• 締切
  • すぐに回答を!

前年度分確定申告と住民税他

  • 質問No.6379574
  • 閲覧数644
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 75% (3/4)

宜しくお願い致します。

昨年9月に前職場を退職しました。(正社員ではなく、社会保険は国民年金・国民健康保険)
その後は仕事を探しながら、知り合いの所でのバイト生活でした。

昨年9月までは 給料から源泉税・住民税など引かれていました。
退職後バイト生活で、本来やるべきだった 今年3月の確定申告をしないままでいましたので、
今年度の住民税は直接通帳から引き落としになっています。

他に国民年金と国民健康保険料が自振りです。

確定申告をしていなかったため 社会保険控除他各種控除もされていないので、
今年は税額も高く、特に国民健康保険料は、以前よりかなり高額になってしまいました。

恥ずかしい話しながら、税金などに疎い自分は ついそのままにして現在に至ってしまいましたが、
最近 知人から、昨年分の確定申告でもした方が支払う金額が変わるのでは?と言われました。


そこでご教示いただきたいのですが、
私の場合 今 旧年度分の確定申告をすれば、本年度(22年度)の住民税や国民健康保険料が、
変更になるのでしょうか?

所得税に関しては、E-タックスの画面で試しに計算してみたら、
わずかに還付される状態でした。

次の確定申告からは ちゃんと行うつもりですが、
旧年度分をどうするべきか 迷っています。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 51% (2555/4939)

「収入から各控除後、住民税が決定し、その住民税の額を基準に「所得割額」が決まる事になるという事」

収入から経費(給与なら給与所得控除額)を引いた額が所得です。

私の住む市ではこの所得額から所得割額が決定されてます。

所得から各控除をして住民税を決定するのは、いうとおり「住民税の計算方法」ですね。
住民税額から所得割を計算してる市があるかもしれませんので、断定的な回答は控えます。

確定申告をして、各種の控除を受けて還付金を受けること自体は「所得の減」ではないので、健康保険料の減額につながるとはいえないです。
損失があって、損益通算をするような申告書を出すと所得が変わりますので、当然に健康保険料が変わります。
お礼コメント
buzsan

お礼率 75% (3/4)

再度のご回答、ありがとうございます。

私も今回アチコチのサイトを見てみたのですが、
国民健康保険料の計算の仕方は、各自治体により違うようですね。
所得割という意味では同じなのでしょうが、
基準の金額が所得で、所得×0.**というところや、
私の居住地のように、地方税額×1.**という計算方法もあるようですね。

結果的には 大差はないという事なのでしょうが・・・。
投稿日時:2010/12/15 19:41
  • 回答No.3

ベストアンサー率 49% (3865/7826)

>私の場合 今 旧年度分の確定申告をすれば、本年度(22年度)の住民税や国民健康保険料が、
変更になるのでしょうか?
なります。
確定申告した内容は税務署から役所に通知されます。
役所はそれをもとに住民税や国保の保険料を計算し直し、変更(更正)を貴方に通知してきます。

>旧年度分をどうするべきか 迷っています。
確定申告して損はありません。
お礼コメント
buzsan

お礼率 75% (3/4)

ご回答を有難うございます。

No1の方への補足で、還付は数千円と書きましたが、計算の間違いが有り、
2万程度にはなるようです。
更に 住民税や国保料が修正されれば、大変助かりますので、
やはり 確定申告をしようと思います。

アドバイスを ありがとうございました。
投稿日時:2010/12/15 01:05
  • 回答No.2

ベストアンサー率 51% (2555/4939)

国民年金保険税は、収入にあまり影響されずに決定されます。
国民年金保険税は、収入によって変化しますが、企業が市に提出した給与支払い報告書から計算されます。
給与収入から給与所得控除額を引いた額を「所得割」の基礎としますので、社会保険料控除を受けても同額は換わりませんので、国民健康保険税が確定申告によって減少されるのは期待しないほうがよいでしょう。
但し、国税(所得税)還付があるようですので、住民税も連動して減少します。
「今年3月の確定申告をしないままでいましたので、今年度の住民税は直接通帳から引き落としになっています。」とありますが、住民税について、納期が来たら指定口座から住民税を引き落としてよいという契約と、確定申告とは無関係ですね。
補足コメント
buzsan

お礼率 75% (3/4)

ご回答有難うございます。

今回、国民年金に関しましては、問題ないと思っております。
国民健康保険料につきましては、確定申告をしてもあまり変らないのでしょうか?

計算方法をしっかりは理解してませんが、
収入から各控除後、住民税が決定し、その住民税の額を基準に「所得割額」が決まる事になるという事は、控除前の金額のまま掛かってしまった現在より、住民税が減少した確定申告後の「所得割額」は変ってくるのかと思ったのですが・・・私の勘違いでしょうか・・・?
投稿日時:2010/12/15 01:25
  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (10403/21780)

> 旧年度分の確定申告をすれば、本年度(22年度)の住民税や国民健康保険料が、変更になるの…

個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありませんが、更正 (再計算) はされます。

>わずかに還付される状態でした…

あなたの言う「わずかに」がどのくらいのことを指しているのか分かりませんので、あとはご自身で判断してください。
補足コメント
buzsan

お礼率 75% (3/4)

ご回答を ありがとうございます。

更生されるということは、市県民税と国民健康保険の金額が変更され、
3月までの支払いが、新たな金額に修正されると言う事でしょうか?

所得税の還付額は 数千円程度なのですが、
もし住民税と国民健康保険料が変更になるのならば、
申告したいと考えておりました。

恐れ入りますが、引き続きアドバイスをお願い致します。
投稿日時:2010/12/12 17:25
お礼コメント
buzsan

お礼率 75% (3/4)

ご回答を 有難うございました。

その後 再度計算し直しましたら、還付額は数千円ではない事が分かりました。
やはり 実行しようと思います。
投稿日時:2010/12/15 01:08
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ