• ベストアンサー
  • 困ってます

負帰還増幅回路の誤差率について

負帰還回路の帰還回路の抵抗変更時の誤差について質問があります。 実際に入力したときの値をV1、出力をV2。Aはここでは233.33とします。 総合増幅度Af= V2/V1 = A/(1+Aβ) = 1/β(A→∞の場合) Aは負帰還を施さないときの増幅度。βは帰還回路の帰還率を表す。 負帰還βを可変抵抗にて変更することができるものとして考えます。 帰還回路の抵抗を50kΩと5kΩ、1kΩに変更しました。 そのときの帰還率はそれぞれ0.002 0.02 0.1です。 ここで、それぞれの抵抗時に実測値V2/V1を測りました。 50kΩ時 166.67 5kΩ時 41.18 1kΩ時 11.33 と結果が出ました。 その次にA→∞と仮定した場合の理論値1/βを計算したところ 50kΩ時 500 5kΩ時 50 1kΩ時 10 となりました。 ここからが本題です。 わからないことは帰還率が変わった時に理論値と実測値の誤差率が変化することです。 誤差率=|理論値-実測値|/理論値×100(%) 帰還率が小さいとき(50kΩ)では、誤差率は200%も超えるのに対し、5kΩ、1kΩと小さくなるにつれ誤差率は次第に小さくなっていきます。 これは負帰還回路のある種の特徴で、Aとβの相対的な問題であると言われました。 しかし、それがどういうことなのか理解できませんでした。 理論的にどういうことなのか教えてほしく、今回質問させていただきました。 どなたかよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1905
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

     実測値    理論値 1    理論値 2      V2/V1     A/(1+Aβ)    1/β      -----     -------    -------  50kΩ  166.67     159.1     500  5kΩ   41.18      41.18     50  1kΩ   11.33      9.59      10 実測値の理論値 1 に対する誤差 (誤差 1) は、このデータだけでは原因不明。 実測値の理論値 2 に対する誤差 (誤差 2) は、理論値 1 と理論値 2 の誤差に、誤差 1が加わったもの。 理論値 1 と理論値 2 の誤差率は、  |A/(1+Aβ) - 1/β|/(1/β) = 1/(1+Aβ) になり、βについて減少関数ですね。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あ、そうか!! 式として誤差の原因を考えれば良かったのですね どうも頭が固くなっていました・・・ ありがとうございました

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

まず、議論の出発点がよく判りません。 誤差率の定義式にある「理論値」と「実測値」は、下表の値を使うんじゃありませんか?      実測値    理論値      V2/V1     A/(1+Aβ)      -----     ------- 50kΩ  166.67      159.1 5kΩ   41.18      41.18 1kΩ   11.33       9.59

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

説明が下手で申し訳ありません。 回答者さんが表示してくださった実測値と理論値の表の他に そこに1/β入れます。1/βでは50kΩ時に500という値がでます。50kΩ時で50。1kΩ時で10。 問題は、50kΩ時に実測値と理論値の誤差率に比べて、その2つと1/βと比較すると誤差率がとても大きくなるのはなぜか また、帰還率が大きくなる(抵抗が小さくなる)と実測値と理論値と、1/βの誤差率が小さくなるのはなぜか ということです。 どうかよろしくお願いいたします   実測値    理論値      V2/V1     A/(1+Aβ)   1/β      -----     -------    ------- 50kΩ  166.67      159.1     500 5kΩ   41.18      41.18     50 1kΩ   11.33       9.59     10

関連するQ&A

  • 負帰還増幅回路

    負帰還増幅回路において、帰還がないときの電圧利得Av=-1500,Bf=0.1として入力電圧V1=0.2Vを加えたときAvf,V2,Viを求めよ。また、AvfとAvどちらが大きいか考えよ。 という問題があり、Avf=-9.33,V2=-1.99V,Vi=1.4mVとなるのは分かるのですが、「AvfとAvどちらが大きいか考えよ。」という問題の意味がわかりません。 お手数おかけしますが解き方など教えていただけると助かります。

  • 非反転増幅回路と帰還回路

    非反転増幅回路とRCを用いた帰還回路(図参照)の 帰還率を求める問題で困っています。 式を導出する問題なので、答えは以下のように分かっています。 β=1/{1 + (R1/R2) + (C2/C1) + j(ωC2R1 - 1/ωC1R2)} β=1/A (Aは電圧利得) ということは分かっているのですが 帰還回路のAは、どのように求めたらいいのか分かりません そもそも帰還回路の仕組み自体をあまりよく理解していないから 分からないのかもしれませんが・・・ どのように求めるのか 概要だけでかまいませんので、どなたか教えてください。 お願いします。

  • トランジスタの電流帰還バイアス回路の増幅度

    以降に出てくる増幅回路は、小信号電圧増幅で低周波を扱い、エミッタ接地回路のA級増幅です。 バイポーラトランジスタで固定バイアス増幅回路を作成し、入力と出力を実測したら増幅度は約184でした。回路は以下の感じです。 +-----*------------Vcc | | R1 RL | | | *------------Vout | | + | C Vin----C--*-----B NPNトランジスタ 10μF | E | | | | o-------*-----*------------o (hfe×RL)/hieの式で理論値が求まるので、hパラメータのグラフから補正値を読み、hfeとhieにその補正値を掛けて計算したところ増幅度は約180でした。約2%の誤差でした。 今度は、固定バイアス増幅回路で使用したトランジスタを今度は電流帰還バイアス増幅回路で使用し、増幅度を上げるためエミッタ側の抵抗と並列に、スイッチと共に1000μFのアルミ電解コンデンサを付けました。回路は以下の感じです。 +-----*------------Vcc | | R1 RL | | | *------------Vout | | + | C Vin----C--*-----B NPNトランジスタ 10μF | E | | SW | *-----o o--* | | |+ R2 Re C 1000μF | | | o-------*-----*------------o 入力と出力を実測したら増幅度は約200でした。前述の固定バイアスと同じように理論値を計算したところ、増幅度は約260でした。かなりの誤差でした。 抵抗RLの10%誤差、hパラメータのグラフの読み取り誤差を考慮して再計算しましたが、実測増幅度の200には程遠い値しか出ません(250とか...)。 なぜ固定バイアス増幅回路で使用したトランジスタを電流帰還バイアス増幅回路に使用するとこれほどまでに誤差が大きくなるのでしょうか。 回路上で他に見落としがあるのでしょうか。それとも、もともと電流帰還増幅回路はこういうものなのでしょうか。 現在トランジスタの勉強を始めて日も浅く、質問も情報不足や要領を得ないかもしれませんが、どなたかご指導願います。長い質問で申し訳ありませんでした。

  • 帰還増幅

    帰還増幅回路で、電圧増幅率A、帰還率βfのとき Af=A/(1-βfA) であるとします。 ここでAがΔA変化したときのAfの変化がΔAfであるとき、 ΔAf/Af=(1/|1-βfA|)*(ΔA/A) が成り立つそうなんですが、この導き方がわからないので、誰か教えてください。(特に絶対値部分がよくわかりません)

  • オペアンプ反転増幅回路

    帰還抵抗と入力抵抗の定数について質問です。 増幅率が同じ10倍でも、10kΩ/1kΩや10Ω/1Ωと考えられます。下限はどうやって決まるのでしょうか?私が見聞きした範囲では、 ・増幅率の計算値からずれる ・発振しやすい 等ありますが、具体的にどのような理屈で決まるのでしょうか?

  • 非反転増幅回路の増幅倍率について

    書き込み初心者です。 今大学の研究でオペアンプを用いて増幅回路を設計製作しています。 設計を終了し製作に入ったのですが、ゲインの増幅倍率が理論に一致しません。どのようなことが考えられますでしょうか? 入力側に1.5kΩの抵抗を取り付けているのですが、基盤に取り付けると抵抗値が減ってしまいます。 私、機械科なもので電気についての知識が十分ではありません。説明不足な箇所が多数あると思います。申し訳ありません。

  • オペアンプの非反転増幅回路

    opアンプの非反転増幅回路について。 電圧増幅率がAV=20[dB]である非反転増幅回路を設計したい。 ただし、オペアンプは理想的ではなく、その電圧増幅率が有限の値である。 この場合、非反転増幅回路の電圧増幅率AVの誤差を0.1以下とするためのオペアンプの電圧増幅率Aの下限を求めなさい。なお、抵抗値は誤差なく設定できるものとする。 至急、お願いします。

  • オペアンプ(反転増幅回路)

    反転増幅回路で、それぞれ10kΩ、40kΩの抵抗を接続し増幅率4倍の回路を作りました。 回路に電圧を大きくしながらかけていったのですが、小さい電圧ではきちんと4倍の出力が得られたのですが、電圧が大きくなっていくとあまり増幅されなくなってしまいました。 これは、どういう理由からなのでしょうか?

  • オペアンプ回路を組んでみました。非常に基本的な非反転増幅回路で帰還抵抗

    オペアンプ回路を組んでみました。非常に基本的な非反転増幅回路で帰還抵抗には250kΩ、 マイナス端子からGNDに1kΩがつながっています。電源は9Vの単電源で入力は1/2Vccのバイアスを乗せています。 ここで質問なのですが入力をGNDに短絡するとサーというヒスノイズが非常に目立ちます。 (エレキギターのブースターとして使うのですがギターのボリウムを絞ると入力がGNDに短絡状態になります) このノイズは消すことは不可能なのでしょうか?

  • 誤差増幅器のふるまいについて

    昨日の質問の続きで申し訳ないのですが、以下のことを教えてください。 誤差増幅器の動作として、指令電圧に抵抗R1と検出電圧に抵抗R2を各々接続し、その加算信号をOPアンプの[-in]入力しています。また、[+in]入力はGNDに接続し帰還素子としてC1+R3がある回路です。 この時、比例ゲインを少しでも大きくすると、誤差増幅器の出力が飽和してしまうのですが、回路定数の決め方など教えてください。参考になる書物やURLでも構いません。 ちなみにこの後段には、三角波発生回路とコンパレータがあり、PWM制御をする回路になります。 度重なる質問で申し訳ありませんが、どなたかお教え願います。