• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

中国のインフレ懸念と人民元相場について教えて下さい

1,中国ではインフレ懸念が高まっているのに、元が割安過ぎると言われていますが、今後、中国でインフレが進むと、元相場はどうなると思いますか? 2,人民元の価値が下がると、中国の輸出競争力はますます高まると思いますが、このことは(インフレ+元の価値低下)、中国の企業家(輸出産業)にとってはプラスなのでしょうか? 3,中国政府は、利上げや預金準備率の引き上げなどの金融引き締めを行い、インフレを沈静化させようとしていますが、このことによって、人民元の価値が高くなる可能性はありますが、(1)インフレを沈静化させ、通貨の価値を守ることが良いのか、(2)インフレを抑制するのではなく、通貨の価値を切り下げていく方が良いのか、それぞれどういう一長一短があるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数314
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1,中国ではインフレ懸念が高まっているのに、元が割安過ぎると言われていますが、今後、中国でインフレが進むと、元相場はどうなると思いますか? ↑ これは、インフレ昂進なのに元安と考えるよりも、元が実力よりも安く操作されているので→中国通貨当局が低位で安定操作(自国通貨売り)&政府が容認していないような外国資金の流入→国内に自国通貨が流通(金融緩和の影響も相当あると思いますが)→インフレと資産インフレの構図だと思います。 日本の列島改造時と考え方は相似形。 人民元の価値が下がると、中国の輸出競争力はますます高まると思いますが、このことは(インフレ+元の価値低下)、中国の企業家(輸出産業)にとってはプラスなのでしょうか? ↑ 中国の人民元の価値は、上がることはあっても下がることは、目先的には考えられない。根拠は、政治的な理由からです。中国がそんなことやったら、アメリカや欧州各国が、政治問題にします。良くて現状維持。普通で、徐々に切り上げ。経常収支黒字国の宿命だと思います。 中国政府は、利上げや預金準備率の引き上げなどの金融引き締めを行い、インフレを沈静化させようとしていますが、このことによって、人民元の価値が高くなる可能性はありますが、(1)インフレを沈静化させ、通貨の価値を守ることが良いのか、(2)インフレを抑制するのではなく、通貨の価値を切り下げていく方が良いのか、それぞれどういう一長一短があるのでしょうか? ↑ (1)人民元の価値は、国内的には、インフレの抑制で、通貨価値の下落は、抑制される可能性はあると思います。ただ、急激に抑制政策をやると、反動で、景気悪化を招くため、中国の金融当局は、慎重な舵取りをすると言っています。 物価上昇率が、所得の上昇率を超えて、上昇していくと、悪性インフレになり、民間は、物価上昇の悪い影響しか受けません。だから、引き締めていく政策自体は、容認されるべきと思います。 人民元の価値が下がると、中国の輸出競争力はますます高まると思いますが、このことは(インフレ+元の価値低下)、中国の企業家(輸出産業)にとってはプラスなのでしょうか? ↑ 人民元の切り下げは、国際的に容認されないと思いますから、ちょっと前提自体が、ありえないと思います。 中国政府は、利上げや預金準備率の引き上げなどの金融引き締めを行い、インフレを沈静化させようとしていますが、このことによって、人民元の価値が高くなる可能性はありますが、(1)インフレを沈静化させ、通貨の価値を守ることが良いのか、(2)インフレを抑制するのではなく、通貨の価値を切り下げていく方が良いのか、それぞれどういう一長一短があるのでしょうか? ↑ 通貨の切り上げしかないと思います。政府が設定した自国通貨価値が、基本的に低いとマーケットは考えているし、対外的にも、そう考えられているので、資金が中国に流入する。70年代の日本のときも、様々な規制をかけましたけど、結局、相当の投機資金が国内に流入し、金融機関に入ったと言われています。その金融機関が、不動産会社等に融資するので、資産価格が上昇し、通貨を切り上げたら、円売りして、利益を確定してきた外国人は多かったそうです。ですから、低いレートを設定している間は、中国に好ましくない資金の流入は、続くと思いますね。それが、最終的に金融機関を通じて、投機市場に消えたら、これは、まともな経済ではないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございました。インフレ懸念(通貨の価値の低下)と同時に通貨高懸念もあり、いったいどっちの方向に動くのかと疑問を持っていたのですが、1970年代の日本との類比で考えるとの視点有り難うございました。以下でも、類似した質問をしていますので、もしよろしければ。。。 http://okwave.jp/qa/q6413843.html

関連するQ&A

  • 中国政府は人民元の為替操作を行っているのですか?

    以前した質問で、 "人民元が高くなると中国政府は米ドルを買い元を売る" と回答を頂きました。 これは政府の為替介入というものでしょうか? これは人民元を現在の水準にキープし、輸出産業を後押しする意図があるのでしょうか? それと同時にドルを大量に保有する事で、アメリカに対する発言権を強める狙いがあるのでしょうか?

  • インフレと為替相場について教えて下さい。

    1,インフレとは通貨の価値が下がることだと思うのですが、そのことは、外国為替において通貨安になることとは別物なんでしょうか?(インフレが起こっている国、もしくはインフレ懸念のある国の通貨は安くなり、相対的にインフレ懸念が少ない国やデフレの国の通貨は高くなるのでしょうか?) 2,現在、中国では、諸物価が高騰し、インフレ懸念が高まっていますが、その一方で、元の切り上げが求められています。利上げは、インフレ抑制と通貨高を目標とするものですが、(1)その効果が出て、インフレが抑制されれば、通貨は高くなり、(2)その効果が出ずに、インフレが進めば、通貨安になると考えて良いのでしょうか? 3,戦後の日本は、経済成長とともに、諸物価は高騰し、インフレがすすみましたが、その一方で、日本円の価値は、対外的には高くなりました。そのことは、日本円そのものの価値は、インフレによって低下したが、それ以上に米ドルなどの外国通貨の価値が大きく下がったので、円高になったと考えても良いのでしょうか? 4,過去にハイパーインフレが起こった国々では、通貨の価値が大幅に切り下がりましたが、もし、日本や中国、米国において、ハイパーインフレが起こった場合は、その国の通貨は大幅に価値が下がると考えて良いのでしょうか?

  • 元高になるとインフレが加速する?

    経済に関しては初心者です。 新聞のおまけで頂いた冊子を読んでいたのですが、 人民元の対ドルレートの話の中に、 以下のような一文がありました。 """ 中国政府はインフレ対策の一環として人民元の上昇を認めているものの、元高によってインフレが加速する恐れが指摘されています。 """ 私のイメージしているインフレと為替の関係は、 以下のような因果関係になっています。 1.その国の通貨が安くなる 2.輸入したものの値段が上がる 3.インフレが起こる 他の質問を見ても、その国の通貨の価値が下がるとインフレが起きる というような話になっていて、 元が高くなることと中国のインフレが上手く結びつきません。 この一文の意味が分かる方、どうか教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • Kunfu
  • ベストアンサー率38% (164/424)

1.中国は物価が上昇しており、それを抑えなければなりません。 多くの25年以上急成長を遂げた国で、成長に留めをさしたのは物価上昇だったからです。 物価上昇を抑えるために金利を上げると、アメリカとの金利差が大きくなり人民元の切り上げ圧力が高まります。 上海銀行間取引金利が急上昇しているといいます。 かつて、短期プライムレートが金利の指標とされていましたが、現在では銀行間取引金利がそれに替わっています。 ロンドン銀行間取引金利(LIBORライボー)や東京銀行間取引金利(TIBORタイボー)がそれです。 これが中央銀行である中国人民銀行の金利再利上げを促すと観測されていました。 まさに、欧米市場がクリスマス休暇の時期を狙って0.25%の利上げをしてきました。 為替市場が反応しにくいタイミングを選んで、元高圧力を避けたのです。 人民元相場は実力より3割ほど安く抑えられていますが、それは中国が為替操縦をしているからです。 常に元高圧力はあるのですが、それを中国は人民元をジャンジャン印刷して抑えています。 だがそれは物価上昇圧力になります。 2.人民元は無理やり安く抑えていますが、これを抑えるためには中国は為替に介入し続けなければなりません。 人民銀行は中国共産党のお財布であって、他の主要国の中央銀行のように政府から独立していません。 だから、共産党がお札をジャンジャン印刷して元高を阻止せよ!といえば、元高は抑えられるかもしれませんが、物価上昇を招きます。 中国のM2(通貨+預金)は9.5兆ドルでGDPの1.9倍、アメリカは8.5兆ドルでGDPの0.56倍。 日本のバブル時が1.13倍ですから、中国は容易ならざるインフレとバブルに直面しているのです。 さらに金利差のためにお金が中国に吸い寄せられるから、ますます物価上昇圧力は高まります。 インフレを容認するか、人民元高を容認するか、どちらかを選ばなければなりません。 中国はある程度の人民元高を容認することになるでしょう。 ただし、非常に緩やかに小幅の元高を小刻みに行うことになるでしょう。 下がることだけは絶対ありません。 3.すでに述べたように、中国は若干の人民元高を容認しながらも物価安定の方を選ぶでしょう。 手法としては、ブレーキとアクセルを同時に床まで踏み込む経済運営で常に市場を細かくウォッチして即座に手を打つ必要があります。 アメリカは今年、中国を「為替操縦国」と認定することを見送りましたが、中国に甘いオバマが中間選挙に負けて来年は中国への圧力が高まるでしょう。 オバマが負けた理由は失業率改善を公約しながらかえって増えているからです。 アメリカ国民はその原因を中国の不当な為替操縦で輸出を促進し、それによって失業も輸出していると思っています。 実際は、中国からの輸入が減ってもその分がアメリカの雇用に直接つながるより、ブラジルやメキシコからの輸入に替わるのがほとんどでしょう。 同様のことがEUでも起こっています。 したがって、いままでよりは元高を容認しなければならない包囲網は整いつつあります。 中国の政治的安定は、一に成長にかかっています。 8%成長を維持しなければ中国では失業が増え社会不安がおこり、暴動になり政治的崩壊の恐れがあります。 ただでさえ、北京だけで6万人、全国100万人の大卒フリーター(蟻族)の不満が高まっているのに、失業者が急増すると社会不安の基になり、第2の天安門事件になりかねません。 そう、天安門のときも物価上昇による不満もたまっていたのです。 しかしながら、元高を容認しながら輸出競争力を維持するのは非常に難しい経済運営です。 ふたたび4兆元程度の経済対策で国内需要を刺激しなければならないでしょう。 ただこれが、共産党幹部の関連企業に流れて20%程度が不良債権になります。 色々な矛盾をはらみつつも来年くらいはなんとか成長を維持できるのではないかと専門家はみています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございました。中国政府は、インフレを抑制のために、利上げを行いつつ、利上げに伴う通貨高に対抗するために、為替介入を行い、通貨安を実現しつつ、それは同時にインフレ懸念を高めているというジレンマ。中国の通貨供給量は、日本のバブル経済時をはるかに超えているとのご指摘など、有り難うございました。日本のバブル時は、資産バブルが発生しても、インフレは発生せず、バブル崩壊後に急激な円高となりましたが、現在の中国ととの類似点と相違点(資産バブル+インフレ発生)など興味を持った感じです。以下でも、類似した質問をしていますので、もしよろしければ。。。http://okwave.jp/qa/q6413843.html

  • 回答No.2

自国のことですら分からない部分が多いのに、他国のことにあれこれ言うのは気がひけるのですが、まあこんな感じなのかなと。 >今後、中国でインフレが進むと、元相場はどうなると思いますか?  中国は今まで意図的に為替相場を管理し人民元安に誘導していました(管理フロート制)。このため中国がいくら黒字になっても人民元は安いままになっており割安だと思われています。インフレそのものは通貨流通の増大を招きやすく通貨安になりやすいです。しかし相対的に人民元は安いと認識されていますので、人民元高の方向性は変わらないと見られます。  しかし中国には人民元を急激には切り上げてはいけない事情があります。このため少しずつ人民元を切り上げていく形にならざるおえないと思います。 >インフレ+元の価値低下は中国の企業家(輸出産業)にとってはプラスなのでしょうか?  輸出企業にとって人民元は安いままであることは、製品を安価に輸出できるので利益にプラスになります。ただ国内でインフレになっているということは人件費などの上昇圧力が高いので利益にはマイナスに働きます。  なお中国政府は輸出産業をフォローしないと公式に掲げている成長率が達成できないのでどうしても輸出企業を優先し、人民元を割安にしておこうとします(民間のことを考えれば輸入品が安くなる人民元高も容認してもよいものですが)。ただ現状、人民元安の方向は政治的背景(アメリカや欧州の圧力)で難しいので、少しずつ人民元を切り上げていく方針にならざるおえません。 >インフレを沈静化させ通貨の価値を守ることが良いのか、通貨の価値を切り下げていく方が良いのか、それぞれどういう一長一短があるのでしょうか?  インフレを沈静化させるということは物価高騰によって発生する民間の不満を和らげる狙いがあります。しかし同時に経済成長率は下がってしまう可能性があります。中国はなんとか民間の不満をやり過ごしつつ経済成長率を高めようとをとろうと難しい経済対策を迫られています。   一方通貨の切り下げ?ですが、現状実現が困難ですし、万が一切り下げした場合、国際競争力は高まるでしょうが輸入品の価格が上昇するので国内は混乱すると思います。さすがにそれは政府が望まないと思いますけど。  中国は本来であれば、貿易などで得た多額の黒字を民間に分配し内需を強化すべきでした。しかし実際には政府や企業が利益の大半を取得してしまいました。結果的に民間の所得は伸びず消費は弱く内需は貧弱のまま、結局、経済成長は外需に頼らざるおえない状況になりました。  中国の一番のお客様はアメリカの民間でした。しかし最近アメリカの政府は民間が借金返済に負われており需要が期待できなくなっていることもあり輸出拡大に乗り出しています。今までのように一方的に中国製品を輸入するという関係は恐らく成立しなくなることでしょう。外需に依存していた中国はここでも難しい判断に迫られそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございました。中国政府は、インフレを抑制して国内の不満をやわらげる必要があると同時に、インフレ抑制は経済成長率の阻害原因にもなるというジレンマを抱えつつ、通貨安政策はもはや困難であるとのご指摘かと理解しました。以下でも、類似した質問をしていますので、もしよろしければ。。。 http://okwave.jp/qa/q6413843.html

関連するQ&A

  • 中国当局のドル買い、人民元売りが中国のインフレ要因というのが分かりませ

    中国当局のドル買い、人民元売りが中国のインフレ要因というのが分かりません。市場(民間)全体で見れば、ドルが少なくなり、その分人民元が多くなりますが、ドル+元の総量は同じなのではないのですか?であれば、通貨量が多くなった→インフレにはならないと思うのですが。

  • 中国当局のドル買い、人民元売りが中国のインフレ要因というのが分かりませ

    中国当局のドル買い、人民元売りが中国のインフレ要因というのが分かりません。市場(民間)全体で見れば、ドルが少なくなり、その分人民元が多くなりますが、ドル+元の総量は同じなのではないのですか?であれば、通貨量が多くなった→インフレにはならないと思うのですが。

  • 中国が利上げすると中国のお金の流通量はなぜ増える?

    今日、テレビで、中国の物価が上昇し始めているので利上げをするかもしれない、と言っていました。 と同時に、中国が利上げをすると中国のお金の流通量が増えてインフレが高まる可能性がある、とも言っていました。 中国が利上げすると、なぜ、中国のお金の流通量が増えるのでしょうか。 中国が利上げをすると、外国人が利子を狙って中国元を買うと思います。 例えば、ドルやユーロを売って元を買う。 すると、中国には、ドルやユーロが増え、元は減る、よって、中国では外貨が増え、中国で使用可能な元は減ると思うのですが。 たとえば、金融引き締めのために、国債を発行して元を回収するのと同じ効果があるので逆に中国国内の元の流通量は減るのではないのでしょうか。 どなたか、わかりやすく教えてください。

  • 中国の人民元は安すぎないか?

     中国の人民元が安く維持されているような気がしてなりません。実際日本に働きにきている中国大陸の人に聞くと、現在のレートでは、たとえば人件費などは中国の人は日本人の20分の1です。このような低賃金で作られた品物は、日本に輸入された場合、日本の同じ製品では全く競争力はないのではないでしょうか?(たとえばタオル、下着、しいたけ等)そのうち、電子製品も中国で作られるようになれば、日本の製造業はだめになるのでは?近くの大国だけに心配です。なぜ、中国の元はこれほどまでに低くできるのでしょうか? 

  • 【人民元問題】そもそも "人民元が安く設定されている" という意味が分

    【人民元問題】そもそも "人民元が安く設定されている" という意味が分かりません。 疑問(1) 人民元は通貨バスケット制を採用しているので、他の通貨の価値が 決まれば、人民元の価値も自動的に決まると思います。 よって、人民元のレートには、恣意性はあまり入ってないと思う のですが、なぜアメリカをはじめ、多くの国は、中国は人民元を 不当に安く設定していると言っているのでしょうか? バスケット内の比率(ドルを何%、円を何%、、、)に恣意性があると 言う点を指摘しているということなのでしょうか? 疑問(2) アメリカなど各国が "人民元は安い" と言っている根拠ですが、何と 比べて安いと言っているのでしょうか? 文脈からして、人民元が 「本来あるべきレート」から比べて安いという意味なのでしょうが、 どうやって、その「本来あるべきレート」を計算したのか、また、 それはいくらなのか、が2つ目の疑問です。 疑問(3) (初歩的なことかもしれませんが,,,)そもそも、人民元のレートを なぜ中国の独自判断で、通貨バスケットにする、と決められるのか よく分かりません。 為替レートには、交換する相手通貨があるはずで、たとえばドルと 人民元のレートであれば、アメリカが「通貨バスケットはいやだ、 完全な変動制じゃないと取引しない」といえば良い話ではないの でしょうか? なぜ、中国の思い通り、通貨バスケットで取引されているのかという 疑問があります。 よろしくお願いします。

  • 人民元の自由化について教えて下さい(経済素人です)

    人民元の自由化について教えて下さい(経済素人です) 「人民元の自由化」という話をよく聞きますが、 どういうことで、何が問題になっているのか 教えてほしいです。 少し調べてみたところ、 どうやら、人民元はいくつかの通貨のレートを平均して 決まっているのだけど、最近、その人民元のレートが 本来あるべきレートから比べて不当に安くなっていて、 貿易の際に中国に有利(販売価格を安くできる)というのが 問題になっているということのようです。 しかし、 ・複数通貨の平均でレートを決めるといっても、実際に  人民元を売り買いする人たちが、そのレートを守る  とは限らないのでは? 中国政府は、世界中の人達に、  どうやってそのレートで取引させているのか(勝手に  違うレートで取引したら、罰則がある?) ・平均して自動的に決まっているなら、それが市場の  総意ということなので、(アメリカが?)それを不当に  安いと言うのは、アメリカの勝手な言い分なのでは? という点がとくによく分かりません。 教えていただけると嬉しいです。

  • 人民元を換金

    中国で働いています。 夏休みに海外旅行に行きたいのですが、給料を人民元でもらっているため、元から現地通貨に換金できる場所に行きたいと思っています。 以前タイに行った際は元からバーツに変えられたのですが他に人民元を換金できる国があったら教えて下さい。

  • 人民元の切り上げ

    野村HPで以下のようなコメントを見ました ■ 中国政府が年内に外国為替制度を変更するとの観測が高まっている。 ■ 経済への悪影響も懸念されるため、為替相場に柔軟性を持たせる制度が導入されるとしても、人民元の切り上げは小幅になる可能性が高いと考えられる。 これって、中国株・ファンドを持っている人、これから買う人にとって歓迎すべきことなのでしょうか? また人民元の切り上げは、円が元に対し安くなるということでしょうか?

  • 「人民元が割安である」、「中国の経済実力に比べて過小評価されている」と

    「人民元が割安である」、「中国の経済実力に比べて過小評価されている」といったことを新聞で目にしますが、ここでいう中国の経済実力って具体的には何のことをさしているのでしょうか。外貨保有高?潜在的需要?購買力?生産力?元に対する信用力? 人民元が安いと、外国に輸出しやすいというメリットがあるのは分かりますが、逆に石油などの資源を高い値段で買わなくてはならず、デメリットもあるのではないかと思うのですが、なぜ、中国は人民元を割安にする必要があるのでしょうか。 ニュアンスとして、下記のどれに近いでしょうか。あるいは、何かもっといい例がありましたら教えてください。 1.「世界中の投資家が、人民元を保有したいと考えているので(人民元に対する需要が多いので)、本来はもっと人民元は高いはずだ。」 2.「人民元x元で石油が1ガロン買える。ドルではyドルで石油1ガロンが買える。本来なら、yドル=x元が妥当なレートなのに、実際はyドル=100x元となっている。」 3.「中国は人口が多いので、経済需要は多いはずだ。しかし、あまり米国の製品を買ってくれないのは、人民元が安すぎるため、中国の人々の収入では米国製品は高くなるため買ってくれないのだ。」

  • 人民元購入のメリット HSBC口座開設

    今、HSBCのキャンペーンで人民元を300,000元買うと、残高が500万円でもプレミア口座がもてるということで、検討しています。 プレミア口座が持ちたいわけではないのですが、人民元から円に変えるのも問題なく出来る、というところに魅力を感じています。 人民元購入のリスクを考えると、メリットはないんじゃないかと思えてきたので、購入を考えていらっしゃる方々のご意見などを聞かせていただければと思い、投稿させていただきました。 中国のインフレは7、8%とかでこれからも進むと思っています。 そして、円は対ドルでもっと高くなっていくと思っています。 この場合、今人民元でお金をもったとすると、利息なんて知れたものなので、インフレの分、目減りすると思いますし、ドルに連動させる元とすると対円で安くなっていくと思います。 人民元が高くなっていく要素としては、国自体のパワーと、人民元の切り上げがあるかと思いますが、これは徐々になっていくので、インフレと相殺されてしまう気がしています。 どうせなら、中国の株や中国株ファンド等に投資したほうが賢明に思えてしまうのですが、それでも人民元を購入しようと思われる方もやはりいるわけで、その方のお考えを聞かせていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。