• 締切済み
  • 困ってます

アンプの電源の容量について質問です

先日、デジタルアンプキッドのWP-2020AMP-Rを買いました。 後日、電源を買おうと思い日本橋に出かけたのですが。 メーカーはトランスを使った本格的な電源を進めているのですが 電子工作を初めて2ヶ月の初心者なのでどうすれば良いかわからず 色々迷った挙句簡単にスイッチング電源を使おうと思いました。 このデジタルアンプはDC12V 20W 4Ωなので 私のスピーカーは8Ω×2なのでだいたい30W 12V位あれば良いか って思い買ってしまいました。 家に帰ってからだんだん色々考えているうちに自分の計算であっている のか不安になってしまいました。 店員に聞けば良かったのですがその時は完全に分かったつもりで 自信満々にこれ下さいと買ってしまったのです。 こういったものはパソコンの電源みたく必要+3割くらいといった計算で いいのでしょうか? それともどんな計算をしたか知らないが、全く何か間違っているよ。 とか言う事にはなっていないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数935
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.4

TA2020はフルブリッジ(BTL)なので、出力電圧はピーク・トゥ・ピークで電源電圧の2倍まで可能です。 電源電圧が13.5V、負荷4Ωの場合 (13.5 / √2)^2 / 4 = 22.8W データシートでは 22W(4Ω, 10% THD+N, VDD=13.5V) なので、ほぼ理論値に近い出力が出ます。 この辺がデジタルアンプですね。アナログアンプならこうはいきません。 電源電圧が12V、負荷8Ωなら、 (12 / √2)^2 / 8 = 9W 電力効率は85%くらいですから、2チャンネル分の最大消費電力は (9 X 2) / 0.85 = 21W 12Vの電源なら 1.8A になります。 12V, 2.5A の電源なら、3.9割増しになるので、電力的には余裕があります。 ただし、スイッチング電源も容量だけでなく、質的な問題もあります。 >ACアダプタの場合そんなに高出力なものは見たことがないし 無線機用の安定化電源なら30Aくらいまでありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

・・ということは私の買った電源でも一応は大丈夫ということですね・・ 実はその後色々とネットで調べているうちに分からないことが さらにたくさん出てきてまだ全く手を付けていなかったのですが・・ TA2020で調べてみると、8Ωの時と4Ωの時とで出力コンデンサの容量 を変えるような事も書いてあったり 作った人の完成写真が乗っているサイトではいったい何のために使われている のか分からない部品が乗ってあったり 配線も写真からでよく分からないのですがスピーカー端子の+と-を短絡している ように見える物があったり、ボリューム等変な場所にコンデンサや抵抗のようなものが ついてあったりフィルタがどうのこうの・・ ボリュームにシールド線を使っているのと単なるリード線で配線してある物・・ ということでまずキットをこのまま作るのか・・電源だけでなく他の部品をどうするのか? 今まで作ったアンプなどのキットは組み立てて完成で終わっていたのですがが、 それ以外の部分の回路作れなければならないのか?など沢山の問題が出てきました。 単純にキットに電源とボリュームとスイッチで回路を作れば良いと思っていたのですが 電源の前後にもなにやら部品を付けているようで・・・・ 完成はまだまだ先になりそうです・・

関連するQ&A

  • アンプに接続する電源の選定につきまして

    B級アンプ 20W@4Ω ×2チャンネル に対し、6Ωのスピーカーを接続します。 アダプタ-ではなく、スイッチング電源基板を接続するつもりです。 自分なりに計算してみると √(20W×4Ω)=8.9V 8.9V^2/6Ω=13.2W 効率60%(仮)として、 13.2W/0.6=22W 22W×2ch=44W 上記のような計算で最低44Wの電源が必要ということで合ってますでしょうか? 自分としては50Wの電源ではサイズが大きいのですが30Wの電源にしたいところですが、 あまり音量を上げると壊れてしまうでしょうか? 初心者で恐縮ですがアドバイス頂けると幸いです。

  • D級アンプの電源について

    TDA1552QというフィリップスのICを使ってデジタルアンプを作りたいと思います。 そこで電源をスイッチング電源にするかそれともトランスを使いしっかりとした電源を作るかで迷っています。 A級動作のアンプはトランスを使い頑丈な電源を使ったほうがよいのでしょうが、デジタルで増幅するデジタルアンプはスイッチング電源でもさほど音に影響はないのではないかと思っているのです。 さほど影響はないのなら価格もやすく用途の多いACアダプター型のスイッチング電源を使いたいと思います。

  • デジタルアンプTA2020-20自作でのWワット数計算方法(ヒューズ、アダプタ)

    TA2020-20( 20W+20W )を使用したデジタルアンプキットを製作予定です。 初心者なので、「ヒューズ」は必ず組み込む予定です。 参照テキスト(書籍 P82)は、ケース内蔵スイッチング電源形式で コンセントAC100Vとスイッチング電源12V2.5A間の交流上に 「1A ヒューズ選択 = 安全マージン数倍 * ( 約0.5A = AC100V / 30W電源(12V*2.5A)と効率計算考慮 )」 というシロウト目にもわかりやすい計算式で説明されています。 自分は内蔵ではなくスイッチングACアダプタ12V5Aを選択予定ですが 直流電流に変換された回路上にヒューズを組み込む場合 たとえば「125V1A」や「250V0.5A」を選択すればいいのでしょうか? <自分の立てた計算式> 125V*1A =250V*0.5A = 125W ← (アダプタ直流出力 12V*5A=60W)* 数倍マージン ヒューズの質問回答をみると 125Vや250Vは耐圧上限の数値らしく計算には関係ない数字にもみえます。 この場合だと 素直に 「12V5A」の数倍マージン 「125Vor250V 10Aや20A」を選択しなくてはいけないことになります。 マージンが大きすぎればヒューズの意味もなくなるだろうし。 どちらが正しいのでしょうか。ご教授いただければ幸いです。 参照サイト(ACアダプタ使用でヒューズ組み込み)では、 12V2Aで2A(見た目等倍)のヒューズという例もあり、 さらに混乱しております。 PS ちなみに アンプ出力が20W+20W 40W 効率88% = 約45Wということで テキスト(P25)では12V2.5A(30W)や4.3A(51.6W 少しオーバー)、 を選択していますが、メーカー推奨や他製作参考サイトでは12V5A(60W)アダプタを使用しております。 自分自身、フルボリュームで鳴らすことはないはずですが、 これだけのWワット数オーバーでも大丈夫なのでしょうか。特に「SuperCOMスペシャルキット版だとインピーダンス8Ωで半分の出力の10W+10W設定」になっていて かなり不安です。20W←→60W 3倍の開き このへんのマージンの取り方の知識がないので、ヒューズと関連してアドバイスいただければ幸いです。

  • 回答No.3

>> この電源でも起動するが音は良くない // 先の回答で述べたことは、「低歪みで使えるのは片チャンネル当たり5W程度だろう」というだけです。仮に、この結論が正しいとすれば、あなたの要求が8Wとか10Wとかなら、歪みが増えて音質も悪くなるでしょう。しかし、1Wとか2Wとかであれば、少なくとも歪みなどが問題になることはありません。 結局のところ、「あなたが何W必要としているのか」次第です。 >> どうして30Wの電源で5Wや8Wしか出力しないのか // 念のために書いておきますが、それは片チャンネル当たりの出力です。したがって、ステレオならその2倍、最大で16W程度は消費されます。この他、熱になって消える分や、制御回路や初段を動作させるために数Wは消費すると思われます。仮にあなたの言う「必要分+3割増」で考えた場合、30Wの電源で賄えるのは3割減の20Wということなので、出力16Wにその他諸々4Wと考えれば、十分説明がつきます。 それはさておき、最初の問題は、電圧です。極端な話、アンプは「電源部にある電気を、入力された音声信号の形に成形して吐き出す装置」です。したがって、どんなに頑張っても、電源電圧以上の電圧を出力することは不可能です。そして、半導体が「半導体として」機能するためには、一定以上の電圧差が必要です。この分が、電圧のロスとして生じます。 TA2020-020の場合、基本的には13.5Vで動作させる設計になっていて、「20W@4Ω」というのも、「22W @ 4Ω, 10% THD+N, VDD=13.5V」という条件での数値です。VDD(電源電圧)=12Vなら、当然、出力は下がります。 2つめの問題は、電流容量です。8Ωのスピーカーに8Wの電力を供給しようと思えば、電流は1A必要です(オームの法則から)。したがって、これが2チャンネル分だと2Aです。12V/2.5Aの電源なら、すでにほぼ限界です。 どうしでも、もっと大きな出力が欲しいのであれば、出力電圧を調整できるスイッチング電源から15Vのものを選んで14.5V程度に設定するくらいでしょう。トランス式だと、シビアな電圧の調整は困難です(無負荷だと出力電圧が上がり、電流が増えるほど電圧が落ちるので)。容量は、50~75Wクラスになるでしょうか。 しかし、それでも、THD+N=0.1%で片チャンネル10W程度、10%で14~15W程度だと思います。TA2020-020のスペックシート上、VDD=14.6V時の定格出力が、だいたいそのくらいと記されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

難しいですね・・電子工作を始めるとき2冊ほど 本を買ったのですが、電源のことについて詳しく書いていなかったし 本屋に行っても適当な本がないので理解を深めるのは難しそうです。 ケチらずに、電圧などが調節出来る電源をさがそうと思います。 スイッチング電源かACアダプタで良いのがあれば良いのですが・・ ACアダプタの場合そんなに高出力なものは見たことがないし あっても値段が高そうなのでスイッチング電源で探してみます。

  • 回答No.2
  • k_kota
  • ベストアンサー率19% (434/2186)

>しかし私は勉強不足なので、どうして30Wの電源で5Wや8Wしか出力しないのか分かりません まず、部品で消費するエネルギーがあるのが一つ、 あとは、出力の波形が歪んでしまうので、余裕を持たせないといけないのが一つ。 例えば完成したときに500グラムになる服があるとします。 使う布は500グラムじゃだめでしょ、四角い布を巻くだけならいいけどさ、 綺麗な形に整形するには余裕が無いといけないと言うことについてはどっちもいっしょ。 でもデジアンはロスが少ないと思いますけどね。 まあ、別に5W出せれば問題ないと思いますけどね。 文句が出たらその時考えればいいと思います。 ただ、装置の使う電力とアダプタの電力が合ってないと安全性に問題ありなのでそこだけ注意してください。ちゃんと余裕は持たせてください。 出力じゃなくて、消費電力をまかなえるかを確認してくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

5W出せれば問題がないというのは 音量を大きくしなければということでしょうか?   知識がなさすぎてすいません・・

  • 回答No.1

>> WP-2020AMP-R // このキットに使われているICは、TA2020-020です。 TA2020-020のスペック上は、定格電源電圧13.5Vで、このとき8オーム負荷に対して定格出力7W(THD+N=0.1%)/同10W(THD+N=10%)、最大定格電源電圧14.6Vで、このとき同様に9.5W/14.8Wとなっています。 このことから考えて、8オーム負荷に対して12W出力しようと思えば、電源電圧は14V程度必要です。逆に、12Vだと、おそらく8W程度が限界でしょう。しかも、これはTHD+N=10%時の数値なので、良好な音質(THD+N=0.1%時)を得ようとすれば、5Wくらいが限界であると思われます。 TA2020-020の規格上、電源電圧は最低8.5Vあれば正常に起動します。したがって、12Vでも問題はありません。しかし、上述のように、最大出力は片チャンネル当たり8W程度、実用的には5W程度が限界でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 つまりこの電源でも起動するが音は良くないということですね・・ しかし私は勉強不足なので、どうして30Wの電源で5Wや8Wしか出力しないのか 分かりません 電源にはOUTPUT 12V 2.5Aと書いてあるので 電源の方の仕組みでなんとかなると思っていました・・

関連するQ&A

  • カーステレオのAC電源容量は?

    カーステレオを室内で使いたいので DC電源12Vを用意しようと思います。目安として 40Wなので 40W/12V=3.5Amp くらいのをよういすればいいんでしょうか? 20W出力なら 2アンペアで(DC12V)いいでしょうか? またどんなDC電源がいいのでしょうか? PC用350Wがあるのでが使えますか?(12Vも端子があります。) 半波整流はどうでしょうか? (車のバッテリー充電用)

  • デジタルアンプキットのBTL出力方式について教えて下さい。

    デジタルアンプキットのBTL出力方式について教えて下さい。 TA2020を使った出力20W 4Ω(最大)のデジタルアンプキットを持っていますが、出力方式がBTLとなっています。 入力1と入力2がありまして、出力1と出力2がありますので、ステレオアンプという事になるのでしょうか? また、20W 4Ωとは片チャネルで20Wと言う事でしょうか?それとも両チャネル合わせて20Wでしょうか? BTLの意味も教えて頂けませんでしょうか?

  • アンプの駆動力ってそんなに違いますか。

    最近、アンプの駆動力っという話になりました。 私は、駆動力なんてものは一般家庭であれば、 アンプはある程度の物からは変わらない。 っというのが本音です。 8Ωで20w、4Ωで40wっというアンプがあります。 これの上位機種が8Ωで30w、4Ωで60wなんです。 値段は、倍近く違います。A級アンプです。 普通のマンションで鳴らしていたり、一般家庭の20畳くらいの部屋でも、 この2つのアンプの差は出ないのではないかと私は思っています。 ですが、この上位機種を購入して「駆動力が上がった」っという人がいます。 スピーカーはJBLのS101っというものを使用している人です。 真空管アンプでも余裕でなります。 それなのに、それほどアンプの違いがでるとは思えないです。 その方が満足していればなにもいいんですが、 偉そうな講釈を垂れるから反発したくなります。 「やっぱり電源に余裕があると鳴り方が違う」 「軽自動車とスポーツカーみたいなもんだ」 などと雑誌でみたことあるようなことをいいます。 軽自動車とスポーツカーの差には全く感じません。 1200CCと1500CCくらいの違いだと思います。 家庭で1wも使用すれば大音量になるスピーカーを使用しながら、 20wと30wでそんなに違うとは思えません。 もし、パワーの違いがでるとしたら、コンサートホール並の大音量で聴いているか、 地を這うような低音をずーっと鳴らしたり、 除夜の鐘を大音量で鳴らしっぱなしにしているような すでに「音楽鑑賞」の領域を超えた聴き方をしなければ差はでないと思うのですが、 私の考え方は間違っているでしょうか。 ちなみに、私は上位機種を使用することを否定しているわけではありません。 「音色が違う」とか「楽器がそれらしくきこえる」、 「間の前で演奏しているようだ」 そういうことであればなにも思わないんです。 ただただ「低音の鳴り方が違う」とか「駆動力が違う」 っというのが納得できないだけです。

  • 電源を選定するときの接続負荷側の容量計算

    電源の容量を確認しています。 例えば、DC12V 1.5A 30Wの電源を検討しする場合、接続する負荷の計算方法が知りたいと考えています。 12V系にDCモータ等が接続、3端子レギュレータを介して5V形にマイコンやセンサ等を接続している場合、12V×各電流(モータ等)+5V×各電流(マイコン等)の計算結果が30Wを超えなければ良いという考え方でよろしいのでしょうか。 また、電源の容量はどれくらい余分を見ておくと良いのでしょうか。 (場合により違うかもしれませんが、目安のようなものがあればと思います。) 基本的な質問で申し訳有りませんが、ご教授いただければ幸いです。

  • アンプなしのウーファーを使うには?

    アンプを内蔵していないウーファーを持っています。最大入力30Wでインピーダンスは3Ωのウーファーになります。 持っているアンプはYAMAHAのDSP-AX1200でウーファーはRCAの信号だけで増幅されたモノではありません。 別にアンプが必要なのですが、安くて使えるアンプが見つかりません。お店の人にはアンプ付きの製品に買い換えた方が安上がりでしょうと言われました。 秋月電子のアンプキットは使えそうにありませんし、どうしたモノかと悩んでいます。 やっぱり、新しくアンプ付きのモノを買うべきでしょうか? 電子工作は趣味でやっていますので自作で安くアンプが作れるならそれでもいいかなとも思います。 秋月のアンプキットは出力5.9W(4Ω)なので、ウーファーにはちょっと足りないですよね・・・ アンプICを別のモノに置き換えれば同じような回路でできそうですが・・・ 自作で安くあがるならそれが一番いいのですが・・・ 久しぶりにプリント基板でも作るか?(汗)

  • デジタルアンプ(素子)の個人入手について。

    デジタルアンプを製作してみたいと思っていたところ 手ごろで性能も良さそうな素子が見つかりメーカーに問い合わせてみましたが個人ではなかなかよい対応はしていただけません。 当然だと思います。 地方在住の者です。 少量(四個)でもという販売店(電話番号等)をご存知でしたら教えてください。 一応NETで探してみましたが新製品(04,11月)ということもあるのでしょう 埒が明かない というところです。 メーカー ヤマハ(株)   品名   デジタルアンプIC YDA-138     出力 ステレオ使用時 10Wx2@8オーム        モノラル使用時 20W@4オーム                  (VDD=12V)       単一電源 9~12V       HPアンプ内臓 以上の IC素子です。 又 同素子の 評価基板も併せてわかりましたら大変有り難いです。 よろしくお願いします。

  • アンプの電源について

    現在、http://www.zea.jp/audio/auamp/auamp_05.htm このリンクのプリアンプのみを製作しているのですが、こちらのサイトでは電源を12Vのものを使用されていますが、入力の470Ωの抵抗を680Ωにすれば16Vでも使えるとききました、その逆で9Vに変更することはできないでしょうか? それと今現在、カマデンのTDA7491KITというキットのアンプを使用しています、そこにボリュームはついているので、プリアンプはボリューム無しで製作するつもりです。つまりトーンコントロールとボリュームは順番が逆になってもいいのでしょうか?

  • アンプとスピーカー

    スピーカーに対し、アンプの出力が大きいと問題ありますか? 例えば『12V電源で8Ω負荷に対し5W供給できる』というスペックのオーディオアンプに 8Ω3Wのスピーカーを繋いでも問題ないでしょうか? もの凄く程度の低い質問だと思うのですが、お願いします。

  • ランプの電源にする際のACアダプタの容量

    12V20Wのハロゲン球を光源にしたライトを使っています。 電源のACアダプタが壊れてしまったので 汎用のACアダプタを購入し接続して使っているのですが、 アダプタの発熱が多いような気がします。 元々ライトに付属していたアダプタは出力が 12V1680mmAのトランスのものでしたが 今回購入した物はスイッチングの12V2Aの 出力(秋月電子で購入)ですので 20W÷12V*2A=83.3% で余裕があると思うのですがこの計算が 間違っているのでしょうか? 発熱の程度は15分程度連続で使用したとき アダプタに手のひらで触れると かなり熱いが何とか触り続けられる程度です。 ライトはONOFFスイッチがついただけのシンプルな物で 電球以外に電力を消費する部分はないと思います。 このまま使い続けてよいものでしょうか、 詳しい方のご回答をいただけるとありがたいです。

  • スイッチング電源と自作アンプの接続の仕方

    TA2020のようなデジタルアンプを自作しようと思うのですが、例えば電源にTDKラムダのスイッチング電源VS50B-12を使うとき、 http://www.tdk-lambda.co.jp/products/sps/ps_pcb/vs/indexj.html 右側の電源コネクタ(CN2)のoutputは4ピンのV+,V+,V-,V-が出ています。 ネットの作例ではこのうち1本ずつ(V+,V-)のみアンプへ配線している物ばかりだったのですが、V+を2本、V-を2本まとめて接続するのは本来の接続方法じゃないのでしょうか? 以前デジタルアンプを制作したときは何気にV+,V-1本ずつを繋げてました。 しかしイーターのスイッチング電源BNS-SAのPDFには4本全て使用してくださいと書いてあったので気になりました。 あと、1本ずつV+,V-の配線でOKなら、電源容量が十分余裕があれば1つのスイッチング電源にTA2020KITを2つ接続しても良いのでしょうか?