• 締切済み
  • すぐに回答を!

3角不等式の証明。

3角不等式の証明。 3角形の2つの角が等しくないとき、大きい角に対する辺は小さい角に対する辺より大きいことの証明を背理法で中学生を対象に授業形式で20分程度で発表しなければなりません。 みなさんだったらどのような授業の構成・展開をしていきますか。 中学2~3年生相手にでも理解できるようわかりやすくお願いします。 とりあえず背理法で証明を作ってみましたが、とても20分は持ちません。 【証明】 △ABCにおいえて、∠B>∠Cならば、´AC>ABを証明する。 (1)AC=ABと仮定すると以前示した定理より、二辺が等しいならば、△ABCは二等辺三角形であるから∠B=∠C (2)AC<ABと仮定すると、以前示した定理より、三角形の二つの辺が等しくないとき、大きい辺に対する角は小さい辺に対する角より大きいため∠B<∠C いずれにしても仮定∠B>∠Cに反するから、AC>ABでなければなりたたない。 この証明を膨らませるには20分程度に膨らませるにはどうしたらいいでしょうか。 大至急お願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

訂正: 「外心を中心に回転して、  外心から各辺に降ろした垂線が重なるように描けば」 だ。申し訳ない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

「中心角は円周角の2倍」について、15分くらいかけて 説明してあげれば良いのでは? 重要な定理ですよ。 その上で、件の定理は、△ABC を内心を中心に回転して、 内心から各辺に降ろした垂線が重なるように描けば、ほとんど自明です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • mikeyan
  • ベストアンサー率41% (19/46)

私は教師ではありませんので、個人の所見で書かせていただきます。 とりあえず背理法で証明をつくってみたということですので、 おそらく3角不等式の証明することが目的かと思います。 あなたの証明についてですが、「以前示した定理」が AC=AB ⇒ ∠B=∠C AC<AB ⇒ ∠B<∠C であるならば、 これは「辺の長さ関係」は「角度の大小」の十分条件であって、 必要条件ではありませんから、あなたの証明方法は AC>AB ⇒ ∠B>∠C を証明していることになります。 従って、証明としては不十分で、 「以前示した定理」が必要十分条件であることを示すか、 対偶関係を用いて証明しなければならないと思います。 話を膨らませるのに、このあたりを説明するのはどうでしょうか? また、別の方法で証明できるのであれば、それを示して 答えに至るプロセスは複数あるのだということを教えてあげられるといいのかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

雑談でもはさんではどうですか? というか、仕事なんじゃないですか?それがあなたの。ここは、疑問を解決するサイトで仕事の手伝いをするサイトではないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 3角不等式の証明。

    3角不等式の証明。 3角形の2つの角が等しくないとき、大きい角に対する辺は小さい角に対する辺より大きいことの証明を授業形式で発表しなければなりません。 三角形において、2辺は等しい→底角は等しい、は示されているんですが、逆に底角は等しい→2辺が等しい2等辺三角形、はまだ証明していません。なので以前他で教えてもらった下の証明は使えない訳ですが、他にこの問題を証明で示す方法はないでしょうか。背理法以外でおねがいします。 【確認しておきたい定理】 (1) 「CA<AB ならば、∠B<∠C である」 (2) 「2辺の和は他の1辺より大きい」 (3) [2辺三角形において、2辺は等しい⇔底角は等しい」 ********************************** △ABC において、 ↓ 命題:「∠B<∠C ならば、CA<AB である」が真であることを 証明します。 ∠B<∠C だから辺AB上に点Dをとって、∠B=∠BCD とできる。 よって、△DBC は2辺三角形だから、DB=DC ∴ AB=AD+DB ......=AD+DC ・・・・・・(1) ここで、△ADC において「2辺の和は他の1辺より大きい」から .....AD+DC>CA・・・・・・(2) (1)(2)から ....CA<AB

  • 円周角を利用した証明

    △ABCが円に内接している。弧AB、弧ACの中点をそれぞれM,Nとし、弦MNと辺AB,ACの交点をそれぞれD,Eとするると△ADEは二等辺三角形であることを証明せよ この問題に取り組んでいます。 目標は∠ADE=∠AEDを示すことだと思ったので、円周角の定理を利用して証明したいと考えたのですが、うまく結びつけることができません。 回答いただければ幸いです。 よろしくお願いします

  • 角の二等分線と比の定理の証明問題

    数Aの角の二等分線と比の定理2の証明ができなくて困っています。 定理2である、「AB≠ACである△ABCの頂点Aにおける外角の二等分線と辺BCの延長との交点Qは、辺BCをAB:BCに外分する。」をAB>ACの場合について証明せよ。 という問題です。 △ABCと△BQAで「二つの角がそれぞれ等しい」という相似条件を使って証明すると思うのですが、どうしても等しい角が見つかりません。 補助線なども利用するのでしょうか? ご教授よろしくお願いします。

  • 数学A図形です

    三角形ABCの角B.角Cの二等分線が 辺AC.ABと交わる点を、それぞれD.Eとする。 ED//BCならば、三角形ABCは二等辺三角形であることを証明せよ。 という問題です。 お願いします。

  • 三角形の3辺の長さの性質の証明

    定理1、2辺の長さの和は、他の一辺の長さより大きい 定理2、2辺の長さの差は、他の一辺の長さより小さい を証明する問題で、 1の証明 △ABCにおいて辺BAのAを越える延長上にAD=ACであるような点Dをとると、BD=AB+AC…(1) また△ACDは、∠Aを頂点とする二等辺三角形であるから ∠ACD=∠ADC △BCDにおいて、線分ACは∠BCDの内部にあるから ∠BCD > ∠ADC すなわち∠BCD > ∠ADC=∠BDC ゆえに、定理2より BD>BC・・・(2) (1)、2から AB+AC>BC 同様にしてBC+BA>CA,CA+CB>AB (終) 定理1の証明はできたんですが定理2の証明がどうしてもわからないのでどなたか教えてください。 定理1を使って証明したいです。お願いします

  • 証明

    教えてください △ABCと△DEFにおいて 仮定よりAB=DE     ∠A=∠D     ∠C=∠F 残りの角も等しくなるので     ∠B=∠E 1組の辺と両端・・・・・・・・・・ のような証明の場合 2角が等しいと残りの角が等しくなるのですから 合同条件は『1組の辺と2組の角』でもよろしいのではないでしょうヵ? あらかじめいっておきますが 僕は単なる中学生です。 ただ疑問に想っただけなので 『馬鹿じゃん』とか想わないでくださいね。。。

  • 角が等しいことの証明

    AB=ACである二等辺三角形ABCを考える。辺ABの中点ををMとし、辺ABを延長した直線上に点Nを、AN:NB=2:1となるようにする。このとき、角BCM=角BCNとなることを示せ。ただし、点Nは辺AB上にないものとする。(京大文系数学2008) 座標による解法を試みたので、ミスがないか、見てください。 Cを原点にとる。 Bの座標を(-b,0),Aのy座標をaとする。 題意より、A(-b/2,a),B(-b,0),M(-3b/4,a/2),N(-3b/2,-2a)とわかる。 よって、直線MCの傾きは-2a/3bとなり、これをtanXとおく。(Xは正の部分のx軸から直線MCまでの角度とした)また直線NCの傾きは2a/3bとなり、これをtanYとおく。(Yは正の部分のx軸から直線NCまでの角度とした) 角BCM=tan(180-X)=-tanX=2a/3b,角BCN=tan(Y-180)=tanY=2a/3b 証明終わり 題意より、の部分は与えられた比を使って図を書けば、分かるのですが、説明不足ではないかと心配です。 あと、ベクトルによる解法もあるらしいのですが、思いつきません。 それも教えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 数学の証明問題

    今年度から高校生になるもので、宿題で困ってます。数学の問題で・・・ △ABCの∠B、∠Cの二等辺三角形が、辺AC,ABと交わる点をそれぞれD.Eとする。ED平行BCならば、△ABCは二等辺三角形であることを証明せよ。 という問題と、 △ABCの各頂点を通り、それぞれの向かい合う辺に平行な直線の交点を、P,Q,Rとする。△ABCの各頂点から向かい合う辺に下ろした3本の垂線AD,BE,CFは、△PQRの外心で交わることを証明せよ。 という問題がどうしてもわかりません。 証明お願いします!!!

  • 数学Aの証明問題です。

    AB=ACである二等辺三角形ABCの辺BC上に点P,辺BCの延長上に点Qをとると、AP<AB<AQであることを証明せよ。ただし、P,Qは三角形の頂点と一致しないものとする。 という問題なのですが、 △ABPにおいて 角ABP=角CAP+角ACP 角B=角C よって 角APB>角B ゆえに AB>AP △APQにおいて 角Q=角BCA-角CAQ 角B>角Q と、ここまで解いてみましたが、少し混乱してます。解き方お願いします。(角の記号の出し方がわからないんで漢字です。)

  • 定理の証明

    三角形ABCの角Aの二等分線と辺BCとの交点Pは辺BCをAB:ACに内分する という定理がありますが、 これを三角形の面積の公式を利用して証明する方法を教えてください。