• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

62才から私的年金に加入?

生保または損保なんでもOKです。 62歳からでも加入できる個人の年金はありませんか? 年間の保険料を10万円で10年加入を考えています。(一括払いのものではありません) 所得税の保険料控除を期待しているのです。 そのため、年金の総額が保険料の総額よりも少なくなるようなリスクのあるものを避けたいです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1892/5075)

年金の受給額が保険料より必ず増える商品ならば、定期年金契約しかありません。 これで受給が5年とかに設定して、契約するのですが、契約を受ける保険会社があるかどうか… 長生きの自信があれば、わざと保障期間無しの終身契約(死亡時点で支給終了)にして、給付を増やし、長寿のメリットを得る選択もあります。こちらなら国内でも受ける会社はあると見ます。 後、利殖が目的であるならば、公的年金を受給繰下げするのと、組み合わせて有効活用するべきです。70歳迄公的年金を受給繰下げすれば、65歳支給に比べ42%加算された年金で支給されます。 逆に繰上支給を選択すると、62歳で18%削減に。 これらの公的年金の制度と有効に組み合わせて活用下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 月払いの変額年金は有利ではないのか?

    変額年金を、保険料一時払いでなく、月払いや年払いのもので契約したとします。 年間10万支払うと、他の生保に入ってない場合、5万の控除が受けられます。 所得税率が20%の人の場合、年間1万円税金の支払いが減ります。 ここで変額年金の運用は元本保証のものを選び、さらに支払期間5年、受け取りを5年先に設定します。 運用によって支払い以上に増加しなくても、50万で5万を得たことになります。 すなわち、期待リターン10%、リスク0%ということになります。 (簡略化のため、付加保険料や信託報酬などは省いて考えています) (運用益も一時所得となるため、一般の投信の譲渡所得よりも有利だと思いますが(2008年から)、それも考慮しておりません) 月払いの変額年金があるところまでは確認しましたが、一時払いでないもので受給開始年齢の自由が効くものがあるかどうか、そこまでは調べておりません。 しかし仮に60歳から受給するとしても、確定拠出年金には自分のお金で上積みできないのですから、余剰資金の運用法として有利なように思えます。 もちろん、何らの理由で現金が必要になり、そのために解約すると損するというリスクはあります。 税制の変更がなく、ここで想定した変額年金の商品があれば、非常に有利だと思いますが、この考えに落とし穴はないのでしょうか? 何か根本的な見落としや勘違いがあるのでしょうか。

  • 所得控除狙いの個人年金税適控除対象の年金加入

    個人年金税適控除対象の年金に入って数年間、個人年金保険料控除を受けています。 年間、所得税住民税で毎年約13000円くらい税金がやすくなっています。 今、この契約を解約した場合、収支トントンです。 つまり、解約金と既払保険料が同額です。 こういった場合、ただ所得控除分だけ得したという結果になってしまいますが、控除等ないのでしょうか。 (収支トントンってことは増えなかったわけだから得していないといった議論は置いといてください)

  • 平成24年から生命保険の控除額

    が変わりますよね? わたしサラリーマンなので、毎年、5万円の所得税控除が年末調整時に適用されてますが、24年以降加入の生命保険は新たに所得税が4万円になるとのこと。 そこで質問なのですが、今の時期、生命保険は12月1日加入、医療保険はH24年1月1日以降に加入だと、年末調整時の所得税控除は、旧制度の生命保険控除5万円、新制度の医療保険控除4万で9万円になるのでしょうか? どうもネットで見ても、生保+年金+介護医療で12万円が上限みたいなのですが、旧生保控除が5万が適用があるのなら、最大13万円になりませんか?(生保5万+年金4万+医療4万) 現在、見直し中でして生保は継続、医療を24年に考えています。 なにとぞご教示いただければと思います。

  • 年末調整に詳しい方おしえてください。

    去年より失業していましたが、 転職し年間収入は65万くらいです。(所得税年間15,000円くらい) 失業中は失業保険をもらっており、 国保に加入していました。(総額14万) 年金は猶予です。 生保等その他の保険料はありません。 この場合、年末調整で還付額は発生しますでしょうか?

  • 個人年金と国民年金基金の控除について

    国民年金基金に加入しようと思っているのですが、 リスクヘッジを兼ねて個人年金も利用しようと考えています。 所得税と住民税で国民年金基金は全額控除できますが、個人年金の控除は4万円までだと思います。 両方加入した場合は個人年金は4万円分控除できるのでしょうか? 国民年金基金で4万円以上控除されるので、個人年金分は控除できないのでしょうか?

  • 個人年金の保険料の支払について

     就職した10年前に会社に勧誘に来ている生保レディーにお願いして個人年金に加入しましたが、保険料の設定について、税金の控除が使える年間で10万円の設定でお願いし、その金額でおばさんが給与天引きの手続もしてあげるから大丈夫。と言われ、現在まで、至りました。   しかし、つい先日、友人から保険料は1年間まとめて払えば割引があると聞き、生保レディーのおばさんに確認したところ、現在より2500円安くなる。と回答を得ました。しかし、年間の総支払金額を10万円に設定しているため、割引分を引くと10万円の控除が受けられなくなります。   そこで、金額の設定を変更して欲しいと、お願いしたところ、途中での変更は出来ないとのことでしたが、加入当時に、年間一括払いのシステムがあることの説明を受けていて、自分で月払いを選択をしていれば、文句も言えませんが、支払方法について何の説明も受けていなく、本来なら、10年間分の割引金額を返して欲しいものですが、せめて、金額の変更をしてもらいたいと思っています。   何か良い方法はありませんか?

  • 医療保険、個人年金保険の所得税・住民税控除について

    正しいかどうかの確認のための質問です。 新たに医療保険と個人年金保険に加入しようと思ってます。 動機は所得税、住民税の控除です。 税金については素人ですが、ネットで調べた結果以下の通りとなりました。 保険料(仮) 医療保険の年間保険料・・・50000円 個人年金保険の年間保険料・・・70000円 合計年間保険料・・・120000円 医療保険の所得税控除額・・・37500円 医療保険の住民税控除額・・・30000円 個人年金保険の所得税控除額・・・42500円 個人年金保険の住民税控除額・・・35000円 合計税金控除額・・・145000円 以上のように支払い額より税金控除額が上回ります。 (実際には僕の年間所得税納付額が80000円を下回るので少し違いますが) ということは契約した場合、 「実質保険料無料」+「若干の税金還付」 という現象が発生すると捉えて間違いないでしょうか。 はっきりいってこんなおいしい話はないとは思うのですが。

  • 保険会社が提供する年金(10年以上)について教えてください。

    保険会社が提供する年金(10年以上)について教えてください。 保険会社が提供する年金(10年以上)が提供する保険に加入した場合、年間の保険料の総支払い 額が10万以上、預けると85000円の控除を受けられるとの話を聞きました。 純粋に低金利の時代に銀行に預けることを考えるより有利なのでしょうか? 例えば、 銀行にコツコツと30年後に600万を受け取れるように預けた場合(0.045%/年)と 保険会社が提供する将来の受取り60×10年間受け取れるようにこれから30年間預ける を比較した場合、私の認識からすると 「月々預けた総額」-「85000円(所得税・住民税)X30年間」とした場合、保険会社 の方がいうように断然、年金保険がいいのかなって思っています。 単純にそんな計算で良いのか?も分かりませんが。 どうなのでしょうか?あと年金はどの保険会社も一緒ですか?

  • 個人年金保険料控除の効果について

    最近の個人年金保険は運用利回りが低く短期解約では 元本割れするようです. 所得の減税効果を得るため(解約時の)元本割れリスクを承知で加入するメリットはあるでしょか <質問> 控除効果を金額で確認したいと思います たとえば課税所得額300万、500万、800万では、どのくらいの減税効果が得られのでしょいか。 <条件> 控除枠は所得税5万、住民税3.5万円になっています。 ただし個人年金保険料、生命保険は別枠 以上

  • 個人年金の良い時期とは?

     10年ほど前(1993・1994)に大手生保(住○・第○)の個人年金(確定15年)に加入しました。 第一は年13万の32年払いで80万を15年間、住友は年11万の30年払いで81.5万を15年間もらえる、という内容です。 契約前の計画シート?では配当金もついてかなりの額になっていたのですが、現時点で配当金は0なので、全く期待していませんが、最低でも80×15で1200万いただけるならば、良い保険なのではないかと、保険のおばちゃんに半分騙された(グッズにつられた)自分をほめてあげようかとも思っています。  よく「良い時期の保険はそのままで」といいますが、この良い時期とは具体的にいつのことなのでしょうか?  自分では前述の2つの年金は良い時期だとおもっていたのですが、10年前は既に良くない、という話も耳にはさんでおり、よくわかりません。