• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「デフラグ(最適化)」が上手く出来ません

最近、パソコンの起動と動作(ページ移動など)が非常に遅くなりました。 以前Windowsに付属している【デスクデフラグ】を使用して「C:ドライブ」の「デフラグ(最適化)」を行ったところ良くなったことがありました。そこで、再度「C:ドライブ」の「デフラグ(最適化)」を行ったのですが、良くなりません。 デフラグ後の断片化状態を分析してみると、断片化を示す赤色ファイルが沢山残っております。 また、他の「デフラグ(最適化)」ツール【Smart Defrag】を使用して「デフラグ(最適化)」を行ってみましたが、結果は同じでした。 特に【Smart Defrag】した後の断片化状態を見てみると、断片化を示す赤色ファイルで一杯です。 やはりフリーソフトでは、完全に最適化は出来ないのでしょうか? なにかフリーソフトでお薦めのものがあれば、教えて頂きたいと思います。 尚、仕様は【WIndowsXP(VALUESTARのデスクトップ)、メモリ容量512MB】です。 以上、宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数315
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Cupper-2
  • ベストアンサー率29% (1342/4565)

空き容量がほとんど無いですね。 これではデフラグの効果は無いです。 それ以前にこの状態では、遅くなって当然です。 とりあえず不要なファイルを削除したり、あまり使わないファイルは CD-R や DVD-R など外部メディアに移動させましょう。 空き容量をハードディスク全体の20%くらい確保できれば良いと思います。 そのうえでデフラグを実施すれば効果があるでしょう。 ※ 本来は30%ほど確保しておく必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々と、3名の方から回答を頂き驚いております。 3名の方とも略同様の回答を頂いておりますように、私ももしかしたら、空きメモリー容量が足りないのではないかと考えておりました。 ただ、このサイトなどで検索したりして空き容量が20%程度必要であると存じておりましたが【C:ドライブ】のメモリー容量が「18.6GB」で、空き容量が「3.36GB」あり、略20%近くありましたので、原因は他にあるのではないかと案じ、質問させて頂きました。 ハードディスクは、「D:ドライブ19.0GB」(空き容量は9.2GB)の他に、外付けハードディスク「500GB」(空き容量は320GB)を装着しておりますので、アドバイス通りそちらの方へファイルを整理したいと思います。 皆さん有難う御座いました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • notnot
  • ベストアンサー率47% (4697/9890)

デフラグはディスク上のファイルの移動なので、部屋の整理をすることを考えるとわかると思いますが、作業用の場所が必要です。 Windows標準のデフラグだと20%以上は空いてないとダメだった気がします。 製品ソフトのDiskKeeper http://www.amazon.co.jp/dp/B002YL0TYK を使ってますが、空き容量が5%位でもかなりデフラグしてくれます。 ただ、数千円出すなら、USB接続の外部ディスクを買って、一時的にでも内蔵ディスクの容量を減らしてデフラグする方が容量も増えてお得かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々と、3名の方から回答を頂き驚いております。 3名の方とも略同様の回答を頂いておりますように、私ももしかしたら、空きメモリー容量が足りないのではないかと考えておりました。 ただ、このサイトなどで検索したりして空き容量が20%程度必要であると存じておりましたが【C:ドライブ】のメモリー容量が「18.6GB」で、空き容量が「3.36GB」あり、略20%近くありましたので、原因は他にあるのではないかと案じ、質問させて頂きました。 ハードディスクは、「D:ドライブ19.0GB」(空き容量は9.2GB)の他に、外付けハードディスク「500GB」(空き容量は320GB)を装着しておりますので、アドバイス通りそちらの方へファイルを整理したいと思います。 皆さん有難う御座いました。

  • 回答No.1
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

詳しい数値は読み取れませんが、グラフの中に白い部分が見えない。 と言うことは空き容量がきわめて少ないのでしょうかね。 と言うことは最適化を行うにしても、十分な作業領域が確保できずに最適化処理自体が実施できていないのでは? どんなツールがよいのかよりも、まずは、不要不急のファイルを取り除くなどして 作業領域を確保するのが先ではないか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々と、3名の方から回答を頂き驚いております。 3名の方とも略同様の回答を頂いておりますように、私ももしかしたら、空きメモリー容量が足りないのではないかと考えておりました。 ただ、このサイトなどで検索したりして空き容量が20%程度必要であると存じておりましたが【C:ドライブ】のメモリー容量が「18.6GB」で、空き容量が「3.36GB」あり、略20%近くありましたので、原因は他にあるのではないかと案じ、質問させて頂きました。 ハードディスクは、「D:ドライブ19.0GB」(空き容量は9.2GB)の他に、外付けハードディスク「500GB」(空き容量は320GB)を装着しておりますので、アドバイス通りそちらの方へファイルを整理したいと思います。 皆さん有難う御座いました。

関連するQ&A

  • 最適化(デフラグ)により、空き容量が改善される!?

    最適化(デフラグ)はファイルの断片化を解消することですが、これにより空き容量が増えたり、同じ書き込むにもデフラグした場合はディスクに書き込む容量が少なくて済むのでしょうか? ご存知あれば、教えて頂ければ幸いです。

  • デフラグで断片化が無くならない

    私はIObit社のSmart Defrag 5(Free版)というデフラグソフトを使用しているのですが、 最近、Cドライブのデフラグを行ったところ、 デフラグ終了後の画面では、デフラグの結果 断片化0%になりましたという感じに表示がなるのですが、 再度断片化の分析をすると断片化1. 60%といったような結果になります。 何度、デフラグを行っても、このように再度分析を行うと、断片化が1.60%ほど発生している結果になってしまいます。 何か不具合等が発生しているのでしょうか。 (以前はデフラグ後、再度解析すると0.10%くらいという、断片化が改善された数値になっていた) ちなみにWindows標準のデフラグと最適化を行ったところ、解析結果断片化3%と出て、 デフラグ実行後、再度分析すると0%になります。 しかし、その後smart defragで解析を行うと断片化1. 60%程度と表示されます。 OSはWindows10になります。 ご教授の程、宜しくお願い申し上げます。

  • デフラグの後「最適化できない」ファイルを最適化したい

    PCが遅く感じられたのでデフラグをしました。 すると以下のメッセージがでました。 最適化が完了しました: (C:) 最適化できないファイルがこのボリュームにいくつかありました。 ファイルの一覧については、最適化のレポートを確認してください。 レポートを表示させると次のような内容がでてきました。 ボリューム (C:) ボリューム サイズ = 15.01 GB クラスタ サイズ = 4 KB 使用領域 = 10.94 GB 空き領域 = 4.07 GB 空き領域の割合 = 27 % ボリュームの断片化 全体の断片化 = 0 % ファイルの断片化 = 0 % 空き領域の断片化 = 0 % ファイルの断片化 ファイルの総数 = 47,421 平均ファイル サイズ = 323 KB 断片化されたファイルの総数 = 2 超過断片の総数 = 163 ファイルあたりの断片の平均 = 1.00 ページ ファイルの断片化 ページ ファイル サイズ = 756 MB 断片の総数 = 1 フォルダの断片化 フォルダの総数 = 4,389 断片化されたフォルダ = 1 フォルダの超過断片 = 0 マスタ ファイル テーブル (MFT) の断片化 全体の MFT サイズ = 65 MB MFT レコード数 = 52,084 MFT 使用率 = 78 % MFT 断片の総数 = 3 -------------------------------------------------------------------------------- 断片 ファイル サイズ 最適化できないファイル なし 最適化できないものを、できるようにするにはどうしたらよういのでしょうか? よろしくお願いします。

  • デフラグで最適化が出来ないファイル

    初歩的な質問ですみませんが、宜しくお願いします。ノートPCで動画を頻繁に見たり、DVDを焼いたり、VHSからDVDを作成する等の作業を頻繁にしてから、久しぶりにデフラグをしたのですが、完了後の表を見ると右半分がほとんど真っ赤になっていました。そして、以下のメッセージがでました。 ---------------------------------------------------------------- 最適化が完了しました: (C:) 最適化できないファイルがこのボリュームにいくつかありました。 ファイルの一覧については、最適化のレポートを確認してください。 レポートを表示させると次のような内容がでてきました。 ボリューム (C:) ボリューム サイズ = 48.82GB クラスタ サイズ = 4 KB 使用領域 = 39.32GB 空き領域 = 9.51 GB 空き領域の割合 = 19 % ボリュームの断片化 全体の断片化 = 18% ファイルの断片化 = 37% 空き領域の断片化 = 0 % ファイルの断片化 ファイルの総数 = 79,694 平均ファイル サイズ = 655 KB 断片化されたファイルの総数 = 15 超過断片の総数 = 1,323 ファイルあたりの断片の平均 = 1.01 ページ ファイルの断片化 ページ ファイル サイズ = 756 MB 断片の総数 = 1 フォルダの断片化 フォルダの総数 = 9,467 断片化されたフォルダ = 1 フォルダの超過断片 = 0 マスタ ファイル テーブル (MFT) の断片化 全体の MFT サイズ = 112 MB MFT レコード数 = 89,489 MFT 使用率 = 77 % MFT 断片の総数 = 2 断片 ファイル サイズ 最適化できないファイル なし ---------------------------------------------------------------- ネットの質問サイト等で見てみると、断片化されたファイルが最適化できなくても心配ないと出ていますが、それにしても最適化できないファイルが多すぎるような気がしましたので、質問させて頂きました。もし何らかの処置をした方が良いようでしたら、教えて頂けたら幸いです。宜しくお願いします。

  • デフラグ(最適化)

    マイコンピュ-ターのシステムディスクC の最適化で、断片化されたファイルを示す、赤色のバーがかなり点在しており、分析をクリックすると最適化することを推奨しますと表示される為、最適化をクリックすると最適化が始まってすぐに、最適化が完了しましたと表示されますがカラーバーはなんら変化はなく、再度分析をクリックすると最適化を推奨となり以降、結果は同じ状態です。システムディスクDは最適化する必要はありませんと表示され、赤いバーはありません。システムが持っている最適化以外のフリーソフトで使いやすい最適化のソフトはありますか、また、システムの最適化の使い方で問題があるのでしょうか。OSはWIN2000です。よろしくお願い致します。

  • Cドライブのパーティションの最適化がでなくなった。

    Cドライブのパーティションの最適化が完全にできなくなった。最適化すると次のようなメッセージが出てしまいます。 メッセージは 最適化が完了しました: (C:) 最適化できないファイルがこのボリュームにいくつかありました。 ファイルの一覧については、最適化のレポートを確認してください。 となり、100%で終わっていないように思います。私の錯覚なのでしょうか。また、レポートは次のようになっています。 ボリューム (C:) ボリューム サイズ = 74.53 GB クラスタ サイズ = 4 KB 使用領域 = 31.43 GB 空き領域 = 43.10 GB 空き領域の割合 = 57 % ボリュームの断片化 全体の断片化 = 2 % ファイルの断片化 = 5 % 空き領域の断片化 = 0 % ファイルの断片化 ファイルの総数 = 119,536 平均ファイル サイズ = 394 KB 断片化されたファイルの総数 = 3 超過断片の総数 = 2,359 ファイルあたりの断片の平均 = 1.01 ページ ファイルの断片化 ページ ファイル サイズ = 1.41 GB 断片の総数 = 3 フォルダの断片化 フォルダの総数 = 12,379 断片化されたフォルダ = 1 フォルダの超過断片 = 0 マスタ ファイル テーブル (MFT) の断片化 全体の MFT サイズ = 143 MB MFT レコード数 = 133,012 MFT 使用率 = 90 % MFT 断片の総数 = 3 -------------------------------------------------------------------------------- 断片 ファイル サイズ 最適化できないファイル なし  なお、40GのCのパーティション(システム)とDパーティション(ボリューム)を分けていたものを、フリーソフト(パーティションマジック)で74Gに戻しました。その時にうまくいかなかったのでしようか。また、これで最適化は問題ないのでしょうか。わかりません、教えて下さい。 

  • 最適化について

    きのう最適化をしました。そして「断片化されたファイル」と言う部分が多くでました。この断片化ファイルと言うのは何でしょうか?またこのようなファイルは削除できるのできるものなのでしょうか?

  • デフラグが完全にできません。

    Cドライブにかなりの断片化が見られ、デフラグしましたが、 8%くらいで、最適化できないボリュームがありましたと、 デフラグ中止になってしまいます。 何度繰り返してもそのような状態で、 いっこうに断片化が解消されません。 このような場合、どうしたらよいのでしょうか?

  • 最適化の方法

    windows XPのサービスパック3を使用しています。 たまには最適化をと思いアクセサリ→システムツール→デフラグを掛けました。 しかし、断片化されたファイルが何回掛けても減りません。 ちなみに現在断片化率は31%で、断片化ファイルが1208個から減りません。 どなたか正しい最適化の方法を教えてください。 または、フリーソフトで最適化する良いソフトがあったら是非教えてください。 よろしくお願いします。

  • 最適化

    最適化を行ったところ下記のような最適化出来ない物が ありました。こらは何でしょうか? 問題はないのでしょうか? ボリューム S3A4124D001 (C:) ボリューム サイズ = 60.55 GB クラスタ サイズ = 4 KB 使用領域 = 21.45 GB 空き領域 = 39.10 GB 空き領域の割合 = 64 % ボリュームの断片化 全体の断片化 = 0 % ファイルの断片化 = 0 % 空き領域の断片化 = 0 % ファイルの断片化 ファイルの総数 = 188,127 平均ファイル サイズ = 252 KB 断片化されたファイルの総数 = 1 超過断片の総数 = 400 ファイルあたりの断片の平均 = 1.00 ページ ファイルの断片化 ページ ファイル サイズ = 744 MB 断片の総数 = 1 フォルダの断片化 フォルダの総数 = 10,008 断片化されたフォルダ = 1 フォルダの超過断片 = 0 マスタ ファイル テーブル (MFT) の断片化 全体の MFT サイズ = 213 MB MFT レコード数 = 199,025 MFT 使用率 = 91 % MFT 断片の総数 = 3 全く分かりません。ご回答宜しくお願いします。