• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

落雪による損害賠償。不動産屋の否はないの?

2年前の秋に建売住宅を購入しました。今年、屋根から落ちた雪で隣の家のエアコンの室外機が破損しました。実は購入した年の冬に屋根から雪が少し落ちてくるため対策を取ってほしいと隣家は不動産屋に伝えていたが、我が家に連絡はなかった。今年、雪による破損がおき、初めて不動産屋より昨年隣から話があったが伝えていなかったと話がされた。我が家は雪が落ちている事はその時に初めて知った。よく見ると、我が家の屋根は、建売で元々そこに不動産屋&業者が設置した隣家のエアコン室外機に直撃するような角度(傾斜)の屋根になっている。 隣家は、雪が落ちてくる事を知っていたが、そこに自転車を置き続け、今回の雪で曲がったと言っている。 我が家の屋根から落ちた雪によって発生した、物損に対して損害賠償はしなくてはいけないことはわかっているが、100%賠償しなくてはいけないのでしょうか? ・昨年、隣家のクレーム?を知っていれば、雪止めの対策を事前にとれ、今年の被害は起きずに済んだ。 ・エアコンの室外機は元々不動産屋がそこに設置し建売したものなので移動できないが、自転車はそこに置かなければ被害はなかったのではないか。 ・雪国の為、家を建てる時は、積雪や降水量を分析して屋根の傾斜や向きを設計すると思うが、隣家にすべて落ちる設計になっておりそれは設計ミスではないのか。また、隣家と我が家は同じ不動産屋が建売住宅として同じ時に12棟一緒に建設し売り出した物件のため、屋根の角度を考えたら室外機の位置はそこで適切なのか、別の場所に設置するべきだったのか予測できた事だと思う。 このような事を考えると、不動産屋や隣家にも少し否はあるのではないかと思います。 法律的には、どうなんでしょうか? 皆様の回答を参考に、隣家や不動産屋と今後の対策や対応を相談していきたいと考えています。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1948
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

この質問が気になって、ずっと回答を待っていました。 なかなか回答がないですね... 私は雪国生まれの雪国育ちです。 今でも実家が雪国にあります。 建売に限らず、注文住宅でもこのようなケースは珍しくありません。 はっきり言って設計ミスです。 設計段階で対応すれば何も問題はないのですが、確認を怠っているために後で余計な出費や労力が必要になってきます。 施工業者も建築主も雪国の人間でありながら、何でこんなことになっちゃったのという話が時々あります。 想定外では済まされない話です。 ということで、明らかに設計段階での過失ということで押しましょう。 不動産屋のクレーム連絡ミスもありますよね。 お隣さんについては目をつむりましょう。 お互い様です。 なお、法的な裏付けが必要な場合には無料法律相談や法テラスを利用しましょう。 私はNHKの番組が好きで見ているのですが、「バラエティー生活笑百科」をご存知ありませんか? ここで相談を募集しています。 今回のご質問はぜひ取り上げていただきたい内容だと思っています。

参考URL:
http://www.nhk.or.jp/osaka/program/seikatsu_shouhyakka/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

投稿に対して、お返事ありがとうございました。 本日、法テラスを通じて、司法書士さんに相談に行ってきました。 自分で集められる限りのデータ(我が家と隣家との建物の離れている距離の測定。軒先までの高さと屋根の勾配角度、屋根の長さから落雪距離を導き出して、家の設計図と一緒に提示できるように書面に記入。屋根や隣家との配置がわかるように写真にとるなど)をもって、話を聞いてもらった結果、屋根の勾配の設計ミス、不動産屋の説明不足など、不動産屋に対して訴えて行ける項目を指摘してもらいました。 隣家の室外機の補修費用についても、全額または一部負担を求めていけるのに、十分なデータを持っていると言われました。とてもわかりやすく説明していただいて、とても安心感がありました。 近々、不動産屋の方と話し合いの場をもち、その場で交渉&担当者への一部クレームを伝えてくる予定です。司法書士さんからも、今後も安心して買った家に住めるように、冬が来るたびに憂鬱にならないように、今回の件は担当者ではなく不動産屋の上層部の方に話してきたほうがいいと励まされました。 今回のポイントは、住宅の瑕疵保障の期間中である事。屋根の勾配角度が最初から隣家に直撃する角度と距離であり、室外機も不動産屋と業者が設置したものである事⇒雪国の住宅を作る上で、冬になったら破損が起きうると十分予測できたはず。だそうです。 お隣さんの壊れた者に対しては、損害賠償を行い、そのうえで不動産屋と話し合いをしていく方向です。 長々と書いてしまいすいません。共感していただけた事が、不安になっていた私にとって勇気づけられました。

関連するQ&A

  • エアコン設置(工事)費用の妥当性

    先日建売住宅を購入しました。 両隣の建物との距離は1mくらいしかない環境ですが、エアコンの室外機を外に設置を業者に依頼したところ150千円弱の見積がきました。関係者の皆様、下記の条件の場合、妥当でしょうか? 1.エアコン(室外機)4台のうち、3Fに2台、2Fに1台、1Fに1台設置 2.隣家との間に仕切りがあり、室外機の足を若干削り、場所を確保。 3.エアコンと室外機をつなぐ線にカバーをつける。 業者の工事見積以外に量販店で基本工事で約15千円/台、エアコンを購入する際支払っております。

  • 大雪による屋根からの落雪被害・賠償責任

    60年ぶりの近隣住人も経験の無い豪雪の非常事態です。 我が家の屋根に積もった雪が一度に落下し、お隣の築10年程度のスチール製車庫を押しつぶしてしまいました。押しつぶした車庫が傾き母屋の壁に寄り添い壁も傷を付け、車一部破損してしまいました。落雪によるこの様な事故の賠償責任は私に生じるとは思います。ただ、上記したように予測不能な誰しも経験したことが無かった天災にも当たるような場合、100%の賠償責任が生じるのか? 我が家側は敷地内に高さ1.8m程度のコンクリート屏で覆い、通常は隣家に雪が行かないように対策しております。これまでは一度も屏を越えて隣地に落雪したことはありません。 また、隣家の設置されていた車庫は敷地境界線から10cm程度しか離れておらず、50cm以上はなれていない違法設置かも?、車庫の上に積もった雪は境界を越える状態でした。 賠償額としては、請求70-100万程度(全てを新品、設置費、その他含む)を要求されそうです。満額支払いの義務はあるのでしょうか?

  • 落雪する隣家への通告の仕方を教えて下さい

    お世話になります。 このたびの大雪で我が家の庭に落雪がありました。 隣家(裏家?)の急こう配の屋根からです。 落雪は我が家の植木に直撃したようですが、 幸い比較的木が大きかったので枝の数本で被害は済みましたが、 今後を考え、雪止め等の設置をお願いできないか 隣家に伝えたいと思っています。 費用のかかることですし、今後の付き合いもあるので、 上手な伝え方があればご教授ください。 ~補足~ 隣家は十数年前に建築され、中古で購入されたようです。 我が家は今年建て、初めての冬となります。 十数年前は隣家のような急勾配の屋根が流行だったらしく、 その隣家の一列は同じように急勾配でして、雪止めは全くありません。 同じように植木が折れてしまったなどの被害があったお宅もあるようですが、 やはり通告がしにくいと我慢しているようです。 自治会で一度議題にあげてもらいましたが、個人的なことだからと 議事録にも残していただけませんでした。。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

雪国在住なのに、不動産屋の説名不足を言い訳をする前に 落雪の危険性と予知は出来なかったの? 購入前にご自分で危険性の有無の確認も無く買うなんて間抜けです。 不動産屋が落雪の説名をする場合今回のマイナスポイントを説名する様なもの 普通は判ってても触れたくないもの。 隣家の自転車は今回関係無く、落雪が敷地内で収まらなかったのが問題で 今まで気がつかないほど家に対して興味や状況を把握出来ないご質問者に問題が有る

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指摘ありがとうございます。 しかし、見知らぬ方に間抜けといわれるのは心外です。 あなたに否定されるおぼえはありません。

関連するQ&A

  • 落雪で物置が壊れました。

    うちの屋根の雪が落ち、隣家(境界ギリギリにあります)の物置の壁がへこみました。 全部の家が建売の状態で物置は後で設置したものです。うちは2年ほど前に中古で現在の家を購入しましたがすでにギリギリの所に物置はありました。 今回の大雪のせいでヘコミがひどくだめになったと言われ(すぐに謝りに行ったのですが・・・)新しいのに買いかえるように言われています。雪止めのフェンスをつけるようにとも言われておりますがそうなると百万円ほどかかってしまいます。 だまって弁償するしかないのでしょうか・・・。ヘコミだけ修理する方向ではダメなのでしょうか? 助けてください・・・。宜しくお願いします。

  • 北海道で無落雪屋根(フラット)は危険?

    北海道でハウスメーカーによる立替予定中です。 無落雪屋根で陸屋根(フラット)を勧められていますが、今年のような大雪の場合大丈夫でしょうか。 先日このカテで似たようなご質問を拝見して、雪を落とすスペースがあるのなら落雪屋根の方が理想なのかと思っているところです。 家は北半分が2階建て。南半分が1階建ての予定です。 北側と東側が一般道路に面していて、屋根をそちらに傾斜させることはないと思います。 南側は隣家との距離が4~5メートルあります。 西側は境界ギリギリまで隣家の駐車場の柵があり、距離が90cmほどしかありません。 質問1:西側に傾斜させて落雪屋根(片流れ)にした場合、90cmの幅を超えて隣家駐車場に雪が落下する可能性はどのぐらいあるでしょうか。 質問2:南側に傾斜させて落雪屋根(片流れ)にした場合、2階からの落雪によって1階の屋根がダメージを受けることはないでしょうか。 質問3:無落雪屋根(フラット)と、落雪屋根(片流れ)では施工費用に差が生じるものでしょうか。 また、他に何かアドバイスございましたら是非教えていただきたいと思います。

  • 隣家の屋根の雪が落ちてきます。

     建売の新築に引っ越してもうすぐ一年になります。  先週と今回の雪で、隣家の屋根から我が家の敷地に雪がドサドサ落ちてきます。隣家はすぐ南側の家で、築何年か分かりませんが30年は経っているであろう結構古いお宅です。隣家の屋根は敷地のほぼギリギリまで出ている感じです。隣家の北側の屋根から落ちてくる雪のほとんどが、我が家の敷地に落ちています。 雪がおちるたびに、ドサッという音と振動が伝わってきます。  今では、一番高く積もったところでは、我が家の床よりも高くなってしまっています。  テラス屋根を敷地ギリギリに設置して、隣家からの雪を防ごうとも思いましたが、そうすると本来我が家に落ちてくる雪も、隣家に落ちてしまうことを考えると、それもどうかなーと思っています。  正直、雪止めをするとか何らかの対策を取っていただきたいのですが、お隣さんということもあり、なんとなく言い出しにくいです。ただ、このままでは危険ですので、伝えた方がいいのでしょうけど、どのように伝えたらよいのか考えてしまっている状態です。  どなたか、同じような経験をされた方や法律に詳しい方がいらっしゃいましたら、よりよい方法を教えていただけると有り難いです。  今現在も、隣家の屋根からドサドサ雪が落ちてきています。

  • 室外機のサイズと壁掛け時のクリアランス

    隣家との境界線まで28cmしかありません。 ここに壁掛けで室外機を設置することはできますでしょうか? 部屋は6畳です。 エアコンは最小サイズ(4~6畳?)で問題ないと思っています。 東芝のパンフレットを拝見しましたが、 最小の室外機でサイズ(奥行き)は24cmでした。 取付金具や外壁とのクリアランスを考慮して、設置できますでしょうか? 外壁の素材は名称まではわかりませんが、先月完成の新築建売住宅です。 補強材・緩衝材が必要かは、わかりかねます。 室外機のサイズ(奥行き)が最小のメーカー・型番、 そして設置にあたっての外壁とのクリアランスを教えていただけますでしょうか? よろしくお願いします。

  • 屋根の雪がエアコン室外機を壊した

    家を新築しました。 隣の屋根からから雪がすべり落ちて、エアコンの室外機が破損しました。その隣人は、屋根の雪は落ちることがわかっているのにそこに室外機をつけたのだから、そちらの責任もある(設計段階で相談すべきだ)と弁償はしないと不条理なことを言っています。 さて、どう対処したらよいのでしょうか? 訴訟問題になりますよね。 その場合は、どのような手続きで…。 ああー困った。 アドバイスを下さい。

  • 屋根の雪が落ちて隣家の雨樋を壊した。賠償責任は?

    首都圏沿岸部に在住です。先日(1月14日)の大雪で、我が家の屋根の雪が落ちて、隣家の雨樋を壊したとのクレームが入りました。ただ、両家屋の構造上どちらの屋根の雪が落ちてのことなのか判定はつきかねます。積雪は年平均1~2回。又、我が家の屋根は瓦棒(トタン屋根)で、傾斜は普通の家の3分の1以下なので落雪は初めてです。、傾斜が緩いせいで勢い良く大量の雪がドサっと落ちることもありません。(ちなみに反対側の家の屋根からは、ほとんど片面全部の雪が一度に落ちて、我が家の植栽は半壊状態になりました。)当方に賠償責任があるのでしょうか。それとも想定外の自然災害なのでしょうか。法律に詳しい方、こういった事を経験なさった方のアドバイスがいただければ幸いです。

  • 急勾配の無落雪屋根について

    北東北の豪雪地帯に住む者です。 今、不安でいっぱいです。 先日、自宅を新築しました。正面は北向きですが南面は採光のことや自宅の裏庭として来春に植栽等を考え、隣地から5メートル以上離して広めにとってあります。 最近、その南側の隣地に住宅の建築が始まりました。先日屋根が付いたのですが、なんと南北に急こう配の切り妻屋根であることが分かりました。 落雪防止のツバがついた無落雪屋根となっているようですが、隣家の基礎は我が家との境界から最低限(法定)の1.5メートル距離を取っただけで、北側の屋根はそこから突き出しているので先端は1メートルちょっとしか離れていません。 ただでさえ南西の強風が吹き、家の北東には怖いくらいの雪庇ができるこの地域では、無落雪屋根でも耐え切れず落雪したという話を何度か聞いたことがあります。 この地域では隣家との雪のトラブルを避けるためにほとんどがフラットの無落雪屋根で、三角屋根の家もありますが、落雪のスペースを確保した上で立てているようです。 来春には大事な樹木を移植する予定ですが、そこに落雪があればいくら雪囲いしても被害が出るのではと落雪への不安でいっぱいです。 快適な暮らしの為に高いお金を出して買った土地で、隣家の雪捨て場にするために買った訳じゃない、と思ったりもします。 ちなみに隣家と同じ建築会社が建てたお宅で、大丈夫だと言われたにも関わらず落雪が隣家になだれ込んで大変だったという話も聞いたので(詳しくは言えませんが事実です)、人を通してその建築会社の方に落雪は大丈夫なのか聞いてもらいましたが、「落雪はしません」「雪庇はこまめに落とすように施主に言います。」との回答でした。 しかし施工の状況を見ていると、敷地にフェンスもしていないのに新品のサッシを外に立てかけたままブルーシートもせず翌日まで野ざらしにしたり、ちょっと「?」と思うことも多く、信用できません。 急こう配(5寸勾配)の無落雪屋根とは本当に落雪がないものなのでしょうか? また、1.5メートルしか距離をとっていない現状では、落雪すると我が家の庭に落ちてくるのではないでしょうか? もう一度、直接その建築会社の方に話を聞いてみたいとも思いますが、無駄でしょうか? 無落雪屋根に詳しい方、同じような経験をお持ちの方がいらっしゃいましたらアドバイスをよろしくお願いします。

  • 室外機について

    今度新築して引越しする家について,室外機の設置ですが,隣家の事も気にかけ,エアコンやエコキュートの室外機が隣家に向いているものについては,室外機の前に隙間の無いフェンスを建て,直接風が行かないようにしました。室外機以外のところは防犯上,隙間のあるフェンスにしています。しかし,隣家からは"室外機を移動させてほしい,又は,全て隙間の無いフェンスで覆って風がこないようにしてほしい。"とクレーム。翌日になると"とにかく移動させてほしい,フェンスで覆われると風通しが悪くなる"との事。クレームを言ってきたこのおばあさん(60歳位と思われます)ですが,自分の家は室外機を隣に堂々と向けており,何もガードはしておらず,こちらにだけクレームをつけてきています。この方は以前より,こちらに対し,塀(高さ1m程)が僅かに傾いているから直してほしいとか,雪が落ちてくるから雪止めつけてほしいとか(雪止めにしても,このおばあさんの家はつけていません)自分のところは関係なく,こちらに対してだけクレームです。いろいろと配慮をしているのですが,何をしても文句を言う隣人にはどうすべきでしょうか?

  • 屋根雪が隣家に落下します

    うちの屋根雪が、隣家の敷地内(駐車スペース)に落下してしまいます。昨冬に隣人からそのことを指摘され、除雪するなどしていたのですが、もし車に被害が及んだりしたら・・・と思うと心配でたまりません。   我が家は建売住宅で夏に購入、隣家はその数ヶ月前から住んでおられます。 私は夏だったこともあり屋根雪のことまではまったく考えていませんでした。 屋根に雪止めをつけたり、雪止めフェンスを設置する場合、我が家のハウスメーカーにその分を請求することはできますか? 営業担当の方が確か、3年以内なら不備があれば責任持ちます、と言っていたのですが・・・。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 隣家のエアコン室外機の風を防ぐ方法

    隣家のエアコン室外機が3台並んで、我が家の庭に向けて設置されています。予備の配管もあるので今後は4台になる可能性もあります。 南側のため、採光と圧迫感がないよう、境界線のフェンスはブロック2段+メッシュフェンスにしてしまいました。(境界線上なので先方と費用折半で設置) 室外機の位置を事前に知らされていたら、ブロックをあと2段積んでいたのですが・・・ 隣家のエアコン室外機の風を防ぐ、何か良い方法はありませんか? フェンス内側にトレリスを設置することを考えましたが、トレリスでは目が粗く、風を防ぐ機能は期待薄かなと思っています。