-PR-
解決済み

契約社員 & アルバイトの保障の違い

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6380321
  • 閲覧数1241
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 77% (410/530)

ある企業さんから、専門職のポジションで内定をいただきました。
ただし、雇用形態は「アルバイト」です。

ゆくゆくはこの専門職で、フリーランスとして働いていくつもりでして、
そうするとバイトどころか1日単位の契約も多々発生しますし、
何よりもずっとやりたかった仕事なので、
私としては今回は、アルバイトでも構わない思っています。

ただ、もうあまり若くないということもあり、
(1)解雇の際は1ヶ月前に通知を
(2)有給を年間10日つけて欲しい
という条件を提示しました。

すると「そういう条件だと、アルバイトではなく契約社員になってしまう。
契約社員の数を増やすのは、本社から認められないので、バイトの範囲内の
保障にさせて欲しい」と言われて、とりあえず保留にさせていただきました。

私は労働法に詳しくないので、どうも話がよくわかりません。
アルバイトの範囲内の保障というのは、どういう意味でしょうか。
そもそも、アルバイトと契約社員の法的違いは何ですか?

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 25% (371/1472)

アルバイトとは必要ときに雇うもの。必要がなくなったらあっさりクビに出来るもの。
契約社員とは、半年のところあるようですが、通常一年契約が基本です。一年間は身分の保証があるということです。
アルバイトは必要がなくなったら、「明日から来なくていいよ。」でお終りです。契約社員はあなたが提示された条件等が付随するものです。つまり予告解雇とか有給とかですね。アルバイトに有給休暇なんてありえません。働かなければ給料は無いというのがアルバイトです。
アルバイトは労働者としての保護はありません。パートや契約社員がかろうじて法的保護を受けられる最低の身分とお考えください。
契約社員でも短期で変わっているのでは?という疑問もお持ちでしょうが、それはお水系ならありえます。契約社員といっても実際は契約社員の要件を満たさないものばかりです。名目だけってというもの多々ありますので注意が必要です。
いま、あなたが意向とされている会社は契約社員はいらない。身分保障のないアルバイトが欲しいということです。
であれば、フリーランスとして早々に始められたらいかがですか?この仕事は何ヶ月でいくらという契約をして作業場所をその会社内で行うような契約をされるとかですね。いろいろ方法はあるかと思います。
お礼コメント
DJS

お礼率 77% (410/530)

遅くなりました、ありがとうございました。
結局私の条件で飲んでもらえることになりました。
問いただすと、アルバイトと契約に法的違いはないそうです。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-03-03 23:56:45
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ