• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ニーチェの言葉で…

ここにはまことの男が少ない。だから、女性が男性化する。つまり、本当に男らしい男だけが女の中に女を解き放つ。 ニーチェの言葉ですが、理解に苦しみます。どういった解釈が正しいのでしょうか? みなさんの考えをお教えください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数741
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#130564

まずニーチェは著しく男尊女卑の傾向にあるということを念頭に置かなければならない。 ほかの名言をみればそれは明らか。 要するに男らしい男いないと女が出しゃばるから男がしっかりせいや、ということです。 多分。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • これを、ニーチェだったらどう思うのでしょうか?

    最近ニーチェの考え方を理解しようと、いろいろ調べていて思ったのですが、 女性が哲学(ニーチェ含め)を理解しようとする行為は、 ニーチェに言わせたら「女性にはもったいない行為だ」と言うでしょうか? どうしてこう思ったかというと、 女性はもっと直感的なところに生きている、つかもうと思ってもつかめない、理解しようと思っても理解できない、自由で限界がない、そしてまたそれが女性の魅力でもあると、ニーチェは考えていそうだと感じたからです。 そうだとすれば、私がニーチェを理解しようとする行為も、ニーチェの言う「女性が男性化する」ということなのでしょうか?

  • ニーチェを読んで

    ニーチェの本をはじめて読みました。 哲学というものもはじめてだったので、とても衝撃的でした。 しかし、ニーチェを読んでから生きる意味がない価値のないものと書いてありました。 生きる意味がないのにそれに耐えるのが強い人間という内容でした。 はじめは感心していたのですが、ニーチェの言葉が頭から離れず生きることが意味のないものと思えて人生がつまらなくなりました。 最近、結婚もして、かなり熱中している趣味もあります。仕事も順調ですが 人生に何も意味がないと思うと 今、病気や事故で死んでも怖くないと言うか、悔いがないような気持ちです。 もう一度、ニーチェを読み直そうか(解釈がぼやけているので)迷っています(*_*) 元の思考に戻りたいです(((^^;)

  • ニーチェについて

    このサイト内で ニーチェ(の思想)は「怠けものの言い訳」と言うような意見を拝読しました。 それでどんな人、考えなんだとうと思って検索した限りではそういう解釈にならなかったのです。 例えば http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=80484 この説明から私が受けた印象は、「宗教とかに走って現実逃避して本質から逃げた」考えを批判しているように読み取ってしまいました。 つまり、安易なスピリチュアル風潮などはよくないて的な。 私の解釈では「怠けものの言い訳」的な類の人は、すぐにスピリチュアルに走るような人なのですが、ここがおかしいのでしょうか? ニーチェとは、どんな考え方の人なのでしょうか? wikiは読みましたが、この疑問が解消されるような説明はなかったように思いましたので投稿させて頂きました。 宜しくお願い致します。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

>ここにはまことの男が少ない。だから、女性が男性化する。つまり、本当に男らしい男だけが女の中に女を解き放つ。 ニーチェに限らず、古来、どんなに立派で偉い哲学者であろうと、いやだからこそなのか、女性とは、彼らの超人的な理智を持ってしても歯の立たない難問だったのではないでしょうか。 そうと気付いて以降、私も妻には一切の抵抗を断念し、どんなに筋の通らない、不合理きわまることを強いられようと、できるだけ素直に甘受するよう努めてきました。 もしかして、女には男の理解を超越した、天才的な思考力が生得的に備わっているのかも?と。 ということで、ニーチェが力んで「まことの男」と言ったところで、女性には「まあ可愛いこと! 殿方って健気なことをおっしゃるのね!」といとも簡単にあしらわれるのではないでしょうか。 なお、どんなに「女性が男性化する」にしても、それはあくまでも表層現象にすぎない以上、ニーチェがどこまで本気でそう考えていたのか?となると、私にはちょっと疑問ですね。 とにかく、この言葉の真意を知るためには、まずはニーチェの苦難に滿ちた女性遍歴に徴してみることが不可欠かもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

これと同じことじゃないかと。 ゲド戦記ではパワーとその喪失、アイデンティティーとは と問題定義しており、「闇の左手」で、性差とは と性の違いとはどういうことかを問うているアシュラ・ル・グエイン。 本のタイトルはわからないのですが、ある物語を書いているそうです。 その国には貧しさや不幸が無い。 国民はみな幸福。 だけど、1人だけ違う。 その少女は牢獄のようなところに閉じ込められている。 その少女を光の元に出すと、幸福な国が消滅する。 だから、幸福な人々は、不幸なこの少女を閉じ込めておかなければならない。 つまり対比するものが無いと、存在しえないわけです。 対極にあるものが存在しないと、存在できないってことです。 幸福であるといえるのは、不幸な人が存在するから。 男らしい人だ と言えるのは非常の女らしい人がいるからです。 女らしい人だ といえるのは、非常の男らしい人がいるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • _AXIS
  • ベストアンサー率5% (2/40)

ニーチェの言葉は間違っているようですね。どちらが先でもありません。今後他の回答で「どちらかが先」と言っても、それは嘘です。 人間は、男らしく 女らしく から、人らしく へ移行していきます。その過程において中性的になるのは自然な世界の流れです。死ぬまでそのままだと極端から極端へ。遅くとも人は50、60過ぎたら「人らしく」へと移行してもらいたいものです。 建築現場の人間の男は 男 というより オス ですな。 親方、職長クラスの人間は特にそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

>ここにはまことの男が少ない。 「ここ」ってのは何処だ? 「ここ」ってのは哲学のカテゴリー、広くは哲学なんぞに呆けている連中の事だ。 まことの男は「ここ」には居ねえよ。Nietzsche程度の男しかいねぇ。 じゃあ、まことの男は何処にいるんだ? そう、建設現場にいるよ。 唐招提寺の平成の修理、奈良の大仏殿の平成の修理、まことの男はみな、そこに集まっているんじゃねえかな。 残った、屑っちゃ失礼だが、そんなのが東京の地下鉄にかなんかにのって、手鏡見て化粧してんでしょ。 東京の地下鉄あたりに見つかる残り物の男をみて、日本男児一般に敷衍されちゃあ敵わない。 アメリカに移民したえらい物理学の先生も観察眼が鈍ったね。 サンプリングとかキャリブレーションチェックってのは現象を相手にする物理学の基本の基じゃなかったんですかい? 哲学あたりにふらついている女どもが男化しているだけで、建築現場の男どもを取り巻く女は未だに女だぜ。イイ女もおるぜ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#154561

頼りがいが無いくせに一丁前に色気づくばかりの坊やを見ていると、 二十年早いよ!って内心では思ってる。 ま、そんなこと女の眼を 気にしてカッコウつけてるバカな男に見抜かれるようなあたしじゃないけど。 そこそこオンナやってりゃ誰だってつまんない男の自分勝手な言い分を すかしたりかわしたりして生きてるもんさ。 だから、本来なら男が考えることを男みたいに考えなきゃならない。 将来のこととか、貯金のこと、仕事のこと、家の事、子育てのこと。 他の女よりもいいオンナに見せたい、なんてのもろくな男がいないから 売り出し中のセールス活動みたいなもんよ。 本当に、男、あたしにとって男の中の男、そりゃ強くて仕事が出来て 金が稼げて優しくて、セックスも強くて子供好きで・・・勿論、そういう ことはとても大事。 でも、女はこのオトコなら、と見も心も委ねれば 何も考えずにそのオトコに埋没できるのよね。 気が狂うほど愛し愛され その最中に死んでしまいたいとさえ思うのよ。 そういうオトコが 目の前に現れれば、ね。 本当に男らしい男、というのはオトコ、なのよ。 他人の顔色を伺いアレコレ悩んでは裏でなにやら画策したり。 そういうんじゃないのよ。 野望は別だけどね。 女にね、オンナであること以外を何もかも忘れさせることができるオトコ。 それは、オトコとしか形容しようの無い行動をする人のことなのよ。 女って、いつも恋の話とか化粧や身なりを飾る話ばかりしてるように 見えるでしょ?男から見て。 でもね、男の多くが出来もしない夢や ありもしない宝を追いかけて自分ではない何者かになりたがるのと 違ってね、女は既に完全な女なのよ。元々ね。 まじりっけなしの オンナとして生きて、死ぬ。 だから何度でも恋をするし、男より 桁違いに心も強いし痛みにも強いのよ。 判ってないわね、坊や。 オンナはね、だから いくつになっても女なのよ・・・あたしみたいな 婆でもね・・・ --------------------------------------------------------------------- ある温泉街の、場末のスナックのオールドママが杯を交わしつつ 語った話より。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • cyototu
  • ベストアンサー率28% (393/1368)

草食系男子が増えると、肉食系女子が増えて来るって言う意味ですね。 私は外国生活が長いのですが、アメリカでもヨーロッパでも、俳優でもない若い男が眉毛をハサミ等で整えることに関して、そちらの若い女性方にそれをどう思うか聞いたことがあります。そしたら、どの国でも皆、気持ちわる~~~い、って言ってました。あれが良いって言ってるのは、私の経験では日本だけですね。また、久しぶりに日本を訪れて、東京だったかの電車に乗ったら、若い男が女性がハンドバックに入れて持ち歩いているような鏡を取り出して、それに見入りながら延々と自分の髪の毛を整えているような素振りをしていました。女性が電車の中で化粧をしているのを見たら、どこの国の人もびっくりしてしまいますが、そんなのを疾っくに通り越している場面だったので、何か凄い国に来てしまった気になりました。   ものを食うおばさん睨む化粧の娘  昨日の毎日新聞のウエッブサイトに載っていた川柳です。まっ、これは女性の話しですが、 さすがニーチェだ、現在の腑抜けた日本の男どもの出現を予感していたのですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3495/7223)

男が男らしさを発揮すれば、女はそれと同じことをしようとしても適わないのだから、むしろ女の強みである女らしさを発揮することで自分らしさをアピールする。そのような意味に読めました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ニーチェが流行りですが……

    ニーチェが流行りですが…… ニーチェ、ブームですよね。ブームであれ、過去の異人の思想にふれるのはよいと思っている、本屋さんです(事務方なので今日はお休みです)。 私は雑読なのと、基本的に古典を含むフィクションをよむほうですが、ニーチェを読んだ、という人間から、言いがかりをつけられました。 ・フィクションばかり読んでいて、現実逃避だ。好きな作家の名前を多々挙げているが、読んだ数だけ自慢しているのだろう。フォレスター、ヒギンズ、ハシェク、志賀直哉、と名前を列挙して悦に入るな。 ・そのなかに、阿川弘之、サン・テグジュペリのような軍人・貴族がいるが、支配者の理屈でものを考えている。 ・ゴールデン・エイジSFなんて、絵空事 まあ、おおむねこのようなことを、ニーチェの読者さんはいいます。 事実、哲学は興味がないジャンルだったので非難はハイハイと聞きますが、多用される「ルサンチマン」という言葉を、よく理解できません。 私は、はしょって「弱者の強者に対するねたみの鬱積」とおもっていました。昔、この言葉にはじめてあったときに広辞苑引きました。そこの記述がモトネタです。 が、そのニーチェさんは、 「あわてて『ルサンチマン』のことをウィキペディアで調べてきたんだろう。無為な読書の結果がこれだ」 と、意気軒昂です。 私のニーチェに対する理解、いや、それ以下の印象、は ・工業化、複雑化が進むこれからの世では、人間は自分に厳しくなければならない。いまや神に寄り添うより、自立し、人間の中の「超人」が頂点に立つべきである。ただ、その重すぎる使命をおった頂点に立つ超人をささえるのには、幅広いすそ野が必要であり、堕落していない凡人の存在は、良いことである。 書いていて、自分の背筋が寒くなるような文章ですね。 聞き流せばいいと思うし、皆さまも「バカ同士のののしりあい」とお思いでしょうが、無視以外に、うまくこのようなニーチェさんをあしらう一言は、ありうるのでしょうか。 ニーチェも人間の幸福を考えて、思想を重ねたのだとおもいますが、ニーチェさん、にちょっと困っています。ご助言ください。

  • ニーチェ  幽霊のような神秘的存在とは

    ニーチェの言葉で、 男たちからもてたいとおもっているなら、 自分の中身に何があるか見せないようにすればいい。 まるで純粋な仮面だけのような女で、 しかもうっすらとしか見えない幽霊のような神秘的存在でいればいい。 とありましたが、 例えば、どう言うことなのか、教えて頂きたいです。 私は、実際、もてません。 どちらかというと、分かりやすい人でいようと、 自分をさらけ出すくらいが、嘘が無くて気持ちが良いと思っていました。 でも、それは、一概に良いことではないのですね。。。 この言葉を読んで、そうだったのかぁ~と 思いきや、いわゆるどういう事なのか、 いまいちつかめないのです。

  • 「ドライブに連れてって」と言う言葉。

    自分は、もうすぐ24になる男です。めでたく2年間貯金して購入した車が、間もなく納車されます。 そこでちょっと気になる事があります。この間、仲の良い女友達(と、言っても会うのは2,3ヶ月に1回程度)にその事を告げたら、「ドライブに連れてって」や「車見せて」など言って来ました。 僕自身、異性とドライブに行くってのは「気になる相手と行く物」って、勝手に解釈しているので、ちょっとこの友人の言葉が気になりました。 女友達の言い分には「皆で」って意味も含まれているかもしれないですが。 質問です。女性の方って、恋愛対象として見ていない男性に対し、「ドライブに行こう」って言ったり、恋愛対象でない男性の車も乗りたがるもんですか?(女性から乗りたいと言って来る場合です) そもそも僕の「ドライブは気になる相手と行きたい」って言う考えが古いんでしょうか??

  • なぜ「男性を大切にする」って言葉は聞かれないのですか?

    普段から漫画やインターネットを見て不思議に思っていたのですが、「女は殴らない」「女性に優しい」「女の人を殴るのは最低!」という言葉は現実でも漫画の中でもよく見かけますが、逆に「男は殴らない」「男性に優しい」「男の人を殴るのは最低」という言葉は聞かないです。  「俺は女を大切にする方だから、女は絶対に殴らない」みたいな言葉を言う男性はいますが、「私は男を大切にする方だから、男は絶対に殴らない」と言う女性はいません。  同様に「女に○○○する(裸を覗いたり、体を触ったり、馬鹿にしたりする)奴なんて最低!!」という意見は聞きますが男に○○○する奴なんて最低!!」という意見は聞かないです。(もし、現実や漫画でそのようなケースがあったのなら教えて欲しいです)  それ以前に女性を「女の子、女性」と表すのに、男性を「男」と表す人が多いですよね。  なぜ男女でここまで差があるのでしょうか?  

  • 「使っていのか、悪いのか」と迷う言葉は?

    「この言葉、使って良いのか、悪いのか?」と迷うことは有りませんか。 例えば、「女の腐ったの」。 昔、祖母が使ってるのをよく聞きましたが、実に言い得て妙だと思うのですが、女性はどう感じるのでしょうね。 「女、子ども、老人」は、騙されやすい人などを表すときに使わてれますが、「男が抜けている」とお叱りの言葉がありそうです。 これくらいは残して使ったほうが、文化を残すという意味でも良いと思うのですが、いかがなものでしょうか。 そのほか、差別用語かなと迷う物など有りましたら、貴方のお考えを添えて、教えてください。

  • ニーチェのニヒリズム(虚無主義:「ツゥラトゥストラは語りて」)において

    はじめまして。 こちらのカテの方々に質問が御座います。 有名な言葉ですが、ニーチェは全ての囚われから解放できる唯一の方法が「意思」である、と説きます。 しかし、面白いのは更に話を進め、その意思さえもどうにも出来ないのが「過去(時間)」である、と説きます。 と、ここまでは論理的なのですが、ここらかが破綻し始めます(しているような気がします)。 何とニーチェは、このどうにもならない「現実(矛盾)」を克服する為に、何とその過去を「肯定」してしまうのです。 読んでいてびっくりしました; 個人的には、「それ以外に方法がないし(今のところ)、現実(運命)を受け入れるしかない」、とニーチェは言いたいのだと思いますが、どうも何かひっかかるものを私は感じました。 このあと、これを基にしていわゆる皆さん御存知の「超人思想」「永劫回帰」が出てくるんですが、私はこの時点でニーチェの言っている事は矛盾していて、破綻しているように思えるのです。 ひょっとして、ニーチェが発狂したのは、彼の思想が不完全(矛盾・破綻)しているからではないかと。 あるいは、この世界そのものが既に破綻していて、矛盾しているのかもしれませんが…。 しかし、現在を肯定的に捉える事はもちろん必要ですが、実は「否定する事」も必要なのでは? あくまでニーチェの書物は、他人の解釈によって完成するので、これは私の勝手な解釈かもしれませんが…。 皆さんのお考をお聞かせ下さい。 (あと、おすすめの解釈本がありましたら、ご紹介の程よろしくお願いします。※サイトでも構いません)

  • ニーチェの「超人思想」を教えてください

    ニーチェの「超人思想」というのを簡単に教えてください。 1.仏教などのように悟りを開くというような意味でしょうか? 2.ウルトラマンなどのような変身願望に近いのでしょうか? 3.超能力を身につけることと関係ありますか? 4.普通の人には縁がなく、特別な人だけのものですか? 5.「神が死んだ」という言葉がありますが、これと関係ありますか? 6.子供でも理解可能なものですか? 7.超人になった人がいますか?ニーチェはどうですか? ちなみに「ツラツストラ」は2度読もうとして途中で挫折しました。 難解すぎます。 よろしくお願いします。

  • 女流と云う言葉

    女流と云う言葉 言葉の解釈と云うよりみなさんの意識が知りたかったので、こちらで質問させていただきます。 女流と云う言葉の意味は、もともとは女性、女と云う意味だそうですが、 男流と云う言葉がないので、女性に対する差別用語の様な気がします。 もともとは男性の分野であった分野に男性に伍して頭角を現し活躍する女性を区別するため、 女流棋士 女流作家 女流歌人などと呼ばれていたのだと思います。 絵画の世界では女流画家は使われていると思いますが、音楽の世界では聞きません。 その人が女性であるか男性であるかを判断するだけであれば、女性で十分で、それもあえて 付ける必要はないと思います。 みなさんは今後女流と云う言葉は不要になると思われますか。 私は不要になると思います。ご意見ご回答よろしくお願いいたします。

  • バツイチ女性の言った言葉

    バツイチ女性の言った言葉の理解に苦しんでいます。 知り合って3ヵ月になる34歳バツイチ女性(10歳男子1人)がいます。 付き合ってはいません。2度ほど飲みに行きました。(彼女の友達と3人で) 毎日、夜にメールをしているのですが、最近、土曜日の夜はメールが来ない ことに気付きました。(今ごろ遅いのですが) この前、聞いたら空手のお母さんたち(子供が習っている)とボーリングいったり、 カラオケに行ったりとしてるそうなんです。 別に悪くはないと思います。ストレス発散で。 ただ帰りの時間が遅いのです。早くて午前1時。遅い時は午前4時。 どう思いますか?普通ですか? 私は女だけじゃないと思い男がいるんじゃないかと思い、 いろいろ詮索してしまいました。 なんだかんだ聞いているうちに「男がいるの?」と聞いたところ 「男がいるとかいないとかじゃなく、今がいいから」 と言われました。これって何か意味があるのでしょうか? 私が聞かれたら「いません。」って一言でいいと思うのですが、 この言葉は何か含んでいるのでしょうか? ただの考えすぎでしょうか? わからないことがあったら補足します。 できれば女性の方よろしくお願いします。

  • 『ラディカル』という言葉の使い方について

    『ラディカル』という言葉の解釈に迷っています。 辞書などでは「根本的な」「基礎的な」また、「過激な」や「急進的な」などと載っていて、意味そのものはよく理解できるのです。 しかし、社会、歴史、美術、建築などでは、それぞれの分野で意味や解釈のニュアンスが違っているような気がしてなりません。 考えすぎなのでしょうか? 『ラディカル』という言葉の意味や解釈の基礎知識や良い本などありましたら教えてください。