• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

南海汐見橋線について

南海汐見橋線について 将来構想があることは周知のとおりです。 それにしても、 (1)複線の維持 (2)鉄道の維持 は疑問です。どのような意図があるのでしょうか。 構想実現の折に整備すればいいのではないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数969
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • anorack
  • ベストアンサー率30% (86/285)

将来の構想とは、大阪圏の鉄道整備に関する1989年の運輸政策審議会の答申において提言された 「南海の高野線の支線である汐見橋線が新設されるなにわ筋線と接続して直通する」事ですね。 2004年の同様の答申でも引き続き提言されていました。 質問者様の二つの疑問について、考えてみました。 (1)複線の維持について: 「南海汐見橋線は30分に一本しか電車が走っていないんだから、なにわ筋線が完成するまでの期間、 それどころか、昔にさかのぼって、高野線の難波乗り入れに伴って閑散路線に転落した時点から、 汐見橋線を一旦複線から単線すれば、線路や架線などのインフラ保守費用の削減が出来て、 鉄道経営上メリットがあるはずだ」と質問者様はお考えになっているはずかと思いますが。 単線化した場合、次述べる“不法占有と時効取得”のリスクがあって、複線を維持せざる得ない、と思います。 つまり、二本の線路の内、一本をはがして遊休地(空き地)にするという単線化を実施した後、 元線路だった空き地に、南海所有の土地にもかかわらず、誰かが侵入して、 資材置き場にしたり、はては家庭菜園にしたりと、不法占有を開始してしまいます。 この不法占有自体が、平穏にある一定期間経過すると、民法の取得時効により、 元線路だった土地の所有者が本来の南海では無く、占有した人になってしまいます。 “不法占有と時効取得”の詳細は以下のWIKIを参照して下さい。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%96%E5%BE%97%E6%99%82%E5%8A%B9 汐見橋線沿線は歴史的背景上住民の権利意識のかなり強い所なので、 “不法占有と時効取得”のリスクが大きすぎます。 複線化用地の遊休地状態期間が長ければ長い程、益々“不法占有と時効取得”されてしまいます。 そうならないようにと、高いフェンスを設置しても、破壊されて不法占有されるか、 防音壁なら「景観悪化を招いている!」とか「街を分断している!」云々のクレームに留まらず、 権利意識がかなり強いので何かと糾弾されるリスクもあり得るでしょう。 そんな数々のリスクが想定されるならば複線のままが良いと言う事です。 ちなみに、JRの城東貨物線の貨客併用化による“おおさか東線”整備事業の放出駅以北の開業が 遅れに遅れている原因の一つが、25年以上も前の国鉄時代に、 国鉄が複線化用地の遊休地状態を放置して各所で不法占有が起き、それら不法占有を長年放置してしまって、 用地取り戻しで難航しているからだそうです。 (2)鉄道の維持について: なにわ筋線が完成するまで、休止もしくは一旦廃止して元線路用地を後の復活前提の遊休地として 南海が所有したままであっても、 (1)で記述しました“不法占有と時効取得”のリスクが、休廃止期間に比例して、よりさらに大きくなって、 不法占有者によって家屋を建てられて、居住でもされたら、 後に復活する際に、おおさか東線みたいに、土地を巡る争いで開業遅延など、かなり面倒な事になるので、 結局、維持した方が良いでしょう。 汐見橋線や城東貨物線に限らず、 都市圏において、複線化等の線増用準備用地もしくは廃線等の元線路だったなどの鉄道会社の遊休地が、 いつのまにか不法占有されてしまい、資材置き場とか、家庭菜園とか、はては家屋を建てられてしまったりする事は、 特に前世紀には、よくある話だそうです。 以下、なにわ筋線についての個人的な見解: 南海の主要路線が汐見橋線経由で以てなにわ筋線へ直通する構想自体、 「バブルの頃の答申から20年以上経って情勢が変わった今となっては、正直言って何のメリットがあるのか?」 と疑わざる得ない程、愚策です、言い過ぎになりましたが。 やはり、難波駅経由で南海の主要路線がなにわ筋線へ直通するべきです。 言い換えれば、なにわ筋線と南海は汐見橋駅では無く難波駅で接続するべきです。 難波接続の方が、南海の主要路線のユーザーのみならず、なんばパークスと称する都市再開発を代表される様に 南海のターミナルである難波に長年多大なる投資を行ってきた南海自身にとっても、大きなメリットがあるはずです。 また、御堂筋線の混雑緩和にも役に立つでしょう、但し市交通局は収入減となり困るが。 難波接続も当局によって調査されて否定もされていないので、汐見橋接続では無く、便利な難波接続に変更されるでしょう。 当初の答申通りとはならず、後に変わることは、よくある話です。そうなれば、汐見橋線は廃止になるでしょう。 以上。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 南海高野線について

    南海高野線の大阪側起点は汐見橋駅らしいのですが(一般的には汐見橋駅ー岸里玉出駅間は汐見橋線) この汐見橋線というのは近い将来に廃線になる可能性が無くもないらしいです もし汐見橋線が廃線になれば高野線の起点は何駅になるのでしょうか?

  • なにわ筋線が開通したら南海岸里玉出駅は??

    私個人的にはこの線の開通の可能性は低いと思っていますが、もし着工が決定した場合、疑問があります。 JRと南海の両線に接続するとのことで、JR側はJR難波駅がその予定を見越した作りになっていると聞いたことがあります。 一方南海側は現在の汐見橋駅を廃止して地下に新たに駅を設けると聞いております。 で、ここまではよいのですが、南海は汐見橋から先、関西空港までラピートを走らせる予定なのでしょうが、問題は南海本線への接続駅である岸里玉出駅の構造です。 正直、改良は困難だと思うのですが、どう思われますか? 現行どおり、南海本線直通にせず岸里玉出止にすれば問題ないと思いますが、それではなにわ筋線の意味がなくなるような気がしますし・・・。 初めから直通運転させる構想があるならなぜ岸里駅と玉出駅のまま、すなわち直通運転可能な構造を残さなかったのでしょうか? にもかかわらずなにわ筋線の構想があるためだけに汐見橋線を維持させている、というのは矛盾があるような気がします(決してぼやいているわけではありません)。 そういう意味でなにわ筋線は未成線で終わるような気がしてならないのですが(JRのみ接続ならまだ可能性はあるかも??)。

  • 南海汐見橋駅の駅員さんの仕事

    乗りテツです。来る8月の休暇を利用して関西方面を旅行しようと計画しているのですが、そこでちょっと地元のテツの方に質問です。 私はいわゆる乗りテツで、収集テツではないのですが、旅行先で使用したキップは旅行の記録の一部としてなるべく手元に残すようにしています。その際、その記録として手元に残すキップは無機質な端末券より、手作り感のあるキップのほうが良いですよね。 さて、南海の汐見橋駅ですが、汐見橋線の他の駅が無人駅であるのにこの駅だけ駅員さんがいますが、この駅で補充券などの発行がしてもらえるのか、その点につきまして知りたいのですが、いかがでしょうか。 ここの駅員さんは、電車の運転管理のためのみのためにいるのでしょうか。きっぷの発行などの業務もしているのでしょうか。 如何なものか、回答をいただければ幸いです。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

>休止しておいて復活させるのはダメですか? 災害復旧等止む得ない事情であれば別ですが、赤字理由の運休は、自治体や地元との協議に時間を要し、協議が整っても、実際に運休すれば、事業免許の取り消しに繋がる可能性があります。 つまり、赤字で運休するけど、なには筋線への乗り入れには手を上げる。 こんな身勝手な行為は、都市交通審議会で答申されるよしもありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

南海電鉄としては、北への進出は悲願です。 堺筋線計画の折も、天下茶屋からの乗り入れには相当前向きであったようです。 ただ、余りにも規格が違い過ぎるので、技術的にも困難との判断から断念した経緯があります。 現状、仮称なにわ筋線は構想段階で、計画の具体化は進展していません。 しかし、廃線にするには、地元の合意が得難い事。 一旦、廃止すると改めて事業免許が得難くく、将来の目を摘む事になります。そう言う事も含め温存しているものと思われます。 以下は、なにわ筋線についての個人的な予測です。 多分、JR難波・汐見橋⇔梅田北ヤード付近までは、上下分離方式(インフラ整備と運営を分離)になると思います。 しかし、梅田北ヤード付近⇔新大阪は、JRの敷地や既設線路の活用が現実的です。 そうすると、第三種鉄道事業者ではなく、JR自ら第一種鉄道事業者として整備する方が現実味があります。 つまり、南海の進出は梅田止まり。新大阪への乗り入れは可也難しい状況になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

単線化するとか、休止してバス代行輸送にするとか、 廃止が難しいのは皆様の言われるとおりです。 休止しておいて復活させるのはダメですか? いちばん経費がかからない方法と思うのですが。

  • 回答No.5

南海電鉄としては、北への進出は悲願です。 堺筋線計画の折も、天下茶屋からの乗り入れには相当前向きであったようです。 ただ、余りにも規格が違い過ぎるので、技術的にも困難との判断から断念した経緯があります。 現状、仮称なにわ筋線は構想段階で、計画の具体化は進展していません。 しかし、廃線にするには、地元の合意が得難い事。 一旦、廃止すると改めて事業免許が得難くく、将来の目を摘む事になります。そう言う事も含め温存しているものと思われます。 以下は、なにわ筋線についての個人的な予測です。 多分、JR難波・汐見橋⇔梅田北ヤード付近までは、上下分離方式(インフラ整備と運営を分離)になると思います。 しかし、梅田北ヤード付近⇔新大阪は、JRの敷地や既設線路の活用が現実的です。 そうすると、第三種鉄道事業者ではなく、JR自ら第一種鉄道事業者として整備する方が現実味があります。 つまり、南海の進出は梅田止まり。新大阪への乗り入れは可也難しい状況になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

南海電鉄としては、北への進出は悲願です。 堺筋線計画の折も、天下茶屋からの乗り入れには相当前向きであったようです。 ただ、余りにも規格が違い過ぎるので、技術的にも困難との判断から断念した経緯があります。 現状、仮称なにわ筋線は構想段階で、計画の具体化は進展していません。 しかし、廃線にするには、地元の合意が得難い事。 一旦、廃止すると改めて事業免許が得難くく、将来の目を摘む事になります。そう言う事も含め温存しているものと思われます。 以下は、なにわ筋線についての個人的な予測です。 多分、JR難波・汐見橋⇔梅田北ヤード付近までは、上下分離方式(インフラ整備と運営を分離)になると思います。 しかし、梅田北ヤード付近⇔新大阪は、JRの敷地や既設線路の活用が現実的です。 そうすると、第三種鉄道事業者ではなく、JR自ら第一種鉄道事業者として整備する方が現実味があります。 つまり、南海の進出は梅田止まり。新大阪への乗り入れは可也難しい状況になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

将来構想はかなり具現化しております、というか南海は新大阪延伸が悲願でもあります。ですのでその時が来るまで何もせずに現状を維持するという事に関しましては一番費用が掛からない手法として有効と思います。運休するにしても線路維持には費用が掛かります。僅かでも運賃収入を得る事は鉄道会社にとって必要な営業努力です。 (1)(2)を疑問に思うという事は、一旦南海は手放せば良い、それとも(1)だけなら単線化工事とか、そういう意味でしょうか。確かに潮見橋線は赤字路線です。しかし新たに新設となればそれ以上の甚大な費用が発生する事は想像に堪えません。確かに設備は使えば使うほど消耗はしますが、使わずに風化させたら全く使い物にならなくなります。 また、一時的にせよ路線を廃止し商用地などに転換するとした場合、近い将来に鉄道会社に返却が決まっている土地にどれほどの企業が出展するのか、もし住宅転換だったらどれだけの家が建つのか、まず殆ど買い手はないものと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

単線化するとか、休止してバス代行輸送にするとか、 廃止が難しいのは皆様の言われるとおりです。 休止しておいて復活させるのはダメですか? いちばん経費がかからない方法と思うのですが。

  • 回答No.1
  • FEX2053
  • ベストアンサー率37% (7927/21141)

古い銀塩カメラみたいなもんで、「将来何か使えるかも知れないし、とりあえず置いておく」という感じでしょうかね。廃止するとしたら手続きも周辺住民との交渉も面倒だし、放置して再開するというのも面倒なコトがあるし、大してコストもかからないからそのままにするか・・・と。 南海の場合、加太線や高師浜線、多奈川線など、今や置いといても意味が無いけどとりあえずやっておくか・・・という路線って他にもあると思いますし、先行き何かありそうな汐見橋線(高野線)より、そっちの方がよっぽど先の話だと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

単線化するとか、休止してバス代行輸送にするとか、 廃止が難しいのは皆様の言われるとおりです。 休止しておいて復活させるのはダメですか? いちばん経費がかからない方法と思うのですが。 加太線、高師浜線、多奈川線の状況は知りませんでしたが 将来はあるのでしょうか。

関連するQ&A

  • 大阪の、この路線のできた経緯」について教えて下さい

    以前必要だったが、いらなくなったので廃止された路線ってありますよね。田舎だったらコストをペイできないためおしまれつつ、廃線にすることもあると思いますが、この大阪で、なんでっっつう路線が。南海の汐見橋線。あれは何のためにでき、なぜ今も、むしろきれいになり存続しているのですか?(弁天町~大阪港間の路面電車は港を作るため必要だったが、港ができたので廃止。今は人口が増えたので地下鉄が伸びましたが) あと、堺の方にいってるチンチン電車も不可解です。

  • 南海の汐見橋線

    地下鉄との、相互乗り入れの話が噂されてもう数年に成りますが、本当の所の話はどう成って要るのでしょうか、南海側としても、このままでは何れは廃止と言う事態に成りかねないのでは有りませんか、歴史有る此の線が無くなる事はファン成らずとも、残念で仕方が無いのですが。

  • 大阪府知事が南海と御堂筋線の相互乗り入れを提案

    松井一郎知事は12日、南海電鉄の山中諄会長と府庁で会談し、中百舌鳥駅での地下鉄御堂筋線との相互乗り入れを提案した。 府は鉄道網整備のため鉄道事業者間の調整役を務めることにしている。 山中会長は市営地下鉄とはレール幅が異なり、高低差が大きいことから、相互乗り入れは「長期的に取り組まなければならない」と答えた。 http://mainichi.jp/area/osaka/news/m20140613ddlk27010371000c.html 線路幅も集電方式も全く違う両社ですが可能なんでしょうか? 可能であれば費用が1番かからない形になると思いますが、どう言う形(南海方式統一 or 地下鉄方式統一 or フリーゲージand両集電方式の採用等)で納まるのでしょうか?

  • 【大阪都構想の闇】大阪都構想はやらない方が良いので

    【大阪都構想の闇】大阪都構想はやらない方が良いのでは? 家に「この一冊ですべてがわかる 保存版 都構想まるごとスッキリBOOK」という冊子が郵便ポストに投函されていました。 読んでビックリしました。 P.12 府と市の意見がまとまらず、インフラ整備も停滞していました。 例として、「淀川左湾岸線延伸部」が上げられていて、府と市の費用負担の議論に結論が出ず未整備に。 と書かれていましたが、大阪万博に向けて淀川左湾岸線延伸部工事は進んでますよね? 大阪都構想が実現しなくても淀川左湾岸線延伸部は完成します。 ということは、大阪都構想が実現しなくても整備されるものを大阪都構想が実現しないと出来ないというのはおかしいし、もう大阪都構想自体が不要なのでは?と大阪都構想が実現すると出来る未来のシナリオが大阪都構想が実現しなくても出来る証明になってしまっています。 逆に大阪都構想実現に物凄く税金が無駄に使われています。この冊子も最初は漫画から入ります。 まるで進研ゼミです。 大阪都構想が実現しなくても2024年にはうめきたが緑豊かな森に!が実現します。 全く大阪都構想の成果ではありません。 他人の成果を横取りして、さも大阪都構想の成果みたいに紹介しています。 他人の成果を横取りして勝手に自分の成果にする大阪都構想って本当に必要でしょうか? しかも大阪都構想は一回選挙をして負けているんです。それをまた勝つまで選挙をやり続けている。 府立中央図書館と市立中央図書館という中央図書館が2つあって税金の無駄と言います。同じような施設が必要でしょうか?と畳み掛けます。 でもある場所が違いますよね? 大きな図書館が大都市大阪に2つあって利便性は上がってるわけですよね。2つの図書館が同じ敷地内に同じ場所にあるわけじゃない。 本当に大阪に大阪都構想って必要ですか?パンフレットを見て大阪都構想に不信感が出ました。

  • 南海汐見橋線の本数の異常な少なさは何故?

    南海電鉄の汐見橋線(高野線支線)はまだ乗った事のない 非関西人の者ですが質問致します。 この路線は、運行本数が毎時2本と極めて少なく、大阪市内の都心部を 走る路線としては極めて異質に感じます。 特に、「木津川駅」(大阪人権博物館の最寄り駅)は1日の乗降客が 平均約100人という驚異的な少なさの無人駅です。 このような乗降客の少なさの理由はなんとなく予測は出来ます。 (1)汐見橋線はかつては高野線と直結していたが、現在は盲腸線と なってしまいターミナル駅としての機能は難波駅に奪われて 閑散化した。 (2)汐見橋線沿線の地域から堺市方面へ行きたい時は、 南海本線の方が便利なため汐見橋線をわざわざ使う必要性が薄い。 (3)汐見橋線沿線は工業地帯のため、もともと人口が少ない。 (4)不便になったから利用客が減る→運行本数が減る  →また利用客が減る→この悪循環。 さて、このような理由が考えられるものの、これだけでは、 まだ説明不足な気がします。 毎時2本の閑散路線という異常な状態としては、他にまだ何か原因が ある気がします。 ご意見を願います。

  • 東武東上線の複線化について

     東武東上線は3月に森林公園~武蔵嵐山間が複線化され、同区間につきのわ駅が開業しました。  さて、武蔵嵐山から先についても複線化の計画があるようですが、特定都市鉄道整備事業による計画は武蔵嵐山から3キロの地点までのようですね。武蔵嵐山から次の小川町までは約7キロは離れており、東上線の中では1番駅間距離が長い区間ですから、途中までしか複線にならないということになってしまいます。  東上線は小川町まで複線にはならないのでしょうか。それとも一応、小川町駅まで複線化になる見込みはあるのでしょうか。  マニアックな質問ですが、東上線に詳しい方、お願いします。

  • 第二青函トンネルについて質問です

    青函トンネルの新幹線と貨物列車の共存問題について、第二青函トンネルなるものを掘れば良いという意見がありますよね。 実現しないと私は思っていますが、実現するとなるとどのくらいの歳月を必要とすると思いますか?青函トンネルのときと同じくらいの年数がかかりますか?それとも、当時よりも技術が進んでいると考えられるので、はるかに短い年月で実現すると思いますか? ちなみに、私は第二青函トンネルの構想に大賛成です。新幹線は高速で走ってナンボです。整備新幹線の260キロでも満足できません。360キロで走行して初めて満足できます。中国の高速鉄道ではスピードを速くし過ぎたため事故を起こしましたが、日本では問題ないと思うのです。 そもそも、公共事業は雇用対策にもなります。建設会社は潤って、それに伴って日本経済のデフレも解消できると思うのです。

  • 阪神なんば線と南海汐見橋線の接続

    Wikipediaの阪神なんば線の記述に以下のようなものがありました。 【以下引用】 桜川駅も南海汐見橋駅に隣接しているが、汐見橋駅発着の列車本数は30分に1本程度と少なく、南海本線や南海高野線高野山方面への乗り継ぎも便利ではないため、関西国際空港・和歌山県方面へのルートとしては一般的ではない。ただ津守駅・木津川駅などから西宮・神戸方面へ向かうにはそれなりの改善が図られている。 【引用終了】 「それなりの改善」とは、具体的にどういうことなんでしょうか?

  • 実現率は?:東京圏において2015年までに整備すべき鉄道路線について質問です

    2015年までに整備すべき鉄道路線を記載した図を発見しました。 この計画図についていくつか質問です。 1、既存路線の改良等の事業 http://www.mlit.go.jp/kisha/oldmot/kisha00/koho00/tosin/kotumo/images/zu1.jpg 2、東京圏鉄道網図 http://www.mlit.go.jp/kisha/oldmot/kisha00/koho00/tosin/kotumo/images/zu2.jpg http://www.mlit.go.jp/kisha/oldmot/kisha00/koho00/tosin/kotumo/images/zu3.jpg 1、既存路線の改良策(複線化、駅改良、車両の投入など)のなかで、実現性が低いものはありますか? 2、この計画図の中で計画中止された、もしくは実現性が低い路線はありますか? また、記載されていなくても実現した路線、実現しそうな路線があったら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • リニア完成後に紀淡海峡にトンネルか橋ができる可能性

    紀淡海峡を 橋 or トンネル で結ぶという構想は、リニアが大阪まで来た後であれば、できる可能性は、どの程度あるのでしょうか? (⇩)下記の URL の『紀淡海峡』と『紀淡トンネル』の wikipedia のページにある、紀淡海峡を 橋 or トンネル で結ぶという構想は、リニアが大阪まで来た後であれば、どの程度、できる可能性はあるのでしょうか? 【紀淡海峡】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E6%B7%A1%E6%B5%B7%E5%B3%A1#紀淡海峡鉄道トンネル構想 【紀淡トンネル】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E6%B7%A1%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB (⇩)下記のURLの記事には、 https://news.mynavi.jp/article/railwaynews-117/ https://news.mynavi.jp/article/railwaynews-117/ 南海電鉄、阪和線といえば、難波と北梅田、新大阪を結ぶ「なにわ筋線」が実現の見通しとなった。2037年にはリニア中央新幹線も大阪に到達する。近畿と四国を強く結びつけるため、せっかく作った鉄道橋が活用されることを期待したい。 と書かれています。 『紀淡海峡』と『紀淡トンネル』の wikipedia のページにある、紀淡海峡を 橋 or トンネル で結ぶという構想は、リニアが大阪まで来た後であれば、できる可能性は、どの程度あるのでしょうか? 紀淡海峡を 橋 or トンネル で結ぶという構想は、リニア中央新幹線が大阪まで来た後であれば、どの程度、できる可能性はあるのでしょうか? 紀淡海峡を 橋 or トンネル で結ぶという構想は、リニアが大阪まで来た後であれば、できる可能性は、どの程度あるのかを教えてください。

専門家に質問してみよう