• 締切
  • すぐに回答を!

大学に行く意味がわからなくなりました

  • 質問No.6339143
  • 閲覧数208
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 0% (0/90)

将来が不安で、大学に行く意味がわからなくなりました・・・

高校3年男子です。
先月、スポーツ推薦でMARCHの(R)法学部合格が決まりました。

しかし、将来が不安で行く意味がわからなくなりました。
・学費は全て父が出してくれるのですが、この就職難で4年後、まともに就職できなかったら・・・
・奨学金も借りる予定でただ借金を背負うことになったら・・・

同級生たちは進学する人、就職する人が同じくらいいるのですが、就職組の中に、「リコー光学」に就職した友達がいます。それが私はうらやましくて・・・。高校時代は3年間無欠席でしたし、インターハイで入賞もしましたし、成績もトップでした。就職を受けても合格する自信はありました。しかし、将来の給料や仕事の選べる幅を考えて進学することにしたのですが、この選択が正しかったのかわからなくなりました。正直今は就職したい・・・なんて思ってますが、考えすぎでしょうか?
それか、大学に進学するよりも、地元の専門に進学するほうがお金もかかりませんし、早く仕事につけるのでそっちのほうがいいのでは?と疑問に思うようになりました。

定年間近の父に高いお金を払ってもらい、奨学金という借金をしながら、意味もないスポーツを続けて無理して大学に行く意味とは何でしょうか・・・?

合格した瞬間は今までにない喜びに浸っていたのですが、今では荒んでしまいました。

回答 (全10件)

  • 回答No.10

ベストアンサー率 0% (0/3)

あくまで私の考えでは、というお話ですけれども...

まだ具体的に進みたい道が決まっていないのなら大学は悪くない選択だと思いますよ。

就職したいのなら雇用者の立場になってみてください。

試験官は今日始めて出会ったあかの他人に月に何十万円も払う価値があるかを短時間で得られた情報の中で結論を出さねばなりません。
しかも一度雇ったらクビにするのも難しいので失敗は出来ません。

では何が一番手っ取り早いのか、多分学歴含め経歴でしょう。
その人がどの程度努力できるか、どのような能力をどの程度持っているか、大体の予想が出来ます。
効率的ですよね?

>将来が不安で行く意味がわからなくなりました。

不安と仰りますが質問者様の目指す成功とは?

>まともに就職できなかったら・・・

雇用者に欲しいと思われる人間に4年間でなれるかどうかです。
なれなかった場合、+4才のデメリットと学歴&授業で得た知識というメリットが残るだけかと。

>奨学金も借りる予定でただ借金を背負うことになったら・・・

可能性に投資するのは当たり前です。

>就職組の中に、「リコー光学」に就職した友達がいます。それが私はうらやましくて・・・。

質問者様も同じところに就職したいのですか?

>この選択が正しかったのかわからなくなりました。

そんなもの誰にも分かりません。人が賭け事をするのは先が分からないからです。

>正直今は就職したい・・・なんて思ってますが、考えすぎでしょうか?
それか、大学に進学するよりも、地元の専門に進学するほうがお金もかかりませんし、早く仕事につけるのでそっちのほうがいいのでは?と疑問に思うようになりました。

就職したいと考えているのなら大学進学は失敗でしょう。

>意味もないスポーツを続けて無理して大学に行く意味とは何でしょうか・・・?

スポーツを続けた人の需要って結構あると思います。
意味はあなたが提示するものです、質問するなら「価値はありますか?」でしょう。

要するに質問者様しだいなのですがご補足などいただけましたら分かる限りお力になりたいと思います。
  • 回答No.9

ベストアンサー率 28% (3496/12464)

他カテゴリのカテゴリマスター
大学は勉強するために行くんです。それに意義が見いだせないなら、行かない方がいいのかもしれません。

日本はこれから変わります。日本の技術や経営を学ぶために、アジアの優秀なヒトは、日本の大企業に就職に来ます。また、人口1億、世界第2位の市場だった日本は、若者の消費控え現象や給与総額の減少、それにまして、ここ数年の団塊の世代や10年後から始まるバブル世代の退場を最後に、この市場がほぼなくなります。少なくとも、国内生産の半分も消費できなくなります。

企業の人手不足をすべて国内の新卒で補うことは、企業としての10年後の未来を失うことになります。
なので、昔と違って、募集定員を満たさない状態でも採用を打ち切り、その分を海外採用に回す企業が増えてきています。

才能がないヒトは、イラナイ、という時代は目前です。育てて使うにしても、海外に出ていきたがらないヒトを採用しても困るだけなんです。大学のブランドも意味を持たなくなります。
ご自身が、ご自身を磨き価値を高めることを大学進学に求められないなら、止めたほうがいいです。スポーツもご自身の価値を高める方法のひとつですし、ヒトそれぞれで、単一の評価価値基準があるわけじゃありません。自分自身の基準で価値を高めて、それを人に認めさせる、それだけの覚悟がないなら、今の「高卒」「若さ」「仕事が身につきやすい年代」「安価な労働力」という価値を利用したほうがいいですよね。
  • 回答No.8
貴方がどんな方法で、どんな道をとろうが、結果として良かったと思えば良いのです。
ああすれば良かった、とかこうすれば良かった、では決してありません!
私は60を過ぎ、一応無難な老後を過ごしていますが、
貴方がスポーツ推薦でと言うなら、私は音楽推薦で行く大学も決まっていましたが
お金もいり、結局全く畑違いの所に行きそこで私はこれが天職だと言う職に付き
定年を迎えました。
職場をやめたりする人の理由の一番は人間関係だそうですが、私はどんな事が有っても
「自分はこの上司に使われているのでは無い!、この職業に使われているのだ!」
と思い、仕事をして来ました。事実、天職だと思った事に他人にひけをとる訳は無く負けた事はありません。
スポーツに意味があるのでも早く仕事をするのに意味があるにでもなく、
自分が何をしたいのか、自分の力を一番発揮できる事は何だろうか?
これを考える事が一番です、私は運良く天職に就きましたが、めったにいないでしょうね?
自分がしたい事、自分の得意な事、それが世間に望まれて認められる事。
努力は勿論の事ですが、人間、運の方が大事ですよ!運の次は人との付き合いです
他人のお世話、助力なくして成功は有り得ません。
考えるよりまず実行する!自分の考えも持ちながら他人の言う事の意味を理解する、
とまあこれが優等生の答えだろうが、私はと言うと突っ走っては突き当たり、また突っ走るを
繰り返してきた、それで良い時代だったからかも知れないが、
無我夢中に突っ走れる人がいて欲しいとも思いますね?
  • 回答No.7

ベストアンサー率 32% (401/1246)

大学生活を送ることが出来ることに、また、それを支援していただくご両親に厚く感謝しましょう。

他の方のご意見にもありますが、大学でしっかりそのスポーツを続けて、勉強も一方でしっかりやって(現実には単位を落とさない程度にでしょうけど)たら、就職活動には強いと思いますよ。

大学ってのは、机上の勉強をするだけの場所ではない。

社会に出る前にいろいろ多くの経験を積むことが出来る場所。
生涯にわたって付き合うことが出来る友人を得られるかもしれないし、
場合によっちゃ、生涯の伴侶と出会う場所になるかもしれない。

いまから4年後の景気を心配してどうするんだ?

ひとつ言っておきますが、不景気だろうと、内定を取りまくる学生はいくつでも取るし、たとえ有名大卒でも一個も内定を取れない奴もいるのです。

充実した学生生活を送り、人間的にもスキルアップしてください。

今回の入学の権利を放棄するとは思いませんが、仮にそうしたら、ほぼ100%、将来的に公開することになるでしょう。
「若き日の俺はなんと愚かな選択をしたのか」と。

あなたの悩みはゼイタクすぎだ。

前向きにがんばりましょう。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 42% (103/244)

4年後、その後悔が本物にならないように、これからも努力を続けることです。
スポーツ推薦なら大学でも当然そのスポーツを続けるのでしょう?
体育会出身者の就職は今も昔も「強い」。
しっかり勉強し、体育会でも頑張り、お父様の誇りになってください。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 26% (567/2143)

今のまま大学に通ったとしても、もしくは高卒で就職しても、いずれは悩むことになると思います。
高卒で優良企業に就職できたお友達と同じような選択を質問者さんがしたとして…しかしそこに大卒の同僚がいたら。
高卒で就職しても、4年後には大卒で同い年の社員が入社してきます。
その時「ああ、自分は成績が良かったのだから、大学に行っておけばよかった」と思わない保障は無いと思います。

もちろん…今のまま大学に通ったとして就職できる保障もありません…そこは本当に申し訳ないのですが、頑張って下さいとしか言いようがないです。
しかし、大学を卒業した私の立場から言えば、学力と環境が許すのであれば、高卒より専門卒、そして専門卒より大卒が良い選択だと思います。
もちろん、高卒だからレベルが低いとかそういう話ではないですが、あえて高卒という選択をせずとも、学歴があった方が何かと有利になる場合が多いと思います。

最後に…私自身の話で恐縮ですが、私は夢を追うため、大学を卒業しても企業に就職するという道を選びませんでした。
そして大学を卒業して数年後、夢は叶いました。
傍から見れば「羨ましい」としか言われない状態です。
しかし今…毎日が本当に辛いです。確かに昔の夢は叶ったけれど、人間は本当に強欲で、また別の夢…というかこの先に求めるものが増えてしまいました。それを叶えようと必死の毎日です。それを周りは「充実していて素晴らしい」と評しますが、当の私は本当に辛い毎日です。大学を卒業したら普通に就職して世に言う普通の生活をしたらどんなに楽しかったのかと思ってしまう事もあります。
しかし自分の選択した道ですから、明確な後悔はしていません。今の道を選ばなかったら出会う事が出来なかった人も多くいます。できればこの仕事をしながら、そのまま最後を迎えたい。それが今の私の希望です。

どんなに辛くても、自分で道を選べば満足いく人生が得られると思います。
色々書きましたが、ご自分にとって最良の道を模索して下さい。
  • 回答No.4
進学・就職が半々って聞くだけで高校のレベルが分かってしまいますね。

今は大学なんてものは行ってて当たり前なんですよ。その上で行っても行かなくても変わらないってんだから。

大学に行く意味がたった一つだけあるとしたら、大学生になれる事くらいでしょうか。それ以外の理由で大学に行く人が、大学生活をやっていける訳がない。

先の心配なんかしてないで楽しんだらいいんです!今のあなたにしか出来ないことが、実はいっぱいあるはずでしょう!
  • 回答No.3

ベストアンサー率 50% (1/2)

私事ですが、卒業当時は質問者さんのような事を考えてました。

でも卒業して9年経って結果として大学を卒業しておいて良かった
と思います。

というのも、思いもよらない場面で学歴が重視されたりします。

正直、私が卒業した大学は私立で三流と呼ばれるようなところでした
が、今年アメリカに長期出張することになり、Eビザの申請書類を作成
する上で、大学を卒業していたことがポイントになりました。

もし、中退していたらアメリカにいけなかったのかなと思うと、良かった
と思いました。


でも大事なことは、質問者さんが今後の人生設計をどう考えているかです。

大学に合格しても、次は就職、就職したらしたでまた待遇や、人間関係の
壁に当たります。そして年を重ねれば、更に自分の家庭を持ったり、親の
介護の問題など人生に悩みはつき物です。でも誰でもいずれはそういった
状況に遭遇する訳ですから、今から人生設計を立てておいてもいいと思います。

そして、もし、その人生設計において大学を卒業するメリットが無く、他に
選択肢があるのであればそこに進んだほうが近道かなと思います。

でも人生は何が自分を助けるかわかりませんし、過ぎてしまってからは取り戻すの
に時間や労力がかかります。

ぜひ他の回答者さんの意見も含め、質問者さんの選択の参考になればと思います。

がんばってください。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 18% (146/778)

奨学金は借金じゃない。未来の自分への投資ですよ

高卒で就職できる会社には
大学を中退してでも入れます。

でも、大学で身に着けた知識や体験や人間関係は
後の人生にきっと生きてきますよ。

今は就職難で不安がいっぱいなのでしょうが
大学在学中に民主党政権も終わりを迎えるので
きっと今よりはいい時代になっているはずです。
あなたがまっすぐ人生を歩んでいくことが親の希望なのですから
お金のことなど気にせずに青春を謳歌しつつ前向きに頑張ってください。

新入生歓迎コンパで急性アルコール中毒で亡くならないように気をつけながら
大学生活がんばってください^-^
  • 回答No.1

ベストアンサー率 12% (1343/10621)

so u de su ne wata-shi nara jimoto no senmonn gaxtukou ni i xtu te hoshi desu.

tasikani 4nengo syuusyoku saki ga arutoha kagirima-senn daigaku tyuuni,
beng-shi nado ni nareru nara mada shimo tada,
yuusyuu ni detemo sigtoni wa tuke nai jidai desu.

teni syokuwo tukemasyou to o moi masu.
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ