりません。学校に行ってないもんで、聞ける人がいなくて困っています。どなたか教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

ANo.2 は、証明になってませんね。 >(4) の判別式 D = ad - bc は、正弦定理によりゼロ。 これは、証明すべきことでした。 正弦定理は禁じ手、なのでしょうから。 安易な手の一つは、まず余弦定理から正弦定理を導き、それを使うことでしょう。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

「二等分線定理の余弦定理による証明」って、補助線方式に比べると、すごく回りくどい…。 AD = e 、二等分角 = φ とおく。  △ABD : cos(φ) = (a^2 + e^2 - c^2)/(2ae)   …(1)  △ADC : cos(φ) = (b^2 + e^2 - d^2)/(2be)   …(2)  また、  △ABC : cos(2φ) = 2*cos^2(φ) - 1 = {a^2 + b^2 - (c+d)^2}/(2ab)           ↓        cos^2(φ) = {(a+b)^2 - (c+d)^2}/(4ab)  …(3) (1)*(2) = (3) だから e^2 = x として、  (x + a^2 - c^2)(x + b^2 - d^2) = {(a+b)^2 - (c+d)^2}*x           ↓  x^2 - 2(ab - cd)x + (a^2 - c^2)(b^2 - d^2) = 0  …(4) なる x の二次方程式を得る。 (4) の判別式 D = ad - bc は、正弦定理によりゼロ。 よって (4) は、  {x -(ab - cd)}^2 = 0 つまり、e^2 = ab - cd である。 この e^2 を (1),(2) 両式に代入して等値・整理すると、  c/a = d/b → a/b = c/d  …(5) を得る。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 なるほど、ありがとうございます!

  • 回答No.1

×を*にします △ABCにおいて余弦定理より cosB=(a^2+(c+d)^2-b^2)/(2*a*(c+d))---(1) △ABDにおいて余弦定理より AD^2=a^2+c^2-2*a*c*cosB (1)を代入し整理します (c+d)*AD^2=da^2+cb^2-cd(c+d) a:b=c:dよりad=bcなので (c+d)*AD^2=ab(c+d)-cd(c+d) AD^2=ab-cd が証明されます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 回答ありがとうございます。  ただ知りたいのは角の2等分線の公式の証明ではなく、a:b=c:dの証明です。  もし分かるようでしたらよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 角の二等分線と比の定理の証明問題

    数Aの角の二等分線と比の定理2の証明ができなくて困っています。 定理2である、「AB≠ACである△ABCの頂点Aにおける外角の二等分線と辺BCの延長との交点Qは、辺BCをAB:BCに外分する。」をAB>ACの場合について証明せよ。 という問題です。 △ABCと△BQAで「二つの角がそれぞれ等しい」という相似条件を使って証明すると思うのですが、どうしても等しい角が見つかりません。 補助線なども利用するのでしょうか? ご教授よろしくお願いします。

  • 余弦定理がいまいち…

    「a=8、b=4、c=6の△ABCがある。この三角形のcosBを求めよ。」という問題です。 余弦定理を使いますよね?ですが、いまいち余弦定理が分かりません。途中式を含め、解説お願いします。

  • 余弦定理が使えるか?

    三角錐ABCDにおいて、AB=AC=AD=3、 BC=CD=DB=2とする。また、辺BCを1:3に内分する点をEとする。 このとき、三角形ADEに対して次の問いに答えよ。 辺DE,AEの長さを求めよ。 辺DEは余弦定理で求めれるんですが 辺AEが余弦定理でやっても求められません。 ADEを普通に60度と考えて計算しているんですが もしかして60度じゃなかったりしますか? 回答お願いします。

  • 定理の証明

    三角形ABCの角Aの二等分線と辺BCとの交点Pは辺BCをAB:ACに内分する という定理がありますが、 これを三角形の面積の公式を利用して証明する方法を教えてください。

  • 余弦定理について質問です。

    余弦定理について質問です。 AB=AC=x、BC=2、A=135°の二等辺三角形ABCがある。x2乗の値を求めよ という問題なんです。 回答は 余弦定理より、4=x2乗+x2乗-2x2乗cos135°これより、x2乗=4/2+√2=4-2√2 なんです。 だけど納得出来ないんです 4=x2乗+x2乗-2x2乗cos135° まではわかります。 だけどその後自分の考えでは 4=2x2乗+√2x2乗 4/2+√2=2x2乗 x2乗=1-√2 となりました。 自分の回答には全く自信はありません。 だけどこれ以外思い浮かびません(泣) どこが間違っているのか教えて下さい。お願いします。

  • 図形と計量

    △ABCにおいて、∠Aの二等分線と辺BCの交点をDとする。 AB=c, AC=b, AD=dとおく。 ∠BADをθとするとき、cosθをc,b,dで表せ。 という問題です。 △ABDにおいて余弦定理を使いたいのですが、辺BDの長さが求められないので使えないです。 このやり方であっていますか? だとすると、辺BDの長さはどうして求めるのか教えてほしいですm(__)m ちなみに、この前の問題で… 角の二等分線と比により、BD:DC=c:b ということは、示しています。

  • 余弦定理の問題ですが、教えて下さい!!

    高校数学Iの図形と計量の余弦定理の問題ですが、解法が分からないので、分かる方、よろしくお願い致します。 2地点、A,B間の距離を求めたいが、間に障害物があって、直接はかる事が出来ない。そこで、地点Cをとって計量したところ、AC=100m、BC=60m、角ACB=60度であった。AB間の距離を求めよという問題です。よろしくお願い致します。

  • 数学の簡単な疑問

    解答があっているのはわかるのですが、自分のやり方での間違いがわからないので教えてください。大まかに書きますと 三角形ABCにおいて、AB=4,BC=√13,AC=3で∠A=60°です。∠Aの二等分線とBCとの交点をDとするとき、三角形ABDの面積を求めよ。 自分のやり方はシンプルに、余弦定理でcosBをもとめ(20/8√13)、BD=4√13/7なので、後は面積公式でやり20/7となりますが、どこが間違っているのかわかりません。 解答は三角形ABCの面積を求め、高さが同じ事を利用しています。 僕の解答の誤りを教えてください。

  • 三角形の長さ

    三角形ABCにおいて角Aの外角の二等分線と辺BCとの交点をDとする。また角Bの内角の二等分線と辺CAとの交点をEとしADとBEとの交点をFとする。AB=9、BD=6、AF=3のとき、EDとAEをもとめろという問題で、AFとFDの比を出すとこまではできたんですがその先がわかりません。余弦定理を使っては解けたんですがほかのやり方をあるそうなんですがそれを教えてください。

  • 正弦定理・余弦定理

    三角形の頂点A,B,Cについて 2sinA=cosB・sinCが成立するとき、三角形ABCが二等辺三角形となることがあるか。という問題なんですけど、辺BC,CA,ABの長さをa,b,cとすると、正弦定理で左辺=a/R,正弦定理と余弦定理で右辺=(c^2+a^2-b^2)/2ca・c/2R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、a/R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、c^2=3a^2+b^2となるところまではわかるんですけど、この後どうすれば良いのかわかりません。