-PR-
締切済み

自分のイラストを売り込みたい

  • すぐに回答を!
  • 質問No.64649
  • 閲覧数4094
  • ありがとう数30
  • 気になる数2
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

私はプロのイラストレーターになりたいと思っていて、
自分のイラストを出版社に売り込みたいのですが、
具体的にどうすればいいのか分かりません。
自分のイラストを持って突然に訪問するのは失礼な気もするし、
だからといって電話連絡をすればいいのか、手紙を送ればいいのか、
どんな内容がいいのか等、ほとんど知識がありません。
どうか、基本的な売り込みの方法を教えてください!!
よろしくお願いします!!
通報する
  • 回答数2
  • 気になる2
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 58% (25/43)

私は、以前に赤坂の大手広告代理店でディレクターをしていました。
現在は、出身地に帰って自営やっています。

売り込みについては、そんなにイヤなものではありません。
才能ある人が、自分の引き出しにあることは結局は自分のためになります。
ただし、時期は大切です。印刷業界は、連休・年末年始・中元・歳暮・クリスマスなどの1ヶ月前辺りは、パニックになっています。その時期は、たとえ会えたとしても、適当にあしらわれたりすること多いです。

持っていく作品は、人に見ていただくのですから、しっかりとした体裁をととのえることがいいですね。紙のサイズを統一するとか、トレペをかけるとかして、見栄えを向上させるのもプレゼンテーションのテクニックです。

できれば知人の紹介があるとベストです。なんであれば知人の知人の更に知人でもいいです。私は、友人の紹介でカメラマン志望の青年をプロにしたことがあります。そのときは、スタジオに紹介して修行の後、一人前になったのですが。。今では、フリーカメラマンとして某TV雑誌でタレントを撮っています。今でも初対面のことを良く覚えていますが、当時は?好印象の若者でした。。目指すものが、しっかりとしていました。

人物の印象は、作品の質とは別のものですが、非常に大切です。お互いが上手くチームを組めるかどうかにかかわって来ます。作品については、駆け出しであればある程度の幅をもって見せてください。人物だけとか、物だけというのは判断材料としては不足だと思います。もちろん、自分のテイストをしっかり表現してくださいね。
ときどき、コンクール作品のような自我の固まりを持ってくる人がいましたが、私の場合は敬遠しました。自分のクライアントに向いているかどうかを、記憶に残す基準にしていましたので。。

ネット時代ですので、ホームページに作品をアップしておく! 名刺(自称イラストレーターで良い)にアドレスを記入する! なんてことは、もう当然ですね。できれば、きちんとした作品のコピーを持って歩くといいでしょう。。面会できないときには、置いていきましょう。ひょっとしたら、見てくれる人がいるかも知れません。。回収と称して、2度目の訪問も可能です。
私の高校時代のイラストレーター友人M氏は、カナダ在住ですがアメリカTA&Tの仕事ではネットで対応したそうです。圧縮データをダウンロードしてもらえるような、一般的な技術とかマックや印刷についての基本知識は身につけておきましょう! 仕事現場では専門用語が通じないと、困ること多いんです!

不安であれば、アポイントとって下さい。電話にしてもDMにしても、出版の場合は編集部名を明らかにする。大手広告代理店の場合は、部局を確認することをお忘れなく!!
とにかく動かなければ、協力者も見つかりません! 当たって砕けたっていいじゃありませんか! 熱意があれば、色んなアドバイスをもらえますよ!
頑張ってチャレンジしてみて下さいね!!
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『アプリ・ウェブサービスのUIデザイン、サービス開発』に強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

  • 回答No.2

出版系が希望でしたら、まず、雑誌社に電話。電話番号は「マスコミ電話帳」で調べてもいいですし、以前「イラストレーション」誌のほうでも、雑誌ごとの編集部の直通電話・担当者名まで細かく掲載していましたので、バックナンバー等確認してみてください。ちなみに、電話する時間は、夕方頃がいい。(この業界、朝が遅いので・・・)そして、担当者につないでもらってから「イラストをみていただきたいのですが」とお願いし、いいよとなったら日時と場所を指定してもらって、後は当日作品を持って、遅刻しないで行くだけです。先の回答とほぼ同じ手順ですが、これを何度も繰り返すことにより、自分の作品について今まで以上に考える機会が生まれ、さらに制作にはずみがつくことと思います。
イラストはただ描くだけでなく、やはり人に見てもらわないと意味がありません。上手・下手という問題よりもこれは大事です。
ただ、注意していただきたいのは、「売り込みの際の態度」で、持ち込みの方の中には、作品の説明を自分からせず、ファイルを見せて終わり、て人が以外に多いのです。結局、こっちからいろいろ根ほり葉ほり聞きまくって、やっと会話が成立するという・・・こういう人だと、こちらから仕事を依頼する時にきちんとイラストの主旨を理解してくれるのかどうか、依頼側としては非常に不安ですので、担当の方とはなるべくたくさんお話をして、コミュニケーションがスムーズに出来るよというところをアピールすべきでしょう。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ