• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

刑法 正当防衛の事例の論述方法を教えてください

刑法の期末の範囲に正当防衛が含まれているのですが、それの判例として下のものがあります。 甲から殴りかけられた被告人が、甲の顔面を殴打したところ、甲がアルミ製灰皿を被告人に向けて投げつけたため、被告人が甲の顔面を殴打(第1暴行、死因)すると、甲は転倒して動かなくなったが、さらに腹部などを足蹴にするなどの暴行(第2暴行)を加えて、傷害を追わせた結果、甲が死亡した。 この判例の被告人の罪状について論述していきたいのですが、どのような論点で論述展開していけばいいのでしょうか? 最高裁の判決では第2暴行の傷害罪のみの成立を認めているみたいです。 被告人の一連の暴行は傷害致死に当たるのではいないか→正当防衛による違法性阻却の検討→過剰防衛の検討→しかし思うに第1暴行は急迫不正の侵害etc正当防衛の要件を満たすが、第2暴行との間に断絶があり第2暴行は正当防衛及び過剰防衛には該当しない(その根拠も示す)→死因となった第1暴行には正当防衛が認められ違法性阻却、第2暴行はそのまま傷害罪成立→結果的に傷害罪成立 という流れでいいのでしょうか?(大雑把な書き方で申し訳ないです) 何か書き足りない論点、間違った論点がありましたらご教授お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tolio
  • ベストアンサー率63% (23/36)

よく勉強されていると思います。 質問者様が書かれている内容で十分だと思います。 一番重要なのは、第一行為と第二行為とを分けて検討す根拠です。 この点の判断についてはご指摘の判例で述べられていますので、ここを丁寧に論じるのがいいかと思います。 ちなみに、学説ではこれを分けて考える説、一連のものとみる説、折衷っぽいよくわからない説があったと思いますので、答案ではこれらの学説にも触れつつ、自説としていずれを採用するかを論じることができればベストだと思います。 学説についてはその判例の解説(重判など)をみるといいでしょう。 論述の流れも難しい問題ですよね。 私だったら、はじめの問題提起の段階で 「甲に傷害致死罪が成立しないか。第一行為と第二行為を分析的にみるなら、死と因果関係ある第一行為に正当防衛が成立し、第二行為については正当防衛が成立しないため傷害罪のみが成立し、これを一連の行為とみるならば過剰防衛となると考えられる。そこで、第一行為と第二行為の関係をいかに解するかが特に問題となる。以下、検討する。」 というように、かなり結論先取りな感じで書いちゃうかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。確かにその方が論述展開が不自然な苦スムーズに行きそうですね。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 自招防衛

    この事例問題がでたのですが論点、検討、要旨、最高裁の判決(判決について自分の考え)等をまとめるのですがうまく書けないのでわかるかたいらっしゃいましたらアドバイスお願いします。下の判決はわかる範囲で書きました。 (1)本件の被害者であるA(当時51歳)は、本件当日午後7時30分ごろ自転車にまたがったまま、歩道上に設置されたごみ集積場にごみを捨てていたところ、帰宅途中に徒歩で通りかかった被告人(当時41歳)がその姿を不審と感じて声をかけるのなどしたことから、両名は言い争いとなった。 (2)被告人はいきなりAの左ほおを手挙で1回殴打し、直後に走って立ち去った。 (3)Aは「待て。」などと言いながら自転車で被告人を追いかけ、上記殴打現場から約26.5M先を左折して約60M進んだ歩道上で被告人に追いつき、自転車に乗ったまま水平に伸ばした右腕で後方から被告人の背中上部または首付近を強く殴打した。 (4)被告人は上記Aの攻撃によって前方に倒れたが起き上がり、護身用に携帯していた特殊警棒を衣服から取り出し、Aに対しその顔面や防御しようとしていた左手を数回殴打する暴行を加え、よって同人に加療約3週間を要する顔面挫創、左手小指中節骨骨折の傷害を負わせた。 (5)被告人は前記(4)の行為について傷害罪で起訴された。被告人は本件傷害行為については正当防衛が成立する旨主張したが、原審はAの前記(3)の攻撃に侵害の急迫性がないとして正当防衛の主張を退けた。被告人が上告。 ・上告棄却 「前記の事実関係によれば、被告人はAから攻撃されるに先立ちAに対して暴行を加えているのであって、Aの攻撃は被告人の暴行に触発された、その直後における隣接した場所での一連、一体の事態ということができ被告人は不正の行為により自ら侵害を招いたものといえるから、Aの攻撃が被告人の前記暴行の程度を大きく超えるものはないなどの本件の事実関係の下においては被告人の本件傷害行為は、被告人においてなんらかの反撃行為に出ることが正当とされる状況における行為とはいえないべきである。そうすると、正当防衛の成立を否定した原判断は結論において正当である。

  • 正当防衛の事例について

    正当防衛の事例について 刑法の授業で論点をまとめたレポートを書く必要があるのですが、以下の事例ではどのような点が論点になるか、それと個々の学説についても、お詳しい方おられましたら、簡単にで良いのでご教授ください。 甲とAが路上で争っており、激高したAが通行人Bの金属製ステッキを奪い、甲に殴り掛かった。甲はAともみ合い、Bがそれを避けようとして転倒して負傷した。その後甲はステッキを拾い、Bを助けようとしたが、Aが背後からつかみかかったため、やむを得ずステッキでAの肩口を狙ったが、Aがその方向へ動いたため、頭部を打ってしまい、重傷を負わせ、Bのステッキは折れ曲がった。 甲の罪責を論じよ。 という事例なのですが、正当防衛や、緊急避難、あたりが論点となるのかなあと思うのですが、ちょっと整理が出来なくて、ご教授頂けますと助かります。

  • 正当防衛の事例について

    刑法の授業で論点をまとめたレポートを書く必要があるのですが、以下の事例ではどのような点が論点になるか、お詳しい方おられましたら、簡単にで良いのでご教授ください。 甲とAが路上で争っており、激高したAが通行人Bの金属製ステッキを奪い、甲に殴り掛かった。甲はAともみ合い、Bがそれを避けようとして転倒して負傷した。その後甲はステッキを拾い、Bを助けようとしたが、Aが背後からつかみかかったため、やむを得ずステッキでAの肩口を狙ったが、Aがその方向へ動いたため、頭部を打ってしまい、重傷を負わせ、Bのステッキは折れ曲がった。 甲の罪責を論じよ。 という事例なのですが、正当防衛や、緊急避難、方法の錯誤あたりが論点となるのかなあと思うのですが、ちょっと整理が出来なくて、整理の方向だけでも示していただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 刑法「正当防衛」について

    刑法「正当防衛」について 「正当防衛」成立要件には ?他より不正な侵害が行われること。 ?その侵害が「急迫」なものであること。 ?侵害行為を排除して自己又は第三者の権利を防衛する行為をすること。 ?防衛行為が「やむを得ずした行為」であること。 上記要件のうち?の「急迫」とは 法益侵害の危険が目前に差し迫っていることが必要であり、過去の侵害に対しては 認められない。 と書籍に載っていました。 たとえば、暴力を振るわれ、かっとなって相手を追いかけ殴りけがをさせた場合は ただの報復・仕返しとみられるわけですよね。 疑問に思うのは、 「目前」とか「過去の」とか、これは時間的な隔たりを要件としているということ なのでしょうか? 時間的な隔たりがあると、正当防衛は認められないということでしょうか? と、考えてみると新たな問題が・・・ 参考書には次のような場合も成立すると書いてありました。 『甲は再三にわたり泥棒に入られたので、泥棒よけに自宅の塀の上にガラス片を埋 め込んでいたところ、ある夜塀をよじ登って侵入しようとした泥棒が、そのガラス 片で、全治一週間の怪我をした』 上記の場合も正当防衛が成立するとありました。 「時間的」なものではないということなのでしょうか??? 是非、アドバイス回答をよろしくお願いします。

  • 警察と検察と正当防衛

    実務上、正当防衛が成立して違法性が阻却されるのが明白だと警察が判断しても、 正式に無罪と判断するのはあくまで検察であることから、 とりあえず警察は犯人以外に正当防衛した人についても書類を検察に送るのですか? すなわち、警察に残るデータはあくまで構成要件までのことで、 検察により最終的に無罪になっても 警察内部ではこいつは傷害行為をしたとされるのですか?

  • 正当防衛?過剰防衛?

    正当防衛、過剰防衛の判断基準というのに、一般的な基準はあるのでしょうか? 例えば、包丁をもった押し込み強盗に、こちらもたまたまそこにあったバット(特に準備していた訳ではない)で強盗を叩き、重傷を負わせた場合は、過剰防衛になるのでしょうか? 過去の似たような判例で判る方いらしたら、教えてください。 また、こちらが空手とか柔道の有段者だった場合、正当、過剰防衛への判断基準に影響出るのでしょうか? また、もしその強盗が女性、高齢者、未成年者、身体障害者(特に格闘技経験とか無し)で、こちらが20-30代の一般的男性の場合、正当、過剰防衛への判断基準に影響出るのでしょうか? 宜しくお願い申し上げます。

  • 過剰防衛?正当防衛?

    ・口論の延長のような形でやるなら表へ出ろと当方が言った。(口論の発端は相手) ・相手が自宅から出てきた瞬間殴りかかってきた。 ・相手の攻撃はまったく当たらず、当方が投げ飛ばし、蹴り等を顔面に数発いれて、馬乗りになり、謝罪があるまで5分ほど殴打した。 ・当方、武道の経験があり、体格差も非常にありました。 以上の条件が揃った場合、正当防衛が認められますか?それとも過剰防衛になりますか? ご回答お願いします。 ちなみに学生なのですが、相手には処分なし、当方には停学処分が下されました。

  • どこまでが正当防衛?

    以前テレビで、 「侵入した泥棒を殺しても正当防衛になる」 「道端で危害を加えられそうになった時、相手にケガをさせても大丈夫」 という説明を聞きましたが、本当でしょうか? 身が危険にさらされた時でも、抵抗してケガをさせると過剰防衛になる。 と教わったこともあります。 正当防衛の範囲が今ひとつわからないのです。 この前、道端でカツアゲ(ナイフ所持)に遭遇したとき、相手の顔面を蹴りました。

  • 痴漢冤罪で逃げる際に女を線路に突き落として電車に轢き殺されても正当防衛

    痴漢冤罪で逃げる際に女を線路に突き落として電車に轢き殺されても正当防衛にならないんですか? よく、痴漢冤罪事件があります、テレビではよく痴漢に間違えられたら必死に逃げろと言いますが逃げたら余計に怪しまれ単純逃走罪が成立してもっと罪が重くなるんじゃないですか?また、その女に逃げるために暴行を加えると加重逃走罪になりますよね?ましてや運悪く線路に女が落ちた場合、運悪く電車に引かれたら殺人や傷害致死になりますか?僕は正当防衛(それか過剰防衛、緊急避難)と思うですけど?どう思いますか?

  • 両方が加害者??正当防衛は無理か?正当防衛にならないかお願いします

    両方が加害者??正当防衛は無理か?正当防衛にならないかお願いします まずお互いに意見が違いあい、私が肩をポンポンと軽く触ったら相手が殴りかかってきたんです そして髪を引っ張られて、その防衛に一発殴ったのですが この場合は髪を引っ張るのから身を守るために正当防衛とは認められませんか? 多分詳しく覚えていないのですが私の2発目入れたのは、その後騒ぎを聞きつけて、飛んできた人達に、お互いが羽交い絞めにされ取り押さえられている時にお互いに挑発し合って、相互に一発入れました これはシチュエーション的にもお互いが挑発し合って一発入れているわけだから、私の2発目の殴りを正当防衛と主張するのは無理でしょう・・・ 一度でも挑発入れている場合の殴り合いがあれば、前半が髪の毛引っ張るのから守るためにした殴りも正当防衛には入りませんか? そもそも私を殴るきっかけが肩をポンポン触ったのが原因でもあれば 肩ポンは挑発行為にも見受けられて正当防衛には当たらないってことになりますか??? 要するに私が肩ポンして殴られる→殴られ髪を引っ張られる→髪引っ張られるのを防衛するために相手を殴る→しかし肩ポンが原因で殴られたから、元々原因作って殴られたんだから相手殴っても正当防衛には当たらない。 だけど肩ポンより前の口論があったわけだから 私の肩ポンが相手が殴ってきた原因になるのかどうか微妙です とりあえず事件をチャート的にすると 口論→私が肩ポンポンする→相手殴ってくる→髪引っ張られて防衛のために相手殴る→騒ぎを聞いた皆が飛んできて私と相手の二人を破壊締めで取り押さえる→取り押さえられている状態から、お互いに挑発し合い両者一撃入れる→終わり 流れ的にこんな感じですが やはり髪の毛を引っ張られたから防衛のために殴るのは正当防衛にも入らないのでしょうか? あと殴ってきた相手は空手や武道などを習っている者でした これは相手を訴える際の何かのプラスになりますか? まず、格闘家が手を出 したら武器とみなされ る場合があるってのは ご存知ですよね? 空手を例にしますが色 帯(白黄茶など)でし たら武器とはみなされ ません。有段者(黒帯 )で尚且つ大会で実績 を上げている場合にた まに適応されるという くらいらしいですが、どうですか?相手は黒帯です 武道の有 段者が行うと過剰防衛 として暴行罪、傷害罪 に問われる可能性があ るそうですが、 空手に限らず格闘技等をやっ てる人は喧嘩すると罰せられるそうですが、この範囲を含めて今回の件はどうですか? 私が不利か相手が不利か? また執行猶予中なのであまり騒がせて大袈裟にしない方が身のためだと周りはいいます、見逃せと もし正当防衛が成立しなければ最悪、傷害で逮捕、執行猶予取り消しになる可能性もありますか??