解決済み

血液型不適合

  • 困ってます
  • 質問No.6326
  • 閲覧数670
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

私がRHマイナスAB型 主人がRHプラスA型です。第1子は、血液型不適合は大丈夫と思っていたのですが、急性黄疸で交換輸血はしなくて光線療法でいけたのですが、
第2子もそうなる可能性はあるのでしょうか?ちなみに
子供はRHプラスAB型でした
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

通常、Rh式の血液型不適合では、yurikoさんの場合のような、Rh(-)の妻とRh(+)の夫との間で妊娠した場合に、2回目以降に悪影響がでるものです。
これは、血液型不適合の胎児の存在により、母体の血液にできるRh抗体が胎盤を通して胎児に移行することが原因なのです。すでに血液型不適合の出産経験がある母体には、Rh抗体がありますから(これを感作妊婦といいます)、第二子以降の方が胎児水腫、貧血、高ビリルビン血症などの発現率は高くなります。
おそらくyurikoさんも、このあたりまではお調べに、或いは、担当医から説明を受けられているのではないかと思います。
過去には、かなりの確率で重篤な症例がありました。しかし、現在では古典的手法としての間接クームズ試験、最新技術としてのDNA判定などの技術を利用し、また、過去のカルテなどからも、適切な処置を講ずることが可能となっています。具体的には抗Dヒト免疫グロブリンを使用することで、胎児への影響は非常に減っています。
同じ病院で第二子を出産されるとは限りませんので、第二子の妊娠で産婦人科へ行かれたときには、第一子のときのことを担当医に間違いなくお伝えください。
お礼コメント
yuriko

お礼率 50% (1/2)

ありがとうございました。でも分からない事だらけです。また教えて下さい。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じような状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ