-PR-
解決済み

「¥」について。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.64275
  • 閲覧数90
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

「¥」は世界的にどの程度の通用力を持つ記号なのでしょう。

 特に今まで注意したことはなかったのですが、先日、マレーシアの英字新聞を読んでいたら、ふと「¥」を使っているのに気付き、気になりました。記憶によるとタイムでは「yen」と表記していた気がします。
 欧米の文字コードセットでは「¥」がないので、コンピューター上では不利でしょうが、活字の世界ではどうなのでしょう。使用例を教えてください。

さらに、いつ頃から「¥」は使われているのでしょう。

 「$」や「£」はローマ以来の伝統もあり、何しろ基軸通貨ですから許すとしても、「DM」や「FFr」に対して「¥」なんて僭越ではないでしょうか(笑)。ユーロ記号と同じように、日本人の気負いだったのでしょうか。

このカテで良いのかわかりませんが、よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 33% (73/215)

「¥」記号は日本円だけに使う物ではありません。
中国元も「¥」を使います。
アジアの中国系の新聞は、このため、¥記号の活字を持っているのでしょう。

通常、日本円を指す場合は、「J¥」とすることが多いようです。

その他の質問は、わかりません。
お礼コメント
noname#2543

ありがとうございます。
そう言えば、もともと、「元」は「円」の代字でしたね。発音同じですし。
投稿日時 - 2001-04-25 07:34:28
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 44% (756/1695)

えん【円】(ゑん)
貨幣の単位。1871年(明治4)制定。


Yen
円:日本の貨幣単位. 記号¥;略:Y
[1875年.←<日本語「円」;en でなく yen となったのは「ゑん」を表すほか,当時 Yedo(江戸), Yezo(蝦夷)のように「え」を ye で綴つづる習慣があったため]◇日本語から借用された英語。


Mark
マルク:1871年以降のドイツの貨幣単位;もとは銀貨. 略:M


Deutsche Mark
ドイツマルク:ドイツの白銅貨で貨幣単位;100ペニヒ(pfennig)に相当
1948年,従来のライヒスマルク(reichsmark)に代わって発行された.
東独マルク(ostmark)に対しする、西独マルクのこと。統合後のドイツマルク。


Ostmark
東独マルク:旧東ドイツ(1948-90)の白銅貨で貨幣単位の通称;100ペニッヒ(pfennig);1990年7月1日流通停止,ドイツマルク(Deutsche mark)に統合. 記号 OM, M
[1948年 ←<ドイツ語「東のマルク」]


Franc
(1)フラン:フランスの貨幣単位;100サンチーム(centime). 略:F.,f.,Fr.,fr.
[1390頃.中期英語 frank ←<古期フランス語 franc; 最初この貨幣に中世ラテン語で Rex Francorum(字義は King of the Franks)と刻まれたことから]


Pound
イギリスの貨幣単位。磅。ポンド‐スターリング。記号£またはL


Dollar
ドル
[1553年.←<低地ドイツ語,オランダ語 daler; ドイツ語 Taler と同語源(Taler はボヘミアの Joachimsthal「ヨアヒムの谷」で鋳造された貨幣 Joachimsthaler の短縮形;この鋳造所が Virgin Mary の父 Joachim「聖ヨアヒム」にささげられたことから).]







(参考)
広辞苑第五版
ランダムハウス英語辞典
お礼コメント
noname#2543

ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-04-25 07:35:58
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ