• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

簿記2級「売上原価の計算⇒売上原価勘定」について

先日日商簿記3級に合格し、現在2級を独学で勉強している者です。 ひとりで勉強していて、「売上原価勘定」がいまいち理解できず、 質問させていただきます。 期首商品棚卸高が2,500円の下記(1)の仕訳について、売上原価の計算を売上原価勘定で行った場合、 (2)のようになると参考書にあるのですが、 質問1)なぜ(1)では「仕入」だったものが(2)で「売上原価」になっているのですか。 「売上原価勘定で行う」の意味がそもそもよく理解できません。 質問2)売上原価とは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」のことではないのですか。 質問3)「売上原価勘定で行う」時とはどのようなときなのでしょうか。 仕訳(1) 仕入    2,500 / 繰越商品 2,500 繰越商品 1,100 / 仕入 1,100 損益    12,200 / 仕入 12,200 売上    17,600 / 損益 17,600 仕訳(2) 売上原価 10,800 / 仕入 10,800 売上原価 2,500 / 繰越商品 2,500 繰越商品 1,100 / 売上原価 1,100 損益    12,200 / 売上原価 12,200 売上    17,600 / 損益 17,600 質問の仕方に不備がありましたら申し訳ございません。 どなたかお詳しい方、ご教示いただけますようお願いいたします。

noname#142934
noname#142934

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2840
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • srafp
  • ベストアンサー率56% (2185/3855)

ご質問の内容が商品3分法なので、それに限定したレベルで回答を書きます。 1級や会計士を目指すのであれば、2級合格後に「総記法」や「分記法」と言う物も勉強していってください。 A1&A2  売上原価を出す為には、ご質問文に有りますように「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」で計算しますし、この時に『仕入/繰商』『繰商/仕入』という定型的な仕訳を憶えた筈です。この仕訳のまま試算表を作成すると、仕入勘定の残高[損益勘定への振り替え額]が売上原価となります。  では、『売上原価』勘定とは何か?これは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」の計算の計算式をそのまま適用した場合の勘定科目であり、仕入勘定とは別に新たに勘定(発生及び消滅は仕入勘定と同じ)を設けた上で、決算仕訳は「売上原価」を使用して、「仕入」科目では計算いたしません。  仕訳(2)の仕訳を説明すると、次のようになります。ご自身で「繰越商品」「仕入」「売上原価」のT勘定を作成して、仕訳(1)と結果が同じになる事をご確認下さい。  『売上原価 10,800 / 仕入 10,800』は「当期商品仕入高」  『売上原価 2,500 / 繰越商品 2,500』は「期首商品棚卸高」  『繰越商品 1,100 / 売上原価 1,100』は「期末商品棚卸高」  『損益  12,200 / 売上原価 12,200』は勘定残高の振り替え A3  どんなときと言うよりも、試験で問われているから斯様な処理をしているだけであり、実務では色々なやり方が認められております。 ・仕入勘定で売上原価の計算を行なう  ⇒仕訳(1)の事例に該当し、財務諸表では仕入とは書かずに「売上原価」と表示している事がある。  ⇒簡易な仕訳で用が足りる規模の商店で採用している事が多いと思う。 ・仕入勘定と同列で売上原価勘定を使用している  ⇒仕訳(2)の事例に該当  ⇒最近は次に書く方法が増えているので余り採用のメリットはない。 ・『売上原価』勘定の内訳科目として『期首繰越商品』『仕入』『期末繰越商品』を設定している。  ⇒法人向けの会計ソフトの大半はこのような設定になっている。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きどうもありがとうございます。 とても詳しく、また丁寧に書いていただき、 本当に助かります。 わたしの質問すべてに明白にお答え頂き、 よくわかりました。 すぐにsrafpさんのご回答を印刷し、 自分の学習ノートに糊付けしようと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 簿記3級「売上原価勘定で売上原価を算定」の意味

    簿記3級の勉強を独学で始めた者です。 第117回 第4問 相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および 繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘 定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、 当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に 示しなさい。 (1)期首商品棚卸高の振替 (2)当期商品仕入高の振替 (3)期末商品棚卸高の振替 (4)売上原価の損益勘定への振替 ■■■■■■■■■■■■ よく見る問題では「売上原価は仕入勘定で算定」とあります。 売上原価は(期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)で 求められ、精算表で、「仕入」の行の損益計算書の借方に入る 値が売上原価となる。これが「売上原価は仕入勘定で算定」の 意味。 (つまり、仕入の行で、 ”期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高”の計算が出来ているから) と、ここまでは認識しています。 この問題も、いつもどおり「仕入勘定で算定」したら、 (1)の答えは 仕入 780,000 繰越商品 780,000 になります。 しかし解答には「この問題は売上原価を売上原価勘定で 算定するため、上記の仕訳の「仕入」を「売上原価」に 変えた仕訳をします」とありますが、ここがよくわかりません。 (1)の正解  売上原価 780,000  繰越商品 780,000 となるようですが、仕入(当期仕入高のことではない?)と 売上原価(当期に売り上げた商品の、原価の合計?) とは異なるものにならないのでしょうか。 なぜ、機械的に名前を言い換えられるのかがわからない。 仕入(=当期仕入高) 売上原価(=期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高) なのに、どうして?? 初歩的な質問ですが、教えていただけたら大変ありがたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 売上原価についての質問

    売上原価について質問があります。 問題  決算において、売上原価の算定を行う。  期首商品棚卸高200円、当期商品仕入高1000円  期首商品棚卸高300円 なお、売上原価は仕入勘定で算定すること。 仕訳 仕 入   200  繰越商品 200 繰越商品 300  仕 入   300  この仕訳に当期商品仕入高の仕訳はなぜ入れないのでしょうか? 仕入 1000 現金 1000 とか入りそうなんですが、 それと 仕入勘定で計算せよと売上原価勘定で計算せよ この二つの違い、やり方がわからなくて困っています。 仕入勘定は仕入勘定の中で行うもの? 売上原価勘定は売上原価勘定で計算するものですか? 教えてください。

  • 売上原価について

    売上原価の計算 1、期首商品棚卸高  (売上原価)200 (繰越商品)200 2、当期商品純仕入高 (売上原価)800 (仕  入)800 3、期末商品棚卸高  (繰越商品)300 (売上原価)300 という計算法が書いてあります。 各勘定の図も書いてあります。 単純に理屈は理解しているのですが 仕分けとなると、さっぱりわかりません。 DVD講座で勉強しているのですが、何度も同じところを見ても 理解が難しいです。 この仕分けをわかりやすく教えていただけないでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • wret615
  • ベストアンサー率34% (133/386)

簿記はよく計算過程も仕訳でやるんよ。売上原価の計算も仕訳でしてる。で仕訳するなら何か勘定科目使わないかん。売上原価の計算するのに仕訳(1)は仕入て勘定科目使うてるし、仕訳(2)はまんま売上原価て勘定科目使うてる。これが質問1。 売上原価の計算を数式にしたら質問2の式になる。売上原価の計算を仕訳にしたら(1)とか(2)とかになる。 で売上原価の計算を仕訳でやるのに試験なら「この勘定科目使え」て問題文で指定される。実際に自分でやるときゃ好きなのを選ぶ。ま、会計ソフト使えばソフトの内部処理で全部済むから売上原価の計算するのに勘定科目を選ぶ必要すらないけどな。 ポイントは、「売上原価」て言葉がまんま勘定科目で使われることもあるてこと。もしかすっとこのカキコで回答になってるのはこの1行だけかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きどうもありがとうございます。 いろいろと親切にご説明いただき、感謝いたします。 やはりまだ売上原価勘定にする意味がいまいちわかりません。 多分わたしの勉強不足なのだと思います。 早くwret615さんのおっしゃる意味を完全に理解できるように 勉強していきたいと思います。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 簿記3級の決算整理、売上原価計算、損益について教えて下さい。

    簿記3級の決算整理、売上原価計算について教えて下さい。 最近、簿記の勉強を始めた超初心者です。 決算に入り全く勉強がわからなくなってしまいました。 (1)売上原価を仕入勘定で計算し、仕訳をきる方法、 (仕入)××  (繰越商品)×× (繰越商品)×× (仕入)×× (2)売上原価勘定で計算し仕訳をきる方法、 (売上原価)×× (繰越商品)×× (売上原価)×× (仕入)×× (繰越商品)×× (売上原価)×× なぜ上記のような仕訳になるのか理解できません。。 (1)(2)が解らないので損益についても理解出来なくなってしまいました。 初心者にも解り易く説明して頂ければ幸いです。宜しくお願いしますm(__)m

  • 損益計算書 売上原価に参入する場合の疑問

    棚卸減耗費、商品評価損を売上原価に参入する場合の損益計算書で ---------------------------------- 売上原価  期首商品棚卸高  当期商品仕入高       合計  期末商品棚卸高       差引  棚卸減耗費 100  ←   商品評価損    売上総利益 ---------------------------------- ・棚卸減耗費 ・商品評価損 は期末商品の評価をした時の、 棚卸減耗費 100 ← /繰越商品 100 の借方のことなのか、 仕入 100/棚卸減耗費 100 ←  の貸方のほうなのかわかりません。 そして「売上原価に参入する」という場合は 上記のどちらの仕訳も行い、 「棚卸減耗費 100」が相殺され結果としては 仕入 100 /繰越商品 100 となり、 損益計算書に載らなくなるのではないのでしょうか?

  • A『売上原価は仕入勘定で算出する』とあった場合、

    A『売上原価は仕入勘定で算出する』とあった場合、 (1)期首繰越商品を仕入勘定に振替えて、 (2)仕入を期末繰越商品に振替える。 この2つの振替処理を問われていると解釈すればよいのでしょうか? そして『期首繰越商品+仕入-期末繰越商品=売上原価』にあてはめれば仕入で勘定を整理できる、ということなのでしょうか? 自己流解釈のため不安なのでどなたか助言を下さいm(_ _)m

  • 簿記の売上原価の計算について

    簿記検定を受けようと今勉強中ですが、分からない所があるので是非教えてください。 決算のおける勘定記入での売上原価の計算ですが、この問題の意味がわかりません。 期首商品棚卸高\20、当期純利益高\90、期末商品棚卸高\30の売上原価計算。 わけが分からなくなっています。分かりやすく教えて下さい。

  • 簿記の売上原価の算定の問題です

    次の資料にもとづいて、売上原価を仕入勘定で計算する方法により (A)決算整理仕訳をしなさい。また、(B)売上原価を算定しなさい。 ≪資料≫  期首商品棚卸高 1000円     当期商品仕入高 50000円    期末商品棚卸高 2400円    という内容です。 答案用紙 (A)  決算整理仕訳      借方科目   金額   貸方科目   金額          ?      ?      ?      ? (B)  売上原価  ¥  ?      ?の答えを教えていただきたいのでよろしくお願いいたします。

  • 売上原価の計算について

    売上原価の計算について教えてください。 期首商品 100 当期商品仕入高 1000 期末商品棚卸高 200 (期末帳簿棚卸高) としますと売上原価は 100+1000-200=900 棚卸減耗損 30 棚卸評価損 40 としますと これを反映させた売上原価は 100+1000-200+30+40=970 でよいでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 決算仕訳 (売上原価)

    売上原価の決算仕訳を 仕入 / 繰越商品(期首) 繰越商品(期末) / 仕入 しーくり・くりしー と学習しました。 が、実務では 期首商品棚卸高 / 商品 商品 / 期末商品棚卸高 と仕訳をきるといわれました。 学習した仕訳は理解できるのですが、実務上なぜ上記のような仕訳となるのか理解出来ません。 また、どちらの方法が一般的なんでしょうか? どなたか御教授お願いします!

  • 困ってます。簿記3級の過去問の解説して頂けると嬉しいです

    簿記3級第117回の過去問で分らないところがあります。 解説も簡単にしか書いていなかったので全く理解できてません。基本的な問題なのだとおもいますが…わかる方、教えて下さい。 簿記3級 第117回 大4問 相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上感情および繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上勘定を設けて売上原価を算定している。そこで、期首商品棚卸高が\780000、冬季商品仕入高が\9540000、期末商品棚卸高が\630000であった時、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)~(4)の順に示しなさい・ (1)機種商品棚卸高の振替 (2)当期商品棚卸高の振替 (3)期末商品棚卸高の振替 (4)売上原価の損益勘定の振替。 私は、独学で簿記3級を受けようとしていて、参考書は「とりい書房」の「日商簿記120%完全合格自習テキスト」で勉強してきました。 その中で、決算整理仕訳は 期首…仕入   繰越商品 期末…繰越商品 仕入 となっていたので、この問題もそれを参考にして解いていました。 (2)の仕訳は全くわからなかったのでデタラメの回答ですが… ちなみに私の回答は (1)仕入780000      繰越商品780000 (2)諸口9540000     仕入9540000 (3)繰越商品630000    仕入630000 (4)損益8760000     資本金8760000 回答は 売上原価780000     繰越商品780000 売上原価9540000    仕入9540000 繰越商品630000     売上原価630000 損益9690000      売上原価9690000 回答を見て、問題にあった仕入、売上、繰越商品、売上原価を使わないといけないということはわかったのですが。。。 勉強不足で申し訳ございませんが、わかる方解説よろしくお願い致します。

  • 棚卸増減の売上原価

    会社の経理担当者ですが、棚卸増減を反映した売上原価の振替仕訳が理解できないで、困っています。 具体的には、月次帳簿上の製品、仕掛品、原材料の増減がどのように損益計算書の売上原価の期首商品棚卸高、仕入高、期末商品棚卸高に関わって、売上原価が算出されるかの経過が理解できていません。 理解しやすくご教示お願いします。

  • 売上原価

    学校で簿記のテストがあるんですが、日常の勉強不足でしてお聞きしたく。。 決算につき、仕入れ勘定で売上原価を求める。期末棚卸高は200円である。 という問題の仕訳が 仕入 400  繰越商品400 繰越商品 200 仕入れ200 でした。 で、この下に精算表なるものがあるんですが。。関係するんですか。 どうしてこのようになるんでしょうか。 勉強不足でしかも直前の独学で分からないところが多いんですが、教えて頂けますか。 また精算表について簡単に書き方を教えて頂けたらと思います。 基本が全くだと思うんで、超基本だけでもお願いしたいです。。