• ベストアンサー
  • 困ってます

化学の問題

化学の問題 (1)空気中の二酸化炭素の量を測定するために次の実験を行った。 実験1 0.0050mol/Lの水酸化バリウム水溶液100mlに標準状態の空気10Lを通じ、二酸化炭素を完全に吸収させると白色沈殿が生じた。 実験2 しばらく放置した後、未反応の水酸化バリウムを含む上澄み液10mlを中和するのに、0.010mol/Lの塩酸が7.0ml必要であった。 1 実験1の中和反応を化学反応式で示せ。 2 二酸化炭素を吸収する前の水酸化バリウムの物質量は何molか。有効数字2桁で答えよ。 3 空気中の二酸化炭素の物質量は何molか。有効数字2桁で答えよ。 4 空気中の二酸化炭素の体積百分率は何%か。有効数字2桁で答えよ。 5 生じた白色沈殿の質量は何gか。有効数字2桁で答えよ。 ただし、原子量 C=12 O=16 Ba=137 自分の答え 1 Ba(OH)2 + CO2 → BaCO3 + H2O 2 5.0*10^-4 3 1.5*10^-4 4 0.0034% 5 0.030g これらはあっていますか?間違っていたら答えを教えてください。 (2)水酸化カリウムと硝酸カリウムとの混合物10.0gをすべて水に溶かした。この溶液を中和するのに2.5mo/Lの硝酸40mlを要した。 1 おこる中和反応を化学反応式で示せ。 2 中和後の溶液から水分を蒸発させたときに生じる塩の質量は何gか。小数第1位まで答えよ。 ただし、原子量 H=1.0 N=14 O=16 K=39 この二問は分かりません。 やり方を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数160
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

(1)はざっとみて2.迄はあっていますね。 (2) 1.KOH + HNO3 → KNO3 + H2O 2.残っているのは硝酸カリウムだけなので、中和に要した硝酸の物質量(モル数)から水酸化カリウムの物質量(モル数)が分かり、それを10.0gから除けば最初の硝酸カリウム量が分かります。 あとは滴定で生じた硝酸カリウムとはじめからあった硝酸カリウムの量を加えれば良いだけ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 化学、物質量と濃度計算

    化学が苦手なため、どんな方法で解いてみても答えに一致しません。 どなたか得意な方、解説をお願いします。 1.空気中の二酸化炭素の量を測定するために、0.005mol/Lの水酸化バリウム水溶液200mlに空気10Lを通じ、二酸化炭素を完全に吸収させた。 反応後の上澄み液20mlを中和するのに0.01mol/Lの塩酸が7.4ml必要であった。 もとの空気10Lに含まれていた二酸化炭素は何mlか。 答   14.1ml 2.食酢(CH3COOH)の5mlを0.1mol/l水酸化ナトリウム水溶液で中和したところ33.5mlを必要とした。 この食酢中の酢酸の質量%濃度はいくらであったか。 なお、食酢の密度は1.00g/cm3とする。 答4.02%

  • 化学I 逆滴定の問題

    空気中の二酸化炭素の量を測定するために、0.0050mol/Lの水酸化バリウム水溶液100mLに 標準状態の空気10Lを通じ、二酸化炭素を完全に吸収させた。 反応後の上澄み液10mLを中和するのに、0.010mol/Lの塩酸が7.4mL必要であった。 もとの空気10L中に含まれる二酸化炭素の体積は何mLか。 という問題ですが、回答にばらつきがあったために再質問させていただきます。 追加で、上澄み液というのは、炭酸バリウムの沈殿を除いた水酸化バリウム水溶液ですか? 量=モルで計算をしてもいいんですか? 初歩的な質問をしてすみませんが、ご回答よろしくお願いします。

  • 化学Iの計算問題です

    空気中の二酸化炭素の量を測定するために、0.0050mol/Lの水酸化バリウム水溶液100mLに 標準状態の空気10Lを通じ、二酸化炭素を完全に吸収させた。 反応後の上澄み液10mLを中和するのに、0.010mol/Lの塩酸が7.4mL必要であった。 もとの空気10L中に含まれる二酸化炭素の体積は何mLか。 という問題です。 高3ですが計算問題が苦手で何から手をつけていいか分かりません…。 ご回答よろしくお願いします。

  • 高校化学 題意が汲み取れない

    問題「空気中の二酸化炭素の量を測定するために、0.0050mol/lの水酸化バリウム水溶液100mlに 標準状態の空気10lを通じ、二酸化炭素を完全に吸収させた。 反応後の上澄み液10mlを中和するのに、0.010mol/lの塩酸が7.4ml必要であった。 もとの空気10lに含まれる二酸化炭素の量は何mlか?」 回答「吸収した二酸化炭素をxmol/lとすると、Ba(OH)2+CO2→BaCO3+H2Oより 残るBa(OH)2の物質量は(0.0050×100/1000 -x)である。 反応後の水溶液100mlから10mlを中和に用いたので (0.0050×100/1000 -x)×10/100 ×2=0.010×7.4/1000 ×1 よってx=1.3×10^-4なのでCO2の体積は2.9lである」 ↑について 0.0050mol/lの水酸化バリウム水溶液に標準状態の空気10lを通じ二酸化炭素を完全に 吸収させた  までは (1)(空気中の二酸化炭素以外の物質と水酸化バリウム水溶液の反応は無視し) (2)Ba(OH)2+CO2→BaCO3+H2O という反応がおこっていて (3)なおかつ空気10lの中の二酸化炭素が全てこの反応に消費されている とういうふうに理解できてイメージできたのですが その後の操作が何をしているか理解できず、立式できません。 特に「上澄み液10ml」が何をさすのかわかりません。

  • CO2の定量

    標準状態の空気10リットルを、0.05mol/lの水酸化バリウム水溶液200mlの中に通じた。このとき空気中に存在する二酸化炭素はすべて水酸化バリウムと反応し、炭酸バリウムの白色沈殿が生じた。この沈殿をろ過し、ろ液のうち20mlを0.1mol/lの塩酸で中和したところ19.6mlを要した。この空気中の二酸化炭素の量は体積百分率で何%か。有効数字2桁で答えよ。 Ba(OH)2+CO2→BaCO3+H2O BaCO3+2HCL→BaCL+CO2+H2O 反応式は立てられましたが、この後どうすればいいのか分かりません。詳しくお願いします。

  • CO2の定量

    標準状態の空気10リットルを、0.05mol/lの水酸化バリウム水溶液200mlの中に通じた。このとき空気中に存在する二酸化炭素はすべて水酸化バリウムと反応し、炭酸バリウムの白色沈殿が生じた。この沈殿をろ過し、ろ液のうち20mlを0.1mol/lの塩酸で中和したところ19.6mlを要した。この空気中の二酸化炭素の量は体積百分率で何%か。有効数字2桁で答えよ。 Ba(OH)2+CO2→BaCO3+H2O BaCO3+2HCL→BaCL+CO2+H2O 反応式は立てられましたが、この後どうすればいいのか分かりません。詳しくお願いします。

  • 酸塩基

    二酸化炭素をXmol含む空気を0.20mol/Lの水酸化バリウム水溶液100mlに通じた。完全に二酸化炭素を通じた後、上澄み液25mlを取り出し0.10mol/Lの塩酸20ml加えたところ反応が完了した。 上記の問題で、二酸化炭素を水酸化バリウム水溶液へ完全に通じたときの化学反応式がわかりません。

  • ■化学 <逆滴定>

    化学の勉強をしていてわからないところがありましたので、質問させてもらいます。問題は以下の通りです。 ※以下引用<新演習(近畿大学(改))>より※ 呼気中の二酸化炭素の量を調べるために、標準状態で次のような実験を行った。0.002moℓ/Lの水酸化バリウム水溶液100mLを、この気体1.00Lとともに密閉容器中でよく振ったところ白色沈澱が生じた。しばらく放置した後、その上澄み液10.0mLをとり、フェノールフタレイン溶液を数滴加えてから、この溶液を中和するのに、0.010moℓ/Lを要した。次の問いに有効数字2桁で答えよ。(C:12、O:16、Ba:137)          (1) 呼気中に含まれる二酸化炭素の体積百分率(%)を求めよ。 (2) 生じた白色沈澱の質量を求めよ。 ※引用終了※ まず、Ba(OH)2+CO2→BaCO3↓+H2Oの反応が起こり、 ここで反応に与らなかったBa(OH)2をHClで滴定するということです。 (酸の放出したH+の物質量)=(塩基の放出したOH-)より (反応したCO2をa(mol)として) 2a+<0.010*(8.0/1000)>=0.020*(100/1000)*2 と立式したのですが、 実際は、誤:<0.010*(8.0/1000)>、正<0.010*(8.0/1000)*(100*10.0) (∵反応液10mLなので、100mLに換算)・・・(*) となっていたのですが、 (*)の部分がイマイチ理解できません。 何方かご教授下さい。  解答:(1) 3.6%、(2) 0.32g

  • 化学がわかりません。

    標準状態で10Lの空気を0.01mol/Lの水酸化バリウム水溶液50mlとよくふり生じた沈殿を一度ろ過したのち残ったろ液を0.1mol/Lの塩酸で滴定したところ、中和するのに6.8mlを要した。 この空気中に含まれる二酸化炭素の体積百分率は?

  • 化学の問題がどうしてもわかりません

    炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとの混合物がある。この2成分の含有量を決定するために次の滴定を行った。炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとの混合物を蒸留水に溶かし1lの試料溶液とした。試料溶液20.0mlをとり、0.1mol/lの塩酸で滴定した。 (1)まずフェノールフタレインを指示薬として用い、中和点まで塩酸を加えると15.0mlを要した。(2)これにメチルオレンジを指示薬として,同じ塩酸で滴定を続けると2.5mlを加えたところで中和点となった。 <1>(1)の滴定実験で起こった反応を化学反応式で記せ。 <2>(2)の滴定実験で起こった反応を化学反応式で記せ。 <3>炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとは1lの試料溶液中にそれぞれ何gふくまれていたか。 答えは <1> NaOH+HCl→NaCl+H2O Na2CO3+HCl→NaHCO3+NaCl <2> NaHCO3+HCl→NaCl+H2O+CO2 <3> 炭酸ナトリウム1.33g 水酸化ナトリウム2.50g なのですがフェノールフタレインとメチルオレンジの使い分けがよくわかりません。 できればすべての問題の解説をしてほしいです。よろしくお願いします。