• 締切済み
  • 困ってます

無水酢酸の使い方

化学大辞典だと思いますが、酢酸ニッケルの製造方法として、 無水酢酸に硝酸ニッケル六水和物を溶解すれば酢酸ニッケル が析出するとありました。 無水酢酸は(CH3O)2Oなので単純に各々1molずつ混合すれば 良いのでしょうが、具体的に製造方法をご存知の方、お教え 願います。 又、無水酢酸を扱う場合、防毒マスクと酸性ガス用の吸収缶を 使用すれば良いのですか? その他注意事項があれば教えて下さい。 又、なぜ硝酸ニッケルなのでしょうか。 硫酸ニッケルでは駄目なのですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数753
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#160321

>なぜ硝酸ニッケルなのでしょうか。硫酸ニッケルでは駄目なのですか。 溶解度が硝酸塩の方が高いはずです。 二価の陽イオンと硫酸イオンは安定な塩を作りやすいので嫌われます。 キログラム単位で合成するのでなければ、防毒マスクは要りません。風通しの良いところで行なって下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

doc_sundayさんありがとうございました。 助かりました。はい、2~3グラム程度です。 二価の陽イオンと硫酸イオンは安定な塩を作りやすい。 Ca,Ba・・・そうですね。

関連するQ&A

  • 無水酢酸について

    学校の選択化学の実験で、どうしても無水酢酸が必要になったのですが、 学校から無水酢酸を試薬として購入する事はできないそうです。(特別な届け出が必要らしいので) 他の物質から無水酢酸を作る方法としてはどのような事が考えられますか? (五酸化二リンで脱水する方法も聞いた事がありましたが、学校にはそれもありません・・・) 行う実験の式はこのようなものです。他の物質で代用もできるのでしょうか? (CH2)6N4+4HNO3+NH4NO3+6(CH3CO)2O    →2(CH2)3(NNO2)3+12CH3COOH ヘキサメチレンテトラミン+硝酸+硝酸アンモニウム+無水酢酸→ヘキソーゲン+酢酸 (エネルギー物質の実験として)

  • 無水酢酸の構造

    無水酢酸(CH3CO)2Oの構造式をみると、二つのCH3COがOでつながっています。これはエーテル結合のように見えるので、無水酢酸をエーテルと呼ぶことはできますか?

  • 無水酢酸との反応

    ピリジン中で無水酢酸との反応性でN,N-ジエチルアミノエタノール、乳酸アニリド、グルタミンと反応させた場合の生成物がわかりません。 N,Nジエチルエタノールとの反応では(CH3CH2)2-N-CH2CH2OCOCH3 乳酸アニリドはCH3CH(OAc)CONH-Ph グルタミンはNHAcCOCH2CH2CNH2COOH かなと自分なりに考えてみたんですがわかりません。

  • 無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。

    無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。 実験中に無水酢酸をアニリンの入った試験管に入れたところ発熱反応(?)が起きたのですがこれを反応式に表すとどのようになるかが解りません。 C6H5NH2+(CH3CO)2O →C6H5NHCOCH3 + CH3COOH この式のどこに熱の発生を書けば良いのかということとどうして発熱するのかをできるだけ解りやすく教えていただけると助かります。 あとこの実験で蒸留水の中にアセトアニリドを溶液の状態で混合させたところ刺激臭が発生しました。ニオイの感じではアンモニアだった気がするのですが・・・アニリンのアミノ基と蒸留水が反応してアンモニアが生成されたという事で良いのでしょうか?

  • 酢酸Caの析出?

    酢酸Caを飽和濃度程度までビーカー内で水に溶解し、そのまま大気中に放置すると1~2日くらいでビーカーの縁あたりからまるでカリフラワーのような白色の析出物が生成します。水の蒸発分を考慮してもそれ以上に固形分があるように見えるのですが、これらはやはり酢酸Caなのでしょうか?ご存知の方よろしくお願いします。(ちなみに溶解した塩は4水和物です)

  • クエン酸・酢酸ナトリウム試液について

    クエン酸・酢酸ナトリウム試液の組成はクエン酸一水和物1gと無水酢酸90ml、酢酸(100)10mlですが、この酢酸10mlはクエン酸一水和物を溶かすための分でしょうか?? 初歩的な質問ですがお願いします。

  • アセトアニリドの合成

    アニリンと無水酢酸からアセトアニリドを合成しました。その手順は次のようです。 (1)アニリン塩酸塩に無水酢酸を加え攪拌した。 (2)酢酸ナトリウム・3水和物を純水で溶かし、(1)に加え攪拌し、氷水で冷やした。 (3)結晶が析出してきたら吸引ビンを用い濾過した。 最後の操作の時、結晶の部分はアセトアニリドですよね。残った濾液は・・・酢酸が含まれているのでしょうか? 学校の実験では残った濾液が淡いピンク色でした。 普通は無色になるはずですよね。実際、濾液が無色だった班もありました。ピンクの班もありました。 濾液がピンク色になった班は最終的に得られたアセトアニリドが少なかったきがします。 これって試薬が完全に反応しきれていないということなんでしょうか? どんな意味があるのか教えてください。

  • 高化合物分子の取り扱い

    1.60gのセルロース中のヒドロキシ基をすべてアセチル化するのに必要な無水酢酸は何gか。 有効数字2桁で求めよ。 という問題です。答えは3.0gらしいのですがよくわかりません。 2つのヒドロキシ基をアセチル化するのには1つの無水酢酸を用いればいいのはわかりますが。 セルロース:(C6H10O5)n、無水酢酸:(CH3CO)2O H=1、C=12、O=16 でお願いします。

  • EDTAの溶解度とpHについて

    今、EDTAを用いた実験を行っているのですが、反応が進むにつれてEDTAが析出してきます。これは溶解度が関わってきていると思うのですが、EDTAの溶解度はpHを変化(1.5~4.0)させることによりどうかわりますか?おそらく、pHが変わることにより溶液中のEDTAはH4Y、H3Y-、・・・とかわるので溶解度もかわってくると考えられるのですが分かる方いたら教えてください。ちなみに使用したのはエチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム二水和物を蒸留水で溶かしたものです。 初の質問なのでご不明な点があるとは思うのですがよろしくお願いします。

  • 質問です。よろしくお願い致します。

    質問です。よろしくお願い致します。 (1)水100mlに対し硫化ナトリウム5水和物1.2gを溶解。 硫化ナトリウム5水和物を硫化ナトリウム(無水)と、硫化ナトリウム9水和物にした場合、 (1)と同じ硫黄の濃度とするにはそれぞれ何g必要か? よろしくお願いいたします。