-PR-
解決済み

アクセス2000の勉強の本

  • 暇なときにでも
  • 質問No.62673
  • 閲覧数50
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 69% (145/210)

アクセス2000を勉強するのにお勧めの本ってないでしょうか?過去の質問に似たような質問がありましたが、少し目的が違っていたので新しく作らせてもらいました。

とりあえずの目標としては、
データの中からいくつかの条件を絡めてデータ抽出や、
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=62508
みたいに、簡単な計算等を絡めてクエリやフォームを作ったり、
ということをもう少しできるようになりたいと思っています。

このソフトがあまりよく分かっていないのでかなりアバウトな質問ですが、本選びのポイントなどでも教えてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ちょっと的外れかもしれませんが、以下の成書は如何でしょうか?
===================================
Access2000 VBAリファレンス / アスキー書籍編集部編. -- アスキー, 1999. -- (Office2000/Visual Basicランゲージリファレンス)
アクセス2000 VBAのアイデア箱 / 星野努著. -- エスシーシー, 2000. -- (SCC books)
アクセス2000 VBA入門 : プログラミングの知識不要 / 大森俊太郎著. -- エスシーシー, 2000. -- (SCC books)
これでわかるアクセス2000/北湯口ゆかり,工藤…/エスシーシー/1999.12 
はじめるアクセス2000/鈴木光勇/翔泳社/1999.7 
====================================
まずはお近くの図書館等で探されては内容を確認されてはいかがでしょうか?

蛇足ですが、最近はPC量販店の関連本のコーナーも充実してきてますね?

ご参考まで。
お礼コメント
fuyu

お礼率 69% (145/210)

お勧めしていただいた本の
はじめるアクセス2000を買ってみました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-15 18:48:36
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 39% (58/147)

現在どのくらいまで理解されているのか分からないので、希望どおりの回答が出来ているかどうか分からないですが、FOM出版のよく分かるトレーニングテキストシリーズの『Access2000(1)((2)・(3)もあります。)』なんかいかがでしょう。 どのアプリケーションでもそうですが、本屋さんで売ってる本はどちらかと言うと 問題が載ってるというよりは、〇〇したいときには××するといった、場合によってのやり方が ...続きを読む
現在どのくらいまで理解されているのか分からないので、希望どおりの回答が出来ているかどうか分からないですが、FOM出版のよく分かるトレーニングテキストシリーズの『Access2000(1)((2)・(3)もあります。)』なんかいかがでしょう。
どのアプリケーションでもそうですが、本屋さんで売ってる本はどちらかと言うと
問題が載ってるというよりは、〇〇したいときには××するといった、場合によってのやり方があるものの方が多いので、はじめから勉強したい人には不向きだと思います。
上記の本は通販でも買えますし、それぞれ実際にデータベースを構築しながら昨日を覚えていくのでよいのではないかと思います。
そこから、もっと細かいことが知りたくなったら、リファレンスを買えばいいんじゃないかと。
きっとその頃には自分でどういう書き方がされている本が欲しいか欲求が出てきていると思いますよ。
お礼コメント
fuyu

お礼率 69% (145/210)

今回は、実際に簡単なDBを作って表面的な機能を勉強する、という本を買ってみました。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-15 18:50:58


  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 45% (207/457)

まず、自分が何をやりたいかを明確にする事をお勧めします。 システムとしてはInput(入力)、Proress(処理)、Output(出力)を明確に出来るかがポイントになります。 この内入出力は大抵の方は明確化出来ますが処理が明確難しいでしょう。ですからフローチャート(処理の流れ図)を書いたりしてイメージを膨らましましょう。 ここまでちゃんと考えると自分が分からない事が明確化されますよね。 後は ...続きを読む
まず、自分が何をやりたいかを明確にする事をお勧めします。
システムとしてはInput(入力)、Proress(処理)、Output(出力)を明確に出来るかがポイントになります。
この内入出力は大抵の方は明確化出来ますが処理が明確難しいでしょう。ですからフローチャート(処理の流れ図)を書いたりしてイメージを膨らましましょう。

ここまでちゃんと考えると自分が分からない事が明確化されますよね。
後はまず大きな書店やPC専門店でリファレンスや入門書をぱらっとめくってください。必要な情報が自分の分かる内容で記載されている分を1冊購入して見てください。
システムとはとかSQLとはなんぞや等は図書館などで見つけてみる方が良いでしょう。専門誌等は高価なものが多いのでまずよく読んでから必要なら購入してみるのも良いかもしれません。

AccessやExcelがいろいろ出来るというのは間違いないですが、VBA(ビジュアルベーシックアプリケーション)が使えるからです。よってVBAなんかも必要になってくるでしょう。これは間違いなくリファレンスがないと苦労するでしょう。
お礼コメント
fuyu

お礼率 69% (145/210)

回答ありがとうございます。

まずは表面的な機能を楽に勉強できそうな本を買ってみました。その後はVBAの勉強なんかも考えてみたいと思います。
投稿日時 - 2001-04-15 18:46:58
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 26% (511/1924)

その目標とされているのは、データベースとしては極めてよくあることなので、だいたいどんな本にも載っていると思います。 本選びのポイントは、自分で読んで内容が理解できること。本屋で何冊か読んでみると、文章の書き方や全体の流れ、図やイラストの見やすさなんかが「最初は」重要でしょう。 まずはチュートリアルと呼ばれる、手順どおりにやってくと最後にはあら不思議データベースアプリケーションが出来上がりました。  ...続きを読む
その目標とされているのは、データベースとしては極めてよくあることなので、だいたいどんな本にも載っていると思います。
本選びのポイントは、自分で読んで内容が理解できること。本屋で何冊か読んでみると、文章の書き方や全体の流れ、図やイラストの見やすさなんかが「最初は」重要でしょう。

まずはチュートリアルと呼ばれる、手順どおりにやってくと最後にはあら不思議データベースアプリケーションが出来上がりました。 みたいなやつをオススメします。
とりあえず一つ何かを作り上げるという経験がかなり自信に繋がるはずです。
とにかくチュートリアルを最後までやり遂げましょう。

その後で、じゃあのヘンをこういうふうに変えてみたらどうなるだろうか とか ここは自分の希望と違うので、こうやってみたらどうだろうか などなど、どんどんいじっていくんです。(バックアップとってから)
そうしていくうちになんとなくアタリがつけられたり、動きとしてこういう事をしなくてはいけないなんてことが見えてくるようになると思います。
そうしたらリファレンス系の解説本を買いましょう。それまではオンラインヘルプで充分だと思います。

仕事なら、チュートリアル1週間で終わらせて、その後1~2週間いじりまわして って感じですかね。

但し本格的にデータベースで仕事をしようと思っているのでしたら、まずは設計ですね。アプリをいじりだすのはずーっと後になります。
お礼コメント
fuyu

お礼率 69% (145/210)

回答ありがとうございます。

「手順どおりにやってくと最後にはあら不思議データベースアプリケーションが出来上がりました。 みたいなやつをオススメします。 」

というお勧めに基づいて「はじめるアクセス2000」という本を買ってみました。
しばらくは、設計に関わることはないと思うのでまずはこの本で表面的な機能を勉強したいと思います。
投稿日時 - 2001-04-15 18:44:01
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ