-PR-
解決済み

脳腫瘍。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.65480
  • 閲覧数1305
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 75% (348/458)

「脳腫瘍」と診断された時点では
悪性か良性か分からないのでしょうか?

昨日18日に摘出手術をしたのですが(友人)
どれぐらいで、はっきりしたことがわかりますか?

手術を受けたのは30歳男性ですが、若いとそれだけ
回復率が良いのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 55% (148/265)

脳の表面にぴったりと張り付いている軟膜という膜がありますが、それよりも外側を脳実質外、内側を脳実質内といいます。更に、軟膜の外側にはくも膜があり、くも膜と軟膜の間にはクモ膜下腔といわれる脳脊髄液の入っている所があります。更に、くも膜の外側には硬膜があります。
髄膜腫は、硬膜・くも膜から発生しますので軟膜よりは外ですし、神経鞘腫は神経鞘と呼ばれる神経を包む膜から発生しますので、くも膜の外側にあります。ですから、「脳実質外」です。
また、軟膜の内側に発生した腫瘍はすべて「脳実質内」腫瘍ということになります。
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

とってもご丁寧にありがとうございます!
専門家の方にいろいろ教えて頂いて
本当に感謝しています!

また何かありましたら
宜しくお願い致します!
投稿日時 - 2001-04-21 01:18:28
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 47% (80/168)

 基本的には術前にある程度の見当はつきますが、病理組織を見なければ判断できない場合もあります。ガン(上皮組織から発生)かそれ意外のものかはある程度発育のしかたで判断がついたり、比較的術前に組織を調べたり出来ますから、手術までにほとんど診断がつきます。脳腫瘍の場合は悪性でも限局性に進行するものがよくみられますからCTなどの所見だけで良性、悪性の判断はなかなか困難です。  年齢的な問題ですが、術後の体力の回 ...続きを読む
 基本的には術前にある程度の見当はつきますが、病理組織を見なければ判断できない場合もあります。ガン(上皮組織から発生)かそれ意外のものかはある程度発育のしかたで判断がついたり、比較的術前に組織を調べたり出来ますから、手術までにほとんど診断がつきます。脳腫瘍の場合は悪性でも限局性に進行するものがよくみられますからCTなどの所見だけで良性、悪性の判断はなかなか困難です。
 年齢的な問題ですが、術後の体力の回復などは当然若い方が早く回復するでしょうが、それだけ代謝が活発なわけですから、もしも悪性のもので取りきれなかったような場合は、あくまでも一般的な話ですがかえって進行が早いことがあります。
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

「知る」のも「知らないでいるまま」でも
不安でいました。
いい方向に進むように祈りたい気持ちです!

ありがとうございました!
投稿日時 - 2001-04-20 04:25:55


  • 回答No.1

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「原発性脳腫瘍」 このページで特に「原因と危険因子」・「徴候と検査」・「予後と転帰」等と関連リンク先を参考にして下さい。 悪性か良性かの判断は一般的には組織診断(オペで組織を採取)しないと判断つかないではないでしょうか? 専門家のフォローをお願いします。 ご参考まで。 ...続きを読む
直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「原発性脳腫瘍」
このページで特に「原因と危険因子」・「徴候と検査」・「予後と転帰」等と関連リンク先を参考にして下さい。

悪性か良性かの判断は一般的には組織診断(オペで組織を採取)しないと判断つかないではないでしょうか?

専門家のフォローをお願いします。

ご参考まで。
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

ありがとうございました。
参考になりました。。
投稿日時 - 2001-04-20 04:23:30
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 55% (148/265)

おおざっぱに言いますと、脳実質外に出来る腫瘍は良性腫瘍のことがほとんどですし、脳実質内に出来る腫瘍はほとんどが悪性です。これらのことはある程度CT、MRI、脳血管撮影などで見分けがつきます。前者には、髄膜腫、神経鞘腫などがありますし、後者には、神経膠腫と総称されるものがあります。 そのほか、下垂体腺腫はほとんどが良性ですし、血管芽腫と呼ばれる良性の腫瘍などもありますし、もちろん脳原発悪性リンパ腫や癌の転 ...続きを読む
おおざっぱに言いますと、脳実質外に出来る腫瘍は良性腫瘍のことがほとんどですし、脳実質内に出来る腫瘍はほとんどが悪性です。これらのことはある程度CT、MRI、脳血管撮影などで見分けがつきます。前者には、髄膜腫、神経鞘腫などがありますし、後者には、神経膠腫と総称されるものがあります。
そのほか、下垂体腺腫はほとんどが良性ですし、血管芽腫と呼ばれる良性の腫瘍などもありますし、もちろん脳原発悪性リンパ腫や癌の転移は悪性です。
細かく正確に話せばもっと色々なことがあるのですが、手術前の検査である程度の推定は可能ですし、実際に手術をして摘出しているときには、更に良性・悪性の区別は確かになります。もちろん、術中迅速標本で更に確からしさはましますし、最終的には摘出標本の病理組織学的検査により腫瘍の診断名や悪性度が確定します(中にはそれでも困難のものもありますが)。
確定診断には、通常1-2週間を要します。
全身状態の回復という意味では若いほどいいのですが、脳機能の回復という意味では必ずしも若ければいいとも言い切れません。若いほど脳が腫れやすいということもありますから。
脳外科専門医からの、かなりはしょった回答でした。
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

悪い方に悪い方に考えてしまっていました。
少しでも何かを知ることで不安が取り除かれる気が
します。

「脳実質外」とはどんなことでしょうか?
お時間ありましたら教えてください。

宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2001-04-20 04:29:26
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ