• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

三段論法のトリック (A=B)は正しい?

質問が長くなります。済みません。お時間ない方は飛ばして下さいね。 三段論法の説明でこんな話がありますよね。 「ソクラテスは人間である」 「人間はみんないつか死ぬ」 導き出される結論は・・・ 「ソクラテスはいつか死ぬ」 「つまり、A=B、B=C、従い、A=Cというのが論理的な考え方です」 ところが、今朝の電車の中でこんなことを思いました。 「ソクラテスは人間である」とは、果たして「A=B」なのか? そうであるなら、 「B=A」 つまり、 「人間はソクラテスである」 という等式が成り立つ筈です。 となると、例えば 「人間はソクラテスである」  (B=A) 「山田花子は人間である」   (C=B) 「ソクラテスは山田花子である」(A=C) という論法も成り立つ筈なのですが、山田花子はソクラテスでないことは明白です。 ということは、「ソクラテスは人間である」とは「A=B」である、という内容に論理の飛躍があるのでしょうか? なにかがおかしいのですが、なんだか分りません。お知恵を拝借できませんか? 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2261
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 ある命題が真である場合、「逆」「裏」「対偶」のうち同様に真であることが保証されるのは対偶のみである、と論理学はいいます。。  つまり、 原命題→aならばbである が真である時、 逆→bならばaである 裏→aでなければbでない は必ずしも真であるとは限らず、ただ 対偶→bでなければaでない だけは真であるといえる、というわけです。  「ソクラテスは人間である」という命題を、1+1=2のように左辺と右辺がまったく等価であるような捉えると、ご質問のように頭がこんがらがってしまいます。「人間」という全体集合の中で、「ソクラテス」は一要素に過ぎないのですから。 原命題→ソクラテス(一要素)は人間(全体集合の中の要素)である は真ですが、 逆→人間(全体集合の中の全要素)はソクラテス(一要素)である 裏→ソクラテス(一要素)でなければ人間(全体集合の中のいずれかの要素)でない はどちらも誤りで、 対偶→人間(全体集合の中のいずれかの要素)でないものはソクラテス(一要素)でもあり得ない のみ、論理的に真であることが導き出されるのです。  で、もともとの三段論法 「ソクラテスは人間である」 「人間はみんないつか死ぬ」 「ソクラテスはいつか死ぬ」 は、「aならば必ずb」「bならば必ずc」といずれも真であるため、「aならば必ずc」も真であることが保証されるものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

fukuyoriさん、 論理学の概念は、等式でなく、集合と要素で捉えるべし、そのことが皆さんにお寄せ頂いた回答のエッセンスだろうかと愚察致します。 「要素は(必ずしも)集合の全体ではない」 ということは、つまり 「ソクラテスは人間全体をさすものではない」 ということですね。 「天皇は日本人である」という命題が真であっても、「日本人は天皇である」ということは導き出されない、なぜなら、命題は真であるが、「逆」は必ずしも真ではないから、なのですね。 ご回答、有難うございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • chamma
  • ベストアンサー率16% (18/108)

もうだいたい回答が出ているようですが、補足するならば、三段論法には1)定言的判断、2)仮言的判断、3)選言的判断の3つの種類があり、Globetrotterさんの言う三段論法は2)番に当たるようです。つまり、もしもpならばq、もしqならr、ゆえにもしpならばr。=ではないですし、「もし」と言う言葉があります。ですから、「もし人間ならばソクラテスである。」と言う前提の判断自体が「山田花子はソクラテスでないことが明白」とおっしゃっておられるように間違っています。三段論法は前提2つの判断と結論としての判断より導き出される推論ですから、前提が間違えば導き出される推論も当然間違ったものになると言うことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

chammaさん、 「もし人間ならばソクラテスである」というのは、説明は出来ないまでも、感覚的に間違っているとは感じていました。前提条件が間違っているので、導かれる結論もおかしいのかなぁ、という気がしてました。「もし人間ならばソクラテスである」という仮定を導くその前段で、集合の概念でとらえずに、等式の概念で捉えることに間違った結論を導くトリックがあったように思います。 有難うございました。

  • 回答No.2
  • TCM
  • ベストアンサー率44% (81/181)

「ソクラテスは集合『人間』の要素である」 「集合『人間』の要素はみんないつか死ぬ」 「ソクラテスはいつか死ぬ」 と理解するといいのではないでしょうか?  当然、 「集合『人間』はソクラテスの要素である」 わけはないので、ソクラテスは山田花子にはならずめでたし、めでたし。  論理学は専門外なので間違いがあるかもしれませんので、OKWebの碩学の方々の回答も待ちましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

TCMさん、 「碩学」の意味をまず調べてしまいました。この言葉を知っている方がまさに「碩学」ですね・・・ uemuraさんは「集合」という言葉でご意見をお寄せ頂きましたが、「要素」である、というのはつまり「集合」の構成をなすもの(=「要素」)、ということですね。 ご回答有難うございました。山田花子がソクラテスじゃなくて、安心しました。

  • 回答No.1
  • uemura
  • ベストアンサー率0% (0/4)

まず、三段論法で使う式は、等式=ではない、 ことに気付いてください。 AならばBとは、Aの集合が、Bの集合に含まれる A⊂Bです。 すなわち、 ソクラテスは、人間に含まれる、 人間は、いつか死ぬ物にふくまれる。 よって、ソクラテスは、いつか死ぬものにふくまれる。 けっして、人間は、ソクラテスに含まれる B⊂Aが成り立たないのは明白です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

uemuraさん、 なるほど、等式と考えるから話がおかしくなるのですね。等式の概念ではなく、集合の概念ですね。納得、納得。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 三段論法は論理学?

    三段論法は、論理学という学問の領域でしょうか?演繹法、帰納法などもそうでしょうか? 他の論法などありましたら教えてください。 初心者向けに詳しく簡単に説明しているサイトや書籍などもありましたらご紹介ください。

  • 名辞論理学にもとづく具体的な論理展開例を

    教えてください。  三段論法の1.人は死ぬ       2.ソクラテスは人だ       3.ゆえにソクラテスは死ぬ という論理展開は命題間論理学の展開ですよね?

  • 三段論法

    三段論法って何ですか

  • 三段論法は何故納得できるんでしょうか

    タイトル通りですが、三段論法はどうしてほとんど誰でもが納得することができるのでしょうか。

  • 三段論法の問題でわからない部分があります

    「pであるものはqではない」という命題と、あとどのような命題があれば「rであるものはpではない」という命題が導けるか。 という問題なんです。これは三段論法を使って解きますが、答えは rであるものはqである になっているんですが、納得できないんです。 qであるものはrである だとなぜダメなんですか??

  • 【Excel】指定する項目のみ集計したい

    はじめまして。 書籍やネットで調べてみたのですがどうしても分からず質問させて頂きました。 Excelにおいての集計に関する質問です。 sheet Aには以下のようなデータがあったとします。 山田太郎:りんご :1 山田花子:さくらんぼ :1 山田花子:バナナ :1 山田太郎:みかん :1 山田太郎:新幹線 :1 山田太郎:パパイヤ :1 山田花子:消防車 :1 山田太郎:電車 :1 山田太郎:キウイ :1 このデータの果物だけの個数をsheet Bに名前ごとに集計は可能でしょうか 山田太郎:6 山田花子:3 ではなく、 山田太郎:4 山田花子:2 のように。 ちなみに、集計したい項目の果物のリストは、sheet Cにあります。 フィルターをかけて、必要のないデータを集計から除外しようとしましたが、データ量が膨大なため難しいです。 各データ項目の横に数値の1があるため、それを用いsumifs関数も試しましたが、果物のリストの部分でうまく条件指定ができず、上手く行きませんでした(0になりました。) 拙い説明で申し訳ございませんが、何卒ご教示頂けますと幸いです。 よろしくお願い致します。

  • エクセル:vlookup関数でこんなことをしたいのですが・・・

    よろしくお願いします。 vlookup関数のを使って次のような集計をしたいと思っています。 (1)【一月の集金】…挿入・名前の定義で「一月」とつけます。 山田太郎 3000 山田花子 2000 海山次郎 1500 ・・・以下150名ほど。2月から12月までも「別シート」で同じように作られています。1月から12月の氏名は同じ人間もいれば違うのもあり、ばらばらです。氏名コード化等されていません。 (2)【集計】      【1月】 (氏名)   A ...................B 1 山田太郎 =vlokkup(A1,一月.2,false)  2 海野五郎 ・・・ 3 ・・・・ 合計  (一月集金額合計) 同様に、集計欄の横に、2月、3月としていきます。 ここで、この例では、1月の山田花子が集計欄の氏名にもれています。当然、集計表で正確な合計がでません。ここでやりたいのが、「1月の表の山田花子が集計表でもれているよ」いうようなチェックです。たとえば、1月の表の山田花子に色がつくとか・・・ むずかしいことでしょうか?どうかご指導ください。 お待ちしています。人数が各月150人程度で12ヶ月のチェックですから、手作業チェックが大変なのと急いでいるので、お助けをお願いしたいのです。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 大学の講義 推理/論理

    「民主主義が守られているときだけ、政治がよくなる。今は民主主義が守られているので政治は良くなっている。」 個人的な見解は○ですが、答えはどうも×っぽいです。 直接推理の問題です 「イタリア人の男ってステキ、だって俳優のAもサッカー選手のBもそうだもの。」 これもベン図で表したら○だと思うのですが、答えは×ぽいです。 「花形のスポーツ選手だけがモテるとするならば、花形のスポーツをしている私はモテるだろう。」 これも↑に同じです。 よろしくおねがいします 論理/思考/方法/三段論法/集合/大学/講義

  • 代襲相続について教えてください

    いきなり知らない機関から手紙が届きました 内容は 『あなたは山田花子(仮名)さんが2008年2月10に亡くなったことをご存知ですか?  あなたはこの方の相続人の対象となっているようですので相続をしているのか、  相続放棄をしているのかどちらかにチェックを入れて返送してください。  相続放棄しているのであれば裁判所での相続放棄の書類を添えて下さい』 とありました。 手紙の中で相続人の対象となっている人物は10名ほどいました。 どの名前も知りません。 私は山田花子さんという名前の方を聞いたことも見たこともありませんでしたが、 手紙の送り主に電話をしたところ、私の父親の実の妹だということでした。 父親と母親は私が生まれた直後に離婚をしていて、それ以来会ったことがありません。 手紙の送り主が言うには、父親が死亡していることから私へ相続がまわって手紙をだしたとのことでした。 山田花子さんは手紙の送り主に対して2000万円以上の借金をしています。 要は私に借金返済してということなのでしょうが、実際のところ私が返済しなければいけないのでしょうか? 相続放棄をすればいいといわれましたが、私は「山田花子」という名前しか知りません。 そもそも父親が失踪をしてしまって離婚に至ったので母親も父親の情報を知りません。 おまけに結婚をする際に父親の家族含め親戚にも母親は会ったことがないようで、手がかりがまったくありません。 名前しか知らない相手に対して相続放棄ができるものなのでしょうか? ◆借金返済をしなければいけないのか ◆名前だけしか知らない相手に対して相続放棄ができるのか お分かりになる方がいらっしゃいましたら、どうかお知恵を拝借させて下さい。 いきなりこんなことがふりかかってきてかなり動揺しております。。。。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 法的三段論法

    今度大学でテストがあるのですが、担当教員が「法的三段論法で書け」と言い、説明もしてくれたのですが、いまいちしっくりきませんでした。誰か教えてください。よろしくお願いします。