• ベストアンサー
  • 困ってます

 ニュートン力学について。

 ニュートン力学について。  私は物理に関してはまったくのシロートなのですが、読んでいる本の中によく分からない部分があったので教えてください。ユーグリッド幾何学と非ユーグリッド幾何学(この二つの違いもいまいち分かっていませんが・・・)の説明の部分だったのですが、私なりに要約してみますと、  ニュートンはユーグリッド幾何学を根底に置いて絶対時間・絶対空間を前提とする力学体形『プリンキピア』を構成した。しかし、十九世紀に入るとユーグリッド幾何学だけが唯一の幾何学ではないことが相次いで証明され、いわゆる非ユーグリッド幾何学があらわれた。ただし、非ユーグリッド幾何学は直感的認識が難しいものであり、自然界とは無関係と思われていました。ところが、十九世紀末になるとニュートン力学は地球規模のスケールにしか適応できないことが観測的事実から明らかにされた。宇宙規模のスケール物理現象を説明するためには、重力が時空そのものを変化させると言う概念が必要だった。この概念を確立したのがアインシュタインの一般相対性理論であり、この理論は非ユーグリッド幾何学に基づいていた。つまり、宇宙全体は非ユーグリッド幾何学によって描写されることが分かった。 という趣旨の文章でした。  ここで分からないのは、 問1、『プリンキピア』といえば有名なのは万有引力の法則ですが、これも宇宙規模になると適応できなくなるのでしょうか?? (あくまで、ここでいう万有引力の法則とは「当時のニュートン力学の範囲内の万有引力の法則」です。私の想像ではありますが「現在の宇宙物理学における万有引力の法則の解釈」というのも研究されていると思いますが、今回は適応外とさせていただきます。) 問2、この宇宙規模のスケールには適応できないことを証明した「観測的事実」ってどんなことですか?? 問3、上記の問に関係なくても結構です。専門用語などに関して私も出来るだけ理解に勤めますので、上記の文章を私のような文型人間にも分かるように教えてください。  正直申しますと、私もこれの何が分からないのかもよく分かっていません。なにとぞよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数2
  • 閲覧数307
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#175206
noname#175206

>問1、『プリンキピア』といえば有名なのは万有引力の法則ですが、これも宇宙規模になると適応できなくなるのでしょうか??  結論から言えば、現在の宇宙論のベースの一つが、ニュートン理論にとって代わるアインシュタインの一般相対性理論だということです。特に双方の重力理論としての差異は重要です。  ニュートンの重力理論は「遠隔作用説」だと言われます。具体的に言えば、二つの物体の間にはこれこれの代数的な数式で表される力が働く、といったものです。  この代数的な数式はこの宇宙の空間(や時間)はユークリッド幾何学的であることが前提となっています。我々の空間は3次元ですが、1次元落として2次元で考えるのなら、真っ平らな平面だということになります。  一般相対論ではこれを、物体の周りではこれこれといった偏微分方程式で表されるような空間のゆがみが生じ、それが重力である、と説明しています(こういうものを近接作用説と呼びます)。空間が歪んでしまうのですから、1次元落として平面で例えると、もはや真っ平らな平面ではありません。たとえば球面のようになっているわけです。  アインシュタインは数ある非ユークリッド幾何学の中でも、球面のようなものを扱えるリーマン幾何学を基礎として、一般相対論を作り上げました。今は宇宙全体は「平ら」だとする説が有力になっていますが、以前は球面のように「閉じている」、つまりまっすぐにどこまでも進んでいけば元の地点に戻るのではないかとする説が有力でした。こんなものは2次元で言えば真っ平らな平面を基礎とするユークリッド幾何学では説明できませんね。   >問2、この宇宙規模のスケールには適応できないことを証明した「観測的事実」ってどんなことですか??  一般相対論のいろいろな検証実験や観測事実でしょうね。水星の近日点の移動は有名です。ニュートン理論でもこれはあるのですが、理論計算と観測事実が異なっていました。一般相対論で計算すれば、充分小さな誤差の範囲にとどまったのです。  近年では、地球のような「小さな」重力でも、重力赤方偏移(重力で光のドップラー効果、つまり光の波長に変化が生じる)があることが確認されたり、果ては「空間の引きずり」(物体が移動したり回転すると、その物体自身だけでなく周囲の空間を巻き込む)まで確認されています。 >問3、上記の問に関係なくても結構です。専門用語などに関して私も出来るだけ理解に勤めますので、上記の文章を私のような文型人間にも分かるように教えてください。  お示しの文章はとりあえずここまででOKと思いますがせっかくです。  宇宙論で重要なのが、一般相対論以外では、量子力学(もしくは、場の量子論)です。電子のようなミクロの物体は、その存在が「確率的である」とされています。位置や速度を一意に決めることはできず、電子が1個だけだったとしても、それが特定の位置に存在せず、確率的に雲のように分布しているといったところです。  量子力学の他の重要なトピックとしては、不確定性原理というものがあります。電子のようなミクロな物体の、たとえば位置と速度をできるだけ正確に測定しようとしたとします。もし位置を正確に測定すればするほど、その速度については不正確なことしか分からない、というものです。  ミクロな物理学である量子力学は、たとえばブラックホール、たとえば宇宙の誕生(宇宙は点のようなミクロから誕生した)についての理解には重要です。特に、今の宇宙がなぜこのようであるかについては、宇宙の誕生の様子を事細かに知る必要がある、とされています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 返事が遅くなって申し訳ありませんでした。  内容が難しかったので、この回答を参考にいくつかの書籍を当たってみましたが、なんとなく分かってきました。ありがとうございます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

一般相対性理論の話ですね。 ここに全部書いてあると思います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございました。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • ニュートン力学 仮定?法則?

    高校で物理を勉強し始めてからずっと疑問を持っていてなかなか納得することができないことがあります: ニュートン力学において、物体の質量mは力Fが既知の場合はma=Fを利用することによって分かりますが、そもそもFはなぜ分かるのですか? Fとしてもっとも代表的なのは万有引力だと思いますが、なぜ、万有引力は質量に比例することがわかるのですか? ma=Fによれば、Fを知るためには物体の加速度と質量を知らなければいけないと思います。加速度は実験により知ることができるので、Fが何か与えられていれば、物体の質量を知ることができて、実験によって万有引力の法則がなりたつことが確かめられます。 万有引力が質量に比例するというのは、ニュートン力学における仮定なのですか?それとも、ma=Fが仮定なのですか?どちらかを仮定しなければ、ニュートン力学は実験によって検証できないと思うのですが。 そもそも、仮定したものを法則と呼ぶのもおかしいので、どこかまずい考え方をしていると思っています。 ご指摘をお願いします。

  • ニュートン力学の有効性について

    ウィキペディアによると 「現代の物理学では、ニュートン力学は、われわれが日常扱うスケールでの有効理論であると考えている。すなわち、質点の運動を考えるとき、特殊相対性理論は速度が光速よりも十分遅いときニュートン力学で近似でき、量子力学は運動量が十分に大きい場合にニュートン力学で近似できる。またニュートン力学に含まれることもあるニュートンの万有引力理論は、重力が弱い場合の一般相対性理論の近似である。」 とのことです。 上記解説の意味なんですが、 (1)ニュートン力学は日常レベルの現象説明に便利な簡便法であるが、厳密には正確ではない。その気になれば相対性理論や量子力学で、より厳密な計算が可能である。 (2)ニュートン力学と相対性理論や量子力学は適用範囲が異なるため、その都度適切な理論を選択する必要がある。但し、各理論の適用範囲同士は重複する。 (1)、(2)どちらかかと思ったんですが、もしかしたら「(3)どちらも間違い」でしょうか? よろしくお願いします。

  • 宇宙科学について聞きたいです

     大学生で宇宙科学の講義で以下の問いについて調べているんですがこの2題だけどうしてもわかりません。誰か教えていただけないでしょうか?お願いします。  1,ニュートンの力学の法則、特に、慣性の保存則、また、万有引力の論理的な帰結として、宇宙が静寂であるとすると宇宙は空間的には無限であり、また、物質分布も一様で無限に広がっていなければならないとする議論を記せ。  2,ビッグ・バン宇宙論の観測的な根拠を3つあげ、その内容について短く解説よ。

  • 宇宙

     大学の宇宙科学の講義で以下の問いについて調べているんですがこの2題だけどうしてもわかりません。誰か教えていただけないでしょうか?またどうのようなところで調べたらいいかなどもお願いします。  1,ニュートンの力学の法則、特に、慣性の保存則、また、万有引力の論理的な帰結として、宇宙が静寂であるとすると宇宙は空間的には無限であり、また、物質分布も一様で無限に広がっていなければならないとする議論を記せ。  2,ビッグ・バン宇宙論の観測的な根拠を3つあげ、その内容について短く解説よ。  よくわかりにくいかもしれませんがおねがいします

  • 「万有引力(の法則)は,ニュートンにより発見された」と聞くことがありま

    「万有引力(の法則)は,ニュートンにより発見された」と聞くことがあります. 「発見」ではなく,「提唱」のほうが適当ではないでしょうか?「発見」とは,例えば「新しい惑星を発見した」というように,実在するものを見つける,というニュアンスを感じます.万有引力という考え方(あるいは概念)を使うと,天体の動き等が統一的に説明できるので,この「考え方」が広く受け入れられているのだと思います. また,万有引力という「考え方」は認められているにしても,それがなぜ生じるかは未だ謎と聞きます.ならば,万有引力と同程度,あるいはそれ以上に物理現象を上手に説明でき,しかも発生原因まで説明できる考え方が提唱されれば,物理学における「コペルニクス的転回」が生じる可能性もゼロではないと思うのです.いかがでしょうか? 後半の疑問は,思考の遊戯のようなところがあります.皆様の御意見をお聞かせ下さい.

  • ニュートンは万有引力を発見しましたが、その万有引力の法則が人々に承認さ

    ニュートンは万有引力を発見しましたが、その万有引力の法則が人々に承認されるに至った経緯を誰かご存じではないでしょうか?

  • ニュートンさんは現在の日本の教育システムでもニュートンになれるでしょうか?

    ある本でニュートンさんは26歳で教授になったと書いてあったのですが、私は現在24歳ですがとても2年後には教授にはなれそうにないです。 そこで思ったのですが、ニュートンさんの時代、小学校、中学校、高校、大学ではどのような授業が行われていたのでしょうか?たとえば物理だとどのくらいまで授業でならってたのでしょうか?現在は原子とか量子力学の手前まで高校で習ってるような気がするのですが、ニュートンさんの時代は運動方程式も万有引力も(ニュートンさんがかんがえたのだから)まだならってないでしょうが、それでは、何を勉強してたのだろう。実験の取り組み方や進め方、考え方、発表の仕方などの哲学的な授業もあったのでしょうか。 同じような質問でガリレオさんやアインシュタインさんや長岡半太郎さんでもしてみたいのですが、とりあえず、ニュートンさんでしてみようと思います。

  • 重力加速度について

    僕は、設計者になりたいと思っていた人間です。 重力加速度が分からなくて、質問します。 現在、物理に於いて、重力加速度は ニュートンの万有引力の法則 と アインシュタインの一般相対理論を 混同して使っています。 皆さんは、一般相対理論と万有引力の法則と 交互に使い分けていますか? 僕は、現在、交互に使い分けているのですが、 それだと、 理論上、数値の意味が違って来てしまうと 思います。 流体力学をかじって、結構面白いと思う反面、 分からない事が結構あるなと^^ 設計者の方はどちらを使っているか気になりました^^

  • 力学

    試験範囲に『ニュートンの力学の三法則、運動量保存則、力学的エネルギー保存則のキーワード、定義、物理学的等価性を理解せよ』と書いてあったのですが、物理学的等価性の意味がわかりません。 分かる方がいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 万有引力の法則の発見

    ニュートンはケプラーの法則と自身の運動の法則を組み合わせて 万有引力の法則F=GMm/r^2を導いたと聞いたことがあります。 では、ニュートンはどのような手順や数式でこの法則を導き出したのでしょうか? 分かる方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願いします。