• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

和解勧告

民事訴訟で、和解勧告は勝敗の状況がどのようなときに 出されるんでしょうか? また、和解勧告が出されても、和解を拒否して判決を希望した場合、敗訴の確率はどのくらいでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

まぁ敗訴をどう捉えるかだろうけど 原告は請求が認められなかったら敗訴だろうし、被告は答弁が認められなかったら敗訴? そんなもんじゃないの? 損害賠償請求事件なら、まず損害の認定と責任の有無なのかね? 過失が無くても責任がある場合もあるだろうし 賠償金額の落とし処を和解で探ることもあるよね だから、和解になったらどっちも勝ちだし、どっちも負けなんじゃ無い?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 被告は過失を認めなかったら、一円でも払わないと思うし、裁判長だって、被告の過失を認めなかったら和解勧告はしないと思うんですけど。 何も悪くない被告に、裁判長が、賠償金払えという和解勧告出すとは思えないんですけど。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

何も悪くない 過失は無い これは被告の言い分でしょ? 事実は関係ないのよ 民事裁判は どちらが法廷を説得できたかどうかだけ 原告が提出した訴状や証拠に信憑性があって、被告がそれを覆すだけの証拠を出さなきゃ、裁判官は原告に有利な判断をくだす 口頭で言うだけじゃ覆せない 答弁書や準備書面に証拠を付けなきゃ 法廷では、その書面を元に進めるからね 弁論の場では無い 悪くない、過失は無いって言うなら、証拠を出しとかなきゃ 法廷でいくら喚いても、誰も聞く耳もたない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。相手は被告で、全く証拠は提出していません。

  • 回答No.1

訴訟の中身にも依るんだろうけど、金銭的な訴訟なら、まず和解を勧めるでしょう 判決取っても、金取れないんじゃ勝ったとも言えないでしょ? だったら、和解して分割ででも回収した方が良くない? って、裁判官は勧めるね 経験上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 和解勧告された相手は、実質的な敗訴といえるんでしょうか? 相手に過失がないと判断されなければ、損害賠償金をえという和解勧告は出されませんよね?

関連するQ&A

  • イレッサ訴訟と和解勧告

    書記官に聞きましたが、和解勧告はめったに出さないそうです。 そして和解勧告され、長時間和解の説得された側は、敗訴確実だそうです。 またイレッサ訴訟でも、国と製薬会社に和解勧告が出されて、拒否しても 敗訴しました。 これらの理由から、和解勧告が出されて長時間和解の説得をされ、たとえ拒否しても敗訴することがわかりました。 でも法律相談で、弁護士さんに『和解勧告とはどういうものか』と質問しても、回答がありませんでした。 それは和解勧告はめったに出されないから、あまり知られていないからなんでしょうか?

  • 控訴審でも和解勧告があるのでしょうか?

    本人訴訟を行っているものです。時間をかけて訴訟対応をしてきましたが、第一審(地方裁判所)で敗訴の判決が出ました。 判決及び判決理由に納得がいきませんので、控訴しようと考えておりますが、控訴審において第一審の判決が覆ることはほとんどないとの情報があり、迷っている部分もあります。 控訴審では、第一審と同様に和解勧告があるのでしょうか? あるいは、取り敢えず控訴しておいて、相手方と和解の相談をするという方法があるのでしょうか?

  • 裁判所での和解勧告

    一つの訴訟に関して、一審と控訴審の両方で和解勧告がされることはあるのでしょうか? また、和解勧告がされる場合、裁判所から何らかの提案があるのでしょうか?(ないものもありますか?)

  • 「勝訴」「和解勧告」などの字はいつどこで誰が書いているの

     今日のニュースで、ある裁判で、裁判所が和解勧告の判決を下しました。それを受けて、傍聴人の一人らしき人が、紙に大きく「和解勧告」と書かれたのを広げてみんなに見せていました。「勝訴」というのはよく目にしますが、「和解勧告」などはあまりないと思います。しかも、その字はお手本のような楷書で、きれいな字でした。  いつも思うのですが、裁判の結果を知らせるあの字は、いつどこで誰が書いているのでしょうか。裁判の結果がいつも「勝訴」であるはずもありませんし、「勝訴」とかほかのいろいろな場合の字をあらかじめ用意しているのかと考えたりもしますが、判決は何通り、もしくは何十通りもあるかもしれないので、それにあらかじめ対応するのは労力が大きすぎるような気もします。裁判の結果が出たら、それをすかさず大きな紙に清書する役目の人がいるのでしょうか。プロなのかただでやっているのかは分かりませんが、そう考えるのが妥当のような気がします。ご存じの方、ご教示願います。 (ついでに、敗訴の場合は何と書くのでしょうか)

  • 和解勧告と裁判官の心象開示について

    民事裁判で判決前に和解勧告があったのですが、不成立になりました。 その時に裁判官から判決について心象開示が有って、 「請求どおりの金額にはならないですよ」というものでした。 それに対して、私は「それは判決に委ねます」と答えたのですが、 金額はともかくとして、少なくと棄却はないものといえるのでしょうか?

  • 裁判長の和解案

    民事訴訟で、裁判長から相手方に〇〇円払えという和解案が出された場合、相手方が拒否したら、相手方は敗訴確実だと聞きましたが本当でしょうか? イレッサ訴訟ではそのような内容だったと思います。

  • 和解したら判例はどうなるのですか?

    初歩的な疑問なのですが、よろしくお願いします。 民事、行政訴訟で 第一審で敗訴->控訴審で和解 第一審で敗訴->控訴審で敗訴->上告審で和解 このような場合は、判例は敗訴になるのでしょうか? 和解条件が判例になるのでしょうか? 第一審で敗訴->控訴審で示談になり取り下げ 第一審で敗訴->控訴審で敗訴->上告審で示談になり取り下げ この場合は、判例は敗訴になるのでしょうか? 示談内容は判例になるのでしょうか?

  • 控訴理由書に和解勧告の内容を記載してもいい?

    和解を蹴って敗訴になり控訴をする場合、 和解勧告の内容を控訴理由書に記載してもいいのでしょうか?

  • 和解交渉の決裂について

    民事訴訟の原告です。 単純なケースで、事実関係や証拠に争いはありません。 2回目の期日が和解交渉になり、裁判官が示した2つ目の和解案(1つ目は相手側が拒否)を 双方が持ち帰っている段階です。 弁護士によりますと、「この和解案を蹴れば、後は判決だ」そうです。 和解交渉はそんなに性急なものですか。 私は1つ目の和解案を基に妥協点を探りたいという希望があります。 2つ目の和解案を私が拒否すれば、ただちに和解交渉は打ち切りになるのでしょうか。 相手側がどうしても判決を避けたければ和解継続を望む可能性もありますか。

  • 控訴しないという和解は有効か

    同じ当事者同士でAとBの民事訴訟が同時並行的に進行している場合、 A訴訟は双方が裁判外の話し合いで解決し、その和解条項にB訴訟は和解ではなく 判決を求めるが、どんな判決がだされようとも双方とも控訴せず、判決に従う という条項を含んだ場合 憲法第32条 何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。 に抵触するので、その和解は無効でしょうか、それとも有効でしょうか。