• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

私の母親は60歳を越えており(まだ65にはなっていません)、障害者年金

私の母親は60歳を越えており(まだ65にはなっていません)、障害者年金を受給しております。 現在は224,582円が2ヶ月に1回振り込まれてきます。 それで今日、うぐいす色の封筒に入った「厚生年金加入記録のお知らせ」が届きました。 中には、母のかつての勤務先での厚生年金の加入状況が記してありました。 「もしかして、今もらっている障害者年金にプラスして、さらにもらえる分があるのだろうか?」 そう思い、ちょっと調べてみたのですが、どうも年金制度はややこしくてさっぱり分かりません。 障害者年金にも厚生年金がプラスされることがあるらしい、というところまでは何となく分かったのですが・・・。 ただ、厚生年金は、60歳から繰り上げてもらえるとも聞いたことがあります。 もし母がそれをやっていたら、もうもらえないのでしょうか? ちなみに以前届いた「年金振込通知書」を見てみたら「年金の種類 国民年金・厚生年金 障害基礎年金」と書いてありました。 母がこれ以上もらえる年金があるのかどうか、お分かりになる方は教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数161
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

> 今60歳以上なら、障害基礎年金はそのまま受給し、 > 障害厚生年金と特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の > 金額の多い方を選択出来ると思います。 ここは違うと思います。 障害基礎年金をそのまま受給し、 併せて、老齢厚生年金(報酬比例部分)も受給できるようになるのは、 65歳以降になってからだからです。 したがって、65歳未満である間は、 以下の1と2から、どれか1つを選択することになります。 選択しなかったものは、再び受給可能になるまでは支給停止です。 また、1には課税されます(したがって、手取りは減る)が、 2では全額非課税です。 1は「60歳からの老齢年金の繰上げ受給」とは違います。 全くの別物ですから、混同なさらないで下さい。 (繰上げ受給はその後の年金額が減りますから、メリットがありません) 1 障害者特例を適用した「特別支給の老齢厚生年金」  障害者特例(障害厚生年金に相当する障害状態が条件)の  適用を申請しておけば、  本来ならば生年月日によって支給開始が60歳よりも後になってしまう  定額部分が、報酬比例部分とともに60歳から受給可能となります。  (つまり、ある意味で「プラス」になる。)  注1:報酬比例部分 ‥‥ 65歳以降の、本来の老齢厚生年金に相当  注2:定額部分 ‥‥ 65歳以降の、本来の老齢基礎年金に相当 2 障害基礎年金 + 障害厚生年金  年金証書の年金コード番号が「1350」になっていて、  年金証書の下部の「裁定通知書」欄には、  障害基礎年金の額と障害厚生年金の額が、それぞれ別々に記されている。 65歳以降については、本来の老齢厚生年金をあらためて請求し直します。 (そういうしくみになっています。) 65歳以降については、同様に、 以下の3から5の中から、どれか1つを選択します。 選択しなかったものは支給停止になりますし、 「老齢」の年金は課税対象となる点も同様です。 3 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金 [障害年金は受給できなくなる] 4 障害基礎年金 + 障害厚生年金 [老齢年金は受給できなくなる] 5 障害基礎年金 + 老齢厚生年金 [特例的な組み合わせ] 要は、本来は、老齢年金と障害年金のどちらかを、 3や4のような形で選択しなければならないのです。 1人1年金の原則といいます。 しかし、65歳以降に限っては、 障害厚生年金と老齢基礎年金は受給できないけれども、 あくまでも特例的な組み合わせとして、5のような形として、 障害年金と老齢年金とを組み合わせることができるようになっています。 (平成18年4月からスタート)  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 障害者厚生年金と障害者基礎年金

    障害者厚生年金と障害者基礎年金 どちらも65才以下で申請をしなければいけないとの事ですが、厚生年金と基礎年金の違いを教えてください。

  • 障害者年金について

    1級の障害者年金を受けているものですが、最近仕事を始めたところ厚生年金に加入したという理由で障害者年金が打ち切られました。 収入を得たことが悪いのでしょうか? 厚生年金に入ったことが悪いのでしょうか

  • 障害者年金3級と厚生年金の受給について

    昨年、障害者3級になり障害者年金を頂いております。現在57歳(昭和27年6月生まれ)です。年金払込通知書に基礎年金(付加年金を含む)と合わせて支給される厚生年金の支払いがある場合は、支払額を合算して記載します。とあります。 60歳・65歳で、厚生年金を受け取る時点で障害者年金も頂けるのでしょうか? 詳しく解りやすく教えていただけますか。よろしくお願いします<(_ _)>

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

補足です。 「報酬比例部分とともに60歳から受給可能となります」云々と記しましたが、 障害者特例の適用は「請求主義」といって、請求日以降の分からです。 したがって、請求日よりも前にさかのぼって60歳以降にすべて適用される、 というのではありません。 60歳直前に請求しさえしておけば、60歳になったとたんに適用され得る、 というニュアンスで述べたものですから。 障害者特例の適用の申請が遅れれば遅れるほど、 障害者特例を受けることによるメリットは少なくなってしまいます。 難解かとは思いますが、できるだけざっくりと易しく記しましたので、 どうか頭に入れておいて下さいね。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

これだけでは、なんともいえません。 おそらくお母さんが受給されているのは、障害基礎年金+障害厚生年金かとおもわれます。 障害等級は何級ですか? 今60歳以上なら、障害基礎年金はそのまま受給し、障害厚生年金と特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の金額の多い方を選択出来ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 やっぱり年金の仕組みは分かりにくいですね…。 障害等級は1級で、今後も変わらないと思います。 良かったら追加でもう少し詳しく教えてほしいです。

関連するQ&A

  • 障害年金と老齢年金障害者特例について

    私は、まもなく60歳の定年になる昭和29年8月生まれの59歳男性です。 現在、障害基礎厚生年金2級を受給しております。 61歳時から、老齢厚生年金部分(報酬比例部分)の受給権が発生しますが、その時点で、障害基礎厚生年金から老齢基礎厚生年金の障害者特例受給に変更しようかと考えています。 そこで、質問ですが、 現行の障害基礎厚生年金から、61歳で老齢基礎厚生年金障害者特例に切り替え、さらに、65歳で障害基礎年金+老齢厚生年金への切り替えは可能でしょうか? お教えください。

  • 厚労省年金改革案の障害者年金

    17日に発表された年金改革案の障害者年金の新聞の解説を見ますと、 現行制度は「一人一年金」の原則が有り、一階部分と二階部分の年金は同じ種類でなければならない。このため、障害基礎年金と厚生年金を同時受給できる仕組みにし、障害者が働いた期間に応じて年金を受け取れるようにする。 となっています。 現在、私の主人は障害基礎年金を頂きながら、働いています(厚生年金に加入中です)厚生障害年金は申請したのですが、加入前の発症と判断され却下されました。 改革案が施行されても、仕組みは以前となんの変わりはないように思いますが、どこが違うのですか? またこの改革案は、本決まりなのですか? お詳しい方、教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 障害者年金について

    国民年金の障害者年金のことでお伺いします。障害者年金の受給資格で初診日の属する月の前々月までに加入期間の 2/3以上の保険料を納めていることとありますが、この加入期間というのは厚生年金と共済年金の期間も含めてでしょうか。最近、椎間板ヘルニアで病院にいっていますが、もし将来障害などで歩けなくなったらと考えると、不安になって調べたのですが、分かりません。まだ年齢は41歳です。国民年金の期間は5年でこれからも加入します。共済年金と厚生年金の期間は合わせて13年ほどあります。合計すると18年なので、合計していいということであれば加入条件は満たしているのですが。でも国民年金だと障害の程度が2級からしかもらえないと書いています。厚生年金などでは3級からもらえるそうです。ということはやはり合算しないのでしょうか。

  • 障害年金の疑問あれこれ

    お世話になります。年金について勉強しているものですが、 障害年金について、こういう場合はどうなるのか?という疑問があり、教えていただきたく、よろしくお願いします。 (1)都道府県によっては、障害者に福祉的給付を行っているかと思いますが、その給付と障害年金は併せて受給することは可能なのでしょうか? 東京都の場合は、重度心身障害者手当ですが、HPを見ても支給制限の記載がないように見えますので、受給できるのかな?と思われますが、いかがでしょうか。 (2)特別支給の老齢厚生年金における「障害者特例」は、申請時に基本的に診断書を添えると思いますが、その後65歳までに診断書を提出することもあるのでしょうか? (3)60歳前から障害年金を受けていて、特別支給の老齢厚生年金をもらえる時点で障害者特例の申請もする際、障害年金における次回の診断書提出月まで1年を切っている時は障害者特例の申請時に診断書を添える、というようなことを聞いたことがあります。 その際、障害年金の診断書は、それとして提出を求められるのでしょうか? (4)障害基礎年金を受給している方がいるとします。その人が、後に厚生年金に加入し、厚生年金加入中に初診日がある他の傷病により、次のような等級で障害厚生年金に該当したとなると、この人の年金はどうなるのでしょうか? ・障害等級3級の時→併合改定として、請求月の翌月から障害厚生年金(3級)+障害基礎年金(1級または2級)を受給できる?(障害厚生年金は、3級のままでしょうか?) ・障害等級2級の時→併合認定として、今までの年金は失権し、新しく障害厚生・基礎年金の受給権が発生する。 誤りがありましたら、ご指摘いただけますでしょうか。 (5)障害厚生年金(等級2級)を受給している方がいるとします。その人が、後に国民年金に加入し、国民年金加入中に初診日がある他の傷病により、次のような等級で障害基礎年金に該当したとなると、この人の年金はどうなるのでしょうか? ・障害等級3級以下→障害基礎には該当しませんが、併合改定されるのでしょうか?それにより、障害基礎も発生するのでしょうか? ・障害等級2級以上→併合認定により、今までの年金は失権し、新しく障害厚生・基礎年金の受給権が発生する。あるいは、国民年金加入期間のため、障害基礎年金についてのみ併合認定され、障害厚生ねんきんは等級変わらず、年金額も変わらず。 状況で色々あるかと思いますが、当方混乱気味になっております。。 (6)障害厚生年金は、障害認定日の属する月までの被保険者期間をもとに計算されます。 こういう方が厚生年金に加入し続けた場合は、老齢厚生年金や基礎年金に反映されうると思いますが、障害厚生年金としては、別な傷病で2級以上の障害が発生でもしない限り、変わらない(以後の厚生年金が障害厚生年金に反映されない)という理解で正しいでしょうか?

  • 60歳以降の障害厚生年金

    少し前に似たような質問を投稿させていただいたのですが、こちらの記憶誤りで事実と違うところがありましたので、再度質問させてください。 父は障害者で、現在障害基礎年金を受給しています。現在58歳です。 あと数年すると一般的には老齢厚生年金を受け取れる年齢になるかと思うのですが、父の場合は若い頃は働いて厚生年金を掛けていたものの、30代から具合が悪くなり、働けないため障害厚生年金をもらって生活しています。 この場合、60歳を超えても現在もらっている障害厚生年金を生涯もらい続けることになるのでしょうか? それとも、老齢年金に切り替えたり、額が多少なりとも増えたりするのでしょうか。 現在の金額のまま生活するにはあまりに苦しく、貯金を食いつぶしているような状況です。 私自身も父を養えるほど収入があるわけでもありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、一般論で結構ですのでお教えいただけると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 60歳を過ぎてから働き続ける場合の年金について

    60歳を過ぎても一定の給与収入がある人は厚生年金に入らなくてはいけませんが、その時に払う保険料(基礎年金分と報酬比例分)について教えてください。 60歳を過ぎると加入年数が40年を過ぎるので、基礎年金には加入できないという事で基礎年金相当額の保険料が減額になるという事でいいのでしょうか?

  • 特別支給の老齢厚生年金障害者特例について

    私は昭和25年生まれの59歳です。現在、職業性難聴で労災認定7級ということで労災年金をもらっていますが、来年から[60歳台前半の老齢厚生年金]の受給となると言うことで、私なりにいろいろ調べていたところ、[特別支給の老齢厚生年金の障害者特例]というものがあると言う事を知りました。 実は、私の場合、労災の難聴7級は障害程度で3級にあてはまるのではないかと思い、[国民年金の障害基礎年金]、[厚生年金の障害厚生年金]を調べたところ、年金受給資格は[初診時]に加入していた保険によって異なり、国保の障害基礎年金では3級は無いとのことでした。 私が難聴の申請をするため初めて受診したのは会社を退職してからだったので、厚生年金から国民年金に変わっていました。 そのため[障害年金]のほうは受給資格にあてはまらないと思いあきらめていたところ、この[特別支給の老齢厚生年金の障害特例]というものがあることを知りましたが、受給資格についていまひとつ解らないところがあり、質問させてもらいました。 この場合の障害特例に該当するのは障害3級以上とありますが、これは障害が認定される事に関して前述の[初診時加入保険]と関係あるのでしょうか(例えば初診時加入保険が国保のため受給資格は無いとか)。 どなたかそちらのほうに詳しい方よろしくお願いします。

  • 障害者年金受給者でも厚生年金はもらえるのですか?

    私の父と母は現在、障害者年金を受け取って生活しています。年齢は58歳です。父は、親類の経営する会社で18歳から48歳まで働いており、ずっと厚生年金を払っていました。 その会社の経営状態が悪化し、49歳からずっと障害者年金で生活しています。 30年間払い続けた厚生年金は、60歳か65歳になれば貰うことは可能なのでしょうか?

  • 障害者年金について

    基本的な質問ですみません。先日58歳の父が60歳定年間近ながら呼吸器官(肺)の病気が発覚し、医者からはすぐに仕事を辞めるようにといわれてしまいました。呼吸機能が低下しているため障害者認定をし、障害者年金を受給するべきとアドバイスをいただきました。60歳から厚生年金の一部支払いが開始される予定ですが障害者年金手続きによって不利益等は考えられるのでしょうか?アドバイスをいただけましたら幸いです。

  • 障害年金と厚生年金

    父親についてです。 厚生年金に約21年、国民年金に約20年加入しております。 来月60歳になり老齢厚生年金の報酬比例分を受給する ことになっているのですが 国民年金加入時に障害者になり、認定日を最近むかえましたので 厚生年金ではなく障害年金の申請をして、そちらを受給 しようかと考えていたのですが、障害者であれば 60歳から定額分も受給できるという話を聞きました。 近々、社会保険事務所へ行って相談しようと思っているのですが 行く前に自分なりに理解してから行きたいと思っています。 この制度に詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただきたくお願い致します。