• 締切済み
  • 暇なときにでも

何故株で損をするの?

株価が下がったら投資家は不安になって株を売るそうですが、意味が分かりません。波があるから上がるまで待てばいいだけじゃないんですか? んで上がったら売れば絶対損しないと思いますけど、なんで下がったときに売るのでしょう? 信用取引してるから(専ら株で生活している人といえそう)以外の答がみえません。 それとも下がったら下がりっぱなしのとこ思いのほか多いんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2155
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.7

証券会社や保険会社などの機関投資家、投資信託を運用しているファンドマネージャーは、あくまでもサラリーマンであり、1年、半年、四半期、1ヶ月の単位で良い結果を出せなければ最悪でもクビになり、良くてもボーナスを貰えなくなってしまうからです。 だから、半年や1年後には絶対上がると思っていても、大きな損を出してしまったらそれを取り戻すことが出来ないと考えています。あと、基本的には上がると思って買っているので、下がった場合はその会社に何か問題があるのか、または自分の判断が間違っていたのか、相場(全体の流れ)に逆境していると判断し、損をしていてもすぐ売ってしまいます。 ちなみに、日本の企業は3月決算が多いので、4月から3月までの1年の成績で判断され6月にボーナスをもらいます。 外資系の企業は10月から9月までの成績で判断され12月(アメリカではクリスマスセールスをしている)にボーナスを貰うか、クビになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 株でもうけていますか。それとも損していますか。

    株未経験者です。 バブルの崩壊で株が下がった影響があるので かなりの人が累積で損している可能性があると思いました。 できれば今までの株取引における 最終損益をだいたいで良いので教えてください。 たとえば投資額の10%くらい損しているとか利益を上げたとか。。(表現方法が拙くてすいません)

  • 株のしくみを教えてください。

    株価やその時価総額で企業が一喜一憂しているのを見て疑問に思っている事を質問させてください。 株とは、企業がお金を集める為の手段である事は分かります。 ただ、最初に企業が株を発行して、投資家に買ってもらってお金を集めた後は、株価が上がろうが下がろうが 後は投資家が損した得したの問題で、企業の懐には基本的に影響しないと思うのですが、間違っていますか。 もちろん企業がある程度自社株を保有していた場合は、さらにそれを売って資金調達する際、株価が低ければそれだけ 集める事が出来る金額が少なくなりますので、大量に自社株を持っている会社は株価が気になるのは理解できます。 また、株価が低ければ、それだけ買収される危険が大きくなるのも理解できています。 株価が下がったら困る、というのはそれだけの理由なんでしょうか。

  • 株について質問ですが、最近玉締めという言葉を目にしました。信用取引において、買い方が信用期日に現物を引き取る姿勢を明確に打ち出し、カラ売りを行っている投資家に踏み上げさせる戦法と、インターネットに書かれていましたが、いまいちわかりません。これをして、1907年にアメリカで起こった株価暴落で儲けた話を耳にしました。 そもそも信用取引もあまり、わからず、ネット検索しても小学生がわかるほど簡単に書いてあるのがみつからず、、 どなたか、この玉締めというのはどういうものか教えてください。 また、こういう用語が載っている初心者にもわかりやすい書物があれば、合わせて教えてください。

  • 回答No.6
  • sdamau
  • ベストアンサー率7% (7/95)

つまりは、投資家にとっては、お金というのはお金を稼ぐ材料であって、お金ではないのです。つまり、腐った材料は廃棄して新しい物を買ったほうがずっと効率的なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

たとえば1000万の株が急落して800万になってしまったら。 また1000万に戻る保証なんてどこにもありません。 市場が敏感に反応し『この会社はなにか問題をかかえているのでは...』との 思惑が先行し、さらに株価が下がりつづける事もありえます。 確かに上がるまで持ちつづければ、いつかは1000万以上になるかもしれませんが、 それが例えば10年かかるとしたら、その間はいわゆる塩漬け状態になります。 投資した1000万が何の利益も生まず、10年間寝てしまうのです。 だったら、いっそ200万の損は覚悟して、800万の元手で1000万円以上に増やせば 良いじゃないかとの発想が投資家としてはいたってノーマルな考え方だと思います。 1ヶ月5パーセント上昇する株式の売買を6ヶ月続ければ1000万になりますよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様の答を聞けてすっきりしました。ずっと引っかかってたもので(^^;) 私は常に上がるまでかなり気長に待ってました。 もうちょっと利回りとか考えた方がいいようですね(^^;) ありがとうございました<(_ _)>

  • 回答No.4
  • Eivis
  • ベストアンサー率29% (1122/3749)

目先筋、証券会社のディーラー、機関投資家、彼らの考えている資金の回転は1~5日のスパンでしょう。 儲けも深追いせず利益確定をしながら回転させていくのが普通で、先行き危険となればすぐに損切りをしてでも手放すので 素人さんのように「下がったら上がるまで待つ」という事は考えません。 最初のご質問にあるような不安から来る売りとは少し意味合いが異なります。 ~で、上がったら売れば絶対損はしないので、順張りで投資(揚げ基調に乗って買う)していても「プロ」は「利益確定と買い」を 繰り返しながら資金を運用しているのです。 何故下がった時に売るのでしょう?・・・下げ初めで「かすり傷」で売るのが「プロ」で、しばらくして怪我に気付いて「慌てて売る」のが 「素人」なのでしょうが、こればっかりは「経験の差」と個人的な性格としか言いようがないと思います。 資金が回転してないと不安に思うのは「プロ」とすれば、一般の人は時間的にも最初から無理なわけで、別な考え方による投資法を 選ぶべきでしょう・・・例えば中長期という3~6ヶ月先を見た投資法があるはずで、その方針を守れば失敗は減る筈です。 一番最後の「下がったら下がりっぱなし」という例は、よほどの事がない限り少ない例ですが「プロ」に意見を伺えば、言葉を濁すか 損切りしなさいということになるでしょう。 ・・・よく証券会社に勧められて...という話が出ますが、彼らのこれから上がりそうというのは、上がりきって彼らが売りたい 時期に来ている場合も多いので、これは信用する一般人が悪いのです。 *プロの言う「その内」とは、せいぜい1週間先でしかないのです・・・なぜなら「資金回転」至上主義・・・一般人とは違うのです。 ・・・それとこの低金利時代、下がりっぱなしでも気にならないんですね・・・キット!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様の答を聞けてすっきりしました。ずっと引っかかってたもので(^^;) 私は常に上がるまでかなり気長に待ってました。 もうちょっと利回りとか考えた方がいいようですね(^^;) ありがとうございました<(_ _)>

  • 回答No.3

 下がったら売るという行為はマーケット参加者(この場合証券市場ですが)のリスク回避行為の1つですね。市場に影響力をもつのが、大手機関投資家のファンドマネージャーと呼ばれる人達だと思いますが、この人達だって他人の財産を預かって少しでも利回り(配当)のいい運用をして実績を上げなければクビになるわけですよね。資金の投資先と言えば、株に限らず、国債、外国債、土地、貴金属・農産物などの商品など多岐にわたります。 株価が下がっても、数日で回復する場合もありますが、1~2年塩漬けという場合だってありえます。長い目で見れば何年かして回復すれば損をすることはないように思いますが、ファンドマネージャーたちは大切なお客様から預かったお金を少しでも損を最小限にくい止め、短期間で利益を出したいが為にほかの業種に矛先を変えたり証券市場から一時資金を退避させ、ほかのもっと有利な投資対象に回していると思います。  ご質問ではたぶん個人投資家のことをおっしゃっておられるのだと思いますが、個人投資家といえどもこうした大手機関投資家の動向は少なからず影響してきます。市場から資金が引けば下がる!という心理的不安が増幅させ狼狽売りに拍車をかけて下がった時に売ったり、追証の資金がないためにやむなく手放すということもありますが、これらはあなたのおっしゃるように、自分の投資方法を確立していない人のやることで、情報や分析力があればそのようなことは全然気にすることはないのですが。  平均株価が下がっていても、個々の銘柄では上がっているのがたくさんあるでしょ。ですから、こういった元気な銘柄に早めに乗り換えるのが一般には得策でしょう。証券会社の言いなりになっていると間違った判断をしてしまいがちですし、そういう人に限って損が出たときに証券マンのせいにしたりします。  なにせ証券会社は売買手数料で生きている人種ですから、お客さんが得しようが損しようが関係なくすぐ売ったり買ったりさせようとする会社も中にはあります。  あくまでも、投資は自分の判断と責任で楽しみながらマイペースでやるのがベストだと思います。ネットだとマイペースでできるし、判断材料としての情報も提供してくれますし。 ごちゃごちゃと余計なことも書きましたが、あまり気にしないでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様の答を聞けてすっきりしました。ずっと引っかかってたもので(^^;) 私は常に上がるまでかなり気長に待ってました。 もうちょっと利回りとか考えた方がいいようですね(^^;) ありがとうございました<(_ _)>

  • 回答No.2
  • Juanjo
  • ベストアンサー率34% (9/26)

前の方がおっしゃるように、下がって上がる見込みの薄い株をいつまでも持っているより、ある程度のところで売ってその資金で別の株に乗り換えるのが一般的ですね。 つい先日のITショック、数年前のバブル崩壊、こういった波に乗って本来の業績以上に膨らんだ株価がついた株は、下がってしまったら、その時の株価に戻ることはなかなかありませんしね。 あと、株をお持ちになると解ると思いますが、下がっているときも上がっているときも心理的には不安なんです(^^; 現物取引ならではの「まだ上がるのでは?」「まだ下がる?」こんな思いが売買のチャンスをはずさせるのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様の答を聞けてすっきりしました。ずっと引っかかってたもので(^^;) 私は常に上がるまでかなり気長に待ってました。 もうちょっと利回りとか考えた方がいいようですね(^^;) ありがとうございました<(_ _)>

  • 回答No.1

 高値でつかんでしまってその水準まで戻るのに何年もかかりそうな場合には 多少損をしてでも現金に戻して、別の株に投資し直した方が良いと考えられる 場合があると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様の答を聞けてすっきりしました。ずっと引っかかってたもので(^^;) 私は常に上がるまでかなり気長に待ってました。っていうかほったらかし。 もうちょっと利回りとか考えた方がいいようですね(^^;) ありがとうございました<(_ _)>

関連するQ&A

  • 株の損を出す時に高く売った方がいいのか低い価格で売ったら良いのか判りません。

    現在良く判らないので詳しく教えて頂ければ思います。 今年の株取引で売価益で約30万ほど出ています。 税金が10%で3万と思います。 多少は節税したいと思い今年中に損が出ている株の一部を 一旦売却をして今年の売買では多少の売却損が 出ている事にしたいと思います。 その後同じ株か違う株に投資をしたいと思います。 それでいくらで株を売ったら徳か判りません。 株数が手元に多く残る方が良いのか、 それともなるべく手元に残した方が良いのかよく判りません。 因みに銘柄はみずほファインシャルグループです。 買いコストは1株、220円 保有数は1万 現在株価170円です。今年中はこれ以上下がらないと思います。 数日前の高値が180円でした。 どちらかに近い値段で売りに出したいと思います。 必要以上の損失は出したくなく利益が出ている30万に会うように 損を30万が出るように売価をしたいと思います。 また株は全部売らず残った株はホールドをしたいと思っています。 いまいち高く売った方が良いのか、安く売った方が 良いのかよく判りません。 どちらで売った良いのでしょうか?

  • 株の仕組み

    ある企業が上場した時の株価と発行数 が企業が自由に使えるお金であり 発行後に証券所で株価がいくら上下しようと投資家が儲けたり損したりするだけで 金銭的にその企業にその時々の株価はまったく影響ないという事ですか? 株を持っていれば配当がある事はわかりましたが 株価があがると企業のイメージが上がる以外に何かが変化するんでしょうか 株に興味を持ち始めたばかりで要領を得ない質問ですみません。

  • 高配当株への投資について

    長年高配当を出し続けている高配当株への投資について教えてください。 毎年4%を超えるような高配当を出し続けている有名企業がいくつかあります。 例えば日産や積水ハウスなどです。 こうした会社の株を購入して、10年以上4%を超えるような配当をもらい続けると、 いくら株価が大暴落しても、ある程度は利益が大きく出るのではないかと思いますがいかがしょうか? もちろんキャピタルゲインで利益を出している人もいますが、 こうしたインカムゲインで高配当をもらって生活している投資家も多くいらっしゃるのでしょうか? 極端な話、4%を超えるような配当を毎年もらえたとして、株価が半額に下がったとしても、 できるだけ長い期間、配当がもらえる限りもらっていれば、それほど大きな損は出ないかむしろ、トータルで見ると株価が下がった損益よりも配当の累積のほうが大きく利益になるようにもいますが、いかがでしょうか? 高配当を出している大きな企業への投資で、長く配当生活を送るのは危険でしょうか?

  • 信用買い株の現引?

    株に、信用取引ってあるじゃん。上手く使うと、良いこともあるんだよね。 手元に10万円だけあるとき、30万円の株は買えないじゃん。だけど、何故か20万円まで値下がった。それでも、買えないけど、お買い得だから何とかして買いたいよね。 そういうときに、信用取引すれば、安い利子で20万円借りて、その株を信用買いするんだよね。その株を建玉と言うんだとか。 んで、1週間経って、給料が入って、しかもその株が30万円に回復してた。じゃー、その建玉を純粋な株にしたいじゃん。建玉だと、利息の負担があるみたいだし。まー、1週間だとコーヒー1杯くらいの利息額なのでしょうけど。 イメージ的には、借りた株の買い取りかな。これを現引というのだとか。 さて、証券会社は現引額をどれだけ請求しますか? A:信用買い約定時(1週間前)の20万円? B:現値の30万円? もしBだと、ケンカになりそうですね? ・投資家:このX社の株建玉を現引したいのですが ・証券会社:では、現株価の30万円を頂戴いたします。 ・投資家:えっ?30万円?それは違うだろ!正しくは20万円だろ! ・証券会社:そう申されましても、30万円の株ですので、30万円をお支払い頂きます。 ・投資家:1週間前は、20万円だったんだよ。オレはその時に信用買いして、20万円で約定したんだよ。 ・証券会社:確かに、記録ではそうなっています。 ・投資家:20万円をあなたの会社から借りて、オレはその株を買ったんだ。だから、オレが返すべきはその20万円だけで済むはずだ。 ・証券会社:と仰られても、X社の株は30万円ですし。 ・投資家:そのX社の株は、20万円で市場取引に来た 投資家たちから購入した訳で、既にオレの物だ。アンタの会社から買い取るものではない。 ・証券会社:と仰られましても、お客様のお金でご購入されたものではありませんし、ご自身の現物株となさいますには、お買取りいただきます。 ・投資家:ただ、アンタの会社からその株を買うための20万円を借りたから、利息を付けて返す義務があり、それを今からその債務を果たそうとしている。現引って、そういうもんだろ。現引って、株の買い取りというよりは、株を買ったときに借りたお金を返済する行為だろ。 Aの請求額で正しいよね?色々調べたのですが、ヨーワカラン。

  • ライブドアの件では誰が損をしたんでしょうか?

    ライブドアの件で疑惑とされている 偽計取引と言われている、投資事業組合を使ってライブMとマネーライフの件や、株式分割で新株が還流しない間に風説の流布を使って株価を釣り上げたなどので利益を得た件ですが、これが仮に本当だったとしたら得をしたのは当然ライブドア。 では損をしたのは一体誰なんでしょうか? ※今回の件で連続S安になって含み損を抱えている人たちは除いて下さい。 もしこの疑惑が仮に本当だとしたら、かなり自作自演の株価操作みたいで、買収されるのを容認していた会社含め身内で株を発行させたり交換したりグルグル回して儲けてる感じですが、やっぱり新株発行ということは買っている投資家、上がるだろうと思って追随していった投資家の人たちが売りを浴びせられて損をしたんでしょうか? 結局、この件の錬金術というのは主に一般投資家が騙される形で成すものなのでしょうか? ※また、文中に何か間違いがありましたらご指摘下さい。

  • 株の売買で少し疑問に思っていること。

    波のようなあのチャートは、色々な人が売ったり買ったりして出来たものですよね?株価が上がれば右上がりになっていき、株価が下がれば右下がりというふうに。そこで気になったのが、チャートが右上がりに動いたり右下がりに動いたりしてるのは、大抵何人以上がその株を買ったときなんでしょうか?それとも発行株式数に関係しているのですか?

  • 株がほぼ毎年上がる(下がる)日ってありますか?

    株がほぼ毎年上がる(下がる)日ってありますか? 株は全くやったことないのですが、株価情報を聞いているとたまに 「今日は○○(←決算とか総会とか)の為投資家は買い控えの動きが~」 と毎年決まった日に行うイベントを理由に株価が上がったり下がったりしているので ひょっとしてそういう日があるのではないのかと思ったのですが?

  • 信用買いと信用売り

    基本的な質問で恐縮です。信用買いと信用売りについて、ごく簡単にお答え頂ければ幸いです。私の知識では、信用取引とは証券会社から借りた株を取引することですよね。信用買いは、ある期間中に株価が上昇したら利益を出すことができる。これは分かります。余力が少ない投資家などは、信用取引だとより大きな取引ができるということですよね。信用買い残がある銘柄は、今後とも値上がりの可能性があると。しかし、私が今一つ理解できないのは、信用売りのほうです。株の入門書には、今後確実に値下がりするだろうという銘柄を証券会社から借りてそれを売却するとあります。期限内にその株を買い戻し、そのときに株価が下落していれば始めに売ったときよりも利益がでると。たとえば、一株100円のときに信用売りをし、90円のときに買い戻せば、単純に-10円の損なのではないのですか? それとも、信用売りとは110円のときに買い戻すことですか? どうして信用売りは株が下落することで利益がでるのか理解できないのです。投資家の皆様にとっては、幼稚な質問のようにお思いでしょうが、お答え頂ければ幸いです。宜しくお願いいたします。

  • 株について質問です

    株を売ってくれる人がいないと買うことができないらしいですが、買ってくれる人がいないのに売ることはできるんですか?つまり証券取引所が引き受けるというようなことになると思うんですが・・・。 つまり、株を売りたいけど買い取ってくれないというケースは発生しうるんでしょうか? また、株というのは基本的に配当金を受け取れるだけで、買い取った企業に返上することはできないですよね?そういう意味では投資家の間で意味あるものでも、企業にとっては最初の資金調達を終えたらただの紙切れですよね?

  • 株って儲けた人と損をした人はトレードオフの関係なん

    株って儲けた人と損をした人はトレードオフの関係なんでしょうか? 株で儲けた人がいるってことは,損をした人間もいる。って本当ですか? ”株で儲けたってことは,逆に株で損をした人がいるってこと。”ってどういう意味ですか? 株価が上がったら,全員儲けているのでは? 誰が損をするのでしょう?