• 締切済み
  • すぐに回答を!

投資需要の社会的波及効果とは?

消費性向や投資の乗数効果、公共投資というキーワードとともにどなたか教えていただけませんか??よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数266
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#30871
noname#30871

>どなたか教えていただけませんか??  お手持ちの教科書か、一般向けの本では小室直樹などの著作で勉強していただくしかないのですが……(近所に図書館はありませんか)、下記サイトはどうでしょうか。 http://www.ok-corp.co.jp/jiji.html http://www5a.biglobe.ne.jp/~nozo-mu/koukyou.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

教科書みたいのはあるんですけど、イマイチよくわからなくて・・・。図書館でも調べてみます。サイトも教えてくださって、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 公共投資の乗数効果

    財政学の分野での公共投資の問題なのですが、 「公共投資の乗数効果が低下している理由」を教えてください。 政府が公共投資をしてもあまり効果がないことは、なんとなく理解できたのですが、乗数効果をふまえての理由を説明することができません。 また、乗数効果についても完璧にわかっているか不安なのでそこらへんの基礎も少し触れていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 公共投資減額投資って何?

    他所の掲示板にあったのですが、小泉政権で ・税収減 8兆円 ・公共投資減額投資 6兆円 ・上記を割り算して、8/6=1.4 マイナスの乗数効果となっており、このことは1兆円の公共投資により1.4兆円の税収が入る事を示してる。 公共投資減額投資~、以降まったく意味が分かりません。割り算?マイナス?乗数効果?ご存知の方、解説願います。

  • 公共事業と有効需要

    ☆公共投資の増加は乗数効果により多くの有効需要を創出し、国内総生産(GDP)を拡大させる。 乗数効果:一定の条件下において有効需要を増加させたときに国民所得が乗数によって増加する現象。  (この文の一定条件下の有効需要の増加 とは、公共事業による有効需要の増加ということを言っているのでしょうか?) ☆の文の意味をできるだけ簡単に説明して頂けないでしょうか?乗数効果の意味も分からず困っています よろしくお願いします

  • 乗数効果。元手はどこから?

    マクロ経済学で有名な乗数効果について、不明な部分があります。 この計算では、誰かが最初に投資をすることが必要になります。 でも、その誰かはどうやってお金を調達するのでしょう? 例として、AとBの2人だけの経済を考えます。 Aがまず最初に1万円を消費したと考え、Bの所得が同額増えます。 Bは所得が増えたので消費を増やし、半額の5千円を使うと考えます。 Aは5千円の所得を得ましたが、1万円の消費をしたばかりなので新たに消費する気にならず、これ以上消費はしないと思います。 もし消費性向が1であっても、Aの消費は増えません。 これでは、乗数効果の計算式通りの効果が得られないのではないでしょうか? これは、Aの最初の消費が資産を減らしたから起こるのであり、へそくりを見つけたなどの場合であれば乗数効果がちゃんと現れます。 普通のマクロ経済学では、元手は何だと考えるのでしょうか?

  • 乗数効果について

    学校で公共事業の実施が乗数効果が景気回復に役立つのはわかったのですが、昔と比べてみるとなんで乗数効果が低下しているのでしょうか? 投資額を減らしているからですか?

  • 乗数効果

    乗数効果とは何か?限界消費性向cのもとでの、政府支出乗数と租税乗数がどのように表す。 拡張的な財政政策において、元の均衡所得から新均衡所得への増分が、乗数効果による増分よりも小さいのはなぜですか?

  • 乗数効果

    ある本に、「乗数効果」の話が出てきますが、大学を出てない自分にはチンプンカンプンです。 わかりやすく例え話を交えて教えてください。 <投入額の1÷(1-消費性向)倍>と書かれてます。 投入の額に対して何倍の効果があるのかということだとは思うのですが・・・

  • 公共事業で乗数効果が期待できなくなった理由について

    経済学の初歩中の初歩を勉強し始めた者です。 いきなり、GDPのところでつまずきました。 GDP=民間消費+民間投資+政府支出+(輸出-輸入) と学びました。 という事は、手っ取り早くGDPを増やそうと思えば、 政府支出(公共事業費)を増やすのが一番簡単です。 例えば、政府がダムをつくったとします。 それによって、ゼネコンが儲かって税収も増えます。 また、ゼネコンの社員の所得も増えるから、 そのお金が、民間消費や民間投資にまわります。 だから、最初の投資額以上の効果が期待できます。 つまり政府が1増やすと、それが回り回って全体で1.8ぐらいになる という計算が成り立ち、これを乗数効果というらしいのです。 こういうのを俗に「ケインズ効果」というそうなのですが、 バブル崩壊後は、この政策が通用せず、 今では、政府が1増やすと、1しか増えないのが現実だそうです。 では、なぜ、公共事業で景気を刺激して乗数効果をねらう理屈が、 今では、成立しなくなってしまったのでしょうか?

  • 国民所得について。

    学校で今国民所得論について勉強しています。 どうしても、下の4つのことがわかりません。 解る方教えてください。全部解らなくてもいいので 1つでも解りましたらお願いします。 1.国民所得の三面等価の原則について。 2.貯蓄投資の国民所得決定原則について。 3.減税政策と公共投資政策の景気不要効果の違いを乗数効果を用いて説明する。 4.均衡予算乗数は1になることを説明する。

  • 財政政策

    最近、マクロ経済の本を読んでいるんですが、文中に「財政政策は乗数を使う事で効果に変化を齎す」と書かれているのですが、意味が分かりません。 財政政策とは、例えば公共投資が浮かびますが、その公共投資に乗数をかける?と、その政策の効果は変化する、と言い換えることが出来ると思いますが、何を意味しているか分かりません。 また、乗数とは具体的に何倍なのか、そういった事も分かりません。 どなたか、ご存知の方おりましたら、解説していただければ幸いです。 宜しくお願い申し上げます。

専門家に質問してみよう