• 締切済み
  • 困ってます

ショウジョウバエの染色体の現象について

ヒトは、性染色体として、女性は2本のX染色体を、男性はX染色体とY染色体を1本ずつ持っている。X染色体上には細胞の生存にとって重要な遺伝子が多く存在するが、女性の場合、X染色体の1本が強く凝縮された状態をとる。一方、ショウジョウバエは、メスは2本のX染色体を、オスはX染色体とY染色体を一本ずつ持っているが、オスのX染色体は、メスのX染色体と比較して、より脱凝縮した状態となっている。これらの現象が、どのような生物学的意義を持っていると考えられますか? 推測でもかまいません。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数499
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

ヒトの方は、2本持っている方が1本分を凝縮することで、 またハエの方は、1本しか持っていない方がその1本分をひろげることで、 X染色体遺伝子の発現量の雌雄差を縮めているのかと考えられる気しますが… 「ヒトの場合は2本だとちょっと多い」 「ショウジョウバエの場合は1本だと少し足りない」 っていうことだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 連鎖群と染色体について

    連鎖群は染色体数の半分になり、ショウジョウバエだと4である、と生物学事典に書いてありました。確かに同一染色体にある遺伝子は連鎖していますが、ショウジョウバエだと性染色体が2本、常染色体が6本なので常染色体の半数の3プラス性染色体(XとY)2で連鎖群は5となる気がするのですが、違うのでしょうか?どなたか、教えてください。

  • 女性の性染色体は相同染色体でしょうか

    女性の性染色体はXXだそうですが、XXと言うからには同じ形の染色体2本が対になっているのだと思います。そうであれば、XXの染色体は「相同染色体」であると言ってよいのでしょうか。それとも、同じ形の2本の染色体であっても、性染色体は相同染色体とは呼ばないのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ”哺乳類のメスでは、X染色体上に存在している遺伝子からの発現量が、オス

    ”哺乳類のメスでは、X染色体上に存在している遺伝子からの発現量が、オスと同程度になるようになるように、2本のX染色体のうちの1本からの発現が、Xist RNAという因子の働きによって抑制されている”ということですが、それならば、メスらしさというのは、どうやって生まれているのでしょうか?Y染色体から発現する因子が無いと、メスになるようなバランスになるということなのでしょうか?またさらに、Y染色体が関わる機構とは別に、メスでは何かポジティブにメスらしさを生み出すような仕組みも存在するのでしょうか?XistによってX染色体の遺伝子発現量の制御がなされていることを知って、疑問に思いました。どなたか教えていただけると助かります。どうぞ宜しく御願い致します。

  • 生物 染色分体 染色体 相同染色体 二価染色体 ?

    生物の細胞分裂のところで分からなくなっていて悩んでいます。   あるテキストで   「体細胞では相同染色体が2本ずつ含まれていて この状態の細胞を 核相は複相(2n)         生殖細胞では相同染色体が1本しか含まれていない よって核相は単相(n)」     と書いているのですが、 相同染色体が1本とはどういう状態ですか?     (n)ということは相同染色体はないということではないのですか?   1本=1セット??(;゜゜)     では減数分裂のときに対合した相同染色体(=二価染色体)ができるのはなぜですか?   減数分裂が起きるのは生殖細胞だけですよね?    ?ばかりで申し訳ないですが 教えてもらえると助かります!

  • X染色体にある遺伝子について

    生物学は全くの素人ですが、よろしくお願いします。 常染色体は母親由来のものと父親由来のものがあり、性染色体(X,Y)も同様だと思います。しかし男性は性染色体がXYであり、女性はXXです。ということは必然的にX染色体には生命維持に極めて重要な遺伝子は殆どないのでしょうか? というのも男性にはX染色体が1つしかないので、それが駄目になってしまうと女性はもう一つで補えるかもしれませんが、男性は致死に至ってしまうと思うからです。 よろしくおねがいします。

  • 染色体分配がうまくいかなっかたとき…

    ヒトの細胞は、22組の常染色体と1組の性染色体を持っているが、このうち一本の染色体で複製後染色体分配に間違いが起きたとしても、相同染色体があるため、いずれの場合も少なくとも1セットのゲノム情報を持つことになるが、そのような細胞はほとんど正常に増殖できない…って聞いたのですがなぜですか?分かる方教えてください。

  • 染色体について教えて下さい。

    人間の場合は両親由来の23対46本の染色体を持っていますね(2倍体っていうのでしょうか) Q1.この1対2本の染色体は細胞内でどのような位置関係にあるのでしょうか  1本ずつばらばらに存在するのでしょうか?  それとも空間的に対でくっついた(からみあった?)状態で存在するのでしょうか? ばらばらで存在する場合について Q2.細胞分裂などの際に、1対2本の染色体が漏れなく両方の細胞に振り分けられるのはどのような仕組みなのでしょう?  23対の染色体が漏れなく振り分けられるのは……という疑問もあります。 くっついて存在する場合 Q3.受精した際に精子と卵由来の染色体は、どうやって対の相手を見つけてくっつくのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ありません。 ご教示いただけると嬉しいです。

  • 染色体をずたずたに切り裂く事が出来る放射線について

    今回、γ線と白血病との関係について、お聞きしたく投稿しました。なんかまとまり がない、回答者の方に、私がお聞きしたい質問内容を、正確にお伝え出来るかど うか心配です。よろしく、お願いします。 以前、NHKの番組で、広島の原爆病の患者さんの、それも白血病を発症していた と思われる方の細胞の染色体を全部一覧にしたものを見ました。 見て、すぐに思ってのは、こんな形をした染色体が存在するのかと、異様さ、異常 さを覚えたことを記憶しています。 染色体がずたずたに切り裂かれていました。現在ご生存なのか、亡くなられておら れるのかについては、言及しておりませんでしたが、染色体の状態を拝見すると、 多分既に亡くなられているだろうと思いました。性染色体のy染色体も異常な形をし ていました。 またこのように、原爆病の患者さんで、白血病を発症していた方の染色体の直接 の要因となっているのは、原子爆弾の爆発後、放射性物質が出したγ線(電磁波) によって、23対の正常な染色体が切断されたと、テレビででは報道していました。 本来正常であれば、人の染色体は、23対のうち、22本の対の常染色体、綺麗なX のような形をしていて、23番目の性染色体も、男性のx、xか、女性x、yと言ったよ うに、やはり綺麗な形を採っているわけですが、今回例に出しました白血病の原 爆病の患者さんの場合(白血球やリンパ球などのいずれの細胞の染色体かは分 かりませんでしたが)、綺麗な、規則正しい23対、いや46個の染色体とも言えない 、染色体がずたずたに切り裂かれ、しかも奇妙な、バランスがとれていない、不 揃いな切断された形のもの見受けられました。 対を成していないような染色体を形どっているものもありました。 数も30対以上あったと記憶しています。 慢性骨髄性白血病、バーキットリンパ腫を含めた悪性リンパ腫の場合は、二つ の染色体間での転座と言う異常な形態の染色体の形成が確認されいるようです が、原爆病の、白血病を発症した思われる方の染色体は、23対より、はるかに 多い、数の染色体がありました。 前置きが長くなってしまいましたが、ここでお聞きしたく思います。 今回、広島の原爆病の患者さんの染色体を例に出して、質問をさせて頂いてい ますが、上記のような異常な染色体を作りだす事が出来る放射線は、γ線や中 性子線にだけ限定出来るのでしょうか? それとも、γ線だけが、異常とも思えるような染色体切断を出来るのでしょうか? また、、α線、β線でも、この異様なとも思える異常染色体を作りだす事が出来 ると言えるのでしょうか? 慢性骨髄性白血病、バーキットリンパ腫を含めた悪性リンパ腫の場合二つの 染色体間での転座と言う異常な形態の染色体異常ですと、α線、β線でも起 こり得るのかなとも、私は勝手に思っています。 この辺がよく分かりません。

  • 染色体のDNAについて

     染色体はヒストンに巻かれたDNAがさらに折りたたまれて出来ていると自分なりに解釈をしているのですが、このひとつの染色体は一本のDNA(分裂中期は染色体のDNA量が2倍になるので2本)でできているのですか?    一本のDNAだとするとDNAは結構長くなってしまうと思うので、この考えは間違えかなと不安です。  また染色体は分裂前期で凝縮し、それ以前の間期では核内に分散していて観察できないと教科書には書いてあったのですが、間期の染色体はどのような状態でなぜ観察できなのですか?  

  • 染色体がわかりません。

    (↓教科書の文です) 真核細胞では、DNAはヒストンとよばれるタンパク質に巻きついてヌクレオソームを形成している。通常ヌクレオソームは規則的に積み重なったクロマチン繊維とよばれる構造をつくっている。細胞分裂の際には、DNAの半保存的複製の後、複製されたDNA分子どうしは隣接したまま、それぞれがクロマチン繊維をつくり、さらに何重にも折りたたまれて、太く短いひも状の染色体が2本並んだ状態になる。これらの染色体は、複製されたDNA分子が隣接したままできたものなので、2本の染色体に含まれるDNAは同じである。 この文章から ・染色体は普段、クロマチン繊維の形で存在している ・分裂中期の(半保存的複製を終えた)染色体はDNA鎖2本分である ・2本のDNA鎖は複製されたものだから、全く同じものである(塩基配列もおなじである) …ということが読み取れたのですが、 分裂するとき以外は染色体は核内に散在しているのですよね? それと分裂中期の染色体にある”くびれ”の部分はくっついているのですか?資料集の図をみたところくっついてはいるようには見えませんでした… そうならばどのようにしてくっついているのでしょうか? なんかもう調べてもよくわからないことだらけです…。