• ベストアンサー
  • 困ってます

金利が上がると困るのは実は不安定な金融機関と国だけな気がします。そこで、質問です

お世話になっております。 金融を勉強している者です。 ちょっとみなさまのご意見をちょうだいしたいと思います。恐縮ではございますが、よろしくお願いいたします。 近ごろ金利が上昇しています。 政府日銀は懸命に金利が上がらないように資金を金融市場に供給しています。 そこで疑問に思うのが、「金利が上がる事ってそんなにマズイの?」です。過去に速水総裁が意図的に公定歩合を上げて景気を悪化させた事がありますが、同じ轍を踏まないためにこんなに金利上昇に警戒しているのでしょうか? 個人的には、これだけ金利が低くても市中に回らないんだから、いっそのこと市場機能に任せて(=もっと金利を上げて)外国からの資金を流し込んだらいいのにと思いますが、この考えはまだ本質的ではないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数114
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

日銀が長期金利が急激に上がらないように資金を金融市場に供給しているのは、ご指摘のように企業の設備投資に悪影響を与えないように景気に配慮した政策ですが、それに加えて急激な金利の上昇により、現在大量に抱えている金融機関の国債の価格が暴落し、含み損が金融機関の自己資本比率に影響することを恐れている側面も無視できません。 金利が低くても現在市中にお金が回らないのは、物価が下がっていく現状に起因します。物価が低下していく状況では、企業は設備投資や在庫投資をしても製品を売る段階で金利コストに見合うだけの利益は見込めず、資金を借りるどころか借り入れ金を大量に返済しているのが現状です。優良企業が有利子負債をどんどん返済しているのは、実質金利(物価の下落率+金利)で利益を生み出すことが出来ないと考えているからです。 市場機能に任せて、外国から資金を取り入れたらとのことですが、金利を高くしても余計誰も借り手がありません。市中にお金が回っていないのは、あくまで需要がないからで、金詰りで困っている企業の大半は業績が悪く、金融機関も貸し出しリスクが高い企業で、高い金利で借り入れても将来返済や金利の支払いが出来ないような業績の企業なのです。 但し、市場機能を無視して、社会的影響や弱者救済目的で一部公共機関が資金の供給を行っています。りそな銀行への資本注入や産業再生機構などはその例です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなりすみません 一生懸命勉強しているつもりですが、逆に近視眼的な見方になっていたようです 視野が広がる意見をいただきありがとうございます 今後ともよろしくお願いいたします

関連するQ&A

  • 日銀の金利政策についての質問

    日銀の政策金利誘導目標について教えてください。 短期金融市場での無担保コール翌日物金利を上げるように操作するというのは分かるんですが、 何故、どのように介入するのか分かりません。 加えて、公定歩合との関連も知りたいです。

  • 日銀の政策についての質問

    日銀の金融政策は金融機関への利子を上下することで市場の貨幣量を調整する&公債を売り買いすることで市場の貨幣量を調整する、だったと思いますが、この知識だけでは理解できることが少なく困っています。 どなたか、詳しい方、ご教授お願いします。 (1)ゼロ金利政策とは?? ゼロ金利政策とは日銀が短期金融市場に大量のお金を入れて金利がゼロでお金が借りれる状態を作ったと本に書かれているのですが・・・。 短期金融市場そもそも何なのか?? ゼロ金利とは公定歩合の金利0とは違うものなのか?? (2)無担保コール翌日物とは??政策金利とは?? 公定歩合と無担保コール翌日物の違いがわかりません。 公定歩合とは日銀が金融機関に貸し出す金利ですよね!? これが最近はターゲットにしていないと聞きます・・・。 日銀が貸す金利は沢山種類があるのでしょうか?? その日銀が貸すすべての金利平均を政策金利とか呼ぶのでしょうか?? 一般金融機関がの平均金利の目標なのでしょうか?? (3)日銀が金融政策を行う資金はどこからでているのでしょうか?? 日銀が金融機関に資金を貸したり、公開市場操作の際に仕様する資金はどこからもってくるのでしょうか? 発券銀行として、新しい紙切れを日銀が独占的に容易しておいてそれを運用しているのか? 金融機関が預金準備率で集めたお金だけで操作しているに過ぎず、発券銀行としての日銀の役割は古くなったお金を新しくするだけなのでしょうか??

  • 「金利」の定義

    一般に金利といえば、 (1)貸し出す側が受け取る「利息」 (2)貸し出す側が受け手に支払う「利子」 のどちらを指すものでしょうか? また、日銀が公定歩合を上げるということは、金利上昇の効果があるち解説されますが、この場合、市中銀行にはお金が必要になる(不足)ので(1)でいう利息のことを金利と言っているのでしょうか?よくこんがらがります…

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • exotic
  • ベストアンサー率43% (13/30)

先ず今回の金利上昇の論点をクリアにする必要がありますね。、これは資金需要が高まり上昇した訳ではなく、金融緩和下で行き場を失ったお金が国債に回り、株価上昇をきっかけに国債が売られた事(債券価格の下落=利回り上昇)にあると言った点です。 次に健全な経済状況下において資金需要による金利上昇は自然だと考えられます、がしかし、現在の日本において金利上昇、通貨高(外国からの資金流入等)は望まれません。 中学で学びました 経済が良くない時は 財政政策、金融緩和、自国通貨安。即ち財政政策が取れない今の日本は上記の通り金利上昇は望まれないのす。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなりすみません ポイントを抑えてあり非常に分かりやすいです 本を読んだりしながら勉強しますので今後ともよろしくお願いいたします

  • 回答No.1
  • k-a
  • ベストアンサー率41% (17/41)

金利が上がることが悪いのではなくて、実体をともなわないで急激にあがることがマズイんじゃないでしょうか?いま金利が急に上がったら、企業の設備投資がさらに落ち込んで、せっかく出てきた景気回復の芽を摘むんでしまいませんかね。金利が上がって流れ込んでくる外国資本は投機筋ですから、今以上に市中にお金は流れないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなりすみません 非常に分かりやすい内容です 今後もっと勉強しますので今後ともよろしくお願いいたします

関連するQ&A

  • 公定歩合UPでなぜ金利(預金金利)UP?

    大変恥ずかしい質問なのですが、 まえからの疑問でしたが誰にも聞けませんでした。 専門用語がわからないのでこの質問では かってに自分で言葉を以下のように定義します。 お金を銀行から借りるときにつく利息率「貸出し金利」 を銀行に預けるときにつく利息率「預け入れ金利」 なぜ公定歩合があがると預け入れ金利がアップ するのでしょうか? 公定歩合があがると貸し出し金利が上がるのはわかります。 公定歩合UP=市中銀行への貸出し金利UP=市中銀行が 日銀から高い利息でかりなくてはならない=市中銀行は あとで日銀へ高い利息をつけて返さなくてはならない>そのために、市中銀行は市場に高い利息で貸し付けなければならない。というのはわかるのですが、 それではなぜ、公定歩合が高いと預け入れ金利が高く なるのでしょうか? また、なぜ昨今のように低金利時代だと銀行は利ざやが大きく、高金利だと利ざやがちいさいのでしょうか? だって、低金利時代=銀行は預金者に利息を少ししかつけない、でもその一方で借り手にも安い金利でお金をかす。 それでは結局、利ざやは大きくならないのでは? もちろん預金者には少しの利息で、借り手には高い利息で 貸出すというのであれば利ざやはでかくなるというのは わかるのですが・・・ どうしてもわかりませんおしえてください。 どうももやもやしたものが晴れません。

  • 日銀の金融政策による金利や景気への影響について

    日銀が景気対策のために金融緩和で買いオペを実施して。市中の銀行から国債を買った場合、国債価格は上昇、国債の金利は下降しますね。 逆に売りオペをしたら、国債価格は下降、国債金利は上昇します。この時の金利って、短期金利ですか?長期金利ですか? もし短期金利、長期金利ともに上下するのだとすると、景気対策が功を奏して、景気が良くなって、需要インインフレが生じた場合、金融市場のお金はより儲かる株や土地に流れ、国債は売られます。そうなると国債の長期金利が上昇します。 今度は日銀は景気の過熱を防ぐために、金融引き締めで逆に、売りオペで手元の国債の売却をしますので、長期金利のさらなる金利上昇を招くことになるのですが、こんなことしていいんですか?

  • 金融緩和での質問です。

    金融緩和での質問です。 金融緩和とは、 (1)買いオペ等で日銀が民間銀行の国債を買い取り、資金を民間銀行に増やす。 (2)政策金利というものを下げる。 (3)ちなみに政策金利とは何ですか?公定歩合とは違うのですか。 あー、教えてください。。。

  • 中国の短期金融市場について卒論を書こうと考えております。

    中国の短期金融市場について卒論を書こうと考えております。 文献 資料 本 サイトなど詳しい方がおりましたら教えていただきたいです。 私の考えては現在の中国の短期金融市場は公定歩合or公開市場操作といったような政策を駆使して短期的な資金調節をおこなっているのではないのかと考えております。 以前の日本の政策のようで、今後も興味が尽きません。 そして現在の日本での短期金融市場ではオーバナイトもの!!となイメージがとてもつよいです。 この点に詳しい方はこの違いをどう考えますか? 中国は先進国の上手な道をたどっている気がするのですが・・・ ぜひ、こうじゃないか?といったような意見をお聞かせください! 資料文献についてもお待ちしております。

  • 金融機関による国債購入について

    最近日本の長短金利は若干上昇傾向ですが、 日本は長いこと長短金利差が逆転していません。 ということは金融機関は金融市場で大量に短期資金を借りて 長期国債を購入すれば金利差を享受できると思うのですが? 要するに預金者から金を集めて企業に融資するよりも 簡単に利益をあげれませんか?というのが質問の趣旨です。 インターバンクなどのしくみは全く分かっていないので、 全く荒唐無稽な質問かもしれません。 アメリカのように長短金利が逆転するリスクを考えているのでしょうか?

  • 日銀からお金を借りる市中銀行のことで・・・

    Q1、公定歩合が上がった場合は貸出金利を上げる(連動)と聞いたのですが理由を教えてください。 Q2、公定歩合が上がった場合は借入金利を上げると聞いたのですが理由を教えてください。 Q3、企業は、市中銀行から借りたお金を例えば何に使うのでしょうか??

  • 政策金利の操作対象は、無担保コールor国債や手形?

    【↓ウィキペディアの「政策金利」のページより抜粋】 現在は、公定歩合を操作する代わりに民間銀行が資金の運用と調達を行う短期金融市場の金利(無担保コール翌日物の金利)を操作することで金融政策を継続。 具体的には公開市場操作により、日銀が民間銀行から国債や手形を買い取る買いオペレーション(買いオペ)を行い、金利を下げる操作を続けた。 【私の質問】 日銀が金利を下げるために民間銀行から買い取っているのは「無担保コール翌日物」なのでしょうか?「国債や手形」なのでしょうか?  返信・お礼は夜遅くか、明日になるかもしれません  お暇な時にでもご回答いただけたら嬉しいです。

  • 政策金利 公定歩合 無担保コール翌日物 について

    政策金利 公定歩合 無担保コール翌日物の概念というか関係性がよくわかりません ウィキペディア調べですが 「政策金利」=中央銀行が一般の銀行に融資する際の金利 「公定歩合」=日銀が民間銀行へ貸し付ける基準金利 「無担保コール翌日物」=短期市場の金利 とありました。 しかし現在の政策金利は公定歩合ではなく、無担保コール翌日物だそうですが そうすると、上記の定義と矛盾するとおもうのですが。 あくまで政策金利は、日銀と一般銀行間の金利ではないのでしょか。 それとも政策金利の定義が変わったのでしょうか。

  • 公定歩合と政策金利は同じ?

    少し前にTBSの番組で公定歩合の呼び方が変わって 今は政策金利と呼んでいると言っていましたが ふと思いつきWikiで調べると 「公定歩合は政策金利ではない。」と書いてあります。 実際の所、どうなのでしょうか? 判り易く説明して頂ける方、宜しくお願いします。

  • 政府が金利をあげましたが・・・

    政府が金利をあげましたが・・・ なんていう金利をあげたのですか? 政策金利でしょうか? 公定歩合なのでしょうか? よくわかってません。 教えて下さい。